『春の海岸サイクリング』 (サザンを歌いながら)

担 当 者        角田 裕信 ・ 長谷部雅幸

開 催 日        2012年05月27日(日曜日)

参加者数                     14名(女性4名、男性10名)

本日のリーダー     角田 (サブリーダー:和田・高野・今西・岩淵)

集合時間・場所     10:00  南海本線・尾崎駅

解散時間・場所     15:00  南海本線・岬公園駅

ルート           尾崎駅~(府道250)~鳥取ノ荘~(R26)~箱作~(南海線沿)~

            淡輪口~淡輪中~(府道259)~祇園橋~長松自然海岸~深日港 ~

            大川峠~淡島神社~大川トンネル~岬公園駅(南海本線)

走行距離         約38km

 

仕事で疲れてるのかナー、時間を読み違え起床が遅くなり、オマケに出掛けに水筒を忘れるわ、日焼け止めを忘れるわ。。。

堺駅で自転車をバラしていると、年配の男性が。。。聞くと以前は自分も自転車に乗っていて、ツーリングなんかにも出かけて。でも今は病気の投薬中で、自転車に乗れないト。。。メタボ講習のPRをしっかりお伝えして、区間急行のヒトとなる。南海電車は久しぶりで、岬公園に連れてってもらうのがうれしくて、ワクワクしてた子供の頃を思い出した。

かなり早く尾崎駅に着いたつもりが、早、数名の姿が。。。みんな自走でTaさんは既に1日分を走破。オソレイリマス。簡単なルート説明、各スタッフを決めた後、10時、尾崎駅スタート。

   海岸トレースは春にかぎる。以前から春の日の海岸トレースは大好きやったナー。

「春の海 ひねもす のたりのたりかな」image001

なんとなく「ヒネモス」ってネッシーに似た怪獣が、のどかな春の海をプッカプッカ漂っているのを想像してて、「ひねもす=終日」と知ったのは、わりと最近のコトである。4月は風光る、5月は風薫ると言い、初出しの脚に潮風が心地よい。海が見えたときのみんなの歓声、背中でシッカと聞きましたゾ。

数年前に走ったルートなのだが、かなりの記憶が自身の頭髪とともにかなり薄れていて、Fuさんのガイドは助かった。感謝。

  箱作駅でのプチガイド(あのレンガ積みは、蒸気機関車が走ってた頃のプラットホームなんだヨ)の後、ピチピチビーチへ。ここで初参加の方もおられたので、自己紹介タイム。70歳を超えるというIgさんに一同「おおーッ」。Igさんは、もうすぐ博物館に展示されます(おおおーッ)。。。ホント、あの体力には感服!!image002

 5月の薫る風がBBQのケムリに変わる。思わず笑ってしまったのは、「BBQ指導員」のカードをブラ下げた自転車のオジサン。たぶん、マナーの悪いヤツらがいるんだろうナー。それと、あずきサンがチェックした叶恭子を意識したオネエサン!! しっかり私もチェックしましたゾ。 予定ルートを大幅に変更し、そのまま淡輪のヨットハーバーの横を通り抜け、岬公園の裏手へ。

 「タダでは見せんゾ」という雰囲気のイルカショーのプール横でネバッてみるも、イルカのヒレしか見えず、写真をあきらめた頃に大ジャンプ!! ヤツら、キッチリ調教されてるナ。もっと純情なイルカ、いるか? いないか。。。image003

 本日のメインともいえる長松自然海岸は「おなかすいた」というHiさんの声とともに、アッという間に走りすぎてしまい、深日港、朝日亭。「ご注文は?」「Aランチ14人前」 おかげで本日のAランチ(三食丼+ミニうどん 980円也)は、即Sold Out。日本一品格の高いサイクリングクラブを目指す我々は、冷たいビールを欲して、Alcの加水分解による脱水症状をも気にしないで、グルグル鳴るノドをなだめスカし、「タコがうまいネ」「わさびがほしいネ」などと言いつつ、でも、そのウマさに感動しつつ、静かに三食丼をワシワシと摂取す。image004

 昼食後、「ぢゃ、ここで。。。」というYaさんを見送り、もう少し走りたいネと大川峠を越えて淡島神社を目指す。Waさんの細やかな実走アドバイス。さすがである。ピークを過ぎて行ってしまったFuさんに至っては「誰も来ないんで戻ってきた」 健脚ぅぅ~!! で、淡島神社。地下の収蔵庫には、髪が伸びる人形があるトカ、ないトカ。。。サザエのつぼ焼きで、冷たいビール。。。をグッとがまんの子であった。

image005 ここで「和歌山市から橋本経由で帰る」というIgさんを見送る。全く元気!! まるで仙人のようなオジジである(敬意)。

 日本一品格の高いサイクリスト達は、ビールの代わりにアイスコーヒー。女子たちの意向で、帰路、大川トンネルの手前のレストハウスでコーヒータイム。自転車談義に花が咲く。

 大川トンネルをクリアし、追い風も手伝ってか、快適なシーサイドラインをスピードアップ。 気が付けばTaさんがぴったり追走している。なんだかんだ言って、このオバハンもツオ~イ!!

  15時、岬公園駅で解散。それぞれの帰路につく。 あッ、サザン歌うの忘れてた。。。

                                                                                                               (文<す> 写真<ひ>と<す>)