甲子園周辺グルメ (2013/08/11 SUN)

○参加者数       9名(女性2名、 男性7名)
○開催日         2013年 8月11日 (日曜日)
集合時間・場所    10:00  自転車博物館
解散時間・場所    16:30  淀川付近                                  ○ ルート        自転車博物館→30号線堺東→阪神高速高架下道→南海本線高架下→新なにわ筋→2号線→尼崎→旧国道→PAIN DE CAMPAGNE(パン屋)→甲子園球場→今津王将(昼食)→今津旧灯台→鳴尾浜海岸→鳴尾浜球場(タイガーデン)→武庫川サイクルロード→2号線→淀川付近・解散 ルートラボhttp://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=aeb26fe3aa95b973a940d77f02364f21
○距 離          約70km  フラット  初級
○所要時間  現地   約6時間
一年で一番気温の上がった日に自転車には向かない条件の中、高校球児に負けないと言う趣旨でしたが球場内でのんびり昼食の予定がスタンダは一杯で計画とは異なりクーラーの効いた昼食に 結果根性・忍耐と高校球児に教えてあげたい弾丸サイクルになりました。参加の皆様すいません。
 images1_20130811
重たいパンで有名になった甲子園のパン屋さん あの川藤幸三さんもよく買ったとの事
Bitmap

 images2_20130811
持ち帰りアンパンの測量 189gでした タイヤチューブ3本分
Bitmap

 images3_20130811
画面下にヘルメットが 多分浮いていた
Bitmap

 images4_20130811
甲子園ライトスタンド前にて
Bitmap

 images5_20130811
今津旧灯台 大関の樽を運ぶための舟が到着に使われたとの事
Bitmap

 images6_20130811
鳴尾浜球場下見の時は福留選手が打撃練習していました。
Bitmap

 images7_20130811
今日は西田選手が全てのファンにサインしていました。将来のクリーンナップに期待

みんなで丘を越えていこうよ!(木陰で涼しい蔵王峠)

本日は天候に恵まれ、木陰で涼しい蔵王峠へみんなでサイクリングです。
参加人数は、総勢9名です。
天野山金剛寺に10時集合の後関西CSCを経て滝畑ダムサイド駐車場に向かいます。
走りだしは、ウオームアップや自転車の調子を観る為にお話が十分できる速度で体を慣らしていきます。
もちろんCSCへの激坂は、押します。今回のサイクリングでは、ロード練習やピストの登坂練習と違って、サイクリングとしての峠越えは、この先何があるかわからないので、体力を残す、脚を残す観点から「押しも一手」であることをお伝えしたいのです。
Bitmap

 DSC09214
滝畑ダムサイトでブリーフィングです。
道が細いので車をやり過ごすことや走行ラインは、2ラインしかないことを特に御案内です。
基本左が、ホームラインでラインをまたぐ時は、木の枝や落石や小石を避けてまたぎます。
また落石を拾いますとパンクの原因にもなります。
こまめに休憩を入れることや水分を十分取ることも大切です。
山道では、ボトル1本は、軽く空けてしまいます。またおなかが、グーグー鳴りだしたらハンガーノックの前兆なので補給食をおなかに入れます。
スピードをださない、前を向くこと。車が接近したらベルを鳴らすか、声を出して注意を喚起することも大切です。
imges2DSC09192
急な上り坂なので前輪が浮き上がり、バランスを失って転倒しないようにおへそをハンドルに引きつけて、肱を曲げて、登ります。
ペダリングは、前に押し出すように下死点まで有効に踏みまわします。
腰が前に出過ぎないように注意し、お尻の後ろの筋肉を有効に使って登坂です。
ギヤも有効に使います。激坂では、迷わず一番軽いギヤで登坂です。
imges3DSC09225
沢の流れを聴きながら、涼風を体に受け、みんなで「わいわいがやがや」登ります。
グループで登ると案外きつい坂も不思議と登れるものです。グループの力というものは、素晴らしいですね。
imges4DSC09189
上る途中で沢の水で顔を洗ったり、体にかけたりして休憩です。やはり水は、清らかで冷たいくらいです。ピストやロード練習でこれをやってますと練習にはなりません。これもサイクリングのだいご味です。(^^)
imges5IMGP0201
無事蔵王峠に登頂です。木陰の静かな峠です。
長谷部さんは、トレッキングバイクで1.5Lのペットボトルの水をキャリヤに無造作に載せたままで登頂です。
本人は、トレッキングバイクと言っておられますが、私には、どう見てもママチャリにしか見えません。(^^)
皆さん峠に到達した喜びと達成感で充実した御顔です。
imges6DSCN3023
皆さんで蔵王権現にお参りです。
日ごろの懺悔とストレスを御山に預けて、六根清浄「体と心の各部分が浄化されること」で生まれ変わりです。
 IMGP0206
冷たいおいしい湧水を皆さんでいただいて乾杯です。
湧水を補給したのち堀越観音に向かいます。
堀越観音で補給食をいただき、小休止です。
堀越観音は、癪観音と言われています。おなかを守っていただける観音さまです。
ここからの景色は、最高です。涼風も心地よく天然のクーラー「THE OH」です。
すぐ近くにお蕎麦屋さんもあります。(要予約)
山に入れば、湧水は、神様の恵みで、最高の御馳走です。
みんなで乾杯すると水のおいしさが倍増です。
和泉葛城の峠めぐりスタンプカードのごほうびシールを貼って皆さん御満悦です。
imges8DSCN3036
堀越観音の掲示板で見つけたお言葉です。大変いいお言葉なので皆さまに御披露させてください。
かんしゃくの「苦」の字を捨てて「感謝」する。いいお言葉ですね。来たかいがありました。
imges9IMGP0212
あとは、関西CSCまで帰るだけです。急な下り坂なのでサドルから腰を引いて、サドルに太ももを挟むようにしてダウンヒルです。ブレーキは、後輪をロックしないようにあて効きで、前輪ブレーキをメリハリをかけてブレーキングします、サドルに腰を下ろしたままで前輪ブレーキを力一杯引くと自転車ごと大前転してしまいますので要注意です。途中ブレーキレバーを引く握力が弱くなりますので手をほぐすとともに場合により小休止も必要です。
imges10IMGP0215
関西CSCで天ざる定食を皆さんでいただきました。
充実した一日でした。皆さん、よく眠れましたでしょうか?

めざせ、びわ一! 第一弾 「草津のハス~近江八幡」

     大阪駅9時発の新快速に乗り、草津9時51分着。
自転車を組み立てて、10時15分ごろしゅっぱ~つ!
10分ほど走って市街地を抜けると、一面の緑の田んぼが広がる。まさに近江米の郷。
お米のにおいがするよう~琵琶湖沿いを快適に走り、道の駅「草津」に到着。
ここで車で来られたY本さんと合流。6人全員がそろった。
コンビニでおにぎりなどを調達し、ハスの群生地に向かう。まさに見頃。奥の奥までピンクの花が広がっている。
Bitmap Bitmap

imges1images1_20130728
烏丸半島を1周し、木かげを探して軽い昼食をとった。(もう11時すぎてた~)
琵琶湖からの風が心地よい。ハスにさよならして、近江八幡に向かう。
「さざなみ街道」という湖岸沿いのサイクリングロードを走る。
琵琶湖大橋を左に見、佐川美術館を右に見、ひまわり畑はもう終わりだな~と少し止まり。
安全で眺めもよい。でも・・・暑い・・・  日陰がぜんぜんない。あっ、コンビニがあった!  わたしは、ここで買ったガリガリ君梨味でちょっと元気になった。近江八幡近くにやってきたが、道に迷って、肝心の日牟禮八幡宮に着かない。
すみません、ここの下見1回しかしてないもんで・・・道の覚えも悪いもんで・・・
でも、そこで役立つ自転車ナビ。6人のうち3人の自転車についてた。
おかげで無事到着。八幡堀で2回目の昼食となった。
Bitmap

imges2images2_20130728
このあとは、企画者のたっての希望で近くのクラブハリエへ。
昼食も戸外だったので、ちょっと冷房のあるところで涼みたかったし。
きょうはあまり待たずにすわれてラッキーだった。
Bitmap

 images3_20130728
 ゆっくり涼んでほっこりなって、また暑い中を走る。
でも、ここからは 「琵琶湖よし笛ロード」
水郷めぐりの舟が行く川沿い、西の湖沿いのサイクリングロードで、よしが茂り、静かでのどかで気持ちよいところだ。
Bitmap

imges4images4_20130728
予定では能登川の駅まで走る予定だったが、時間的に無理みたい。
安土の駅から電車に乗ることにした。
(時間のことよりクラブハリエのケーキの方を優先したせいです、すみません)輪行は初めて、というU田さんもバッチリです。
Bitmap

imges5images5_2013078
Y本会長に見送っていただいて、安土駅の改札を入った。
信長さん、さようなら。
Bitmap

imges6images6_20130728
みなさん、暑い中、お疲れ様でした。
初めてのリーダーで、行きとどかないことがいっぱいで、反省することしきりです。
でも、これにこりずに、ぜひ、琵琶湖ゆったり1周完走しましょうね。
この次は、もう少し涼しいときがいいなあ。