サントリー山崎蒸留所ガイドツアー

 

○参加人数        8名(うち女子2名、男子6名)
 ○開催日          2015年2月21日(土)
 ○集合時間・場所    10:30 山崎駅前駐車場
 ○解散時間・場所    16:00 山崎駅前駐車場
 ○ルート     山崎駅~サントリー山崎蒸留所~桂川サイクリングロード~嵐山~
                天龍寺~大覚寺~嵐山~桂川サイクリングロード~山崎駅
 ○距離                 38.49km (実走時間2:24:41 平均時速15.9km)
 ○重点項目  当然のことながら飲酒運転厳禁及び

                             桂川サイクリングロードや観光地にてマナーを守り、集団走行する。

 

 images1_20150221                                  

 

本日は、暖かい早春の陽射しときれいな青空が見える絶好のサイクリング日和です。
人生とサイクリングを優雅に楽しむ粋な男女8名が、サントリー山崎蒸留所を訪ねて、
ウイスキーのお勉強です。
ここ山崎は、万葉の歌にも詠まれるほどの名水の里であり、本邦ウイスキー発祥の地でもあります。
まさに日本のウイスキーのふるさとともいえる場所であります。
蒸留所の敷地内に清らかな清水が湧き出でてます。
きれいなガイドのおねえさんのうっとりするような声の解説に導かれて、蒸留所を見学します。
夢見心地で解説を聞いていたせいか、解説は頭の中にさっぱり入っていません。(><)
私の頭の中は、別にしまして、1923年以来日本のウイスキーの原点は、山崎にあり、その歩みが
日本のウイスキーの歴史となったそうです。(^^)

 

images2_20150221

 

モルトウイスキーの原料は、厳選された二条大麦と山崎の名水です。
こうしてできた麦汁に厳選した酵母を加え、発酵させて、もろみを作ります。
この工程でウイスキー特有の香味成分を造り出しています。
写真は、有名なポットスチルと呼ばれる蒸留釜です。
この蒸留釜のなかでもろみを二度蒸留することにより、ウイスキーの原酒ができます。
できた原酒を樽に詰めて、永い間原酒は、眠りに入り、熟成の時をまちます。
寝かせている樽ごとにウイスキーの個性が出て、同じウイスキーは二度とないそうです。
まるで人間の個性のようです。組み合わせは無限であり、「樽熟成の神秘」と呼ばれています。

images3_20150221

 

樽から目覚めた原酒は、多彩な味わいを創り出すブレンダーの手に渡ります。
ブレンダーは、熟成状況をチェックし、配合やタイミングを判断します。
将来必要となる原酒の未来図を描きながら貯蔵管理も行わなければなりません。
仕込みから製品化まで長い歳月を費やすウイスキーづくりは、過去と未来のブレンダーの共同作業
です。まさに多彩な味わいをつくりだす「匠の技」と言えます。(ガイドブックより抜粋)
こうしてできたウイスキーをみなさんで試飲ができますが、本日はサイクリングなので飲酒は、ご法度
です。
みなさんでジュースやお茶、山崎の名水で乾杯です。
さすが山崎の名水です。水は、柔らかい飲み味でした。

 

images4_20150221

 

記念碑の蒸留窯の前で記念撮影です。銅なので緑色に変化しています。
暖かい日差しに銅製のモニュメントが暖められて、もたれるとほっこりと心地良いです。
さまざまなウイスキー、ウイスキーボンボンのチョコレート、記念品等が売店で売られています。
記念に購入するといい思い出になります。

 

images5_20150221

 

蒸留所を出たところでT田さんが、ランチを予約してくれていました。
栄養バランスの取れたアジフライのお弁当とコーヒーで楽しい昼食です。
ラウンジなのでお酒もおいていました。
もちろん置いているのはウイスキーの「山崎」です。

images6_20150221

 

桂川サイクリングロードを集団で快走します。
みなさんギヤの使い方もうまくなり、アウターギヤも踏みまわします。
たくさんのサイクリストとすれ違います。
お互い挨拶を交わします。「ご安全に!」

images7_20150221

 

あっという間に嵐山に到着です。
S部さんから全員にお菓子を振舞っていただきました。
快調に走ってきた爽快感と憩いのひと時で場が和みます。
嵐山は、観光客も多いです。危険な個所は、厭わず迷わずに自転車を押します。
サイクリングロードしかり、観光地しかり、歩行者と共存する場所では、やはりマナーは大切です。

images8_20150221

 

本日のMCCレディースのS部さんとT川さんです。
お二人は、いつも明るい雰囲気で、MCCランを盛り立ててくれています。
「花より団子」やはり団子には目がないようです。
この後T川さんは、黄昏の京都市内の目抜き通りをポタリングし、桂川、賀茂川、八坂神社へ
と走り、「おけいはん」で輪行の帰途につきました。

images9_20150221

 

午後のひととき、おだんごやおぜんざいでまったりと過ごします。
戸外で味わうぜんざいや団子の味もいいものです。
暖かい日差しに包まれて、このままずっと居たいような心地よい気分になります。

images10_20150221

 

ランチあり、、スイーツあり、見聞がひろがる工場見学ツアーとサイクリングを組み合わせた大人の楽しい
一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆さんもご一緒に楽しみませんか!

 

加古川沿いと2つのダムめぐり

 ○参加人数        8名(うち女子2名、男子6名)
 ○開催日          2015年2月2日(月)
 ○集合時間・場所    10:00 加古川市 MOGA Cafe
 ○解散時間・場所    14:40 加古川市 MOGA Cafe
 ○ルート        MOGA Cafe~Cafe CAROL~加古川沿い~権現湖~鴨池
                ~加古川沿い~味季料理りんどう~MOGA Cafe
 ○距離                 37.32km (実走時間2:07:59 平均時速17.2km)
 ○重点項目          権現湖や加古川沿いの快適な自転車道を走り、アウターギヤ
                を有効に使用する。
 images1_20150202                                  
本日のMCCサイクリングは、冬の好天に恵まれ、車を気にすることのない加古川沿いのサイクリング
ロードと鴨や水鳥やヌートリアが棲む静かな湖畔の道や池を楽しもうとMCCから7名の参加です。
ご案内は、サイクリストであり、MOGA CafeさんのマスターのT置様です。
以前サイクルスポーツという雑誌にMOGA Cafeさんのおいしいおぜんざいとカレーの記事が、掲載
されていました。加古川名物の「かつめし」をどこかで味わい、MOGA Cafeさんのおぜんざいを
いただきたいとTELしたところ、「お任せください!ぜひサイクリングのご案内も!」とマスターが快く
ガイドを引き受けて下さり、今回のサイクリングと相成りました。
ウォームアップと怪我防止のため全員で準備体操をじっくりと行い、全員で記念撮影です。
(MOGA Cafeさん TEL079-421-0838 加古川市加古川町備後105-1)
images2_20150202
焼きたてパンやチョコレートのやケーキのあるお店で、補給食を調達しようとマスターの知り合いの
CAFE CAROLさんに向かいます。
バターパン、あんぱん、クリームチーズパン等が焼きあがりトレイに並べられています。
早速購入ですが、補給食として持参するのをそっちのけで、ついつい本能に負けて、
その場で焼きたてパンをいただきました。やはり焼きたてパンは、最高ですね。
美味しそうなチョコレートやケーキの甘い誘惑にも負けてしまいそうです。
(CAFE CAROLさん TEL 0794-21-7299)
images3_20150202
Bitmap CAFE CAROLさんの店内には、MOGA Cafeさんのご子息さんが描かれた絵がたくさん飾られています。
芸術大学を卒業され、絵の道に入られているそうです。
木目調の落ち着いた店内とたくさんの絵画でリラックスできるCAFE CAROLさんです。
ぜひ皆様もサイクリングの途中で行かれてくださいね。
images4_20150202
加古川沿いのサイクリングロードを快適に自転車を走らせます。
いたるところにサイクリングロードや行先の表示があるので走りやすいですね。
車も気にせずに、のどかな田舎道を快走します。快走は、ロードレーサーならではの醍醐味ですね。
冬のやさしい日差しもポカポカと暖かく、重ね着のウエアを調整して、少し薄着にします。
images5_20150202
みんなでワイワイガヤガヤ走っているうちに権現ダムに到着です。
ダム管理事務所がなかったのでダムカードは残念ながら調達できませんでした。(><)
早速皆さんでボルトのポーズをして、記念撮影です「。あれっ?」だれか手の向きが逆ですね。
皆さん集まれば、こういう人が一人くらいは必ずいるもんです。(笑)
彼は、「そつのない生き方」を外したいみたいです。(^^)
images6_20150202
湖畔で記念撮影です。私たち独占の光景です。
ここは、たくさんの撮影ポイントがあります。
聞こえるのは、鳥の鳴き声と風の音です
images7_20150202
マスターにご用意いただいた、コーヒーを焼きたてパンと一緒にいただきます。
冬のサイクリングは、やはり温かい飲み物がよく似合いますね。心まで暖かくなります。
湖畔で皆さんと一緒にいただくコーヒーは、和みますね。幸せな気分です。(^^)
サイクリングって本当に楽しいですね。(^^)
images8_20150202
鴨池のほとりにあるPrat Cafeさんのツリーハウスです。
木の上におうちがあります。おうちのなかではお客様がCafeを楽しんでいらっしゃいます。
珍しい建物なので、早速全員で記念撮影です。
Cafeでは、マフィンやパンを売っています。
撮影後加古川沿いの道を「かつめし」目指して、一目散に走ります。
路面の状況、風の向き、集団のスピード、ケイデンス、現在の使用ギヤ、脚の状況を
総合的に判断して、臨機応変にアウターギヤやインナーギヤを使用します。
リヤのこまめな変速は、申し上げるまでもありませが、最も大切なことです。
みなさん徐々にマスターしてきています。今後が楽しみです。
images9_20150202
MOGA Cafeさんのマスターの知り合いの「味季料理りんどう」さんで加古川名物「かつめし」をいただ
きます。
大きくてきれいな建物で高級料亭みたいなお店です。
「かつめし」は、当初かつとご飯を別々にお出ししていたのが、お客様がたくさんいらっしゃったのでお出
しするお皿がなくなり、かつとご飯を一緒のお皿に出したのが始まりです。
かつも牛かつがメインだそうです。
柔らかい牛肉とおいしく厳選されたお米とデミグラスソースが絶妙な味を醸し出します。
(味季料理りんどうさん、TEL079-424-8100 加古川市加古川町木材474-2)
images10_20150202
ゴールのMOGA Cafeさんに到着です。
マスターが前日よりご準備いただき、腕によりをかけたおぜんざいをいただきます。
厳選された大きい大納言あずきがよく炊き上がっています。
絶妙な甘さとちょうどよい温かさで幸せな気分になります。
Cafeに来られたサイクリストの方々と「ペダリングは、どうやったら早く楽に走れるのかを」談笑します。
みなさんやはり気になるようです。
こうしていろんな横のご縁を紡いでいくのもサイクリングという共通の楽しみがあるからですよね。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひみなさんもご一緒にいかがでしょうか!

岩湧山 897.7m MTBで登頂サイクリング

 ○参加人数        7名(うち女子0名、男子7名)
 ○開催日          2015年1月31日(土)
 ○集合時間・場所    9:00 滝畑ダム駐車場
 ○解散時間・場所    14:00滝畑ダム駐車場
 ○ルート            滝畑ダム駐車場~岩湧山山頂~滝畑ダム駐車場
 ○距離                 20km 
 ○重点項目          1月の大変寒い時期にMTBでサイクリングを楽しむ
images1_20150131                                   
本日は、いつもの体育会系女子のMCCレディースの参加は、残念ながら皆無です。
男性ばかり7名の参加となりました。(泣)
雪の岩湧山の山頂付近で暖かい食べ物とおぜんざい、食後のコーヒーを
楽しもうと心ウキウキ出発の準備です。各自分担の荷物を背負います。
恒例の体をあっためる準備体操と記念撮影の後岩湧山を目指します。
images2_20150131
空のところどころに青い空の晴れ間がのぞき、薄日が差します。
走り出しは、ウオームアップを兼ねて、ゆっくりと走ります。
併せて異音がしないか自転車の調子も観察します。
手袋を二重にし、防寒用の新聞紙も用意し、装備も万端です。
みんなでワイワイガヤガヤ言いながら、走ります。
静寂な森のなか、聞こえるのはせせらぎの音、滝の音、小鳥の鳴き声
と私たちの息使いだけです。
こうしてみんなで走ると楽しいですよね。
images3_20150131
途中凍り付いた路面にタイヤを取られて、滑ったり、ゆっくり転倒したり、楽しみながら登ります。
夫婦のMTBバイカーも私たちに追いつき、挨拶やお話をしながら走ります。
二人は、MTBと山が大変好きなようです。二人の息が合い、快調に走っています。
途中雪に遭遇しなかったので、がっかりしていたところ、天候が急変し、あっという間にあたり一面
白銀の世界に早変わりです。本当にびっくりします。やはり山は、さまざまな表情を見せてくれます。
やがて岩湧山の山頂です。
恒例の山頂での記念撮影です。周りは、吹雪でなにも見えません。
私たちは、まるで幽玄の世界のなかにいるようです。
images4_20150131
みんなでボルトのポーズをして、記念撮影です。
みなさん、雪のなかで犬のように大はしゃぎです。下界やまわりは、まったく何も見えません。
images5_20150131
滑らないように恐る恐る山頂より下ります。
凛とした空気の中で白い往く手に霧が立ち込め、清らかな雰囲気になります。
決してお金で買うことができないMTBサイクリングや登山ならではの大変贅沢な
静寂な時間です。
images6_20150131
積んできた荷物をおろし、全員でランチの準備です。
I井さんの登山用の本格的なストーブにも火を入れて、湯を沸かします。
M田さんもT田さんもチームワークで食事の準備を行います。
まずは、暖かいカップヌードルやカレーうどんをいただきます。
凍えていたので暖かい飲み物は、ほっとします。「あったかいんだから~(^^♪)」
H部さんが、幹事でご用意いただいたんですが、お箸が一つ足りません。
むかし何かの教科書でありましたね。ご自分の数を数えないで「一匹足りないブーブーブー(^^)」と
いうのを思い出します。(^^)
H木さんに木の枝でお箸を作っていただき、ランチをいただきます。「ワイルドだろう(^^)」
images7_20150131
ボーイスカウトのご経験があるH部さんに想像を絶するおぜんざいを作っていただきました。
お餅入りの本格的なおぜんざいです。うれしいですね。
食後のスイーツも豊かな気持ちになります。
一人当たり450円のランチですが、価格以上に価値のある山の中での贅沢なランチです。
また食後のブラックコーヒーも満腹後の癒しになり、至福のひとときを過ごすことができました。
images8_20150131
食後は、全員でお待ちかねのダウンヒルを楽しみます。
パウダースノウなので、非常にコントローラブルです。
思ったとおりのラインを楽しみながら、ザックザックとトレースします。
MTBならではの醍醐味ですね。
まるで白いスケッチブックにペンを走らせるように私たちの轍を残していきます。
images9_20150131
下りは、ブレーキングで手がかじかむので、休憩を入れて、手をほぐします。
こういう時は、やはりオイルディスクに分がありますね。
images10_20150131
一人では、億劫で決して行かない、みんなと一緒だから行ける厳冬のMTBサイクリング!
みんなと一緒だから楽しめる!一日たった450円で、お金では買えない贅沢!
こうして一緒に行ってくれる仲間に感謝です。
心身共にリフレッシュできた一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆さんもご一緒に楽しみませんか!(^^)