トレーニングP 泉北NTの緑道を一筆書きコースで走破する

担 当 者            山本

開 催 日            2012年12月16日

参加者数            9名(男性)

本日のリーダー        山本

集合時間・場所        9:30  南区若松台・大蓮公園内 泉北すえむら資料館前

解散時間・場所        14:00  光明池地区・鴨谷公園

ルート              未定 (参加者が添付の白地図で作ったコースを採用して走りま

               すので、参加申し込み時に、添付してください。緑道は破線で示

               してあります。)

実走距離            約30km

 

《コメント》

夏は日差しを避けて緑道を走りました。そんな緑道も冬は視界が開け、空も周りの景色も見渡せて、泉北NTの緑道を極めるにはもってこいです。

MCC会員の皆さん、一筆書きにコースに是非チャレンジしてください!

スタート地点は大蓮公園~・・、近辺の生活道も利用して泉北3地域の緑道をひと筆でつなぎ走行の距離を伸ばします。枝道・公園は除く・・・~ゴール地点

 

冬枯れの泉北NT3地区の緑道を走破する、それも一筆書きで。

これは泉北の緑道を熟知するための一番の近道と、「一筆書きチャレンジャー」たちが、泉ヶ丘地区にある大蓮公園・堺市立すえむら資料館前に集まってきた。

 

IMG_6341(須恵器をイメージした焼き物を前にして)

 

泉北NT一帯は陶器文化発祥の地で、そのシンボル的存在の資料館(全国唯一の須恵器資料館)も半世紀の間に成長した樹木の中では、小さくなってしまっていた。公園までの道がよくわからなかったとか、近くまで来てから30分も走ったとか・・・、参加者の皆さんには、気苦労をかけてしまった。反省!!

そこで、本日の企画は「泉北の緑道を一筆書きチャレンジ」、早速Iさん、Nさんが作ってきたルート図が、苦労したでェ~の声と共に提出された。特にIさんのルート図は枝道も完全にカバーされ、真剣さが隅々までジワァーとにじみでて、迫力満点!

今日のコースはIさんのメインの部分をいただき、途中で近頃人気のパン屋さんS堂に立ち寄り、3地区の緑道を走りつくすコースに9人の集団が泉ヶ丘地区・若松台・大蓮公園から動き出した。

 

MCC泉北緑道

(I さんがチャレンジした一筆書きルート図)

 

IMG_6362

(人と自転車が通行するゾーンを色分けしてくれると・・・)

 

泉北緑道は何べん走ってもわからん、進行方向が変わると同じ道も違う道を走っているみたい・・・この問題を解決するべく、白地図上に現在地点をマークしそれを繋いでいくことで、走行ルートをイメージしていった。

早速、博物館サイクルイベントでよく利用する、槇塚台住区にある緑道のロータリーに差し掛かる。(若松台⇒茶山台⇒槇塚台)白地図上に印を入れてみる。今走ってきた緑道(破線)を確認する。初めての道や、ようわからんけど、ここを通ったんやでと、ケンケンガクガク、破線をなぞっていく。

IMG_6343

(槇塚台の緑道ロータリーで、真剣な感じ)

 

此処から、帝塚山学院を右上にのぞみ、晴美台センターまで上り何時もの場所で休憩。泉北一の高地、149mの陶器山のそばまでやってきた。

晴美台から一気に三原台中学横まで下り、公営プールの横を駅方向に上っていく。

ここまでのルートは、サイクルイベントで走りなれたコース。

緑道のイメージを組み立てるうえで、大きな拠点にすると便利です。

泉北高速鉄道を越え竹城台へ、お目当てのS堂パン屋も近い。

予め地図にパン屋の目印を入れ、このあたりと緑道を離れ住宅街を抜け一般道へ出る。

これが意外と難しい、よそ者には分かりにくくしてあるみたいだ。

IMG_6344

(焼き立てパンが沢山並ぶ、上の棚にはS堂で人気の食パンが)

 

これだけ美味しそうな焼き立てパンが並ぶと、あれもこれもほしくなる。

ガチャーン(レジの音)、お買い上げありがとうございます。

皆さん結構買い込んでいました。私は、先日のサンドイッチパーティの再現と、カツサンドをゲット。

荒山公園まで走り、ほかほかの焼き立てパンをほおばる、幸せのひと時です。

IMG_6347

(荒山公園のベンチで焼き立てパンをいただく)

 

3地域の真ん中に位置する栂地区は、北の桃山台から南の御池台まで一直線。

御池台から隣の光明池地区・城山台には裏道の農道を抜けて、ここが肝心要で、緑道への入り口は目標がはっきりした場所からが一番です。

美多弥神社に続く緑道・東街道を北進、泉北鉄道の線路下をくぐると、泉北一の絶景公園・新檜尾公園の入り口に、落葉したメタセコイアの林と大きな空間がひろがる公園は、どこか異空間に紛れ込んだよう。

冬の景色です

(写真では十分に表現しきれないのが残念)

赤坂台北まで走ると、光明池駅へ向け軽い上りが続く、駅の構内を抜けて光明池緑地へ入り池の土手を駆け上がるここが終盤に入ってかなり苦しいポイントだ。

城山台4丁の陸橋に立つと、後は中街道を鴨谷公園に向け下るだけだ。

泉北3地区の緑道、一筆書きルートで約35kmを完走し、2時過ぎに解散。

IMG_6353

 

(わかりやすく、きれいな道標です)

 

泉北NTには、3つの地区(泉が丘・栂・光明池)に鉄道駅とそれに隣接する大きな公園(大蓮公園・西原公園・新檜尾公園)があり、その緑道の中で節のように点在する住区の公園があります。それらを目印として、リンクさせていくと緑道の輪郭が浮かんできます。

是非、安全な練習コースの一つとして自分のものにしていただきたいと思います。

(この企画は、A・Bコース、チーフ西田 勝さんの多大なバックアップがあって実施にこぎつけることができました。ありがとうございます。)