丹波篠山地産料理バイキングと江戸時代の街サイクリング

○参加人数         5名(うち女子0名、男子5名)
○開催日          2014年11月26日(水)
○集合時間・場所    10:00 篠山城三の丸西駐車場
○解散時間・場所    15:00 篠山城三の丸西駐車場
○ルート        篠山城~篠山市内観光~黒豆の館~篠山城
○距離             26.07km (実走1時間53分)
○重点項目      歩行者や車に注意し、観光地でのグループ走行に習熟する。           
 images1_20141126
本日は、秋深い丹波篠山の地産料理と黒豆や栗の特産物を味わうのが目的のサイクリングです。
ここ篠山城下町は、1609年に徳川家康の命による天下普請の築城による篠山城を中心に武家屋敷や商家町など近世の城下町の風情が色濃く残る町です。
また猪や栗・黒豆の特産物をはじめ丹波杜氏で知られる酒つくりの町でもあります。
小雨が少々パラついていますが、路面はセミウエットからドライの十分走れるコンディションです。
ほんの気持ち空気圧を低めにセッティングします。
集合地点まで長時間のドライブと寒さで体が冷えてますので、恒例の準備体操をして体を温めます。
準備体操をせずにいきなりウオームアップ走行なしで全開で走り出すサイクリストを見かけますが、あまりお勧めできません。十分体を慣らしてくださいね。
images2_20141126
走行前に全員で記念写真です。静かな城下町といった印象です。
まずは、観光案内所を経て大正12年に篠山町役場として竣工された大正ロマン館に立ち寄ります。
館内にはお休み処やお土産の売店、レストランがあります。お手洗いもロマンが漂います。
images3_20141126
さすが黒大豆の本場です。黒大豆やさんの暖簾と軒先につるされた黒大豆が印象的です。
灯篭には、聞き覚えのあるデカンショ節が書かれています。
近くに丹波杜氏酒造記念館もあります。
 
images4_20141126
お土産物屋さんに立ち寄り、「小西の黒豆パン」や降圧作用のある黒豆茶を購入します。
「小西の黒豆パン」は、大きな黒豆とパンの生地が絶妙なハーモニーを醸し出し、すぐに
売り切れになる人気商品です。
焼き栗も大きくて、実が黄色で美味です。
マロングラッセにすると絶妙、悶絶するかもしれませんね。
商家群の街並みを通り、しっとりとした路面を味わいながら自転車を走らせます。
お買い物用のデイパックをしょって、少しタイヤが太いクロスバイクやランドナーや小粋な小径車で流すのがお似合いの町です。
images5_20141126
お堀端や武家屋敷群を眺めながら流します。
堀越に篠山城や紅葉を眺め、遠くの山に目をやると、霧が立ち込めています。
落ち葉を踏みしめ、静寂を楽しみます。
ところで武家屋敷では、悪徳商人が小判入りのおまんじゅうを持参して、「お代官様、これでいかがでございましょうか?」「おぬしもワルよのう」「いえいえお代官様こそ」とやっていたのでしょうか?
そんなわけはないですよね。
ついついテレビの光景が思い出されます。(笑)
images6_20141126
丹波黒豆の館で丹波篠山田舎バイキングを楽しみます。
1250円で地場の田舎料理を十分堪能できます。
黒豆料理が主で、黒豆煮、黒豆ごはん、そば、煮物、揚げ物、テンプラ、黒豆蒸しパン、茶わん蒸し、地鶏の卵、野菜カレー等盛りだくさんです。
みなさんお椀を重ねて、たらふく味見をしています。
みなさん食べ過ぎで動く気配がありません。(^^)
images7_20141126
食後の運動に里山のなかの田舎道を走ります。
車がほとんど来なくて快適な田舎道です。
images8_20141126
黒豆畑をバックに写真撮影です。
遠くに雲がかかった山々や、近くの赤や黄色、茶色の秋の山を楽しみます。
images9_20141126
黒豆を幹から切って、逆さまにして、干しているようです。
これでお正月用のおいしい黒豆ができるんでしょうね!
いまからお正月が楽しみです。
images10_20141126
篠山城に無事到着し、皆さんで記念撮影です。
帰りに冷えた体を暖めに、こんだ薬師温泉「ぬくもりの郷」に向かいました。
温泉でほっこりし、栗と黒豆のジェラートを楽しみました。楽しい秋深い一日でした。(^^)
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひみなさんもご一緒に!

紅葉萌ゆる堀越観音から串柿の里へ

○参加人数         6名(女子1名、男子5名)
○開催日          2014年11月24日(月・振替休日)
○集合時間・場所     8:45 南海・近鉄 河内長野駅
○解散時間・場所    Aコース 14:30 南海・JR 橋本駅
                                  Bコース 16:00 南海・近鉄 河内長野駅
○ルート 河内長野駅~滝畑ダム~蔵王峠~堀越観音~真田庵~橋本または河内長野
○距離          Aコース 50km Bコース 72km
○重点項目    マイペースでの登坂 下ハンドルを使ってのブレーキング  危険個所での声掛
images1_20141124                                    
予定通り河内長野駅前に集合し、コース説明、走行に関する注意点、自己紹介、準備体操を終えて先頭リーダー(私)、最後尾を最年少K村さん、間に紅一点Y内さん、S水さん、N川さん、Mさんで隊列を組んで元気に出発。
images2_20141124
道中、滝畑ダム事務所に立ち寄り、最近のクラブランお約束のダムカードゲット
images3_20141124
滝畑ダム湖を通過し、キャンプ場を経て5km登坂してピーク手前の「蔵王峠」で記念写真
本日最年長のS水さんも軽快に坂を上りきりました。
本格的な登山で鍛えてるだけに余裕の走りです。
images4_20141124
「蔵王峠」から更に2㎞上った先の堀越観音到着、癪にご利益があるそうだ。
各自お参りしたり、境内からの眺めを楽しんだり、M山さんが買った干し柿を食べながらパチリ
images5_20141124
オレンジのカーテンを眺めながら所々で写真撮影しつつ下山。
3週間前に下見した時はまだ剥きたてでツルンとしてたのが、しわしわの干し柿に変身してるのを見て年取ったなぁと心の中で柿に話しかけました。
渋柿を干したら甘くなると発見した先人の知恵に脱帽です。
images6_20141124
長ーい下りを終え、いよいよ昼食場所の選択会議の末、本日の紅一点体育会系女子Y内さんのツルの一言で中華料理に決定。
国道24号線沿いの中華厨房まきのでボリューム満点の定食をいただきました。
この中華屋さんは床がスケート場のように滑るので要注意です。
images7_20141124
食後のコーヒーを近くのコンビニで済ませ、紀ノ川沿いを快走して九度山町にある戦国武将人気No.1真田幸村ゆかりの地「真田庵」を見学。
2016年大河ドラマ「真田丸」で更に盛り上がるでしょう。
ここでM山さんが真田幸村が愛用していた?自転車を発見、おおいに盛り上がりました。
images8_20141124
橋本バイバス手前で橋本から輪行するAコース班N川さん、M山さんと別れ、河内長野へ向かうBコース班。   
バイバスの長い上りを超え、上りピークの紀見峠でほっと一安心で記念撮影するもセルフタイマーに間に合わず後姿での参加となりました。
そしてトトロ道を経て16時ジャストに河内長野駅着。無事解散しました。
参加された皆様、どうもお疲れ様でした。
images9_20141124
先日のクラブランでアクシデントがあったので出発前に注意喚起を促しましたが、道中自分自身が下り坂での対向車との出会頭未遂、縁石を鋭角に横切ってスリップ、車の左折巻込まれ未遂と3度のヒヤリハットを体験し、だろう運転や横着な動作が厳禁と改めて肝に銘じました。(写真は特に関係ありません)
images10_20141124
最後にスマホで記録した本日の実走行ログです。  http://yahoo.jp/4HV5u4
Aコース河内長野発橋本着班 走行50km 獲得標高1,000m
Bコース河内長野発着班    走行72km 獲得標高1,400m
実走ルートのログを観察することで経験値となり、ルート図を見て強弱が判断できるようになります。

みんなで走るとたのしいよ(アレっ?)