みんなで行こう!ニコニコサイクリング(そぶら山荘)

 ○参加人数        12名(うち女子0名、男子12名)
 ○開催日          2015年6月13日(土)
 ○集合時間・場所    10:00 JR東岸和田駅
 ○解散時間・場所    14:00 JR東岸和田駅
 ○重点項目          登坂時他のグループとの混走時の注意点について
 〇走行距離                41.62km(実走時間約2時間30分、アベ約16km/h)
 〇コース          JR東岸和田駅~愛彩ランド~牛滝~国際射撃場~塔之原~そぶら山荘
               
 images1_20150613                                  
梅雨の時期にも関わらず降水確率0%の快晴に恵まれ、本日のMCCメンバー12名が、JR
東岸和田駅に集合です。
今回女性の参加は、皆無です。(><)
残念ながら男性ばかりでは記念写真の位置取り合戦もありません。
準備体操の後東岸和田駅を出発です。
田植えが盛んに行われている長閑な岸和田の田舎道をウォームアップを兼ねて、ゆっくり
自転車を流します。
青い空、和泉葛城山の山々が視界にはいります。。
走行時気持ちの良い快速で私たちのそばを通り過ぎるツバメの歓迎を受けます。
風を切りながら進みます。「気分爽快」です。
 images2_20150613
織田信長が紀州侵攻の際、休憩時腰を掛けたといわれる腰掛岩のある神於山をバックに
愛彩ランドにて記念撮影です。
休憩時に他のグループと混走する場合の注意点をお伝えします。
内容は次のとおりです。
1.競技、サイクリング等々いろいろな目的で走りに来ているグループがいらっしゃいます。
2.目的地到着まで何があるかわからないので常に脚を残す走りをします。
3.まず抜かせてあげることが大切で、抜かれるときは挨拶をしましょう。
4.やむを得ず抜くときは、後ろの車に注意して、「右から行きます。」等声をかけて抜きます。
5.抜くときは、抜かれた人との接触を避ける為すれすれをぬかないようにします。(続く)
images3_20150613
6.車輪同士の接触で落車を避けるため、抜いた人の進路に急にはいりこまないようにします。
7.やむを得ず後方につく場合で知らない人やフラフラ走っている人の後ろについてはいけません。
やむを得ずつく場合は、「後ろにつきます。」等声をかけてついてください。

初級中級者のサイクリストに人気のある牛滝や塔之原は、サイクリストが盛んに訪れています。
まだサイクリングの経験が浅い人たちや感心しない走り方をするサイクリストもたくさん見かけます。
他のグループとの共存を図り、お互い交通ルールやマナーを守って、思いやりのあるサイクリングを楽しみましょう。
 

images4_20150613
牛滝、国際射撃場を経て塔之原に到着です。
和泉葛城山をバックに記念撮影です。
和泉葛城山への自転車でのおすすめの登山口も皆様に紹介します。
一度訪ねてみてくださいね。
チームコスミックのH田代表とM実さんやメンバーのみなさんに久しぶりの遭遇でご挨拶を交わします。
サイクルトレインの会議の件でMCCのY本会長とM船さんをご紹介もします。
サイクルトレインが実現すれば、サイクリングもより一層楽しいものになるでしょうね。(^^)
images5_20150613
お昼を我慢して、幾多の登坂をこなして、そぶら山荘で焼きたてパンのランチをいただきます。。
みなさん、さすがにのどが渇いて、ドリンクバーの飲み物を何杯もおかわりです。
皆さんでいただくランチは、サイクリング談義にも花が咲き楽しいものですね。
サイクリストもたくさん訪れている人気のランチスポットです。
ぜひ一度サイクリングの途中に訪れてくださいね。(^^)
images6_20150613
あとは、東岸和田駅までダウンヒルのお楽しみです。
ギヤをアウターギヤに入れて、自転車を安定させて、下ります。
MCCサイクリングで、長い下りでもインナーギヤに入れたままの人を見かけますが、臨機応変に
アウターギヤを有効に使用しましょう。
少し走りの要素も入れた走りごたえのある梅雨の晴れ間の楽しいサイクリングの一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!

バラの花につつまれて~浜寺公園へ~みちくさサイクリング

○開催日         2015年6月6日(土)

○参加者数        12名(女性4名、男性8名)

○集合場所・時間      堺市立中央図書館前広場   午前10時

○解散場所・時間      自転車博物館 駐輪場  午後3時30分

○ルート         自転車博物館⇒大鳥神社(菖蒲苑)⇒浜寺公園⇒(輪行実習)

                              ⇒浜寺公園駅舎⇒浜寺昭和町⇒自転車博物館
○距離            約20km

○本日の目標        安全な道を選んで・・・川沿いの道、交通量の少ない広い道を!

               輪行袋の使い方を知り、自転車と自分の技量に合った袋を。 

images1_20150606
梅雨入りがあって1週間、その中にやってきた好天、良い一日になりますように。

自転車のレベルが1,2の企画、スタート前の打ち合わせで、20km/時以上のスピードは出しません、道交法の見直しで自転車の行動に注目が集まっております、無理をしない、させない走行の実践を宣言。

大仙公園の緑が昨日からの雨で美しくキラキラと光る中を、JRの線路方面に向かってスタート。                                                                                                                                                                                                             

images3_20150606images2_20150606
みちくさサイクリング、気に入ったところがあれば少しぐらい遠回りしてでも、自転車の機動性を生かせばなんていうことは無い!そんな感覚で走り始めた。線路沿いに南下すると、右側に可愛いスポーツサイクルの店を発見、今日のメンバーでは多すぎて入るのは無理みたい、次の機会に寄ってやってください。 石津川沿いに進めば、大鳥神社が、6月の二日間だけ戸が開く菖蒲苑、それに出くわす運の強さ。(下見で確認)                                                
images4_20150606
和泉の国の一ノ宮、大鳥神社を後にして、次の目的地、浜寺公園は目の前に伸びる道路の突き当り。
images5_20150606images6_20150606 
日差しは強そうだが風は爽やか、どこでお昼をひろげても最高!大きなパラソルをひろげたテラス席のテーブルに総勢12名が陣取り、気分はリゾート。公園レストランのテラスは一気に華やかな空間に。
images8_20150606images7_20150606
バラ庭園のバラ花、6月に入ると秋のシーズンに向けての手入れが始まります。S部さんお家のバラの手入れが気になってか、係の人に質問攻め、花の直径が12cmにもなるバラの樹があって、それを移植したいらしい。秋まで待ちましょうで、一件落着。
images10_20150606images9_20150606
バラ庭園を楽しんだ後は、プールの西側道路から対岸にわたり水路沿いの直線道路で、自転車のご機嫌を見てみることに。まず輪行袋の仕様を選択する時は、自転車を輪行する時の吊り下げのイメージを考えてから。初心者のうちは、前輪を外した形で、輪行袋へ収納を考えた方がいいと、W田さんがつぶやく。次にN田さんが、車輪の軸ブレ(センター)についての点検方法を披露してくれました。ごっつう真剣になった眼差しが後車輪に集中。持ち主は怖いもの見た・・・くなくて後ずさり。珍しいスタイルの折り畳み自転車の披露や、シートポストの調整などがあり、いい経験ができました。ありがとうございます。
images11_20150606
カフェテラスでの昼食、バラ庭園の散策、自転車諸々チェックで時間を取り過ぎて、解散の予定時間が・・・ピンチです。浜寺公園駅舎の前で記念撮影、大阪市中央公会堂や東京駅とは親戚すじとか。国の登録有形文化財に指定されています。
images12_20150606images13_20150606
時間が無いというのは非常につらい。浜寺昭和町、由緒ある家屋が多く残っていたのですが、震災後は建て替えが進み、時間がもっとほしい。今回はチラッと見るだけで来た道を博物館まで走った。約束の時間を大幅に超過してしまった、皆さますみません。