淀川を横切る橋の最後を自転車で走ろう (2013/10/27 SUN)

 ○開催日         2013年 10月27日 (日曜日) 

集合時間・場所    10:00  長居公園
解散時間・場所    16:30  梅田

○参加者数       2名(女性0名、 男性2名)

○ ルート    長居公園→林寺→大阪城→京橋→大川自転車道→毛馬こうもん→赤川仮橋→魚徳(昼食)→旧西尾家住宅→427号線→14号線→淀川→天神橋8丁目→梅田・解散

○距 離          約50km  フラット  初級

○所要時間  現地   約6時間半

昭和の歴史的な橋が渡れなくなる最後の機会に自転車で走ろうと言う企画でしたが歴史の証人になりたい人々で押してしか通ることが出来なかったですが、良い体験でした。それにちなんで旧西尾家住宅を見学してレトロな気分になったいちにちでした。

 images1_20131027
大阪城で記念撮影ただ大阪城がわかりにくい。
 images2_20131027
大川の自転車道川沿いがいい感じです
 images3_20131027
淀川の毛馬こうもん。こちらも旧水門はレトロ
 images4_20131027
淀川の河川敷
 images5_20131027
本日のメイン赤川仮橋。人が多くて電車が停車するハプニング
 images6_20131027
西尾家住宅内の電話機なんと吹田で役所より早く付いたので下の番号が0001
 images7_20131027
旧西尾家住宅の外形です。                                                             今回の企画は急な企画にも関係なくお付き合い頂き感謝しています。                 今回のルート及び橋の走行動画を掲示板に貼り付けていますのでご参考に                                 それとご一緒頂いた角田氏の今回のルートを3倍楽しめるブログも掲示板に                    貼り付けて頂いていますのでご覧下さい。

岸和田海手自転車散歩

          季節がよくなったせいか、なんと、大入り満員の20名が参加申し込み。
そのあとキャンセルもあったが、18名が東岸和田駅に10時に集合して、岸和田のパンフレットを5部ももらい、出発となった。(リーダーは岸和田の広報の人?)

岸和田市民病院近くのサイクリングロードを気持ちよく走る。

images1_20131014
兵主(ひょうず)神社、弥栄(やえい)神社を見学。
弥栄神社は、「カーネーション」のロケに使われたそうだ。赤い灯籠が印象的。
images2_20131014
このあと、和菓子の店で好きずきの甘い物を購入。
18人がいろんなものを買ったので、ご主人が奥から出てきて見送ってくださった。
個人的には、村雨をロールケーキのように巻いて、間に餡をはさんだのが、とても美味しいと思った。
images3_20131014
 レンガが大好きなリーダーS田さんによる岸和田レンガの説明を聞く。
岸和田のレンガという証拠は、まんなかにある×印だそうだ。
images4_20131014
次は泉州春木港。鳥羽一郎がこの名の歌をうたっているそうだ。
歌碑の横の時計を見てください、まだ12時前。とても順調。
これからスーパーで昼ごはんを調達。
images5_20131014
岸和田カンカンベイサイドモールの広場で海を見ながらの弁当タイム。
みんなうれしそうな顔!
images6_20131014
岸和田のレトロ建築、吉田松陰の逗留地、コシノ洋裁店で有名な岸和田商店街、明智光秀の肖像画がおいてあるという本徳寺などを見学のあと、蛸地蔵の天性寺へ。
岸和田城と殿様を、タコの大群が敵から救ったという伝説を伝えている。
屋根の上の丸いのは、タコです!
images7_20131014
続いて蛸地蔵駅へ。
ここには、タコが敵と戦う姿を描いたステンドガラスがある。通りかかったご婦人が、説明の補足をしてくださった。
タコ達は、敵を一人も殺さず、スミをかけて追いやっただけだそうだ。
「いいお話でしょう?」と言われてた。ほんとにあったかいお話だ。なのに、駅前すぐのところに、タコ焼き屋があった。???
images8_20131014
三の丸神社、岸城神社のあと、いよいよ岸和田城へ。なんてきれいな岸和田城。それに、なんていい天気!
images9_20131014
でも、岸和田城を見るのではなく、ここでジェラートを食べるのが目的なのだ。3つ選んで300円。10種類ぐらいから選ぶのが楽しみなのだ。
キャラメルクッキー、クリームチーズ、ラムネ・・・などが人気だったよう。きょう一番のうれしそうな顔!
images10_20131014
ジェラートを食べ終わって、きょうの解散式を行った。おおっ! なんとまだ3時15分ではないですか!
4時解散予定だったのに。 いつも予定時刻より遅くなるのに。
いろんなところをたくさん回ったのに。(走った距離は20キロほどだったけど)これはひとえに、誰も迷子にならず、テキパキと行動してくれた参加者のみなさんのおかげです。
秋晴れの泉州のいい1日でした。

ゆっくりのんびり秋の高野山へ、今度こそみんなで行きましょう!

   

 

8月24日に行くはずだったが、雨で中止になってしまい、再度の企画。
今回は前よりは涼しくなったし、快晴。きっと気持ちいいサイクリングになりそう~

JR橋本駅 9時半集合。
今回の参加者は16人。(うち1人は車で伴走してくださる)
念入りなミーティング、自己紹介、体操のあと、10時ごろ出発。

images1_20130923
きょうのコースは橋本駅~R370~九度山~県道102(丹生川沿い)~R371~高野山
の予定赤瀬橋までは順調。先頭のスさん、ちょっとスピード速目で快適にリーディング。
images2_20130923
ところが、丹生川沿いにしばらく走ると、先日の豪雨のせいで、ひどいことになっていた。
道路にも川の水が上がってきた形跡があるし、ガードレールにも川から流れてきただろう木や草が大量にひっかかっている。
道のコンクリートがはがれて、あちこちに大きなかたまりが・・・!
images3_20130923
 道路にこんな穴がぽっかりあいてたり、
images4_20130923
土砂くずれで、自転車を担がないと通れなかったり、
これはもう、よく報道されていた嵐山よりひどい状況じゃないのか・・・それでも、誰も、引き返そうなどと言わず、「シクロクロスの世界やなあ」などと言いながら、
次から次にくる障害を、みんなで協力しながら乗り越えていった。丹生川を離れると、あとはまたなんの障害もない道。
だが、7㎞ほどの坂が続く・・・   きつかった~~
 images5_20130923
ようやく、これで登りは終わり、という地点に到着。
「ヤッタ~」「おつかれさま~」山並みが美しい。
さすが高野山、汗もすぐひく。
images6_20130923
道路事情で時間がかかったので、なんと2時半に「楊柳」という店で、昼食の精進料理をいただいた。
1500円だが、天ぷら、煮物、ごま豆腐、吸い物、みんなとてもおいしい。
登りのしんどさを忘れそう~。
その上、16人みんなに1本ずつ、500m入りの「高野山の水」をくださった。
ありがたいことだ。
images7_20130923
時間の都合で、奥の院散策はあきらめて、前で記念撮影だけすることに。
記念写真用のいすを陣取ってしまって写そうとしてたら、本物の写真屋さんが、
「営業妨害や」などと言いながら、シャッターを押してくれた。
images8_20130923
高野山の名物だそうな、笹で巻いた、生麩のまんじゅうの店。
味見させてもらったが、これはいい、おすすめ!
少し行くと、焼き餅のお店。 高野山はまんじゅうが豊富でおいしいのだ。
一説によると、空海が餡を作ったとか。ほんとかな?残念ながら、おいしいと評判のごま豆腐のお店「森下商店」は閉まっていた。
時間が遅すぎたのかもしれない。
images9_20130923
最後は大門でしばし休憩して、下山する。
ほんとは来た道を帰る予定だったが、とても無理、ということで、
R480~R370を下った。橋本駅に無事到着。すごい道だったけど、みんなで協力して和気あいあいと、困難を乗り越えつつ完走できた。
きっと思い出に残るサイクリングになるだろう。
一刻も早く、丹生川沿いの道も復旧して、地域の人々のご不便も解消できるように。
そしてまた我々も普通に走れる日がくることを楽しみにしている。

たじひのポタ - 埴生坂 (2013/09/22 SUN)

     “数十年に一度”の現象に相当する指標・大雨特別警報が発令された翌週の週末も秋雨前線が前日まで心配されましたがなんと9月22日の日曜日は秋晴の青空でむしろ暑いくらいでした。集合時刻9時の30分前にはすでに参加者の大半が堺市役所駐輪場に集合。そうですね。集合場所までのパンクトラブル対応を考慮すると30分前には着きたいものです。参加票(氏名・エントリーIDなど)に緊急連絡先など個人情報を各自追加。地図を持ち合い本日のコースチェック。9時丁度に堺市役所展望フロアに到着。余談ですがこの展望フロアは仁徳天皇凌を抜いて堺市で観光客訪問No.1スポットになったとのこと。本日のテーマ埴生坂(はにゅうさか、羽曳野市野々上)までのコースを肉眼で確認。市役所前のコスモス広場で出発式の記念撮影(写真1)。集団走行トレーニングプログラムを4名で開始しました。第1区間(堺市役所~金岡神社)のリーダーは大本さん。Y字路の分かれ道が多かったのにスムースにリード。第2区間(金岡神社~西除川伊勢橋)のリーダーは岩橋さん。大泉緑地からは道が狭く、自動車の往来が多少あったもののスムースにリードできましたね。途中緑の一里塚で記念撮影(写真2&3)。第3区間(西除川伊勢橋~埴生坂~野中寺)のリーダーは野口さん。たじはやプラザでトイレ休憩するも、暑さで集中力が続かないのか埴生坂の登り途中で集団が切れてしまった(課題です)。 今年敷設1400年を記念する竹内街道はロングストレッチの一本道で街中集団走行TPの練習に向いていますね。皆さんトップからボトムまで上手にこなしていました。TPは野中寺で終了し、その後は観光ポタとなりました。法隆寺式伽藍配置を示す礎石をチェック。歌舞伎・浄瑠璃の演目「お染久松」のモデル・お染・久松の墓をチェック。生駒金剛山系への景色が良いのだがとにかく暑い。昼食を手配してから仲哀(ちゅうあい)天皇陵(写真4)を経由して冷房の効いた船の形をしたアイセルシュラホールに到着。普段は観光客でごった返すのにこの日は藤井寺市の市民祭りで町全体がゴーストタウンのようでした。空いた無料休憩ホールで昼食。満腹となり冷房が心地よく、「おしりに根が張った」と椅子から離れないのを建物2階の歴史展示室に誘導する。日本最大級かつ最古とされる「水鳥形埴輪」をチェック。舳先をバックに記念撮影(写真5)。その後は藤本酒造に訪問する。若旦那がはお祭りに出払っていて、店番の親父さんがしきりに利き酒を勧めてくれた。丁重にお断りし仕込みの時期(1月20日)に自転車無しで再訪することを約束し出発。国宝の乾漆千手観音坐像(十一面千手千眼観世音菩薩像)が安置される葛井寺(ふじいでら)を訪問。国宝は拝めなかったものの南大門は大きくて堂々とした造りでした。その後辛国神社・商店街アーケードを抜けて、長尾街道沿いのゆめいろミュージアム(猫好き必見・写真6)、小山善光寺、天誅組記念館を経て「水鳥形埴輪」が発掘された津堂城山古墳に到着。津堂八幡神社を3pmごろ出発し古市街道を西進、工事中の阪神高速大和川線の地上を経て今池水みらいセンター屋上の「かぜの広場」に3時半ごろ到着。8KM程度のロングストレッチ(藤井寺市北西端から松原市を通過し堺市東北端まで)でしたが、30分程で走りきるのは皆さん健脚ですね。最後に金剛生駒紀泉国定公園(こんごういこまきせんこくていこうえん)への展望を確認して無事解散。天気に恵まれた河内野を囲む山系景色を見ながらの『たじひの』サイクリングでした。
 images1_20130922
images2_20130922
 images3_20130922
images4_20130922
 images5_20130922
images6_20130922