木津ー信楽ラン(2)

 ○参加人数        16名(うち女子2名、男子14名)
○開催日         平成31年4月28日(日)
○集合時間・場所   09:00  JR木津駅西口
○解散時間・場所 16:24  背割堤(であいさくら館:淀川三川合流域)
○重点項目          2チームで連携を取りながら安全走行実施する
〇走行距離              99.2km(計画の通り)
〇コース     JR木津駅西口 →和束町(休憩2回)→信楽→ 陶芸の森(昼食:ブラウンライス& ウォーター)→陶器屋さん→瀬田川(休憩1回)→宇治川→宇治(抹茶アイス+宇治茶)
→宇治川→背割堤(であいさくら館)
     
当日は晴天に恵まれ、平成最後のサイクリング日和になりました、

京都府南部の木津駅西口に集合、8時45には全員が集まり、自己紹介→コース説明→
注意事項→準備運動で イベントは開始しました。
参加者総数16名(リーダ2名含む)をウサギさんチームとカメさんチームに分けて安全に
楽しく走ります。

 
最初の休憩場所に着きました。

先ずは「ウサギさんチーム」の8名です、早かったですね
休憩場所では必ず全員が揃うのがルールです
「カメさんチーム」が到着するまで少し待って頂きました。

続きまして「カメさんチーム」8名です

「カメさんチーム」の方が人気がありましたが、
早い方は「ウサギさんチーム」に入って頂き、8名づつに分けました
皆さんのペースに合わして無理なく、安全に楽しく走ります。

 
もうすぐ県境の峠です、
「カメさんチーム」が懸命に走っています

途中で、
「カメさんチーム」が「ウサギさんチーム」を抜くハプニングがありました
ですが、この峠の前で抜かされてしまいました

 
県境の峠に到着、
「カメさんチーム」の早かった3名です
残りの「カメさんチーム」まだ走っています。

あれ、待っているはずの「ウサギさんチーム」がいません?
(実は走行中の写真の撮影中でした)

少ししたら、「ウサギさんチーム」が戻ってきました
県境の峠で全員で記念写真です、ここからは滋賀県です

後は、下りのコースです
そして、美味しい昼食が待っています

 
「うさぎさんチーム」の走りです、さすがに早いだけのことはあり
無駄の無いフットワークです
昼食タイム
11:30に「ブラウンライス&ウォータ」に到着、予約していた昼食を食べます。
5月連休中ですが、予約をして頂きました。

予約されたテーブル席も屋外の気持ちの良い場所です
ウサギさんチーム+カメさんチームでがやがや食べてます。

信楽の狸とご一緒に!
たぬきは「た=他」「ぬき=抜き」ということで「他を抜く」という意味があり、
このことから商売繁盛、招福、金運UP、開運など、縁起が良いものと考えられているそうです

信楽から宇治までは宇治川沿いを下るルート「カメさんチーム」が先行で走ります
宇治では緑茶ソフトクリームも頂き、本場宇治茶の試飲も、
何と2のお店(お茶屋さん)で宇治茶を頂きました。
(ここで少し、時間を掛け過ぎましたが楽しい一時です)

 
解散場所の背割堤の「さくらであい館」に到着
予定より24分遅れての終了となりました、ご参加の皆さんお疲れさまです

ここで解散です、輪行で 自走でと各自帰られます

2チームの連携は上手に安全に出来ました、感動の時間でした
みなさーん!ご一緒出来て最高に楽しかったです
また、ご一緒しましょう (*^^)v

Monthlyポタリング(岸和田)

 ○参加人数        7名(うち女子2名、男子5名)
○開催日         平成31年4月19日(金)
○集合時間・場所    9:00 堺自転車博物館東側の広場
○解散時間・場所    15:00堺自転車博物館東側の広場
○重点項目          毎月同じコースで開催し、クラブ員の皆様の体調の維持と定期的な
自転車のメンテを行う機会を作る。
併せて企画の敷居を下げて、先達となることにより幹事を養成する。
○走行距離               58km
○コース          堺自転車博物館~紀州街道~岸和田市内(泉州春木港、岸和田
カンカンベイサイドモール)~岸和田城~浜寺公園~堺自転車博物館
   
本日のポタリングは、平地巡航速度15~20km/hで誰もが負担感なく、走れる強度です。
お気軽に参加できます。
浜寺公園の松並木を左に見て、浜寺運河沿いの小径をゆっくり自転車を走らせます。
歩行者やランナーの皆様優先です。
漕艇場の広場には競技用のボートが並びます。
選手の若者の皆様と一緒にS社の社員さんもお見受けしました。(^^)
 
歌の歌詞にもよく聞き覚えのある泉州春木港です。
歌詞の碑とウミガメが運んで戻ってきてくれるという供養塔をバックにサイクリングの安全を
祈願し、みんなで記念撮影を行いました。
岸和田カンカンベイサイドモールのボードウォークをのんびり流します。
まるで洋楽の歌詞にある外国のボードウォークのようです。
地元岸和田高校の礼儀正しい、賢そうな生徒さん達に写真撮影をお願いし、記念撮影です。
撮影後皆さんでジェラートをいただく要望があったのを失念してしまい、誠に申し訳ございません
でした。
その代わりHさんのアドバイスにより浜寺公園駅のカフェでケーキセットを頂戴しました。
気軽に参加できるポタリング企画!皆でいただくオープンエアでのお弁当とケーキセットで
一日1,000円で遊べる幸せがあります。
またこの企画をやってみたい幹事ご希望のクラブ員の皆様がいらっしゃればぜひお願いします。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

桜とパン屋さん巡り

 ○参加人数       6名(うち女子2名、男子4名)
○開催日         平成31年4月6日(土)
○集合時間・場所    9:00   自転車博物館
○解散時間・場所    15:00 自転車博物館
○重点項目  桜を楽しみながらパン屋さん巡る自転車散歩
○走行距離               33km
○コース   自転車博物館〜浜寺公園〜津久野駅〜深井駅〜白鷺公園〜三国ケ丘〜自転車博物館
                                   
花より?パンを求めて、いざ、出発!
 
朝のおやつパンを求めて、パン屋さん2軒廻り、浜寺公園の運河と満開の桜を見ながら、パクリ!
1軒目のパン屋さんはすでに長蛇の列、10時開店の2軒目を目指し朝のおやつパンを購入。この写真の3軒目のパン屋さんでは少し落ち着いて購入できました。
桜満開の白鷺公園で5軒分のお昼のパンをがぶり!
ここでもパンの撮影忘れてました〜
花よりパン?
 
本日最終7軒目のパン屋さん!
一旦自転車博物館に戻り…
Hさんお薦めの大仙公園の枝垂れ桜の前で解散。
サポーターのHさん、ご参加の皆様ありがとうございました!

泉北緑道の桜11ヵ所全部見せます!!

 ○参加人数        10名(うち女子4名、男子6名)
○開催日         平成31年4月4日(木)
○集合時間・場所    10:00  荒山公園テニスコート前
○解散時間・場所    15:20  荒山公園(和田交差点前)
○重点項目          泉北緑道に咲いている桜を存分に堪能する。
○走行距離               約 35km
○コース          荒山公園→泉ヶ丘緑道(荒山、竹城、大蓮、晴海)公園→光明池緑道(新槙尾、鴨谷、城山)公園→栂・美木多緑道(御池台、庭代、原山、西原)公園→荒山公園で解散
 
コース説明と準備体操を済ませて出発!
天気最高!桜最高!メンバー最高!のすべてgood!のスタートです。
荒山公園は.梅が有名ですが.桜も素敵です。
お薦めビユーポイントの陸橋から咲き誇る桜を眺めます。
光明池緑道の.桜の下.を花見弁当を広げる鴨谷公園まで登りも何のその‼
光明池駅前のスーパーで各自弁当を購入。
.川沿いの「鴨谷桜祭り」の提灯も下がってる雰囲気満載の桜の木の下で楽しい.おいしい弁当を広げました!
予定の有ったAさんとはここでお別れ….
知る人ぞ知る、御池の「滝桜」の前です!地元の人の熱心な手入れで毎年きれいな枝垂桜が楽しめます!
泉北一の桜1600本が咲き誇る西原公園を経由し一路解散場所へ向かいました。
桜に見とれてしまったためか予定時間を少しオバーしましたが皆さんには桜を堪能して頂けたのではないでしょうか・・・

絶景お花見企画 「吉野の千本桜~黒滝村へ」

 ○参加人数        9名(うち男子8名、女子1名)
○開催日          2019年4月6日(土)
○集合時間・場所     9:30 近鉄下市口駅
○解散時間・場所     15:00 近鉄下市口駅
○ルート
下市口駅 ~ 県道39号 ~ 下千本 ~ 中千本公園  ~奥千本・金峰神社 ~ 地蔵トンネル ~ 黒滝村 ~ 道の駅吉野路黒滝 ~ 下市口駅・解散
○距離             約52km
○重点項目     太閤さんも花見をした吉野山から黒滝村へ花見に行く
 
今日の天気は晴れで風も穏やかなサイクリング日和に恵まれた日に、集合場所に輪行や車や自走で集合した元気なメンバー揃ったので、ブリーフィングの後準備運動をしてサイクリングのスタートです。
この駅のすぐ近くには24時間300円で停められる駐車場があって、車で来るのには便利な所です。
 
今回のルートは吉野山を上る昔からの本道は20%を越える勾配があるので、大回りで景色も良くない道になるが勾配が緩やかな桜井吉野線で上まで上がってから本道を下りてくるルートで行きます。
桜が咲く時期は花見客で賑わう吉野山なので、この日も吉野駅には大勢の人で混雑していました。
上る途中の中千本にはランチを予定している店の近くを通って行きますがまだ10時半にもならないので、先に上まで行ってから後でランチをとることにして上千本を目指しましたがこれが悲劇になるとは!
吉野大峰ヒルクライムのコースにもなっている道で金峰神社まで上ってきて、ここから本道を下ります。
急勾配の本道を下って行くと上りと周りの景色が様変わりして、花矢倉展望台に到着して金峰寺辺りを見下ろす絶景には上ってきた疲れも癒され、あとは桜が満開になっていたら最高の景色でした。
ランチ予定の店近くまで来ると大勢の歩行者なので自転車を押してランチの店に着くと、この時間なら1時間以上の空席待ちになるとの事で、仕方なくランチは黒滝村の道の駅まで我慢する事に変更。
吉野山を後にして車の通行が少ない府道257号から48号を地蔵峠まで上り基調の道を走ってきて、ここからトンネルを通るか山越えをするかですが、誰も山越えの希望は無くトンネルを通る事に。
長さ1250m程のトンネルを通る間に通過した車は3台だけで、自転車で走りやすい快適な道を進んで黒滝村役場から西へ、丹生川沿いの府道138号も車と出会うのも偶で、道の駅に到着しました。
道の駅「吉野路黒滝」ならではのイノシシ汁やフライを食べ、遅くなってしまったランチなのでいつもより多めにスイーツもお薦めの豆大福なども食べて満腹になり、ここから折り返して帰路へ再スタートです。
国道309号線から広橋梅林の方へ入り、山上から眺めが良い道を下って行くとゴールの下市口駅まではもう直ぐで、下市口駅に到着して今回の皆様の感想は「桜はまだ満開ではなかったが走りやすい道が多かったので良かった」と十分に満足出来た様子で、今回の楽しいサイクリングを解散しました。

お花見企画 「和歌山桜三昧~ポルトヨーロッパへ」

 ○参加人数        10名(うち男子9名、女子1名)
○開催日          2019年3月31日(日)
○集合時間・場所     9:30 JR和歌山駅
○解散時間・場所     15:50 JR和歌山駅
○ルート
和歌山駅 ~ 和歌山城 ~ 紀三井寺 ~ ポルトヨーロッパ ~ 貴志駅 ~ 大和街道 ~ 松下公園 ~ 和歌山駅・解散
○距離             約53km
○重点項目     桜が見頃の時に和歌山へ花見に行き、ポルトヨーロッパを楽しむ
 
前夜の天気予報は晴れでしたが春時雨と言う様に早朝に予報外の雨が降って惑わされましたが、集合時間には路面も乾き、風が強いので体感的には肌寒い日ですが桜も見頃で恵まれた様です。
そんな日に輪行や車で集合場所に元気なメンバーが揃ったので、楽しいサイクリングのスタートです。
 
最初に目指すのは桜で有名な和歌山城で、車の通行が少ない市街の裏道を少し走れば到着して大手門から城内に入って行くと屋台店が建ち並び、花見に来る人の混雑で歩く事を予想していたがそれ程でも無く、自転車で二の丸庭園から「御橋廊下」まで城内を廻り、「伏虎像」前でワンショット。
和歌山城の次に行く花見処の早咲きの桜で有名な「紀三井寺」へ行きましたが、山門横にあった大きな早咲きの桜の木が昨年の台風の被害にあって無くなっていて華やかさが少し薄れていました。
階段の前に大きな石柱に掘られた寺名の上に井の字が3文字掘られているのは、お寺に今も湧き出ている三つの井戸があるので、古来から紀州にある三つの井戸の寺と言う由来で寺名になったとか。
紀三井寺を後にして和歌山市電の廃線跡を通り海岸沿いの県道を走り次に行ったのは、南国の開放的な雰囲気のマリーナシティーで、この園内のポルトヨーロッパや黒潮市場を再集合時間まで自由に散策して楽しむのですが、ランチの時間がもう直ぐなので黒潮市場の試食も程々にして出発です。
i
ランチを予約していた店に到着してゆったりしている広間に上がり、これからが楽しいおしゃべりをしながら美味しい料理を味わえる、待ちに待ったランチタイムの楽しい時間の始まりで皆満面の笑顔です。
新鮮な刺身やてんぷら、小鉢ものにミニ麺類、五目御飯と食べ、最後はコーヒーの締めで大満足。
食後は野上鉄道の廃線跡自転車道を走って、真国川が貴志川へ名前が変わる川沿いの車の走行が少ない道で貴志駅のタマ駅長に会いに行くと、今日は珍しく多くの観光客で混雑していました。
貴志駅を後にして貴志川河川道を走る辺りでは横風を受けましたが頑張って岩出橋まで来て、旧大和街道の千旦近くで少し休憩し、松下幸之助の生誕地で綺麗な桜が咲く松下公園に到着です。
松下幸之助は和歌山城の御橋廊下の茶室「紅松庵」を個人的に寄贈したそうで、偉大な人です。
 
松下公園から先はゴールのJR和歌山駅までは残り5~6キロの距離なのでもう一走りですが、いつも車の列が出来る和歌山インター近くの道をゴールするまでは気持ちを緩めずに通り抜けて行きます。
スタートした和歌山駅に戻ってきて、今日は風が強い日でしたが天気には恵まれたサイクリングが出来たので皆さんも満足出来た様子で、楽しかった今回のサイクリングはここで解散する事になりました。

いばきた見山の郷&安威川ダム(建設中)ラン

 ○参加人数        6名(うち女子0名、男子6名)
○開催日         平成31年3月30日(土)
○集合時間・場所(集合)9:15、(出発)09:30 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○解散時間・場所         13時45分  枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○重点項目          春のサイクリングの楽しさを体感する
〇走行距離               38km(計画は45km)
〇コース      枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前) →見山の郷→安威川ダム(建設中)→ はる遊食堂→河川敷の円形椅子(トイレの前)
  
いばきたのサイクルイベントは昨年に続き2回目ですが、今回は天候が悪かったです。
15時からの降水確率が50%でしたがイベント終了が14時と言うのと、天候が回復する期待とでイベントを決行しました。(しかし、予想は外れました)
このコースは走行距離は短いですが、清々しい川沿いの走行、緑の中の登り坂、等の
好条件を含む楽しいサイクリングコースです。
コース説明と準備体操、愛車の点検を終えて出発しました。
 
おおよそ1時間走行しました、
走行距離の短いコースですので、休憩はここのコンビニで一回だけになります。
参加者の方からお饅頭を参加者全員に進呈され、美味しく頂きました。
皆さん、元気いっぱいです。
坂を登り北摂山系、竜王山のふもとにひっそりと残った山村「見山の郷」に行く予定でしたが
上り坂をダッシュして先に走られた方が途中でコースを外し亀岡市方面に爆走した為に
残った人で捜索活動に時間を取られ、又あいにく雨が降ってきたので「見山の郷」は断念して安威川ダム(建設中)に向かいました。
安威川ダムの建設事務所の50m手前に激坂がありましたが、皆で登り切りました。
 
皆でダムカードの写真撮影です。(ちょっと枠より写真が大きくなりましたが、、、)
安威川ダムは茨木市を南北に流れる安威川に、昭和42年の集中豪雨を契機に、洪水調節、流水の正常な機能維持のための治水ダムを、平成33年度末完成を目指して大阪府がダム本体工事に着手しています。
 
予約しておいた昼食のレストラン、「はる遊食堂」に到着。
天候不良にも負けず、一会員の暴走にも負けず、昼食にたどり着きました
ご褒美の昼食は美味しい「石焼ハンバーグ」です
走行距離は短かったですが、皆さん空腹です。
昼食のメインは石焼ハンバーグです、土鍋の中でハンバーグがぐらぐら煮込んで出てきます
スープの味も5種類ありそれぞれ美味しく頂きました。

解散場所の枚方市駅側の河川敷の円形椅子には13時45分に到着です
途中で雨になり、雨具を付けての走行になりました。

雨の中を自走で帰る人、京阪電車で帰る人、車で帰る人で別れ、今回のイベントは完了しました。
次は秋のいばきたを紹介したいと思っています。

企画・立案・下見の勉強会

 

○参加人数        男子5名 女子1名
○開催日         平成31年3月30日(土)
○集合時間・場所    午前10時・自転車博物館玄関
○解散時間・場所    午後3時半・自転車博物館自転車置き場
○重点項目          企画書の書き方・立案のヒント・下見走行の注意事項
○走行距離                  17KM
○コース  下見ラン(10:00-12:30):堺市立中央図書館前 京町通り 紀州街道(船待神社)ザビエル公園西側(内川の船着き場) 大和橋 遠里小野(農神社跡) 熊野街道 大和川左岸 境王子(さかいおうじ⑦) けやき通り 仁徳陵、 大山公園(1230-1315:昼食),   自転車博物館図書室・多目的室(13:30-15:30)
ルート概要: https://yahoo.jp/_wkKua
○天気等  曇り・晴れ・雨  気温 11度~17度  風 2-3m  路面:良い (走行時)

昨年に続き、『楽しいサイクリング』の企画・立案の勉強会を行いました。気圧の谷間により夜間に予想されていた降雨が繰り上がり これにより急遽下見ランを午前に実施し 座学は午後に変更
「堺七まちひな飾りめぐり」でお邪魔した「水野鍛錬所」さん:朝の出荷でお忙しいときに2階のひな飾りから鍛冶の作業場まで見せていただきありがとうざいます

 
下見ランの写真がありません m(_ _)m 桜は3分咲き程度 急な雨で昼食は大変でした
座学の様子
資料が満載ですね 参加者もたくさんの資料を持参されました
 
博物館自転車置場で
皆様無事に帰宅されたようでよかったです 参加者皆様・お疲れ様でした キーワードは 『楽しいサイクリング』 です!
参加者の感想(抜粋):
Yさん:
下見走行で今までにない目の付け所や安全確保の重要性を改めて感じる
堺の町が歴史的に身近に感じ、今もなお当時のおもむきが自転車の速度とマッチしてよくわかる体験。
多人数での町並み走行は道路条件や信号によって列が分断されたり道路交通法の熟知が大事。
走る順番の確認、先頭交代?など、はじめて参加する企画、初対面の方、走行能力など回数と幾多の同時体験値がそろわないと、と感じた。
ヒルクライム、平地走行、おいしいもの探索、おんぶにだっこの状態でした。
新しい企画をつくりだすことに自分ももっと楽しめる芽がめばえるように出来たらいい・・・

Fさん:
リーダーとして皆さんをリーディングする時だけでなく一参加者であっても、【自分の子供たちを率いてサイクリングしている】気持ちになって皆が安全に走行できるよう周囲に気を配り注意喚起する事の重要性を再認識しました
※企画案: https://yahoo.jp/nLRRAm
輪行とたらふく食べる台湾唐揚げで楽サイクル
三日市駅集合 紀見峠を電車で通り抜け 林間田園から紀ノ川沿いに道の駅「紀ノ川万葉の里」をめざし{途中に台湾美食亭に寄り}折り返し反対の対岸を道の駅「柿の郷くどやま」を通りすぐの九度山駅から輪行で三日市駅解散

Aさん:
自転車を拭いていたので、連絡が遅くなりました。先程、無事に帰宅しました
いろいろ資料をいただいたり、お借りして、ありがとうございました
今日の勉強会に参加させていただいて本当によかったです
企画案:
①熊野街道を通り、帝塚山からあべのをポタリング。
【企画動機】いつも走っている地元あべのを案内します。
歴史を学びながら、フォトジェニックなお店にも立ち寄ります。
【集合解散】自転車博物館
②初心者向けヒルクライムに挑戦!〜ハーベストの丘〜
【企画動機】ハーベストの丘に、ヒルクライムの練習にちょうどいい新しい道ができていました。坂が苦手な人にも気軽に参加していただきたい企画です。近くに讃岐うどんと大分の鳥めしがいただけるお店があるので、ヒルクライムのあとはみんなで美味しいお昼ご飯を食べたいと思います。
【集合解散】荒山公園

Tさん:
企画案:(100kmロングライド)
マウンテンバイカー

Mさん:
自転車は車道をはしるのがそれらしい(ロングストレッチ)
サイクリングらしい企画をしたい
(下見ランに河川敷走行を加えたロマンチスト!)

編集後記: 皆さん持参資料が沢山で参加者の勉強意欲に圧倒された 座学前のランは有効 参加者の感想に「安全」のキーワードと企画案に「楽しい」が伝わってくるものがあり勉強会を企画した甲斐があった 来年も開催したい

「紀見峠越え高野口町、九度山町」満腹サイクリング

 

 ○参加人数        10名(うち女子0名、男子10名)
○開催日         平成31年3月16日(土)
○集合時間・場所    10:00  河内長野駅前
○解散時間・場所    16:10  河内長野駅前
○重点項目          春の紀見峠越えと紀ノ川を楽しみ、大石順教尼記念館を見学
○走行距離                 約58km
○コース          河内長野駅前~トトロ街道~紀見峠~高野口町~台湾美食裕福~旧萱野家・大石順教尼の記念館~紀見峠~河内長野駅前
本日のMCCランは、春の訪れを感じながら紀見峠越えと紀ノ川のランを楽しみ、台湾料理の醍醐味を堪能し、さらには大石順教尼の生き様を知ることで宗教のあるべき姿を学ぶランですが、当日は、空模様が怪しく、集合時間を9時から10時に伸ばしたものの、どんよりとした曇り空で、しかも気温は真冬並みで、少々厳しいランが予想された。出発時点での心配が杞憂に終わることを願って、写真撮影。
 
ところが、紀見峠の登り口に着いたところ、トンネル内での事故による火災発生でトンネルの通行が禁止されたため、我々の進むべき峠越えの道に車両が殺到し、峠までの道のほぼ半分は、泥まみれの側道を(自転車を押して)登らなければならなかった。やっとの思いで、峠に到着。なんとか、無事に峠まで達し、ほっと一息。紀見峠からの(橋本への)下りは車の通行も急激に減り、スムーズに。
紀ノ川の寒風に震えながら、空きっ腹を満たすという我々の一つの目的を達成すべく、ややスピードを上げ、高野口町の「台湾美食裕福」に向かった。量が多くて、美味で、しかも値段の安い品々の中で、唐揚げ定食を注文。その量の多さに驚きながら挑戦をしたものの、完食できず、唐揚げをドギーバックで持ち帰る。
次に向かったのは、旧萱野家・大石順教尼の記念館。大石順教尼は、もともと大阪で芸妓をしていたが、17歳の時にある惨事に巻き込まれ両腕を失った。その後、文字を覚え、国文学・和歌・日本画を勉強し、口で絵筆を用いて、作品を生み出していった。37歳で身体障害者の福祉相談を始め、真言宗のお寺で修行の後、45歳で出家した。これらを紹介するビデオを約15分間鑑賞。大きなハンディキャップを克服し、かつ自分と同じ障害を抱えた人たちを支えながら、尼僧として悟りを開いた、その生き様にはただただ驚くばかり。
当記念館を管理・運営されている方々からの説明を受けながら、大石順教尼の作品の数々を鑑賞。
 
当記念館の旧萱野家はもともと「高野山里坊」(里坊は山寺の僧などが人里につくっておく僧房)で江戸中期から後期まで続き、明治期に萱野家の所有建物となったが、平成21年に町が文化財の保存・保護のため譲り受けた。大石順教尼もかつての里坊だったこの旧萱野家にはたびたび訪れていた。その落ち着いたたたずまいの前で写真撮影。
旧萱野家記念館を後にして、紀見峠に一路邁進。いつものことながら橋本市内から延々と続く登りをヒーヒー言いながら、無事到着。帰りは、車の往来もほとんどなく快適に下ることもでき、トトロ街道も順調に走り、目的地の河内長野駅前に到着。行きは、雨の心配される曇り空に紀見峠までの数珠つなぎの車両に閉口しながら、一瞬中止も頭をよぎりましたが、紀見峠到着後は比較的スムーズに進み、楽しいランを味わうことができました。また、旧萱野家・大石順教尼の記念館では、希有な人生を歩んだ尼僧を通じて、宗教のあるべき姿を再認識できたようにも思いました。

大阪観梅企画 「大阪城梅林~サイクルモードへ」

○参加人数        6名(うち男子6名、女子0名)
○開催日          2019年3月3日(日)
○集合時間・場所     9:00 長居公園
○解散時間・場所     13:00 サイクルモード会場
○ルート
長居公園 ~ 大阪城梅林 ~ 城北大橋 ~ 淀川河川道 ~ 一津屋 ~ 万博公園サイクルモード現地・解散
○距離             約35km
○重点項目     大阪城梅林の梅を鑑賞して、安全な道を走ってサイクルモードへ行く
 
昔から春雨と言う言葉があるくらい春先の天候は小雨が降る時期なので、この日も開催できるかどうか直前まで天気予報に惑わされましたが、夕方までは本降りにならないと予測し開催を決定しました。
集合場所の長居公園から車の通行が少ない裏道を走り大阪城梅林に来ましたが、梅の花はまだ五分咲き程度で、梅が満開の見頃になる時には桜の花見と同時に楽しめるのではと思う状態です。
夕方からの降雨を考え午前中にサイクルモードへ行く様に予定を繰り上げて、大阪城でのランチを万博公園の近くの店でとる事に変更してここから淀川河川道路を走ってサイクルモードへ向かいます。
 
車の通行が少ない道を走って万博公園のサイクルモード会場に来ると、今日の天気予報が雨降りとなっていた為か例年より来場者が少ない様で、同時に全員が乗れる試乗車もあるくらい試乗車の空きも目立ち、人気があるブースの混雑も少なくあちこちで貰えるいろいろなグッズも直ぐに溜まりました。
皆で一緒に会場を回り最新の自転車関連の情報も得られたし、並ぶ事も無く数台の試乗も出来たし、無料で頂ける様々なお土産も貰えたし、この後はもっとサイクルモードを楽しみたい人や早く帰りたい人もいるので、今回の楽しかったサイクリングはここで解散する事になりました。