西高野街道・中高野街道 (2014/4/27 SUN)

2014年度のたじひのポタを報告します。

イベント名: 西高野街道・中高野街道
日時: 2014年4月27(日)9:00 – 15:00
参加者: 10 名
天候: 快晴 最高23.8℃ 最大風速4.2M 日照時間 11.8
解散を1時間繰り上げ、安全講習会に全員参加
楽しいポタリングで無事終了しました。感謝!

特記事項
申込:11件
欠席連絡: 1件
集合場所: 自転車博物館
昼食: 寺ヶ池公園(西友ストア調達)
解散場所: 自転車博物館
 images1_20140427
 
与津の辻

西高野街道・中高野街道  が MERGE する所。
「右ハ平野道、左ハ堺、大坂道」
与津=楠町の旧名

images2_20140427
借景

寺ヶ池公園: 南は岩湧山、葛城山脈、東は金剛山、二上山、遠くは生駒山系まで一望。 

images3_20140427
丹比(たんぴ)廃寺塔跡

7世紀後半創建の白鳳時代に属する寺院跡とのこと。
 古代河内国丹比(たじひ)郡における白鳳寺院のうち、伽藍配置や遺構の内容が明らかなものは数少なく、本地の高まりは、当時この周辺にいた丹比(たじひ)氏という有力氏族が建立した丹比(たんぴ)廃寺の塔基壇と考えられ、大阪府内でも貴重な古代寺院関連遺構と言えるとのこと。

images4_20140427
講習会 

高齢者(65歳以上)の自転車事故・死亡事故が圧倒的に多いとのこと。一方事故件数では子供が関わる事故が多いのに、死亡事故は少ないとのこと。

images5_20140427
ちりめん細工

番外編: 雑草のいけばな・ちりめん細工展 より (法雲時寺にて)

ルートです。

輪行でGO!(岩出~海南サイクリング)

岩出駅に集まったおじさん7人。何だか華が無いなぁ~。でも晴れたからいいか。と言うことで予定通り出発。貴志川に沿ったサイクリングロードをさわやかな風に押されて進みます。菜の花の黄色がまぶしく、思わず乙女ごころで集合写真をパチリ。やっとウキウキしてきました。
 images1_20140419
やってきました貴志駅のタマ駅長。でも本人は熟睡中なのでデッカイゆるキャラくんが大歓迎してくれました。一気にテンションが上がり、おじさん達も大ハシャギ。お腹も急に空いてきましたので、一路、平池経由で食事処『うてび』さんに向かいます。
 images2_20140419
待ってました!『本当に春らしい三段お重弁当』。彩りがよく、たくさんの心のこもった食材です。桜えびのちらし寿司、お刺身、タラの芽の天ぷら、卵焼き、季節の煮物・・・などなど、みなさん一心にパクつきます。Wさんのお顔が利いたのと、ご主人の心くばりに感謝です。ゆっくり食べられてお腹いっぱいで、眠気も少し出てきました。
 images3_20140419
お腹も満たされ、あとは少しアップダウンのある田舎道をどんどん走ります。途中、桃の花を見ながら竹林を抜け、ちょっとした大谷峠を越え、あの小野田さんゆかりの宇賀部神社に着き、お参りをしました。「不撓不屈」の文字をしっかり胸に刻みました。
 images4_20140419
さてコースの最後の絶景地「亀池」に到着。池の周りの木々が新緑で、すがすがしい気分です。あるオジサンは熱心にタンポポの接写に挑戦していました。近くにはチューリップの花壇もあり、一同「やっぱり華がほしいなぁ~」との感想。次回はぜひ女性の参加をお待ちしております。
 images5_20140419
帰りは野上電鉄軌道跡を走り、旧駅跡で小休止。この軌道跡は車も入らず人も少なく、最短ルートで海南駅まで繋がっています。海南駅で本イベントが終了しましたが、余力がある6人は、このあと和歌山駅まで走り、途中でおいしいシュークリームを食べたとさ。
 images6_20140419

「みんなで丘を越えて行こうよ!」(木の本峠~雄の山峠)

 

○参加者数       5名(男性5名)
○開催日        2014年4月13日(日)
        集合時間・場所    10:00南海本線岬公園駅                                               

          
解散時間・場所    15:30南海本線尾崎駅
○ルート    岬公園駅~長松海岸~木の本峠~和歌山市内~雄の山峠~尾崎駅
○距離                  
43km  (レベル 初級)
○重点項目      最終締担当、中締担当、声の伝達担当とみんなで役割分担                                                 
 images1_20140413
本日は、はな曇りで雨が心配ですが、「みんなで丘を越えて行こうよ!」の峠越えサイクリングです。
朝凪の長松海岸をウオームアップを兼ねて、ゆっくり自転車を走らせます。
磯の香りが、心地よい寝ざめの朝です。おとなの遠足です!笑顔もにこやかです。
MCCでも何回となく通った木の本峠をみんなで越えます。
はるか眼下に新日鉄住金や和歌山市内の街並みを眺めます。
 images2_20140413
山桜や椿や色とりどりの花が今が盛りと咲いている河西緑道を流します。
そうこうしている間に紀ノ川の河口に着きます。川向うに和歌山城が小さく見えます。
休憩で一息入れる際皆さんの共通の話題のマラソンで盛り上がります。
ここでは、植田さんと私が、50代で一応「若手」?になります。(^^)
 images3_20140413
本日の和歌山ラーメンの「京橋幸太郎」さんでいただくお寿司は、想像を絶する鯖寿司と新登場のあかいかのお寿司です。あかいかは、もっちりねっとりとして格別の味です。
いつも大将が、気持ちよく出迎えてくれます。話しやすい大将なのでぜひお越しくださいませ。
 images4_20140413
「幸太郎ラーメン」は、とんこつ醤油の脂の浮いた和歌山ラーメンの定番です。
元割烹料理人の大将が創った年季が入ったスープや麺は、絶品です。
images5_20140413
 
   
こうしてご年齢の同じような皆さまが、お名前とお顔が一致して、いろいろお話ができるようになるのは、
サイクリングがとりもつご縁ですね。MCCでは、こうした輪が拡がることを願っています。(^^)
みなさん、どんどん御参加くださいね!
 images6_20140413
車の来ない河川敷を水鳥が遊ぶ川面を見ながら走ります。まるで川の中を走っているような錯覚に陥ります。
風が運んだ川の香りも暖かい春を感じます。
 images7_20140413
歴代天皇、藤原定家、小野小町あまたのいにしえびと達も通ったという熊野古道(紀州街道)の雄の山峠越えを各自のペースでゆっくり越えます。
鶯の鳴き声を聴き、景色を見ながら、ひと踏みひと踏みペダルを回す気分は、最高です。
ここ熊野古道では、山口王子跡や小野小町のお墓(生きているうちにお会いしたかった)や山中の関所跡があります。
 images8_20140413
製造直売をしている「辻茂製菓」さんでおかきを!「浪速酒造」さんで地酒の浪速正宗を!おうちへのお土産として買って帰りました。今夜は、銘菓と銘酒で「酔って候」の算段です。
無事みなさん怪我も事故もなく、予定時間30分を余して到着しました。
お互いお顔とお名前を覚えて、気心が知れた、楽しい一日でした。
いろんな楽しいサイクリングを引き続き企画しますので、ぜひご参加くださいね。(^^)

「みんなで行こうプチサイクリング!」(塔の原)

○参加者数       4名(男性4名)
○開催日        2014年3月29日(日)
集合時間・場所    10:00JR阪和線東岸和田駅

解散時間・場所    13:00JR阪和線東岸和田駅
○ルート
東岸和田駅~意賀美神社~塔の原バス停~そぶら山荘~東岸和田駅
○距離      30km  (レベル 初級)
○重点項目
準備体操、手信号と声の伝達についてみんなでトレーニング

 

images1_20140329

 

本日は、天候にも恵まれ、陽気な春のプチサイクリングです。
電柱や電線の少ないのどかな農道を今を盛りに咲いているレモンイエローの菜の花やピンクの梅・桃の花を愛でながらウオームアップを兼ねてゆっくり自転車を走らせます。
水辺もいたるところにあり、小鳥たちのさえずりもここちよいBGMです。
土生瀧の水の音を聴きながら、静寂に包まれた森の中マイナスイオンを浴びて小休止です。

 

images2_20140329

 

地元の方々の信仰厚い意賀美神社で記念撮影です。
雨乞い信仰も行われていた模様です。一度訪ねていただきたい森と水に包まれたお勧めのスポットです。

 

images3_20140329

 

和泉葛城山の登り口の一つでもある塔の原バス停で小休止です。
お手洗いもありますので休憩しやすいです。たくさんのサイクリストとも会えます。
同じサイクリストどうし!お顔を合わせたら「こんにちは」と一言挨拶を交わしましょう!

 

images4_20140329
 

そぶら山荘で焼き立てパンとドリンクセットやカレーライスをいただきます。
他に卵かけごはんもあります。米粉を使ったパンなのでもちっとして歯ごたえがあります。
レモンジュースも疲れた体にやさしいです。定期的にフォークソングのコンサートも行われているようです。

 

images5_20140329

 
この子は、南米からきた鶏です。緑色の玉子を産みます。
玉子の中身を知りたい方は、ぜひそぶら山荘をお訪ねくださいませ。

 

images6_20140329

 

 

そぶら山荘では、小屋にウサギがいたり、鶏が放し飼いになっています。
またたくさんのサイクリストも休憩に訪れます。
お仲間もできるかもしれませんので休憩を兼ねてみなさんと交流されてくださいね。

 

images7_20140329

 

 

無事東岸和田駅に13時に無事到着です。みなさんこれから家路につきます。
このような形でランチをいただいて解散にすると集合場所までや解散場所からのサイクリング、ドライブや輪行もできて一日を有効に使えていいかもしれませんね。
ランチ主体のプチサイクリングも今後行っていく予定です。みなさんもぜひ企画および御参加をお願い申し上げます。(^^)

総会後は、泉北ニュータウンへのポタリングを楽しもう!

○参加者数   20名(女性 4名、男性 16名)

○開催日   2014年3月21日(金・祝)

集合時間・場所  11時30分  自転車博物館

解散時間・場所   2時50分  自転車博物館

○距離     25km

○実走時間  1時間51分

○平均速度  13.9km/h

○ルート

自転車博物館~府道~伏尾~泉ヶ丘・大蓮公園~泉ヶ丘地区・緑道:晴美台センター~天野街道入り口~西高野街道~南海電鉄・中百舌鳥駅~自転車博物館

 

 
images1_20140321
 

3月21日、博物館への進入路にあたる大仙公園の南隅一角に植えられた数本の桜、目を疑うほどの満開だった。今日のポタリングでこんな桜花を愛でることは???(ちなみに大阪地区のソメイヨシノ開花予想は3/27)

2014年度MCC総会後の初サイクル・イベント、博物館から出発して博物館に戻る初心者向けの企画だ。
総会とサイクル・イベントをセットに組んで定員も30名にしたためか、参加者が20人にまでなり3班に分けてのスタートになりました。

まずは出発前の記念撮影。博物館から泉北NTへの道のり、泉北の緑道は上りが中心になっているので、公道は平均速度16km/h、緑道は13km/hをキープして走行することが今回の企画のテーマの一つです。

博物館前の府道61号を道なりにとにかく走っていく、そのまま走ると健康サイクリングで集合場所によく使う鉢が峯の公園墓地に突き当たる、分かりやすく走りやすいコースだ。

 
images2_20140321

 

途中、伏尾の三叉路で左方向に走ると右側に泉北堂が見えてきた。
既に先発隊が店内に12時過ぎという時間帯もあり、長蛇の列ができてきた。
焼き立てでホカホカのパンの前に立つとあれもこれもと思っちゃいますよネ!
後の隊も合流してきて店内からあふれそう、並ぼうか?どうしようか?と思案しているうちに、店内は我々メンバーだけになっていた。
最後尾について焼き立てのカレーパンとサンドを大急ぎで詰めてもらい、お昼の予定場所、大蓮公園へ向かう。

 

images3_20140321

 

泉ヶ丘地区にある、大きな貯め池を中心に配した起伏にとんだ大蓮公園に入ると日はさしているが、吹き抜ける風が強い。
泉北すえむら資料館横の陽だまりに陣取って、早速買ったばかりのパンを頂く。持参したシートが食事の雰囲気を盛り上げてくれます。

 
images4_20140321

 

泉ヶ丘地区の緑道は上り下りが多い、その中でも大蓮公園から晴美台外縁にある天野街道への入り口に向かう道は、最高地点への上りにあたるのだろう、距離はなかったがしんどかったのでは。
上りあれば次は下りあるのみを地で行くのが、西高野街道だ。博物館までは本当にくだりだけ。途中、阿倍野のハルカスを望める場所を通過していく。
やっぱり、この街道筋は高い所にあることを実感する、証拠写真を撮り忘れてしまったのが残念。

 
images5_20140321

 

初参加の会員さんが6名もおられ、泉北では美味しいと評判のパンと泉北の緑道ポタリングを楽しんでいただけ、初期の目的が達成できたように思います。
ただ最後に中百舌鳥駅からの詰めを誤り、あらぬ方向に進んだのは最大のNGでした。
参加していただきました皆さま、ありがとうございました。
次回は新緑の泉北遊歩道40km(今回は25km)を考えております、これに懲りずに是非是非ご参加を!!