大阪観梅企画 「大阪城梅林~サイクルモードへ」

○参加人数        6名(うち男子6名、女子0名)
○開催日          2019年3月3日(日)
○集合時間・場所     9:00 長居公園
○解散時間・場所     13:00 サイクルモード会場
○ルート
長居公園 ~ 大阪城梅林 ~ 城北大橋 ~ 淀川河川道 ~ 一津屋 ~ 万博公園サイクルモード現地・解散
○距離             約35km
○重点項目     大阪城梅林の梅を鑑賞して、安全な道を走ってサイクルモードへ行く
 
昔から春雨と言う言葉があるくらい春先の天候は小雨が降る時期なので、この日も開催できるかどうか直前まで天気予報に惑わされましたが、夕方までは本降りにならないと予測し開催を決定しました。
集合場所の長居公園から車の通行が少ない裏道を走り大阪城梅林に来ましたが、梅の花はまだ五分咲き程度で、梅が満開の見頃になる時には桜の花見と同時に楽しめるのではと思う状態です。
夕方からの降雨を考え午前中にサイクルモードへ行く様に予定を繰り上げて、大阪城でのランチを万博公園の近くの店でとる事に変更してここから淀川河川道路を走ってサイクルモードへ向かいます。
 
車の通行が少ない道を走って万博公園のサイクルモード会場に来ると、今日の天気予報が雨降りとなっていた為か例年より来場者が少ない様で、同時に全員が乗れる試乗車もあるくらい試乗車の空きも目立ち、人気があるブースの混雑も少なくあちこちで貰えるいろいろなグッズも直ぐに溜まりました。
皆で一緒に会場を回り最新の自転車関連の情報も得られたし、並ぶ事も無く数台の試乗も出来たし、無料で頂ける様々なお土産も貰えたし、この後はもっとサイクルモードを楽しみたい人や早く帰りたい人もいるので、今回の楽しかったサイクリングはここで解散する事になりました。

meijiの工場見学しよ!(下見)

 ○参加人数        03名(うち女子1名、男子2名)
○開催日         平成31年2月27日(水)
○集合時間・場所    09:30  JR高槻駅
○解散時間・場所    12:30  JR摂津富田駅
○重点項目          meiji工場見学のためのルートや駐輪場等を確認
○走行距離               10km 平均巡行13km/h 累積上昇30m ※RG調べ
○コース          JR高槻駅→JR摂津富田駅(駐輪)→meiji工場→JR摂津富田駅
○天気等         曇り 気温4.2~12.7度 湿度48% 風・北北東 平均風速17m
    
いつも車窓から眺めてたmeiji工場見学である期間だけお楽しみがあるそうで…(本番まで秘密!)
それを楽しむ為に今回は下見
 
meijiさんのキャラクターたちがお出迎え
お馴染みカールおじさん。看板娘ならぬ看板おじさんw^皿^…と新キャラかな?ジャック所長と言うそうですよ~(皆さんはご存知でしたか?)
待合室はさながらお菓子のおうち☆某童話を思い出しますねぇ
Meiji製品でのデコレーションがかわいい(*^^*)
こちらにはおっきなパッケージがど~んと!
眺めてるだけで食べたくなってきてしまう…じゅるり(まんまとmeijiさんの作戦にはまってる?(^^;)
平日なのに沢山の参加者さん
無料で参加出来るのにお土産までついて嬉しい♪
記念撮影セットや絵本もたくさん♪
どのコーナーも人気ありすぎて写真がなかなか撮れず…工場入り直前の一瞬のすきをついて無事激写ッ(^^)v
他には歴代パッケージも☆ここだけで既に楽しい~((o^0^o))
さてさて待合室以外は全て撮影禁止!!(内部のみならず門扉からですら…><。)
ほんの一部だけご紹介すると…チョコレートの原料カカオの実、チョコレートベルトとは?ホワイトチョコレートとミルクチョコレートの違いは?カカオニブの産地ごとの利き香、みんな大好きあのお菓子の製造現場etc.etc..興味津々の内容ばかり!と、撮りたい~~!
一番面白い部分は是非ご自身の目と鼻と体で?!ご確認を(・_<)-☆
記念撮影パネルの横には、100年以上前に製造されたレトロ列車
よく見れば乗客が(^^)
最後は記念撮影もバッチリ☆
お二人には駐輪場の台数や本番時のスケジュール・集合場所皆さんはどこが集まりやすいか?等々ご意見頂きとっても助かりました。ぜひ活かさせてもらいます!
さて本番に漕ぎつけられるのか…乞うご期待♪
(記:H)
※画像は全てHのコラージュ

大阪マラソン走ろ!(下見)&城公園観梅・アート巡り♪

 ○参加人数        07名(うち女子1名、男子6名)
○開催日         平成31年2月16日(土)
○集合時間・場所    09:00  ローソンS大手前レストハウス店
○解散時間・場所    14:00  難波塩草敷津公園
○重点項目          大阪マラソン下見&アートを見る、アートになる!大阪を楽しむ♪
○走行距離               30km 平均巡行14km/h 累積上昇280m 実走1:55※RG調べ
○コース          ローソンS大手前レストハウス店→大阪城梅園→谷町六丁目駅→四ツ橋駅→大坂橋→中央公会堂→北浜駅→御堂筋→難波八坂神社→難波塩草敷津公園
Http://yahoo.jp/HZII5Y
○天気等         曇り 気温5.1~13.0度 湿度64% 風・西 平均風速2.6m
 
9:00 Start
大阪マラソンコースをどう攻略するか!?Hのアイデアと皆さんの知恵を合わせて作戦会議!
んが、今日は2月末までの限定アート巡りメインに楽しむぞ♪
9:30 Osaka-jo Castle Park
つぼみの梅園前で天守閣と
色とりどりのロードトレイン勢ぞろい♪
10:10 Tanimachi 6-chome Sta.
壁には本物のドアノブ!ここから異世界へ行ってきま~す☆
暗闇にかくれんぼしてる子がフラッシュをたくと…?
11:00 Yotsubashi Sta.
四ツ橋の地名由来「ロの字」橋の碑
SさんがMさん食べられてまう~~(><)それを救うため?Tさん恐竜に目つぶしっ☆
11:30 Osaka-jo Catsle on Osaka Bridge
大阪城遠景を大坂橋から
大“坂”の字が現代でもここだけには存在
12:00 Osaka City central Public Hall,Kitahama Sta.
Sさんのリクエストで中央公会堂前で。MさんのスローパンクもTさん秘密兵器で即復活♪
かわいこちゃん(死語?^^;)たちと「にゃーー!」
ここにもかくれんぼしてる子が^m^
13:00 Monument in NambaYasaka Shrine
ここから番外編・戦艦陸奥の主砲抑気具(主砲のフタ)と乗組員追悼の碑
こんなところで出会うとは
13:00 Stone-carved Guardian dog’s Bld.
名物、獅子殿の前で
やっぱり大き~~い!
今日も今日とて大人気♪写真待ちが何人も^^
 
14:15 Ashiharabashi Sta.
この季節だけのお楽しみ、ほかほか焼き芋で公園おやつタイム(*^v^*)
アート優先でマラソンコース今日は前半の半分だけ…下見第二弾が必要?次回もお付き合いよろしくです、お疲れさまでした♪
(記:H)
※画像は全てHのコラージュ

春の訪れを告げる福寿草を見に行こうラン

○参加人数        12名(うち男性12名)
○開催日          2019年 2月 24日(日)
○集合時間・場所    9:00   近鉄 吉野線下市口駅
○解散時間・場所    14:00 二手に分かれ 近鉄 吉野線下市口駅、南海高野線 橋本駅
○ルート    近鉄下市口駅~~県道20号~樺の木峠~西吉野町津越(福寿草自生地)
~西吉野町城戸~一ノ木ダム~五條~近鉄下市口(南海橋本駅)
○距離            45km
○重点項目: ・西日本では数少ない福寿草の自生地として奈良県の天然記念物となっている
五條市津越へ、福寿草を見に行くコースです。
     
昨年実施出来なかった「春の訪れを告げる福寿草を見に行こう」のサイクリングです。
・集合場所の下市口駅で恒例の記念撮影するつもりが忘れてしまい、最初の坂の途中での記念撮影の写真です。
スタートからすぐ上り坂となったため、これから福寿草自生地手前の激坂が残っていると思うと、皆さま心持ちょっと不安顔です。
・700Mの激坂を登り切り、やっと福寿草自生地手前の説明看板前での写真です。
今回は前半坂が多いコースでしたが、皆さま元気に登り切りました。
これからは、たいした坂もなく皆さま晴れ晴れとした姿です。
・福寿草の写真です。
・福寿草自生地での写真です。
丁度今日が見どころのようで、あちらこちに福寿草の花が綺麗に咲いておりました。
実際本物の福寿草を見たこともない人もあり、自生でこれほど沢山の花を目の前にして
皆さま心を癒された気分です。
・福寿草自生地近くの梅が綺麗でしたので、ちょっと記念撮影です。
・同じく福寿草自生地近く農産物売り場での写真です。
なんとここは、女優の尾野真千子さんの実家とのことです。
映画「萌の朱雀」のロケーションもだぶらしながら、お店で皆さんにお茶もふるまっていただき、沢山の農産物等を買うことが出来ました。
・吉野川近くのレストランでの少し遅めの昼食です。
吉野川がすぐ横を流れており、景色も良く、お料理も美味しかったです。
皆さま、お腹いっぱいまでご飯を食べ、賑やかな気分で食事が出来ました。
(本当は大賑わいで、ちょっとしゃべりすぎでしたかな?)
・昼食後、帰路はそれぞれ橋本駅と下市口駅の二手に分かれ、無事14時頃に到着です。
(下市口駅の写真は、出発時同様に不手際で撮り忘れてしまいました。)

奈良観梅企画 「幻の五新鉄道廃線跡~賀名生梅林へ」

○参加人数        8名(うち男子8名、女子0名)
○開催日          2019年2月23日(土)
○集合時間・場所    10:00 南海・JR橋本駅
○解散時間・場所    14:30 南海・JR橋本駅
○ルート
橋本駅 ~ 紀の川県道55号 ~ 五新鉄道廃線跡 ~ 「賀名生の里歴史資料館」 ~ 賀名生梅林 ~ フルーツロード ~ 一ノ木ダム ~ 「五條市街角伝承館」 ~ 上野公園~ 橋本駅・解散
○距離             約42km
○重点項目     五新鉄道廃線跡の道路を走り、賀名生梅林の梅を観に行く
 
開催の4~5日前では降雨日となる天気予報でしたが、日頃の皆様の善行で晴れの天気へと好転して、この日の朝も寒かったですが元気なメンバーが自走や輪行や車でと橋本駅に集まってきました。
ルートの説明や注意点の確認と準備運動が済めば、今回の楽しいサイクリングのスタートです。
 
今回のルートではランチを食べられる適当なお店が無いので、「賀名生の里歴史資料館」で食べる好きなランチを五新線廃線跡道路の入り口にあるスーパーで購入し、腰弁当を持って走って行きます。
幻の五新鉄道廃線跡道路は既に生子トンネルが通行禁止となっているので、生子からは一般県道を走っていくつかのトンネルを通って「賀名生梅林」へ向かいますが、車の通行も少なく走りやすいです。
「賀名生梅林」に到着して梅林が一望できる所までは、いきなりキツイ上り坂の山道を上って行きますが、楽しみにしていた梅の花は例年より遅れていてまだちらほら咲き状態で少し早かった様です。
この辺りの山全体に梅の木が植えてあるので、一斉に開花するとここからの景色が素晴らしいのですが残念です。
梅林から麓へ下りたところにある、後醍醐天皇が吉野に向かう途中に立ち寄ったと伝えられる「賀名生皇居跡」の堀家住宅は普段の時には門が閉ざされていて中が見えないですが、この日は改装工事の為門が開けられており、歴史を感じる邸内に入らせていただき写真を撮れたのはラッキーでした。
今回のランチタイムは堀家住宅の前にある「賀名生の里歴史資料館」の親切な係りの人に、資料館の前の立派な建物のお座敷に上がらせていただき、優雅にお弁当ランチタイムをとる事が出来ました。
資料館には近隣から集められた歴史を感じる立派なお雛様が飾られ、この地の豊かさを感じます。
賀名生の里で十分休憩をした後はトンネルが断続するフルーツロードを走って一ノ木ダムに向かいますが、この辺りの道路は車の通行量も少ないので自転車でトンネルを通過する時も脅威を感じません。
アップダウンする道路を走り一ノ木ダムに到着して、次は昔の街並みが残る五條新町へ向かいます。
昔の懐かしい時代のままに街並みが残されている五條新町に到着し、街中にある「まちなみ伝承館」に立ち寄り、ガイドさんに五條市の歴史や文化について説明してもらい五條市の事を学習しました。
ここからは大和街道の旧道を走ってスタートした橋本駅までもうあと少しで戻れるので、ラストランです。
橋本駅に戻ってきて皆さんの感想もまずまずの満足できた様子なのでこれで今回は解散しました。

新年遠征企画 「旬の牡蠣を食べて伊勢神宮参り」

○参加人数        12名(うち男性10名、女性2名)
○開催日          2019年 1月 13日(日)
○集合時間・場所    10:00 近鉄鳥羽駅 北東にある「佐田浜東公園」
○解散時間・場所    17:00 近鉄五十鈴川駅
○ルート            鳥羽 ~ 山安パールロード店  ~ 鳥羽城公園 ~ 二見浦 ~ 伊勢神宮外宮~ 伊勢神宮内宮 ~ 県道37号 ~ 五十鈴川駅・解散
○距離               40km
○重点項目:
・走行距離はそこそこで、何といっても三重で有名な浦村の牡蠣の食べ放題メインです。
・昼食後は、正式伊勢のお参りの順序に従い「二見ヶ浦」へ行き、伊勢神宮の外宮から内宮へお参りに行き、今年の開運祈願をするイベントです。
        
昨年に引き続き「旬の牡蠣を食べて伊勢神宮参り」第2弾企画のサイクリングです。
・集合場所の鳥羽駅「佐田浜東公園」での記念撮影です。
皆様、いつもと違い、走る意気込みより、食べる意気込みで元気一杯のようです。
でも今回はもう一つの目的の伊勢神宮参りがあります。
昼食後は、正式なお参り順序の基づき、二見ヶ浦の「二見興玉神社」で祓い清めてから、
「外宮」から「内宮」へとお参りするコースに従い、サイクリングです。
※おっと フライングだぞ。
集合時間よりかなり早く着いた先行組は、既に公園の足湯で英気を養ってます。
・牡蠣食べ放題のお店「山安パールロード店」に到着です。
このお店は、持ち込み全てOK、時間無制限です。
さすがに人気店だけあって、有名人もおと連れており、お店の壁には、有名人の色紙で一杯です。
昨年の教訓から今年は、各自アルミホイル、白菜、調味料等を持参し、事前段取りも万全です。
・いよいよ牡蠣の食べ放題のスタートです。
最初は牡蠣の焼けるのが待ちきれない状況ですが、後半になるとさすがに
ペースも落ち、横には食べ終えた牡蠣の殻が山積み、どなたも大満足なお顔です。
これから少し走らないとなりませんが、ちょっとお腹がいっぱいでお昼寝気分です。
まだ40キロの距離とアップダウンが残ていますが、重い腰を上げてお伊勢参りのスタートです。
・お腹一杯の体のむち打ち、アップダウンを走り切り、なんとか「二見浦」に到着です。
人気の観光スポット「夫婦岩」の見学と、「二見興玉神社」へのお参りです。
今年もお参りする人の長い行列ができておりました。
人混みの合間をぬっての記念撮影ですが、慌てた上、写真も逆光でいまいちの写真ですがご勘弁を。
またその先の旅館街の表参道には木造三階建ての純和風旅館が軒を連ね、中でも明治に建てられ歴代皇族や各界の要人が宿泊した重要文化財の「賓日館」もあり、なかなか風情があります。
・JR二見浦駅から県道102号を走って「外宮」に到着です。
いつもはそんなに混んでない「外宮」も、3連休の中日のせいか、かなりの人出です。
昨年同様に警備所横の駐輪場に自転車を停め、お参りです。
今年もI氏から、伊勢神宮の説明を受けたのですが、その時は覚えていても、なかなかいざブログに書くとなると・・・・・うん~難しい(以下省略です)。
・4キロ弱の走行で「内宮」へ到着です。
今まで見たこともない人の混みようです。
成人式後の晴れ着姿の方も多数お参りに来られており、ひときは華やかを添えております。
さすがに宇治橋前の大鳥居の正面で写真を撮ることも出来ず、鳥居の端での記念撮影です。
今年1年の開運を祈願を本殿で済ませて、おかげ横丁へ向かいます。
・人混みが多かったせいもあり、既に予定時刻を過ぎて、おかげ横丁に到着です。
20分の見学時間をとり、散策に向かいます。
今年は、「赤福でのお茶」は長い待ち行列のため断念し、「伊勢うどん」を食べて体を温めます。
夕方で気温も下がってきており、暖かい太麺のうどんと甘辛のたれは、格別に美味しかったです。
・近鉄五十鈴川駅での記念です。
余裕をみて、予定列車より1本遅らせて、乗り換えなしの大阪直行の急行列車の帰路です。
輪行の時間も十分あり、皆さん牡蠣食べ放題と伊勢神宮お参りも済ませ、満足顔です。
また来年も行きましょうね。

「市内古墳と社寺巡り」サイクリング

 ○参加人数        10名(うち男子9名、女子1名)
○開催日          2019年02月03日(日)
○集合時間・場所    10:00 堺自転車博物館前
○解散時間・場所    14:30 仁徳天皇陵古墳
○ルート
堺自転車博物館前 ~永山古墳  ~方違神社 ~反正天皇陵古墳 ~万代寺・百舌鳥八幡・光明寺 ~ 御廟山古墳 ~いたすけ古墳 ~履中天皇陵古墳 ~乳の岡古墳~石津神社~ニサンザイ古墳~仁徳天皇陵古墳
○距離             約22㎞
○重点項目     堺市内の主要な古墳群と由緒ある神社・仏閣を巡り、堺の歴史の一端に触れるサイクリング
   
午後から雨が心配されるものの、強い寒波も少し緩み、サイクリング日和となったことから、自転車博物館近くの「狐山古墳」(仁徳天皇陵の培塚の一つ)をバックに元気な姿を表して、安全で楽しいサイクリングのスタートです。先ずは仁徳天皇陵北川にある他の培塚に立ち寄りながら、永山古墳へ。
 
ケヤキ通りも通りながら、方除(ほうよけ)祈願で全国に名を知られた方違(ほうちがい)神社へ。今日は節分で、ぜんざいが振る舞われることもあり、境内は参拝客で一杯。
方違神社に隣接する反正(はんぜい)天皇陵古墳。天皇陵では小さい方の前方後円墳ですが、百舌鳥三陵の一つで、閑静な住宅街に合った古墳です。
 
節分に振る舞われるぜんざいを頂く予定にしていた万代寺は参拝客が一杯で、時間的に待ちきれないため、すぐ隣の百舌鳥八幡で、これも恒例となっている甘酒とこんにゃく(100円で提供されている)を頂き、一息をつく。境内にある樹齢約800年といわれる楠の大木を愛でる。第二段の古墳群見学に出発。
第二段は、まず御廟山(ごびょうざん)古墳、いたすけ古墳。御廟山古墳は百舌鳥古墳群では4番目の大きさ。いたすけ古墳(写真)は昭和30年代に住宅造成で破壊されそうになったのを市民運動によって保存されたことで有名。そこで発掘された埴輪は堺市の文化財保護のシンボルマークともなっている。参加者がそれぞれの古墳への思いや疑問を出し合い、4世紀や5世紀頃の歴史に思いを馳せる。現在大学で歴史を学んでいるという参加者の話も聞き、古代史への興味も増した様子。
 
日本で3番目に大きいといわれている履中天皇陵古墳を展望台から鳥瞰。仁徳天皇御陵古墳より古く、5世紀前半に築造されたとのことだが、古墳の周りには4つの培塚があり、この点からも規模の大きさが窺える。
つぎに訪れた乳の岡(ちのおか)古墳は、4世紀末の築造とされていて、百舌鳥古墳群の中では最も古いようだが、前方部の大半は削られていて、円墳だけが残っている。その近くにある石津神社(写真)は、日本最古の戎宮ともいわれている由緒ある神社のようだ。堺には古墳に匹敵する古い神社も存在することになる。
つぎに訪れたのはニサンザイ古墳。百舌鳥古墳群では最も新しく5世紀後半か末とされている。周りも公園が整備され、前方後円墳の前方部は大きく広がり精美さを誇る。レプリカの埴輪が公園のあちこちに見られる。
このサイクリング最後の仁徳天皇陵古墳。参加された方々は、堺市内の古墳の多さに驚きつつも、古墳見学最後となったこの御陵が規模でも、よく整備された佇でも、やはり特筆すべきことを実感した様子。距離は短いサイクリングでしたが、参加者の皆さんも、堺市内の古墳群を通して歴史の奥深さををあらためて感じ、知的な好奇心もそそられたのではないでしょうか。

和歌山企画 「みかん海道~湯浅の街と有田鉄道廃線跡へ」

 ○参加人数        9名(うち男子9名、女子0名)
○開催日          2019年1月27日(日)
○集合時間・場所    10:00 JR紀勢線 箕島駅
○解散時間・場所     15:00 JR紀勢線 箕島駅
○ルート
箕島駅 ~ 「みかん資料館」  ~ みかん海道 ~ 展望台 ~ 湯浅醤油「角長」 ~ 湯浅町伝統的建造物群保存地区 ~ 有田鉄道廃線跡自転車道 ~ 「鉄道交流館」 ~ 箕島駅・解散
○距離             約49km
○重点項目     ミカン畑から湯浅の歴史建造物を見て有田鉄道廃線跡を走る
 
今日は天気は良いが時折冷たい強い風が吹いており寒さが厳しい日でしたが、箕島駅に輪行や車で集まってきた今回の参加メンバーは皆元気そうで、寒さに負けず楽しいサイクリングのスタートです。
先ずは全国でも珍しい「みかん資料館」に寄って、有田みかんの事を知ってから「みかん海道」へ。
 
箕島漁港は「とれピチ朝市」が有名で毎月第3土曜日に開催され賑わっていたのですが、漁協施設の改修工事で人気の朝市も1/19で終了となり、来年の5月には産直市場に生まれ変わります。
「みかん海道」は字のごとく黒潮の海が見渡せる景色が良い道で、箕島漁港から直ぐにミカン山まで上りが続く山道なので、山の麓で厚着の服装を少し薄着に調整してユックリと上って行きます。
「みかん海道」の展望台まで来ると南側に黒潮の海が広がり、北には有田川沿いの有田の街並みが見える景色が良いロケーションで、我々は頂上に建つレストランの駐車場でワンショットですが、後ろに見えるヘリポートは民家も無いので救援用には必要はないので、ヘリコプターで来る客がいるのか?
海岸線を走り湯浅の街に着き、この時季でも生シラスが食べられる「かどや食堂」でランチタイムです。
ランチの後は江戸時代に作られた大衆浴場「甚風呂」を見学し、漁師さんで一時的に混雑するので大勢で入れるように湯船は立って入る深い浴槽になったとか、次は湯浅醤油の「角長」に行きましたが現在資料館は5月ごろまでの改修工事中で、お土産を買ったら「有田鉄道廃線跡」へと進みます。
JR藤並駅から有田鉄道廃線跡のプラットホームや鉄橋が今も残る自転車道を走って行くと、道路端のミカン畑の中には多数のミカンが落ちていても、この辺では誰も取らないのか不思議な感じです。
廃線跡最終地の「鉄道交流館」には手入れの行き届いたD51が保管されており、この日は有田鉄道の実働保存車両に乗れる日だったので、家族連れ等で賑やかに乗る楽しそうな姿が見られました。
鉄道交流公園から金屋橋で有田川を渡り、ここからは川の北側沿いの国道480号線を走り箕島方面へと折り返して行くのですが、この日朝から吹く強い風が向かい風となり思う様には進めません。
無事にスタートした「箕島駅」に戻ってきて、皆様から景色が良かった事や歴史的建造物が良かったとか、楽しかったサイクリングを満足できた言葉が聞かれ、今回のサイクリングは解散となりました。

歳末「酒の肴買出し」サイクリング

 ○参加人数        6名(うち女子0名、男子6名)
○開催日         平成30年12月30日(日)
○集合時間・場所    9時 南海本線駅 岸和田駅
○解散時間・場所    14時00分 南海本線 岸和田駅
○重点項目            集団安全走行
○走行距離                   約40キロ  獲得標高69m 平均速度18Km/h
○コース          岸和田駅~紀州街道~泉佐野漁港~関空公園~田尻漁港~岡田浦漁港~意賀美神社~日根神社~日根野駅~泉佐野駅~紀州街道~岸和田駅
                                     
午前9時 南海本線 岸和田駅に集合 ルート説明、準備体操、自転車の点検を済ませ、 さて、寒波の影響で寒い朝ですから、スピードは抑えぎみ、ゆっくり出発します。   紀州街道を南下し、泉佐野漁港を目指します。漁港朝市は年の瀬の買い物客でにぎわっていました。
写真1 泉佐野漁港
 
関空公園を通り、田尻漁港朝市へ到着しました。 そこから、碧海に浮かぶ関西空港を右に見て、田尻スカイブリッジ、泉南マリンブリッジを越え、岡田浦漁港朝市に到着です。
写真2 泉南マリンブリッジ
田尻漁港、岡田浦漁港朝市で酒の肴を買って、せんなんわくわく広場で昼食。 道の駅も兼ねているこちらでも買い物。  漁港朝市は鮮魚が多く酒の肴は少ないです。
写真3 せんなん マーブルビーチ
岡田浦漁港から樫井川を遡り、意賀美(おがみ)神社に参拝。地元の中学校美術部の猪の大絵馬の前で集合写真。

写真4 意賀美(おがみ)神社

樫井川をさらに遡り、和泉の國五之宮 日根神社へ。 年末の茅の輪を作法にのっとりくぐり、拝殿へ向かいました。半年の罪、穢れを落とし綺麗になりました。
今回も事故なく楽しいサイクリングが出来ました。
参加された皆様ありがとうございました。
・・・みんなで走れば楽しいよ・・・
写真5 日根神社

ちょっと早い年越し蕎麦 「相福庵」サイクリング

 ○参加人数        10名(うち男子10名、女子0名)
○開催日          2018年12月15日(土)
○集合時間・場所     9:00 自転車博物館図書館
○解散時間・場所     15:30 自転車博物館図書館
○ルート
自転車博物館~61号~阪和道脇道~480号脇道~和田町~国分峠~旧170号~内畑~河合町~相福庵~ほの字の里~水間寺~河合町~愛菜ランド~蜻蛉池公園~山直中町~唐国~阪和道脇道~61号~自転車博物館
○距離             約74km 獲得標高900m 平均速度18.6Km/h
○重点項目   里山の起伏ロードを集団走行で安全なサイクリング
 
12月15日(土) 昨年の同様の企画です。曇り空のなか午前9時前10名のメンバーが集合しました。ルートの説明、準備体操、点検をして出発です。
大仙公園の新しいトイレで大事な用を済ませその前で集合写真撮影です。
 
旧170号線の内畑から神於山への激坂を登り少し下った河合交差点から岸和田の相川に向かいます。11時半前に「相福庵」に到着。
全員蕎麦定食を注文しました。なかなか豪華です。嬉しいことにかやくご飯のお替りが出来ます。 外が明るくなってきました。お腹いっぱいで此処から下ろうかの声も
岸和田の奥、蕎原(そぶら)から奥貝塚のほの字の里に寄り、そこから下り水間寺に到着。
せっかくですので、水間鉄道の水間観音駅に寄りました。 寒い季節のサイクリングでしたが、登りでは汗ばむ、起伏に富むルートでした。
距離も満足していただけたと思います。
みんなで走ると楽しいよ・・・