大阪市内渡船めぐり (7/27 SUN)

大阪市内には、市が運営する8か所の渡船場があり、15隻の船が地域の身近な交通手段として利用されている。

<木津川渡船場>:大正区船町一丁目~住之江区平林北一丁目(岸壁間238m)
建設局が管理する他の7か所と異なり、唯一の港湾局が管理する渡船である。昭和30年には大型トラックまで運搬できるカーフェリーが運航していたが、昭和48年に上流部に千本松大橋ができたため、カーフェリーは廃止された。
大正区側にかつて飛行場があったことは、意外と知られていない。

 images1_20140727
古来数多くの川が流れ、水の都と呼ばれた大阪には、人々の往来のための渡船場が各所にあった。当初民間によって営まれていた渡船は、明治24年に大阪府が「渡船営業規則」を定め「監督取締り」を行うようになり、明治40年には安治川、尻無川及び淀川筋の29渡船場については市営事業として市が管理することとなった。

<船町渡船場>:大正区鶴町一丁目~船町一丁目(岸壁間75m)
最も短い渡船である。昭和20年代後半から30年代にかけて、川幅が狭いことを利用して対岸まで船を連ね、その上に板を敷き、人や自転車が通行していた。

 images2_20140727
大正9年、旧道路法の施行により渡船は無料となり、昭和7年以降はそれまでの請負制を改め、ほとんどが市の直営方式になった。

<千歳渡船場>:大正区鶴町三丁目~北恩加島二丁目(岸壁間371m)
大阪港復興大正区の内港化工事を行った際、既設の千歳橋が撤去され、その代わりの施設として設けられた。
昭和30年にそれまでの民営から港湾局の所管となり、同39年建設局に移管された。

 images3_20140727
昭和10年頃には渡船場31か所、保有船舶数69隻(機械船32隻、手漕ぎ船37隻)、年間利用者は歩行者が約5752万人、自転車等が約1442万台を数えた。

<甚兵衛渡船場>:大正区泉尾七丁目~港区福崎一丁目(岸壁間94m)
昔、尻無川の堤は紅葉の名所であった。「摂津名所図会大成」に『河下に甚兵衛の小屋として茶店あり 年久しき茅屋にして世に名高し』とあり、甚兵衛によって設けられた渡しにある茶店は「蛤小屋」と呼ばれて名物の蜆、蛤を賞味する人が絶えなかったという。

 images4_20140727
その後橋梁の架設など道路施設の整備に伴って次第に廃止され、特に昭和20年には戦災によってその多くを失った。

<天保山渡船場>:港区築港三丁目~此花区桜島三丁目(岸壁間400m)
当初は天保山~桜島~築港大桟橋間を三角運航していた。昭和12年、渡船が突風にあおられて転覆し、乗客53人の犠牲者を出す事故があった。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開業により、外国人従業員の利用も多い。

 images5_20140727
昭和23年に15か所で再開されたが、戦災復興とともに道路をはじめとする都市施設が整備され、渡船の利用は次第に減少する。

<落合上渡船場>:大正区千島一丁目~西成区北津守四丁目(岸壁間100m)
上流にある木津川水門(防潮)は毎月1回程度点検のために開閉される。

 images6_20140727
<落合下渡船場>:大正区平尾一丁目~西成区津守二丁目(岸壁間138m)
 images7_20140727
昭和53年には渡船場12か所、利用者数約250万人になり、平成13年に現在の8か所となった。

<千本松渡船場>:大正区南恩加島一丁目~西成区南津守二丁目(岸壁間230m)
このあたりは木津川の河口に近く、江戸時代には諸国の廻船の出入りが激しかった。幕府は、舟運の安全のため水深を確保し、また防波堤としても役立つよう、天保3年に大規模な石の堤を築いた。千本松の由来は、この堤防の上に植えられた松並木からきており、「摂津名所図会大成」には『洋々たる蒼海に築出せし松原の風景は彼の名に高き天橋立三保の松原なども外ならず覚ゆ』と記されている。

 images8_20140727
梅雨明けの猛暑、川面を渡る風を感じれば少しは涼しくなるだろうと走り出しましたが、大阪独特の暑さは健在でした。
「大阪に長く住んでいるけど渡船は初めて」という方もおられました。遠くへ行かなくても近場をじっくりと探索すると、今まで気づかなかったところに新たな発見があるかも知れません。廃止されて今では見ることもできない渡船場跡に石碑が残っている場所もあります。そんなところを訊ねてポタリングするのも良いものです。
お疲れ様でした。
尚、ブログ作成にあたり、大阪市建設局渡船事務所発行「渡船場マップ」を参考にさせていただきました。(文と写真<す>)
 images9_20140727

あの吉野にこんなところがあったんや!

当初企画時は台風の影響で中止となりましたが、数名の方からリベンジのお声があり、今回2週間遅れ(7月24日)で再度開催となりました。
今回は快晴で、吉野の爽やかな空気を満喫し、津風呂湖のつり橋・三茶屋のビーフシチュー・自転車ハブダイナモ水車発電装置・原木生しいたけ試食など盛り沢山な体験をしました。
(下の写真は津風呂湖つり橋の上で・・・昨年から橋床が改修されていました。)
images1_20140724
昼食を摂った三茶屋はドライバー、ハイカーそしてサイクリストの休憩地です。
食事・産品購入・NPO活動の場などに利用され、サイクリスト向けに写真のような駐輪設備(?)がありました。
吉野杉で作られており、8台の自転車を傘のように駐輪することができます。
名付けて「じてんしゃの輪」と言うらしい。
images2_20140724
三茶屋エコ・え~ね館で昼食です。
名物おやじさんの作る「絶品ビーフシチュー」を頂きます。具だくさんで温かくてみなさん絶賛。
ここに来るまでお菓子も食べず、ひたすら坂を上ってきた甲斐がありました。
食後もゆっくりし、自転車ハブダイナモ水力発電装置の見学をしたり、名物おやじさんのウンチクを聞いたりしました。
images3_20140724
自転車ハブダイナモ水車発電装置はいろいろな形がありました。
水車型・スクリュー型・しゃもじ型などあり、水路の大きさ・水量の多少などで選ぶらしい。
安価が最重要とのことで見た目は模型のようですが、増速装置や材質などよく考えられていました。
国内には「全国小水力利用推進協議会」なるものがあり、活発に活動されています。
images4_20140724
さて次は、今回の吉野体験の目玉です。
日本で数少なくなった原木しいたけ農場の見学です。
農場3代目の方からナラやクヌギなどの原木の入手・加工・菌の植え付け・ホダ木の移動・発芽・収穫まで現地を見ながら説明して頂きました。
ホダ木の移動が本当に大変だそうです。
我々は写真のように各自1本ずつ収穫させて頂きました。
コリコリで早速試食(オリーブオイルで焼き、岩塩を振り掛ける)させて頂き、その濃厚な味にうなりました。
images5_20140724
口の中に余韻を味わいつつ農場を後にし、途中宮滝遺跡の景観を楽しみ、解散場所の大和上市駅を目指します。
駅前の「吉野町観光案内所」で一休み。
冷たいものを飲んだり、お土産を買って解散しました。
今回4人と言う少人数でしたが、37kmの行程中も事故も無く、かなり充実したツアーでした。
お疲れ様でした。
images6_20140724

「みんなで丘を越えていこうよ!」(紀見峠)

 

○参加人数        11名
○開催日         2014年7月21日(月)
○集合時間・場所    10:00南海高野線河内長野駅
○解散時間・場所    15:00南海高野線河内長野駅
○ルート       河内長野駅~トトロの道~紀見峠~林間田園都市駅(往復)
○距離              40km  (レベル 中級)
○重点項目    木陰の多いトトロの道や紀見峠をみんなでワイワイ言いながら走る。 
                                           

 images1_20140721
本日は、「海の日」なのに「山の日」となり、紀見峠へサイクリングです。(^^)
トトロの道といわれている緑と木陰の多い「こみち」をみんなでお話しながらワイワイガヤガヤ走ります。
ハイカーやランナーも通りますので彼らが優先です。S田さんによると高野線の旧線跡だそうです。
紀見峠へのアプローチは、勾配も緩やかで、小雨で打ち水がなされたように路面もウエットです。
天然のシャワーを浴びながら、涼しく心地よい気分で全員無事に紀見峠へ到着です。
 images2_20140721
紀見峠を下り、林間田園都市駅で昼食です。
今回は、スーパーマーケットでお昼ご飯を調達です。
みなさん、お好みの食料を購入し、思い思いのスタイルでお昼ご飯をいただきます。
後方では、地べたにくつろいでリラックスしている倶楽部員の皆さんも見えます。
 images3_20140721
「峠越え体育会系女子」のみなさんは、昼食といえどもあまいアイスキャンデーは、欠かせません。
華麗で頼もしい走り!これからも和泉葛城山脈の峠越えを楽しんでいってもらいたいものです。(^^)
images4_20140721
霊峰高野山をバックに全員で記念撮影です。
皆さんと共有の時間を楽しめる、いい思い出のひとコマです。
8月には、MCCで「爽快高野山ダウンヒルサイクリング!」を楽しむ予定です。
 images5_20140721
 
   
Bitmap 復路の紀見峠へのアプローチです。
競争でなく、みんなでワイワイ言いながら、一緒に登るのもサイクリングの楽しみの一つです。
自然と一体感が芽生えます。
 images6_20140721
復路も全員無事に紀見峠に到着です。バランス良く、みんな思い思いに写真に収まります。
みなさんから思わず笑顔がこぼれます。
いつかS田さんの企画で紀見峠の途中から素掘りのトンネルへ「足の速い老婆が出る」と噂の「肝試しサイクリング」を行う予定です。
images7_20140721 
下りに向けて、エキスパートのY本さんから「肱を曲げて、上半身を柔軟にし、前方を見るよう」アドバイスです。
みなさん、上半身がこわばって手や腕も痛くなりがちです。
熟練サイクリストのS田さんからは、サドルを太ももで挟み込むようにして重心を後方に置くようにアドバイスです。みなさんから質問やアドバイスがでたり、情報共有ができるのは、倶楽部ならではの貴重な機会ですね。
 images8_20140721
ゴールの河内長野駅近くの商店街にある「ツルザワ」さんでスイーツの時間です。
果物屋さんとフルーツカフェを経営されています。フルーツあんみつ!フルーツパラダイス!フルーツアイス!等フルーツオンパレードです。涼しいお部屋の中、みなさん、サイクリングの話やクラブの話で時間が尽きません。やっぱりスイーツは、人を和やかにしますね。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひみなさんもMCCに、走りに来ませんか!
 images9_20140721

三輪そうめんを食べに行こう!

 2,3日前までは、降水確率60%だったが、近づくにつれて予報がよくなってきて、ついに前日には30%になり、めでたく実施できることになった。
 今回は満員御礼の11人参加!
みなさん、早い目に集合してくださり、9時に柏原市役所を出発した。

 今回は国道25号線ではなく、坂はあるけど車が通らない、農道・裏道コースを通って王寺駅に向かう。
 途中の峠八幡神社で記念写真。

images1_20140720

ところが・・・ポツポツ大粒の雨が降り出した・・・
どんどん大雨になってきそう~
目についた自治会館の軒先に避難させてもらった。
ここでいろんな話をしながら雨がやむのを待つこと約20分。

 images2_20140720

雨のおかげでやや涼しくなった奈良ののどかな自転車道を気持ちよく走る。
でも千寿亭の開店時間の11時には着きそうにない。

ようやく着いたのは11時半。
あわてて順番待ちのノートに名前と人数を書いたが、なんと20番目!
お店の人に聞くと、1時間40分から2時間ぐらいかかるというので、あきらめた。

images3_20140720

三輪そうめんの池利が経営しているそうめんレストランで、ちょっと変わったそうめんが食べられて、私はここのトマトそうめんが大のお気に入りなんだけど、暑い中、こんな遠いところまで自転車で走ってきてもらったのに、味わってもらえなかったみなさんに、ほんとに申し訳ないです。

仕方ないので、この前、「鶴瓶の家族に乾杯」で出てたというお店に行く。
そこで普通のそうめんをお昼ご飯にした。

images4_20140720

そうめんを食べたら、法隆寺に向かう。
いつもながら、こんなややこしい道がよく覚えられるもんだと感心。
リーダーさん、ありがとうございます。

法隆寺では一番端のいつものお店に入る。ソフトクリームがおいしいのだが、今回はかき氷もあり。
少しずつ、味見をさせてもらったりして、楽しい美味しいひとときだった。

ところが、店をでると、またポツポツと・・・・

帰りを急いだが、結局、それからは国分あたりまでずっと雨だった。
それもけっこうな雨。 
パンツも靴下もグショグショ。 雷もなってるし・・・
自転車がはねる水しぶきもひどくって、何もかもドロドロ。
けど、おかげで昼ごろの暑さはぜんぜんなしでした。

きょうのメインの千寿亭では食べられなかったし、雨にも降られたしで、さんざんだったけど、
またいつかリベンジできますように。

泉北遊歩道で公園めぐり

○開催日         2014年6月29日(日)                                             

○参加者数        9名(女性1名、男性8名)                                            

○集合場所・時間      堺市南区;大蓮公園内 泉北すえむら資料館前  午前10時                                  ○解散場所・時間      堺市南区;新檜尾公園  午後2時                                                     ○ルート            報告書 1番目の画像に示す                                                 ○距離            約28km                                                                        ○本日の目標        泉北の遊歩道・公園をホーム・コースの一部分に!

images1_20140629
天気予報に無かった雨が夜半から降り続き、翌朝の手配を考えながら眠りに入った。                                                泉北遊歩道をテーマにした企画は今回が3度目、1回目は「遊歩道を一筆書きで走破しよう」、2回目が「総会後のポタリング」だった。昨夜の思いは、取りこし苦労に終わり、爽やかなポタリング日和に。                                                                                                                                                                                                           参加者の皆さん、早くから到着しておられました。10時の集合は「朝にゆとりができて、いいね」と好評。                                  
今回はコース図の中に、参加者の名簿を添付し、【第1画像 左上(1)】 また自己紹介時に、地図を使い、ここまで(集合場所)へのコースも紹介していただきました。                           

泉北遊歩道は自転車の初心者にとって、色々なテーマを持ちながら練習するにはもってこいのコースです。                                        

images2_20140629images3_20140629
時間に余裕があると、なんやかんやと話題が弾みます。皆さんの顔が)向いている先は、・・・・・?                                                       堺市立すえむら資料館の見学を予定に入れていたのですが、またの機会にして、資料館前で記念撮影。
images4_20140629
緑滴る泉ヶ丘緑道は、昨夜来の雨が、亜熱帯の森の様相を醸し出し、少しひんやりとさせ、気持ちのいい走りが始まる。下には流された落ち葉の溜まったところもあり、避けるかそのまま注意して走り抜ける。                                                      要所、要所に道標が整備されています。上部は遊歩道の名称、下部が現在地の名称、中央部は、矢印で来た道の方向とこれから行く道の方向が示されています。                                                     これと地図を確認しながら行くと、迷路のような遊歩道も、眼からウロコですよ!                                                                                             泉ヶ丘緑道は、大蓮公園で袋が閉じる「9の字」を描いています。泉ヶ丘駅の南東側に広がる丘陵地帯は、晴美台センターまでは軽い上り、そして泉ヶ丘駅に向かって下りが続く、そんな反時計回りをイメージして走っていきま~す。、
images5_20140629images6_20140629

お昼の買い出しは、泉ヶ丘プール(三原台)入り口にあるショッピングモール、そしてあの「泉北堂」のパンの人気も絶大で、一行は緑道を離れ泉ヶ丘駅裏側を抜け、広いバス道から最短の距離でかけつけました。     
昼前でしたが、幸運なことに先人が少なく、焼き立てのパンがより取り見取り、すぐレジで会計に。                                                           トレイにパンを載せると、ついついどれも美味しそうで数が増えてくるんですヨね、皆さん。                   もちろん甘いパンは、エンストをおこさせないためにも、絶好の補給食になりますね!
images8_20140629images7_20140629
買い出しをしているうちに、良い時間になってきました。お腹も空いてきました。                    泉北遊歩道では、空腹は最大の敵です、幸いにも泉北堂から荒山公園への道は下りのみ。               

いつもの梅林を抜け、運動公園横にひろがるヤシの木陰に、S野さんがいい場所を見つけてくれました。

images9_20140629images10_20140629
うん?なに?という感じでO本さんが反応しています。自転車初心者にとって、泉北緑道は少ししんどいコースだと思います。このコースをもっと楽に走りた~いに、色々な案が飛び交いました。                    

後ろのギアーの組み合わせに大きめのものをとか、其れも滑らかな歯数変化にとか、クランクの長さを今より短くしたらとか、前のギアーをもう1枚増やしたらとか、ホイールを軽いのに交換するとすごいでとか、もう一つ忘れてはいけない大切なのが筋力だとか。

自転車に乗り続けると、ほんと悩みは尽きませんねェー。

images11_20140629images13_20140629
栂緑道は南北に栂地区を貫く一本道。                                      

見通しがよく、アップダウンがない代わりに、自転車の速度が出ないよう、3ヶ所に細かいゲートがありました。今MCCの会員さんが、さながら競輪のスタートに着いた時ののように、力が入って緊張をしています。                            
私は、後ろのワイヤーに引っかかったり、ディレイラーにガチャンやったらいややなァー。                              上手い具合にスーッと抜けたらいいのになァー、といつも思いながら通過するゲートです。

images12_20140629images14_20140629
栂緑道から旧道を横切り、光明池緑道に入る。光明池地区を9の字を描いて本日のゴールにあたる新檜尾公園で元の緑道と交わります。元々の地形と雑木林をそのまま残して公園にしたといわれるだけあり、泉北でも新しい街だが、緑陰がひときわ濃く広がり、夏の頃の涼しさがうかがわれます。                                
赤坂台方面の緑道に入ると、アジサイの花が我々を迎えてくれた。「癒しの道 AKASAKA アジサイ街道」植え付け始めて13年、アジサイに寄せる思いが伝わってきます。                                               自転車を降りて旬の花々を堪能。今年は皆様方と共に愛でることができませんが、400mも続くアジサイ街道、この絶景を求めて来年度も企画を考えていますので是非・・・・。
images16_20140629images15_20140629
泉北の緑道の最後は、新檜尾公園。ここの広場のあたりは、落葉樹のメタセコイアの林がメインになっており、四季を通じて非常に明るい雰囲気になっています。駅方面から自転車で下っていくと、だんだんと空が開け、明るさが増していき、落葉樹の林に包まれていく感じが、常緑樹の中を走ってきたものには、すごく新鮮に思われます。お気に入りのスポットです。是非、集合場所に!
images18_20140629images17_20140629
低温の日が続いたからか、アジサイやクチナシの花が思っていたより美しく、またクチナシのほのかな薫りが緑道までとどき、気持ちのいい一日の最後を締めくくってくれました。                 ≪yama13≫

「みんなで行こうプチサイクリング!」(愛彩ランド)

○参加者数       5名(女性1名、男性4名)
○開催日        2014年6月24日(火)
○集合時間・場所    10:00JR東岸和田駅
○解散時間・場所    14:00JR東岸和田駅
○ルート  泉光寺~久米田池~積川神社~愛彩ランド~北阪八幡宮~意賀美神社
○距離              20km  (レベル 初級)
○重点項目      のどかな田舎道をみんなでワイワイ言いながらのんびりゆっくり走る。 
                                           
 images1_20140624
天候に恵まれ、梅雨の合間のさわやかな晴天のプチサイクリングです。
のんびりゆっくり走るというテーマのもと男女5名のみなさんに参加していただきました。
最近御参加の方が少ないので、こうしてお集まりいただくのは嬉しいもんですね。
新規にS水さん、S部さん、N川さん、それから常連のM船さん、そして詐欺師のW田の5名
のメンバーです。まずは、岸和田藩主岡部宣勝公はじめ歴代藩主のお墓がある泉光寺に
向かいます。
 images2_20140624
高僧行基が築いた久米田寺です。
「楠家文書」など7件が国の重要文化財として登録されています。
また三蔵法師の御霊骨を奉安しています。
 images3_20140624
高僧行基が築いたとされる久米田池です。桜の名所です。
水辺に集う色々な野鳥が見られ、野鳥の国際空港とも言われてます。
心地よい風を頬に受け、水のマイナスイオンを感じながら池の周りを一周します。
images4_20140624
すっきりした晴天で遠くに鍋谷峠を望み、みんなでワイワイガヤガヤ言いながら、のんびり走ります。
出来上がったばかりのきれいな道で気分も上々!サイコー!(Y沢E吉さんがいらっしゃったら多分そうおっしゃるでしょう。)こういうサイクリングもいいもんですね。(^^)
 images5_20140624
 
   
国宝積川(ツガワ)神社です。本殿は、豊臣秀頼が再建しました。
淀君寄進と伝えられる神輿も安置されています。
 images6_20140624
道の駅愛彩ランドでランチです。
地元岸和田の農産物が揃い、地域の食材を活かしたレストランのお弁当をいただきます。
夏バテをふせぐ「しょうがごはん」や色とりどりの食材が盛りだくさんです。
価格も600円とリーズナブルで、しかもボリュームもあり、お勧めのランチです。
サイクリングもランチも女性が参加されると場が華やかになり、なごみますね。
S部さんに感謝です!みなさん笑顔で楽しいサイクリングです。
 images7_20140624
神於山のふもとにある北阪八幡宮です。
近くには、織田信長が神於寺および根来寺を攻略する際休憩したといわれている衣岩もあるそうです。
空気が澄んでいるときは、遠くに明石海峡大橋を望むことができます。お勧めのビューポイントです。
小学生の遠足と一緒になり、久しぶりに子供心にかえりました。同窓会みたいですね。
「前へならえ!」なつかしい言葉の響きです(^^)。
 images8_20140624
大阪府のみどりの百選に選ばれた雨乞い信仰の意賀美神社や阿間が滝のマイナスイオンを浴びて、
JR東岸和田駅に向かいます。
のんびりゆっくり走ってランチを楽しむプチサイクリング!
女性も御参加いただき、華が咲きます。みんな自然と笑顔がでます。(^^)
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ御参加くださいね(^^)!
 images9_20140624