みんなで行こう!有田みかん食い倒れサイクリング(下見)

○参加人数        4名(うち女子0名、男子4名)
○開催日          2014年11月23日(日)
○集合時間・場所    10:00 JRきのくに線海南駅東口
○解散時間・場所    15:00 JRきのくに線海南駅東口
○ルート        海南駅~野上電鉄軌道跡~黒沢牧場~金屋~海南高原~海南駅
○距離             45km
○重点項目      景色のいいみかん畑の中の上り下りのコースを楽しむ。            
images1_20141123                                    
本日は、秋の晴天のもと今が旬の有田ミカンをおもいっきり堪能しようと「食いしんぼう四人衆」がJRきのくに線海南駅に集合です。
食いしんぼう四人衆は、I井さん、N下さん、、H部さん、W田です。
H部さんの目標は、有田ミカン20個食べることです。
さてさて目標達成できるかどうか後のお楽しみです。(^^)
まずは、恒例の体のウオームアップと落車に備え、柔軟体操です。
体が芯から温まり、日頃固くなっている筋肉や筋をほぐします。
全員若手とは勝手に思っているものの、あちこちでふらついたり、うめき声が聞こえます。(^^)
images2_20141123
野上電鉄軌道跡を軽いギヤでのんびりウオームアップです。
アスファルト路面が長年の使用で荒れていて、I井さんのリヤホイールのスポークが飛びました。
今はめているの某社のホイールより、やはりS社のホイールを買わなければなりませんね。
「I井さんお買い上げ~(^^)」
みかん畑の中をH部さんを先頭に模範的な登坂走行で快適に走ります。
上りや下りは、模範的なエキスパートについて走行すると上達が早いです。
やがて海南市内や和歌山市内をはるかに俯瞰する黒沢牧場入り口に到着です。
images3_20141123
いたるところにみかん畑が広がります。
ぽかぽかと暖かい日差しに包まれて、ほっこりします。
images4_20141123
オレンジと緑の湘南カラーも青空の中で一層引き立ちます。
 
images5_20141123
一袋100円で売っています。
いたるところで有田ミカンを買ってはチョコチョコ味見をします。
むくのに多少テクニックが要りますが、皮の薄い、小粒のみかんの味が濃厚で食べやすいですね。
「食いしんぼう四人衆」の有田ミカンの味比べです。
爽やかな酸味と甘み、かんきつ類の香りとともに思わず幸せな気分になります。
水分とエネルギー源は、みかんだけで十分でボトルの水は、ほとんど飲んでいません。
images6_20141123
有田ミカンの本場では、八朔等いろいろなかんきつ類が目に留まります。
images7_20141123
道の駅明恵ふるさと館でおうどんをいただきました。
体が温まります。
売っているパンもおいしそうでした。
images8_20141123
みかん畑のオーナーが、みかんの手入れをなさっていました。
挨拶のお声をかけると、絶品の有田ミカンを木から切っていただいて、私たちに振舞っていただきました。
大きいみかんで、ジュース用にするとのことでした。
酸味甘みバランスが取れていて、本場の有田ミカンを堪能しました。
みなさんから思わず笑顔がこぼれます。
オーナーの笑顔も爽やかで暖かい気分にさせてくれます。
みなさんもう食べきれないほど本場有田ミカンをいただきました。
まさに有田みかん食い倒れサイクリングです。
H部さんは、12個で優勝です。(^^)
images9_20141123
帰りはご褒美の海南高原からの素晴らしい景色と気持ちの良いダウンヒルが待っています。
「みんなで走ると楽しいよ!」
ぜひみなさんもご一緒にいかがでしょうか!

新蕎麦を食いに

11月16日(日)

新蕎麦の時期、11名の蕎麦好きが集まりました。
9:00柏原市役所前をスタート。大和川を遡上して、「笠蕎麦」を目指します。

 images1_20141116
寄り道ポイント。
油掛け地蔵。
 images2_20141116
仏教伝来地。
 images3_20141116
十二柱神社。
 images4_20141116
長谷寺から本格的な登坂が約8Km続きます。
 images5_20141116
12:30「笠蕎麦」に到着。既に長蛇の列です。
 images6_20141116

 

荒神そばとざるそばをいただきました。
 images7_20141116
本日参加の皆さんです。
 images8_20141116
天理ダムへと下ります。
 images9_20141116
天理教本庁と天理大学の間のイチョウ並木。
images10_20141116
16:00柏原市役所に到着して解散しました。

毎年この時期に「笠蕎麦」を訪れます。
蕎麦屋というと敷居が高いというイメージがありますが、「笠蕎麦」はどちらかというと大衆食堂的な感じです。大盛りは2人前の量で食いごたえがあり(写真は並)、また今年は食い損ねましたが、かやくご飯もウマいです。
参考ルートラボです。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=8fa44f40c9014f6a23e2c1f51d10b5ff

(文と写真<す>)

泉佐野 BBQ de サイクリング

○参加人数         5名(うち男子5名)
○開催日          2014年11月14日(金)
○集合時間・場所    10:00 りんくうタウン駅前ロータリー
○解散時間・場所    15:00 マーブルビーチ BBQ会場
○ルート        りんくうタウン駅前ロータリー~田尻民俗資料館~田尻漁港~泉佐野漁港~マーブルビーチ
○距離             20km
○重点項目     魚介類のBBQをみんなで楽しむ。
 images1_20141114                                        
本日は、曇り空!風強し!寒い!コンディションは、あまり良くない天気です。
にもかかわらず本日のBBQを楽しみに「食道楽五人衆」の集合です。
食道楽五人衆は、T田氏、H部氏、H多氏、M宅氏そしてW田です。(五十音順)
この日のためにBBQのセットを用意していただき、食材の検討をしてきました。
今からワクワクドキドキです。さてどんなBBQになるやら(^^)
images2_20141114
まずは、恒例の準備体操です。私達が幹事のサイクリングでは、これは必須です。
日頃柔軟体操をされていない方には、絶好の機会です。体も温まります。
なおかつケガ防止、転倒に対する備えにもなります。
体の固いことや左右差がかなりあることに驚きを感じます。
そんな中でM宅さんは、日頃の精進によりご覧のとおりの体の柔らかさです。
「すばらしい!」(^^)
images3_20141114
関空連絡橋や関空を眺めて、記念撮影です。
真っ白な石の海岸!青い海!風にたなびく白い雲!潮騒の音!
遠くに離発着の航空機を眺めます。
長閑な光景です。
思わず気持ちもオープンになります。
images4_20141114
田尻スカイブリッジでも記念撮影です。
きれいな橋から友が島水道や淡路島を眺めます。
お勧めの絶好のポタリングコースです。
海を見たくなるとこのコースをゆっくり流してリフレッシュしています。
ここからの景色も最高です。
images5_20141114
神武天皇の兄君の彦五瀬ノ命が、日本国を創建するために全国制覇の途中で戦により死亡した
雄水門という所です。
近くに「男神社」もあります。あやかりたい人、強い願望のある人は、ぜひお訪ねください!(^^)
images6_20141114
泉州の紡績王谷口房蔵氏が建てた建物です。
ここ泉州地区は、「東洋のマンチェスター」と呼ばれ、紡績業が盛んな地域でした。
贅を尽くした調度品、家具、ステンドグラスは、いうまでもなく外観も素晴らしい建物です。
今は、田尻民俗資料館として利用されています。もちろんカフェやランチも楽しめます。
images7_20141114
綿の花です。まるで雪のようです。
畑に雪景色のように咲いている光景が目に浮かびます。
images8_20141114
泉佐野漁港で魚介類を仕入れます。漁師さんも料理の仕方や焼きやすいようにいろいろアドバイス
をくれます。
サザエ、ホタテ、大エビ、アナゴ、サンマと小エビと次々に焼きます。盛りだくさんです。
サザエは醤油を垂らして焼きます。香りが最高です。ホタテも大きくて、笑顔が自然と出てきます。
大エビも頭ごといただきます。エビのエキスもジュルジュッルと「旨いですなあ」(^^)
サンマも丸ごと一匹いただきます。穴子も一匹いきます。おなかの中は、魚介類で大騒ぎです。
食べることに一生懸命で、写真を撮ることも会計もそっちのけです。困ったもんです。(><)
images9_20141114
仕上げは、小エビを金網で焼きながら、つまみます。桜色になり香ばしい香りを放ちます。
まるでK社の~えびせんを食べているようです。これが安くて、最高でした。
締めに恒例の焼きそばを焼きます。今日は、エビ焼きそばです。
信じられませんが、H部さんの弱点は、もやしです。(^^)本日は、もやし抜きです。
ロールケーキと食後のコーヒーでBBQの余韻を楽しみます。
これでひとり当たり1200円です。充実したランチでした。
images10_20141114
「みんなで走ると楽しいよ!」「みんなで食べると楽しいよ!」
ぜひみなさんもMCCでご一緒にたのしみませんか!