みんなで行こう!プチサイクリング下見(忠岡漁港)

 ○参加人数        10名(うち女子1名、男子9名)
 ○開催日          2015年8月28日(金)
 ○集合時間・場所    10:00 南海本線泉大津駅
 ○解散時間・場所    14:00  南海本線泉大津駅
 ○重点項目          集合前や解散後のサイクリングを楽しみ、MCCで知り合いを増やす
 〇走行距離                20km
 〇コース             泉大津駅~楯並橋~忠岡神社~緑水園~忠岡新浜緑地~
                       レストランホルンさん~ケーキハウスリバージュさん~泉大津駅
               
               
                
                
               
images1_20150828                                   
本日は、知らない街を軽くポタリングし、ランチを楽しんで早めに解散というプチサイクリングの下見です。
集合場所までや解散場所からのサイクリングも個人あるいはグループで楽しんでもらうためにも企画しました。
幹事は、N川さん、H多さん、M宅さん(50音順)と雑用係のW田の4名です。
下見でなにも準備していませんが、集合前にM宅さんが、市役所で観光パンフレットをご用意くださいました。
今後のサイクリングにも使用できますのでありがたいですね。
また下見にも関わらず、参加人数が10名と通常のランと同じ規模になりました。賑やかでいいですね。
集合前にワイヤーや変速機やブレーキの注油方法の講習会を開催しました。
ワイヤーに塗るグリスも2種類ありますので選択方法をレクチャーします。
 images2_20150828
一同H多さんの振り付けで準備体操を行います。紅一点のS部さんは、勝手に振り付けを変更して体操しています。(><)
体操の後まず向かったのは楯並橋です。ここは源平伝説ゆかりの橋です。
源平合戦時平家の武将平忠度の子忠行が家の戸板を楯にこの橋で戦ったが、源氏に敗れて討ち死にしました。
悲しんだ地元の人々が丘を築き、埋葬し、「忠行の丘」と呼びました。それがのちに「忠岡」の地名となったとのことです。
また忠岡のお盆のお墓参りは、夜に灯篭を片手に家族で参る風習があるそうです。毎年8月13日の伝統行事として「墓店」といい、忠岡小学校から墓地まで夜店が並ぶそうです。
images3_20150828
次は、菅原道真公を主祭神とする忠岡神社に向かいます。
生い茂った木々が静かな雰囲気を醸し出してくれます。
木の根元に生えたキノコがさかんに胞子を放出していて、まるで煙がでているようでした。
植物の息吹を感じるひと時でした。
秋には、だんじり4台が宮入し、お祭りの雰囲気を味わえる見物スポットになっています。
images4_20150828
境内には、高浜虚子、高浜年尾、稲畑汀子の三大句碑があります。
虚子の作品は、堺市大浜にて詠まれ、あとの二人は忠岡の浜にて数百羽群れ飛んでいた千鳥と大津川の中州を思っての作品です。
また写真のご神木の「みいさん」は、金運が上昇するご利益のある木(宝くじの当たる木)ともいわれています。
images5_20150828
市民の憩いの場所である緑水園で小休止です。
お庭のような雰囲気です。
皆さん暑いので木陰で休憩します。
images6_20150828
忠岡新浜緑地の入り口があったので、「みんなで行こう!」ということになり、入りました。
思い付きでみんなで相談して行動できる下見ならではサイクリングのいい点ですね。
緑地の公園の池には、ハスの花とともに鯉やメダカが泳いでいました。
公園で休憩していると公園にいらした人から「もっと奥に行けば海が見えるよ!」とのアドバイスをいただき、さらに奥まで行くことにしました。
images7_20150828
奥まで行くと関空や淡路島、神戸の山々と大阪湾が見える絶景のポイントに到着です。
早速みんなで記念撮影です。
思わぬ景色に皆さん感動します。爽やかな海の景色はいいもんですね。
images8_20150828
本日のコースリーダーを務められたM宅さんと紅一点のS部さんです。
S部さんは、毎月のプチサイクリングが楽しみだと積極的にご参加いただいています。
M宅さんに調達していただいたパンフレットで見つけた洋食レストラン「ホルン」さんでランチです。
洋食30年のオーナーシェフが2週間煮込んだ特製デミグラスソースのハンバーグランチをいただきます。
柔らかくてジューシーですね。
images9_20150828
幹事のH多さん(中締めと掲示板アップ担当)、サイクル賑やか広場のお世話をいただいているN田さん、幹事のN川さん(最終締め担当)、メカに興味を持たれて、技術屋さんおK谷さん、初参加のS谷さん、たくさんの本を執筆されているD水さん、2回目ご参加のS村さん(再度ご参加うれしいですね。)、S部さん、M宅さんです。
雑用係のW田は、写真担当です。(^^)
images10_20150828
食後は、「ケーキハウスリバージュ」さんで別腹のサクサクとろーりのオランダシューをいただきます。
クッキー風味が特徴で口当たりなめらかでボリュームたっぷりです。「うまいですなぁ(^^)!」
こんな感じでぶっつけ本番でみんなで行きたいところを相談しながらのサイクリングでした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆さんもご一緒にいかがでしょうか!

ブドウ坂へ葡萄を食べに行こう!

○参加人数        9名(うち女子0名、男子9名)
 ○開催日          2015年8月23日(日)
 ○集合時間・場所    9:00 柏原市役所
 ○解散時間・場所    14:30 柏原市役所
 ○重点項目          上り坂をまっすぐに走る
 〇走行距離                43km
 〇コース            柏原市役所~石川サイクルライン~駒ケ谷~近つ飛鳥の里太子~
                        河内ワイン館~石川サイクルライン~ブドウ坂~信貴山のどか村~

                                                   トラの神社~柏原市役所
               
                
                
               

 images1_20150823                                  
本日は、中級から上級にステップアップしたい方を対象にここ界隈のサイクリストに有名なブドウ坂を上り、葡萄を食べに行こうという企画です。
今回クラブ員の参加は女子0名男子9名です。
全員でウォームアップの体操を行い、記念撮影の後石川サイクルラインを走ります。
石川サイクルラインは、たくさんの歩行者やサイクリストで賑わっています。
接触しないように走行時のマナーが要求されます。スピードにも要注意です。
歩行者には、お声をかけて自転車が通ることをご案内し、ラストのクラブ員は、後ろに自転車が続いていないことを確認し、最終であることを伝えます。
自転車同士であれば、抜くときは「右からいきます。」「これで最終です。」と声をかけます。
抜かれるときは、追い抜く自転車が入ったことをクラブ員に伝えます。
夏の青空のもとみんなで走る姿は、爽快です。
 images2_20150823
駒ヶ谷から河内ワイン館へ向かうロードを快走します。
あたり一面ブドウ畑です。
たわわに実った葡萄や眺める景色、広がる青空を眺め気分爽快です。
途中ブドウ農家直営の農園で葡萄を試食します。
プラムも置いていたので、みんなでいただきます。
さわやかな酸味と後味さっぱりした甘さで、プラムを堪能します。
「さすがに産地でいただく新鮮なプラムはうまいですなぁ(^^)」
こうしてみんなで産地の果物をいただくのもサイクリングの魅力の一つですね。
images3_20150823
農園では、マスカット、巨峰、ピオーネ等々いろいろな種類の葡萄が置かれています。
一目見ただけでは、葡萄の品種を当てることは、不可能なくらいです。
なかでも「ゴールドフィンガー」という細長い葡萄もありました。
これもまた美味でしたね。
images4_20150823
河内ワイン館に向かうグレープロードでも記念撮影です。きれいな道です。
背景のブドウ畑は、ワイン用だそうです。
河内ワイン館では、さまざまなワインが売られています。
皆様もお土産にいかがでしょうか?
images5_20150823
皆さん、思い思いのペースでブドウ坂を走ります。
それぞれ体調もありますので、無理をしない、心身にストレスをためないことが肝心です。
またペースの合う仲間とお話ししながら一緒に上るのもサイクリングならではの楽しいものです。
はるか遠くに大阪市内の素晴らしい景色が広がります。
マナーとして抜くときや抜かれるときは、お互い声をかけて、縦横の車間距離を保ちます。
また車と並走しますので、接触を避けるために、まっすぐ走るスキルが要求されます。
フラフラ走り、側溝に落ちないようにもしなければなりません。
両足や足裏に神経を集中し、左右にバランス良く力を分散します。
かかとの角度やペダリングにも気を配ります。
登って来た道やはるか下界になった町の景色を眺めます。
images6_20150823
坂の途中で女性サイクリストのFさんが小休止されてましたので、お声をかけます。
お伺いするとブドウ坂へ迷い込んだとのこと。
途中まで登ってきたので最後まで行くということで素晴らしい意気込みです。
バレエ、水泳等々さまざまなスポーツを経験し、姿勢がよく基礎体力がありそうです。
「やっぱり彼女はすごかった(^^)」
頂上の信貴山のどか村で、切り売りのメロンをいただいたのち、彼女を囲んでみんなで記念撮影です。
こういう出会いもサイクリングの楽しみですね。
images7_20150823
信貴山の茶店でヨモギそば等ランチを楽しみます。
久しぶりのご参加のY田さんと常連のK村さんです。
これからもMCCを積極的にご参加、企画をお願いしますね。(^^)
images8_20150823
途中で出会った紅一点のFさんをお誘いし、初参加のK田さん、峠越えが好きなT中さん、
新しくロードを買って楽しまれているN口さん、走ることも部品にもお金を注いでおられるI井さん、この界隈をよく走られているCHさん、それから今回幹事の快速オールラウンダーのH部さんです。
今回上級入門なのでトップを引いていただきました。
また来年MCCで鈴鹿のチームロードに出ようと意気込んでいます。
これからも皆さん、MCCに積極的にご参加くださってサイクリングを楽しんでいかれることを願っています。
images9_20150823
信貴山のトラのお寺で記念撮影です。迫力があります。
阪神タイガースファンの皆さんもよく通われているとか(^^)
CHさんが静かなブームであるダムカードを入手していただき、皆さんに配ります。
今回のサイクリングでもCHさんはじめみなさん率先して、幹事のアシストを務めていただき感謝いたします。
またMCCでも仲間ができ、連絡先を交換して、MCCランやプライベートランで盛り上がっていくことを願っています。
images10_20150823
奈良県の市街地をはるかに俯瞰して、記念撮影です。
幹事のH部さんが、斜面をよじ登り撮影していただきました。
さすがにドローンで撮影したような素晴らしい景色です。貴重な記念の一枚です。
渡るそよ風が心地よく、体をすり抜けます。
今回全員完走し、上級者の免許皆伝となりました。(^^)
これからもいろんな出会いやサイクリングを楽しんで行かれることを願っています。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

シニア・アダルト集団の輪行でGO!!ニコニコサイクリング

 ○参加人数        12名(うち女子0名、男子12名)
 ○開催日          2015年8月22日(土)
 ○集合時間・場所    9:00(シニア)10:00(アダルト)  JRきのくに線海南駅 
 ○解散時間・場所    14:30 JRきのくに線藤並駅
 ○重点項目          輪行後自転車を組み立てた後の点検方法
 〇走行距離                34km
 〇コース            JR海南駅~野上電鉄軌道跡~黒沢牧場~有田鉄道軌道跡~JR藤並駅
               
                
                
               
 images1_20150822                                  
すこし曇りの夏の朝、分解して電車に積んで来た自転車とともにJR海南駅に降り立ちます。(輪行といいます。)蒸し暑さと涼しさが交互に訪れます。
本日は、「輪行でGO!」と称して、シニアとアダルトの二班に分けて、野上電鉄軌道跡のサイクリング道路を走り、黒沢牧場の絶景を見て、旅心あふれるサイクリングを楽しもうという企画です。
いろんなサイクリングの楽しみ方がありますが、電車で輪行して、のんびり電車と自転車の旅を楽しむのも魅力の一つです。
行動半径が拡がり、サイクリングの楽しみも倍増です。
駅で分解してきた自転車を組み立てますが、ボトル等忘れ物はもとより以下の点に特に要注意です。
1、車輪がフレームにきちんとセットされているかどうか、変速機にダメージがないか
2、ブレーキのクイックレバーやブレーキシューが適正位置にあるかどうか
3、メーターやセンサーやライトがきちんとセットされているか
 images2_20150822
シニアの集合時間は午前9時で5名のご参加です。最高齢は74.5歳で若手は62歳です。
アダルトの集合時間は、午前10時で7名のご参加です。K田さんの誕生日をみんなでお祝いします。
準備体操の後ウオームアップを兼ねて、車の来ない野上電鉄軌道跡をゆっくり軽いギヤで流します。
のどかな軌道跡のサイクリング道路をみんなでゆっくり流します。
どの段階で自転車や用品の不調や体の不調がないかどうかも観ておくことが大切です。
入念なウォームアップを終了後巡航速度に入ります。
夏の日は、こまめに水分補給することが大切です。
images3_20150822
旅の魅力のひとつとして、みんなで記念碑をみて地元にゆかりのある方について見聞を広めるのも魅力の一つですね。
思わぬ出会いがあるかもしれません。
images4_20150822
郷愁あふれる昔懐かしい電車の絵を背景に記念撮影です。
懐かしい思いにしばし浸ります。
山を背景にきれいに描かれています。
お勧めのサイクリングコースなのでぜひお訪ねくださいね。
images5_20150822
皆さん、思い思いのペースで黒沢牧場への峠道を走ります。
みなさんそれぞれ体調もありますし、無理をしないことが肝心です。
またペースの合う仲間とお話ししながら一緒に上るのも楽しいものです。
MCCを通じてお友達ができたり、一緒にサイクリングを楽しみ仲間ができていくのはいいものですね。
木陰の道をじっくりマイペースで登ります。
登って来た道やはるか下界になった町の景色を眺めます。
牧場でシニアとアダルト合流後記念撮影です。
深い緑、白い雲、そよ風が心地よいです。秋の気配も感じます。
images6_20150822
峠を越えて、呼吸を整えて、タイヤやブレーキの点検をしてからダウンヒルを楽しみます。
ついついスピードを出しすぎて、皆さんからダウンヒルを楽しみ乍らゆっくり景色を観ることができなかったとのご指摘です。反省することしきりです。
ダウンヒルからの絶景もおすすめです。滝もあります。
N川さんからの情報でCafeでランチを楽しもうと電話予約したのですが、人数の許容範囲をオーバーした模様で予約できませんでした。N川さん、情報ありがとうございました。
サイクリングでは、コンビニでランチを購入するのが便利でしょうかね。
images7_20150822
思い思いのランチスタイルであちこちでサイクリング談義に花が咲きます。
青空のもとみんなでいただくランチは楽しいですね。
images8_20150822
MCC初参加のY地さんです。いろいろとお話しました。
これからもMCCにご参加くださってサイクリングを楽しんでいかれることを願っています。
images9_20150822
有田鉄道軌道跡の鉄道公園で記念撮影です。
昔懐かしい昭和の香りがする動態保存のディーゼルカーの試乗もできます。
他にジオラマや記念品、静態保存の蒸気機関車もあり、鉄道ファンにもおすすめの公園です。
鮎釣りのポイントとして有名な有田川の清流沿いに有田鉄道軌道跡のサイクリングロードを
快走します。みかん畑の中を走ります。みかんが色付く秋が楽しみです。
14時半ころに藤並駅に無事到着です。
解散後アフターサイクリングで海を見に行くグループ等々みんな思い思いに楽しみます。
仲間ができ、連絡先を交換して、MCCランやプライベートランで盛り上がっていくことを願っています。
images10_20150822
また輪行についても一般乗客の皆さんにご迷惑やひんしゅくを買うような行為は慎んでいただきたく思います。
家に帰るまでがサイクリングで、帰りの車中での酒盛りや飲酒は当然のことながらMCCではご法度です。
今では、サイクリストの皆さんが、当然のように輪行していますが、昔は競輪選手等限られた人たちだけに許された制度でした。
日本サイクリング協会の諸先輩方が、苦労を重ねて、鉄道会社に折衝してようやく認められた制度なのです。
どうかマナーをお守りいただき、サイクリングを楽しんで行かれることを願っています。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!

夏だ!緑のトンネルと水辺が最高!泉北みちくさサイクリング

 ○参加人数        5名(うち女子0名、男子5名)
 ○開催日          2015年8月16日(日)
 ○集合時間・場所     10:00  荒山公園・梅林苑 東部入口付近
 ○解散時間・場所    14:40   荒山公園・梅林苑 東部入口付近
 ○重点項目           アップダウンの多いコースを負担なく走り抜ける
 〇走行距離                 43km
 〇コース     荒山公園~泉北緑道~泉北堂~晴美台~鉢が峰~御池台~
            和田川沿い~赤坂台~新檜尾公園~光明池周回道~赤坂台~
                和田西~荒山公園
               
 images1_20150816
お盆が過ぎたとはいえ翌日の日曜日、まだまだお墓参りの車で交差点は詰まっている。
今回は泉北緑道を中心に和田川沿いから光明池までの信号のない道を選んだ。
東大阪から参加のU 田さん、羽曳野からのK原さんは自動車で現地入り、他の3名は地元の堺から、曇り空で今にも雨粒が落ちてきそうな中を自走で参加。
天も味方をしてくれた、快適なランができそうな予感が。
早速、本日の参加者名簿付きの地図を見てもらって、コースの説明。
日本の高度成長期に開発され成熟期に入った泉北NT、樹齢も50年を超える樹々が生い茂り四季を通じてサイクリングを楽しめる自転車の聖地です。
 images2_20150816
荒山公園から緑滴る緑道に入り、本日のお昼を泉北堂、種類が多くできたてのパンを提供してくれる中々の人気店、で各々選びます。
堺市が力を入れ始めた自転車レーンを走り再び緑道に戻る。
晴美公園を通過中に出会ったシニアの2人ずれ、富田林の川西からきて、この緑道を1万歩を歩くのが日課。
泉北の緑は素晴らしいとべた褒め、5人そろいのところをパチリと、いい出会いに感謝。
images3_20150816
暑い中を走り続けるのは大変なので、途中にチェーンのメンテを入れ走り心地が一気に改善されるのを体感していただきたいと、予定していたのですが、本日の参加者には釈迦に説法と取りやめにいたしました。
案の定、地元参加のN川さん、彼のチェーンとスプロケットの美しいこと!!
分解洗浄済みとか、もうプロの領域です。他の参加者も同様に美しいものでした。
images4_20150816
緑陰の中から一気に太陽の下に、とはいえ地面には影が見えない。
いい調子で妙見さんの急坂を駆け上がった後は、鉢が峯を渡る風が体を癒してくれる。
images5_20150816
栂地区の南の果ては、緑の魔境、探検をするには年を取りすぎたおのこたち、いやおきな?おとなしくUターンをして和田川への道へ下っていく。
images6_20150816images7_20150816
和田川沿いの道に入ると目につくのが、大きな屋敷林。
昨年の春に取り壊された美木多上の和田邸のものです。
樹齢が300年もあろうかと思われる、クスノキ、ケヤキ、ムクノキが残されている。
石津川合流地点へ4.8kmの標識、赤坂台近くの和田川堤防にて。
このような標識が設置されているのでありがたい、ここは舗装もきき車もほとんど入ってこないので、、サイクルラインに指定してもらえば自転車で泉北に入るルートとしては素晴らしいものになりそうだが、赤坂台から石津川合流地点までの整備が課題、ぜひ昔の堺らしい景色を周りに残している美しく愉しいサイクルラインに。
images8_20150816images9_20150816
舗装が途切れる和田川を後にして、光明池地区・赤坂台から再び緑道へ。
緩急の長いのぼりが続く緑道、体への負荷をあまり変化させないシフトを選んでいく。
広々とした開放的な新檜尾公園でお昼の休憩。
泉北堂で仕入れたお好みのパンをいただく。
話はもっぱら、自転車の改造の苦労話だ、自転車に乗るには筋力も大事だがきX力はもっと大事だという感じだ。
車体を1gでも軽くするため、少しでも楽に走れ、登坂できるにはどうしたらいいのか、改造への努力を惜しまない姿勢があふれていた。
images10_20150816images11_20150816
光明池を周回し大橋を抜けたところに、緑濃いカンナの大きな塊が、今は珍しくて南洋の雰囲気を持つ花に誘われ、ついちみちくさをしてみたくなった。
落ちていたスカーレット色の花を胸に、頭にさして大はしゃぎ。
表通りに出ると、広い歩道がまっすぐに駅に続く、そこを徐行しながら走る。
images12_20150816images13_20150816
荒山公園の駐車場に車を置いてあるので、出発地点まで戻ることに。
最後の公園内の登りもうまくクリアして、本日の走行距離は43km、よく無事に走りました。
時に降りかかるミストのような雨、走りやすくいろいろと手の入った愛車と日頃のトレーニングの賜物です。
足元の猫ちゃんは、夏バテか大接近しても少しも動きません。
われらシニア・サイクリストは、次のサイクリングのための情報交換(11/7・8しまなみ海道サイクリング・行きましょう!)と、かき氷を求めて下界へ。
・・・次回のみちくさサイクリングは秋の泉北緑道、紅葉が最高。MCCの皆さんご一緒に走りましょう!!・・・≪yama≫

和歌山県紀の川サイクリング

 ○参加人数        6名(うち女子1名、男子5名)
 ○開催日          2015年8月3日(月)
 ○集合時間・場所    9:00  南海本線岬公園駅
 ○解散時間・場所    16:00 桃山町桃源郷
 ○重点項目          真夏のサイクリングに慣熟する
 〇走行距離                60km
 〇コース     南海本線岬公園駅~長松海岸~大川峠~加太海岸~
                  磯ノ浦海岸~和歌山ラーメン京橋幸太郎~松下幸之助翁生誕の地~桃源郷
                
               
 images1_20150803                                  
真夏の暑い一日の始まりです。南海本線岬公園駅で記念撮影をします。
本日は、和歌山市京橋幸太郎さんの和歌山ラーメン(幸太郎ラーメン)と想像を絶するサバずしをいただいてから、桃山町の桃源郷まで走り、旬の桃をいただこうという企画です。
また美しい海岸線やビーチの光景を楽しみながら真夏のサイクリングも楽しみます。
参加者は、T田さん、T川さん、N下さん、H部さん、H多さん、W田の合計6名です。(50音順)
まずは、ウォームアップを兼ねて、ゆっくり長松海岸を流します。
日本書紀にも記載のあるきれいな海岸です。
サイクリストにもお勧めの海岸なのでぜひお訪ねくださいね。(^^)
 images2_20150803
ウォームアップも完了し、巡航速度に乗って、海岸沿いの道を快走します。
磯の香りと浜風が心地よく私たちを通り過ぎます。
青い空!白い雲!関空に離発着する航空機!遠くに淡路島!行き交う船と海!
気分爽快です。
木陰の大川峠をみんな思い思いのペースで走ります。
ムシムシ登っているとすぐに峠に到着です。
皆さん、車も来ないので、お話ししながらワイワイと登っていきました。
images3_20150803
本日、H多さんは、秘密兵器と称してリヤのローギヤのスプロケットに32Tをつけてきたそうです。
ワイドギヤのメリットは、勾配のきつい坂道で対応しやすいですね。
特に今回のH多さんは大川峠の勾配に対して楽に登られていたので満足です。(^^)
デメリットは、ワイドレンジで各ギヤの落差が大きいので間のギヤが使いにくく、こまめな勾配に
対応しにくい点です。
いろいろ試行錯誤しながら、サイクリングを楽しまれていくことを願っています。
images4_20150803
大川峠のダウンヒルも束の間、加太海岸に到着です。
早速記念撮影です。今回、T田さん、H部さん、サポートカーの運転おつかれさまです。
真夏を感じさせる海岸は、いいですね。
夏の海岸通りをサイクリング!太陽に焼かれて風に吹かれて気分上々!
images5_20150803
全員で記念撮影ですが、ここでH部さんが、ボトルの水を噴水状態にしてみんなにかけます。
冷たい水でなく暖かい水なので、ありがたいのかどうなのか複雑な気分です。(^^)
images6_20150803
今回の紅一点のいつも元気で明るいT川さんと黄色の服装の最高年齢のH多さんです。
お忍びで幹事のW田と3人で記念撮影です。
お二人ともMCCの行事に積極的にご参加くださっています。うれしいですね。
こうして年齢に関係なくみんなで楽しめるサイクリングは、素晴らしいスポーツですね。
images7_20150803
サーファーの皆さんで賑わう磯ノ浦海岸にも立ち寄ります。
サーファーの若いカップルを拝見すると、もう一度若いころに戻りたい気分になりますね。
「この恋感じて君と二人で夏を抱きしめて駆け抜けたい何処までも~♪」TUBE「夏を抱きしめて」
より抜粋
images8_20150803
新日鉄住友金属沿いの河西緑道を走り、和歌山市に入ります。
本日のお楽しみの和歌山市京橋幸太郎さんの和歌山ラーメン(幸太郎ラーメン)と想像を絶するサバずしを味わいます。
もと割烹料理人の大将のラーメンのスープも格別です。
真夏には、塩分補給にもなり、無心にスープを味わいます。
生で味わえるサバずしも脂がのって、文字通り想像を絶するサバずしでした。
竹のお皿に乗せて、出してくれるのも風流ですね。
壁には、大将が描いた墨絵も飾られています。多才ですね。
images9_20150803
松下幸之助翁の生家跡地にて記念撮影です。
公園になっていて、休憩するにはいいポイントですね。
この日は、暑かったので記念撮影もそこそこにコンビニを目指します。
コンビニで休憩する際は、日陰のあるコンビニを探して休憩することをお勧めしますね。
images10_20150803
桃山町桃源郷でH部さんお知り合いの桃農家で旬の桃をいただきます。
十分に熟していた桃をみんなで堪能しました。幸せですね。(^^)
暑い一日でしたが、コンビニで休憩したり、神社で水を頂戴して、ジャージにかけたりして、
みんなで60kmを走り切りました。
この場をお借りしまして和歌山県伊都振興局のM田さんからの紀の川サイクリング情報のご紹介をさせていただきます。
紀の川沿いのかつらぎ町天野方面には、丹生都比売神社や「Cafeうららさん」や蕎麦屋さんの「あまの凡愚さん」もあるそうです。
サイクリングに行かれたらぜひお立ち寄りくださいね。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!