「丘を越えていこうよ」猿坂峠~木の本峠 (2013/07/20 SAT)

天候に恵まれて集合場所の南海岬公園駅に向かいます。
参加人数は、11名とにぎやかです。
和泉葛城峠めぐりスタンプカードを皆さまに配り、緊急連絡先と血液型を確保してブリーフィングです。
「無茶せず」「無理せず」「意地張らず」、「お友達を作り、末永く自転車に親しみ、楽しんでいただく」ことをお願いし、出発です。
Bitmap Bitmap

imges1    
 images1_20130720    
南海岬公園駅を出発し、ウォームアップと自転車の調子を観る為に潮の香りを頬に受け吹飯浦をゆっくり流します。
古来から万葉集や順徳天皇も歌詠みをした景勝地です。
はるか昔も身近に感じます。
沖を通る貨物船を眺め乍ら、穏やかな海と潮の香りでゆったりした気分に浸れます。
いつ来てもいいコースですね。おすすめです。
imges2images2_20130720
深日港を通り、猿坂峠に向かいます。
大阪側は、なだらかな勾配が続きます。
一般公道を使用しますので、競争でなく、前を向いて安全第一を徹底しました。
各自マイペースで単独あるいは、グループでゆっくり景色を楽しんでいただくことも峠越えの魅力です。
みんなでわいわいがやがや言いながら登るのも楽しいものです。
交通量も少なく、道も細く、涼しい木陰の道です。道祖神もところどころにあります。
初心者の倶楽部員に指導員をつけて走り方の指南です。
初心者の倶楽部員に決して指導員を置いてきぼりにして先に行かないように事前にレクチャーしました。
imges3images3_20130720
猿坂峠から和歌山市を望みます。峠からの眺望は、抜群です。
眼下に住友金属や和歌浦湾が見えます。
登ってきた甲斐がありました。「来て良かった。」
眺望と達成感を味わえるのが「峠越え」の魅力の一つです。
imges4images4_20130720
猿坂峠を下り、紀ノ川河口の涼しい風を感じ、和歌山市内に入ります。
和歌山城を横目にみて、「京橋 幸太郎」さんで和歌山ラーメンと想像を絶するサバずしを楽しみます。
割烹料理人ご出身の大将は、気さくで、口上も良く、腕もすばらしいです。惹きつけられます。
和歌山ラーメンは、一度食すと味が忘れられなくなります。
サバずしも生では、めったに食べられません。
昼に上がったものを配達していただき、新鮮なうちにだしていただけるので
文字通り想像を絶する味です。ぜひ皆さまも一度ご賞味ください。
imges5images5_20130720
サバは、真冬は旬ですが、真夏でも十分堪能できます。
真冬ならもっともっと想像を絶する究極の味だそうです。冬にも来たいですね。
imges6images6_20130720
紀州徳川家の御膝元で総本家駿河屋さんで「本の字饅頭」を賞味しました。
甘みを抑えたこしあんで人気のお饅頭です。すぐに売り切れてなくなります。
木の本峠に向かいます。静かな木陰の峠です。
下りは、みんなアウターギヤに入れて快走です。
アスファルトの路面が気持ちよく後ろに流れていきます。
「青い空」「木陰」「青田をわたるそよ風」真夏を感じます。
imges7images7_20130720

吉野津風呂湖・森林セラピーサイクリング

吉野津風呂湖・森林セラピーサイクリング
参加予定者7名がちゃんと10:30に「大和上市駅」に集まりました(何と堺から自走で55km走ってきた人もいました)。早めに着いたメンバーは、駅前の「吉野町観光案内所」で森林セラピーの案内チラシや吉野町地図そして各種参考資料を頂きました。ここでは冷茶の接待があるので、また帰りに寄ることにし、そのあと輪行の初心者の方の組立てを手伝い、ルート説明、緊急連絡先の確認をして、本日のツアー出発です。
Bitmap Bitmap

imges1 images1_20130710
スタートした途端に昼食の購入です。吉野と言えば「柿の葉寿司」。平宗本店で本命のさば柿の葉寿司とこの時期しかない絶品の焼棒アユ寿司をGET。やっと車輪が回り始めました。第一番目の絶景ポイントである「宮滝遺跡」で小休止。記念写真をいろいろなカメラでたくさん撮り、また吉野川沿いを走ります。7名はさすがに平生鍛えているので、津風呂湖への激坂も休むことなく登り切りました。ここでサプライズがあり、津風呂ダムカードを全員頂きました。
Bitmap

imges2images2_20130710
第二番目のポイントである平尾吊り橋を渡ります。この橋は床が木の板で、継ぎ目から湖面が見えて揺れるし、みんなでキャーキャー言ってましたが、橋の真ん中で記念写真をパチリ。でも本当にすがすがしい。この橋のたもとで昼食となりました。湖面を渡ってくるそよ風がここちよい気持ちにしてくれます。会話もはずみ、すでに予定時刻をオーバー気味です。
Bitmap

imges3images3_20130710
次は「龍門の滝」を目指します。ここは本日の森林セラピーの目玉で、フィトンチッドやマイナスイオンがあふれています。自転車を山の神様の近くに置き、歩くこと10分。初めは小さな滝のイメージでしたが、その冷気や音にみなさん力が蘇りました。心が癒され、顔を冷やす人もあり、しばし動けなくなり、帰りの時間が大幅に延長となりました。重い腰を上げ、下りを飛ばし、大和上市駅に到着。お約束通り、吉野町観光案内所で冷茶を頂き、おみやげを買って解散です。お疲れ様でした。
Bitmap

imges4image4_20130710
 

矢田寺のあじさいを見に行こうRUN

 6月30日、梅雨の真っ最中なのにお天気にめぐまれ、悩むことなしの実施になった。
9時半、柏原市役所集合。途中でパンクして遅れるというTさんと、彼女を待っていっしょに追いかける、と言ってくれたYさんを残して出発した。
「矢田寺に行こうよ」と言ったのは私だが、コースを考えてくれて、当日も先頭を走ってくれたのはS田さん。おかげで快調に走り、法隆寺まで1時間で到着。
法隆寺はトイレ休憩だけであっさり通り、その裏手にある、法隆寺、法輪寺、法起寺の3つの塔が見える、という地点を案内してもらう。下の写真、ピンクの○で囲んであるのが法輪寺の塔。
                                                                                  Bitmap                    Bitmap

imges1images1_20130630
 必死で追いかけて走ってきてくれたであろうTさんとYさんとも法起寺近くで合流することができ、お城のような「高林庵」というお宅と池を外側からだけ見学した。

そのあとコンビニで昼ごはんを調達し、きょうのランチの予定地、大和郡山総合公園に向かった。
ここには野球場があり、その大屋根のある観客席で食べようという魂胆なのだ。ここは風が通ってほんとに涼しい。いすはいっぱいあるし、すいてるし、おまけに野球も観られる。

              Bitmap

imges2images2_20130630
 お昼の休憩のあとは、いよいよ矢田寺に向かう。
ここからはすぐだ。でも、矢田寺近くには短いけど急な登り坂がある。みんな難なく登ってはったのでは? 私は自分がハアハアいってたので、他の人を見る余裕はなかったのだが・・・。

あじさいはちょうど見頃。入場料が400円いったけど、見事なあじさいに満足だった。

              Bitmap

imges3images3_20130630
 矢田寺を出て、富雄川沿いのサイクリングロードを気持ちよく走る。
ところが、またTさんパンク。朝のパンク時の空気入れが足りなかったのではという、みなさんのご意見。リム打ちというパンクだった。5,6人がわれがちに修理を手伝ってくれ、あっというまに直った。わたしもパンクするなら、このメンバーの時にしたいものだ。
天理軽便鉄道跡も案内してもらい、そのあと、藤の木古墳近くのカフェ「花風林」に寄る。シフォンケーキの飲み物のセットが600円~650円。きれいで広くてすいてて、ゆったりくつろげる。ありがたいことに、水をどんどんくれ、おまけに水筒にまで入れてくれた。
              Bitmap

imges4images4_20130630
ゆったりしすぎて、これから自転車で帰るのがちょっといやになったが、力をふりしぼり走る。
いつもこのあたりに来たら寄る、大田酒造にきょうも寄って、S田さんおすすめの「しょうがの奈良漬」を何人も買った。S田さん、マージンもらえるかも。
              Bitmap

imges5images5_20130630
 あとはノンストップで柏原市役所に向かう。亀の瀬あたりでは、雨がだいぶ降ったらしく道路がびしょびしょ。前からも後ろからも水しぶきが・・・  雨に合わずによかった。いいときにシフォンケーキ休憩だったね。みんなついてます。
そうして柏原市役所に無事到着。4時の予定が4時20分になってしまったけど、みんなケガなく、事故ももめごともなく、帰ってこられてよかった。
きょうは初めてお会いする方もいらっしゃったが、いっしょに走って、いっしょに食べて、知り合いになり、仲間になっていったらうれしい。
今回、わたしは企画書と報告書を書いて、挨拶をしただけだけど、みなさんにずいぶん助けられた。いっしょに下見に行ってもらったり(これがまた楽しかった!)、真ん中あたりで後ろや全体の様子を見ながらリーダーに合図を送ってくれたり、後ろから見守ってくれたり・・・  ほんとにみなさんのおかげです。これからも楽しくみんなで走りましょう。

みんなで丘を越えていこうよ!(大川峠、猿坂峠)

梅雨のしとしと雨に打たれ、濡れた路面に「今日はどうなることやら」と思いながら集合地点の南海岬公園駅に向かいます。
先着3名に勇気をいただき皆さんの到着を待ちます。
本日は、雨にもかかわらずエントリーの意志固く7名全員出席です。
皆さんの心意気にまたまた勇気をもらいました。
和泉葛城峠めぐりスタンプカードを手渡し、緊急連絡先確保、自己紹介、会長の御挨拶の後リーダーより無茶せず、無理せず、意地はらず、細く長くサイクリングに親しんでいただくようお願いして大川峠に向かいます。
                                                                                  Bitmap                    Bitmap

imges1images1_20130623
さっそく大川峠の登りで割れた瓶のかけらが原因のサイドカットパンクです。
雨の日は、タイヤのトラブルが多いものです。濡れているので異物を拾いやすいんでしょうね。
皆さんの知恵でテレホンカードをタイヤの内側に入れてタイヤの裂け目のダメージを最小限に食い止めます。
みんなで知恵を出し合い難局を乗り切るのも楽しいサイクリングの思い出です。
そぼふる雨の大川峠から海を眺めると穏やかな潮の香りがします。
              Bitmap

imges2images2_20130623
今度は、峠の下りで落石のかけらを拾い前輪のタイヤの再度をカットです。
なんとか持ちそうなのでこのまま走っていただくことにします。
コンビニで食料を調達の後磯の浦海水浴場で男女のサーファーや若者たちに挨拶を交わしながら海を横目に公園に向かい食事です。
食事終了後「峠越えマニュアル」を希望者に御手渡しし、しばし歓談です。
              Bitmap

imges3images3_20130623
猿坂峠へゆっくり向かいます。思い出したように落石のかけらが原因のパンクが発生しました。
これもテレフォンカードで修理です。峠の途中からMTBに乗った子供も飛び入り参加です。
ジュニアMTBで良く登れたものです。感心です。
少年にスタンプカードを進呈し、一緒に記念撮影をしました。
この峠は、住友金属や和歌浦湾や遠くに下津を望み眺望は抜群です。
サイクリングの集団にもよく出会います。お勧めのコースです。
ダウンヒルを快走し、定刻の15時に無事岬公園駅に到着です。
雨も本降りにならず、逆に暑さもしのげて心地よいランでした。
雨の日は、特に路面に要注意ですね。いろいろ勉強になりますね。
              Bitmap

imges4images4_20130623