新春チャレンジ!堺市一周ぐるっと88kmラン

○参加人数        11名(うち女子2名、男子9名)
○開催日          2016年1月15日(金)
○集合時間・場所    9:00  自転車博物館上側広場                                                                     ○解散時間・場所    16:00 同上
○ルート           自転車博物館~大和川~浜寺公園~和田川~光明池
                                       ~鉢ケ峯公園~岩室~北野田~舟戸池公園~西除川
                                                      ~大和川~自転車博物館                                                 ○距離               およそ88km
○重点項目        新春走り初め『八十八』kmラン
images1_20160115                                    
今日は天気も良く、9時には全員集合。
いつものように自己紹介・コース説明があり、そのあと長丁場の為のしっかりした準備体操をしました。
今回新車2台もあり、また他の方の愛車もよく見ると少しずつ『どこか』が替わっていますね!・・・そしてメンテナンスもバッチリです。
仁徳陵古墳前での集合写真は観光バスガイドさんに撮って頂きました。
images2_20160115                  
大和川沿いを走って、J-グリーンを過ぎたところでサプライズです。
この界隈の元新日鉄にお勤めだった方がおられ、その歴史や溶鉱炉のご説明がありました。
写真の炉は「転炉溶鋼鍋」と言って一度に180トンの溶けた鉄を運ぶことが出来るそうです。
また一帯の入り江は新日鉄向けの鉄鉱石を積んだ船が着く港で、浚渫も繰り返し行われたとか。
images3_20160115
昼食は光明池駅近くのショッピングセンターのお店で温かいうどんやスパゲティーなど頂き、お腹をいっぱいにし体も温まりました。
午後は40kmほどを残していますので集合写真のあと早々にスタート。
空もカラッと晴れており、はりきって上着を一枚脱ぎました。
images4_20160115
途中、御池公園で自宅がお近くということで一名の方と分かれました。
その後ハーベストの丘で小休止をしている時、「サイクルメーターのセンサーが動いて困る」との話が出て早速修理です。
助っ人の男性は何と「結束バンド・ハサミ・カッター・プライヤー・両面テープ等々」持参されており、テキパキと完了しました。すご~い!
images5_20160115
その後鉢ケ峯周辺から晴美台あたりまでアップダウンの繰り返しがあり、少々汗ばみながらやっと岩室まで到着。
あとは下りばかりで北野田経由、舟戸池公園まで走りました。
最後の休憩地点で集合写真(みなさん笑顔笑顔)。
足も軽快に回り、西除川沿いの道を大和川との合流点まで走り、浅香経由で自転車博物館に16時過ぎに全員無事帰着(実走80km強)。・・・今回の報告にはいつものスイーツや食事の写真が無かったですね!(記:M船)

京都 都七福神 招福・息災 サイクリング

○参加人数        11名(うち女子3名、男子8名)
○開催日          2016年 1月 11日(月・祝)
○集合時間・場所    10:00 京阪京都線 出町柳駅
○解散時間・場所    17:10 京阪宇治線 黄檗駅
○ルート            出町柳駅~妙円寺・大黒天~赤山禅院・福禄寿~
                                行願寺革堂・寿老人~恵比寿神社・ゑびす神~
                                    六波羅蜜時・弁財天~東寺・毘沙門天~萬福寺・布袋尊
○距離                  約48km
○重点項目     年始の走り初めも兼ねて車の走行が少ない道を楽しくサイクリングする。             
images1_20160111                                    
京都の「都七福神まいり」は、室町時代に始まり日本で最も古いと言われています。
「都七福神めぐり」はいろいろな周り方がありますが、出来るだけ車の走行が少なく自転車で気持ちよく走れる道を選び、北から南へ周っていくルートで回りました。
橋の上から見ることが多い鴨川を、各大橋や東海道線までも、その下をくぐって、「哲学の道」を通り「インクライン」や龍馬の史跡「寺田屋」にも寄り、ランチは寒い時期なので、京大の学食で人気の「総長カレー」などをいただき、食後の暖かいコーヒーでHOT出来る様なサイクリングの 始まり~ 始まり~
images2_20160111
当日の天気予報は寒くて曇りの予報でしたが、皆様の日ごろの行いが良かったので晴れた空の下、出町柳駅から高野川沿いの遊歩道を走り、五山の送り火の「妙法」山の麓に位置する松ヶ崎大黒天に向けて元気よく出発です。
境内へ入る直前の急登に、H岡さんやH江さんが歩き、スプリンターM崎さんまで歩きに参戦し、何とか坂に気合を入れられて「妙円寺」の境内に。
七福神めぐりツアーのガイドさんに案内された団体さんや家族連れで賑わっており、「撫で大黒」様のご利益にあやかろうと、美しく輝くほどあちこち撫でまわして、次の神様が待つ修学院方面へと進みます。
images3_20160111
2番目の福神様は修学院離宮に隣接した所に位置する「赤山禅院の福禄寿」様です。
ここの拝殿の屋根にはカゴに入った猿が乗せてあり、御所の鬼門に当たる「猿が辻」の猿と向き合い、都に邪鬼が入らぬよう見張りをしていると云われています。
境内の順路にある念珠をくぐり抜けて、奥に祭られている福禄寿様に行きますが、その横には焼き物の七福神が並んでお出迎えして歓迎してくださいます。
誰ですか?  ここの七福神にお参りしたらあとは回らなくてもいいと言っているのは!

ここが今回のルートの最高地点という事で皆さんの足取りは軽くなります。
ここからは「哲学の道」を通って琵琶湖疏水のインクライン「水路閣」へGO!

images4_20160111
街中の喧騒が無い「哲学の道」は歩くのが一番風情を感じられるのですが、今回は自転車なので歩行者を避けながら石畳の歩道も避けて通っていきます。
「哲学の道」からもう少し走り、「永観堂」の前を通ったら「南禅寺」までは直に着きます。
ここがミステリードラマにも出てくるインクライン「水路閣」のある所です。
レンガ橋の様な上が水路になっているのを皆さん興味を持たれたので、水路が見えるところまで急坂を上がって見学。
更にインクラインに皆さん興味が湧いてきて「琵琶湖疏水記念館」へ予定外の寄り道をして学習。少し予定より時間が遅れてきたので三番目の福神様へと進みましょう。
images5_20160111
「平安神宮」の前を通っていくのですが、この日はなぜか道路が車の大渋滞。
歩道を人混みを避けて進んで行くとその理由が分かりました。
「京都市勧業館」で行われていた成人式が終わった様で、華やかな新成人を送迎する車の大渋滞でした。 想い起こすと若かりし頃の成人式は厳かで、こんなにも艶やかではなかったなー。
そんなこんなで更に予定時間より遅れて着いた3番目の福神様は、御所の南に位置する「革堂行願寺の寿老人」様です。
寿老人様の横には最初の画像に映っている石像の七福神が並んで歓迎していただいてます。

先ほどから”もうお腹がすいて力が出ない”の声も聞こえるのでランチに京大へと向かいます。

images6_20160111
鴨川沿いに志賀越道を走り本日のランチ処、京大の学食「カンフォーラ」に到着です。
駐輪場も広く自転車も安全に停めやすい最高のロケーションで助かります。
ここは日によって来客が多くてグループでは席の確保に苦労する時がありますが、今回は予約しておいたように続きテーブルで席を確保できました。 
温かな総長カレーや日替わりランチを食べた後は、楽しくおしゃべりと食後のコーヒータイムです。

少~し長居し過ぎて気が付けば更に予定時間より遅れ気味。・・・冷や汗

images7_20160111
おいしい食事を食べた後出発前に、時計台と京大のシンボル樹木である楠の木(カンフォーラ)が右手のバックにに見えるようにワンショット。
さあ4番目の福神様の「京都恵比寿神社のゑびす」様へと向かいましょう。
しかし今日は十一日、よく考えたら十日えびすの残り福の日。
やはり恵比寿神社参拝道も車通行止めで歩行者専用道になっており、何とか出店の横に自転車は停められたが境内は人人人。
写真も撮ってられないほど混雑している状況でした。

早々に5番目の福神様へと行きましょう。

images8_20160111 
5番目の福神様は恵比寿神社の近くに位置する「六波羅蜜寺の弁財天」様です。
銅像の大きな弁財天様が目立ちますが、本来の弁財天様はお堂の中におられます。
銅像の横に円盤型の石を回して願掛けする「一願石」があり、K谷さんが着帽のまま祈願したことに気付き、順番を並び直して再度祈願し直す信仰心の篤さに、こちらの方が脱帽です。
またここは縁結びの神様がおられるので、よからぬ人との出会いを求めU田さんがお札を購入? 安心してください、可愛い娘さんを思って!なので優しいお父さんでした。

ここから再び鴨川沿いを東海道線を過ぎたところまで南下して、6番目の福神様へ行きます。

 images9_20160111
弘法さんや五重の塔で有名な「東寺」に6番目の福神様「毘沙門天」様がおられます。
毎月21日は東寺の弘法さんの日で、前後3日間はここの広い境内に所狭しと屋台店が並び、多くの人で賑わいます。
今後「七福神めぐり」をする日は、恵比寿神社は十日えびすを避け、東寺は二十一日の弘法さんを避けた日を選ぶ方が良いと学習できました。

それでは最後の福神様へお参りに、今回の最長区間である宇治まで走りましょう。
ルートは桂川自転車道を走り伏見へ、伏見の「寺田屋」の前を通り宇治川自転車道を走って行きます。

images10_20160111
史跡「寺田屋」に着いた時間は予定より1時間強遅れており、「寺田屋」は閉館してました。
「黄檗山萬福寺」も閉門になっては困るので気持ちは先を急いで走ります。・・・冷や汗
「萬福寺」の三門を通り予定通り7番目の福神様の「布袋尊」に祈願をしてから、境内を順に、木魚の起源や中国式の寺社を拝観して、全ての七福神様への祈願めぐりは終了しました。
これで今回ブレーキワイヤーが切断したり、リアディレーラートラブルになってしまった、T田さんにも福があると思います。

その後解散して「招福・息災 サイクリング」は無事に、 お仕舞い~ お仕舞い~。

海鮮BBQとワイワイがやがやサイクリング

 ○参加人数        12名(うち女子2名、男子10名)
 ○開催日         平成27年12月29日(火)
 ○集合時間・場所    10:00  りんくうタウン駅前ロータリー
 ○解散時間・場所    15:30   りんくうタウンBBQ会場
 ○重点項目          年末の忙しい時期にみんなでBBQを楽しむ!
 〇走行距離                20km  
 〇コース       りんくうタウン駅~田尻漁港~スーパー~泉佐野漁港~りんくう公園
 〇費用          1,500円/人
               
               
               
                
                
               
images1_20151229                                   
本日のMCCランは、年末の忙しい時期に年越しBBQを寒さに震えながら行い、冬のサイクリングに備えようとの企画で行いました。
お集まりいただいたのは、女性は、H谷さんとH岡さんの2名、男性10名の皆さんです。
本日は、女性サイクリストのご参加もいただきうれしい限りです。
まずは、恒例のM宅さんの振り付けで準備体操です。
冬場に加えて私も含めて年齢の関係上固まった体をほぐすため特に念入りに準備体操を行います。
ようやく体も暖かくなりました。
りんくうタウン駅を出発し、関西国際空港を対岸に眺めて、ゆっくり自転車を流します。
橋の上から南の方に友が島水道も見えます。
青い空と白い雲で思わずご機嫌になります。
images2_20151229 
こうして関西国際空港や大阪湾を眺めながら、地元の漁港めぐりをします。
正月には、漁船の大漁旗が色とりどりに飾られて、心地よい港の風景となることでしょう。
途中行き止まり等に見舞われながらみんなでゆっくりのんびりと流します。
思わず鼻歌がもれてきそうです。
やはり海を眺めて走るのは楽しいもんですね。
途中のスーパーマーケットでみんなで買い物をするのも楽しいもんです。
泉佐野漁港で魚介類を購入です。
みんなあれやこれやでおお騒ぎです。
images3_20151229
買い物を済ませてから、りんくう公園のBBQ会場に向かいます。
設営、食材のセット、会計等分担しながら、みんなで協力しながら準備します。
途中で炭が足りなくなり、調達にも行きます。
こういうハプニングも楽しい思い出になります。
あれやこれやしているうちに料理が焼けあがり、皆さん食事タイムです。
ノンアルコールビールで乾杯です。
images4_20151229
イカや大エビ、サザエ、ブリの焼き物オンパレードです。
ついでにニンニクも焼きます。ニンニクは女性も含めて、皆さんに人気がありました。
わたしは、明日仕事なので我慢です。(><)
ここでH多さんからニンニクの効用についてのお話です。
MCCにいれば皆さんからいろんなお話が聞けます。
ニンニクは、自律神経に作用し、正常化を助ける働きがあるそうです。
にんにくの成分のアリシンは神経線維そのものに働きかける特徴があります。
ストレスにより興奮、緊張した神経を落ち着かせる効果があります。
また反対に神経が弛緩して停滞しているへこんでいる場合にも活性化して正常な状態にもり返す作用があります。
images5_20151229
さらに神経ビタミンと言われるビタミンB1やイライラを鎮めるカルシウムなども豊富で末梢神経の正常化への相乗効果もあります。
こうして食生活の中にニンニクを上手に取り入れれば不眠、不安、イライラ、欲求不満などの解消に大いに役立つとのことです。
H多さん、貴重なお話しありがとうございます。
それからN下さんがいつも料理長を買っていただき、腕を振るっていただきます。
みなさんもそれぞれお手伝いくださいます。
さざえやエビの焼ける香ばしい香りがしてきます。イカも旨いですね。
今回は、野菜にも重点を置き、シイタケやキャベツモヤシ、長ネギ等々盛りだくさんです。
images6_20151229
野菜の焼き物も旨いもんですね。(^^)
おかげさまでバランスよく、ランチを楽しめました。
恒例の芝エビの焼きそばもカルシウムたっぷりで格別です。
ブリの焼いたのも格別です。
ほくほくの身がたまらないですね。
images7_20151229
H谷さんもブランクを経て、ようやくMCCにもご参加くださいました。
サザエも元気よくいただいています。
みんなと元気に走れてよかったですね。(^^)
images8_20151229
H谷さん、H岡さん、幹事のH部さんです。
皆さん、楽しそうです。
食後デザートとコーヒーをいただきました。
images9_20151229
みんなで残り火で暖を取りながら、お話しするのも冬のBBQの楽しみのひとつですね。
今回H部さんは、BBQの装備の準備や伴走や買い物に徹して、BBQのアシストをしていただきました。
Y本会長やT田さんも幹事を買ってくれました。
H部さんはじめ幹事とご参加の皆様のご協力がなければ今回のBBQは成功しなかったと思います。
こうしてみなさんで同じ釜の飯をいただくことに意味があり、楽しいもんですね。
みなさん、これからもMCCでぜひ楽しんで行ってくださいね。(^^)
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images10_20151229

みんなで行こうニコニコサイクリング(冬場のLSD)

 ○参加人数         10名(うち女子1名、男子9名)
 ○開催日           平成27年12月26日(土)
 ○集合時間・場所      9:00  大阪柏原市役所
 ○解散時間・場所      15:30  大阪柏原市役所
 ○重点項目            冬場のLSDトレーニングを体感する。
 〇走行距離                  65km  
 〇実走時間                 3:35’
 〇平均速度                 18km/h
 〇コース           大阪柏原市役所~竜田の関~王寺~大和郡山~西ノ京~ 奈良市の高畑まんま亭(往復)
               
               
               
                
                
               
images1_20151226                                   
本日のMCCランは、上級入門のサイクリングで冬場のLSDトレーニングを体感しようとの企画です。
併せまして、サイクリストなら一度は訪ねてみたいサイクリストのオアシスの高畑まんま亭さんへカレーライスをみんなでいただきに行こうとの企画です。
本日は、女性サイクリストHおかさんのご参加と男性9名の合計10名でのサイクリングです。
まずは、M宅さんの掛け声で柔軟体操です。
冬場は、これをみっちり行い、ケガの防止や固くなった筋肉や関節をほぐし、ウォームアップをする必要があります。
身体を動かすうちに関節と筋肉がほぐれていくのを感じます。
おかげさまで体も暖かくなりました。
 images2_20151226
道中道を横断しているクレーチングの隙間にタイヤを落とし込みチューブがリムの底を打つ、リムうちパンクです。
クレーチングの隙間がなかなか、見分けにくい場面もあります。
スピードが出ていて隙間が広く深いと重大な怪我を招く恐れもありますので要注意です。
ロードバイクの細いタイヤでは、特に隙間にはまりやすいです。
路面をよく見て、走行ラインを面でなく、線で描き、滑らかに辿っていくテクニックが必要とされます。
みなさん、体感し、いい勉強になりました。
リムうちパンクは、別名スネークバイトと言い、蛇に咬まれた後みたいにハの字にパンクの穴が開きます。別名ハの字パンクとも言います。
穴の開いた箇所が、リムの底に貫通していなければそのまま修理できますが、リムの底までパンク箇所があると修理不能なケースもあります。
images3_20151226
ウォームアップを兼ねて、年末の交通量の多い国道25号線を避けて竜田街道を抜けます。
ごく軽い登りがありますが、上級入門の皆さんは、全然問題なく、峠八幡神社に到着です。
江戸時代の亀瀬越奈良街道と光徳寺に通じる道が分岐するところにあります。
古い街道の佇まいを感じるお気に入りの場所です。
旅サイクリングの情緒が味わえますね。
ザクロの木の下に立つ辻堂には、石造りの地蔵菩薩坐像が安置されています。
鎌倉時代末から室町時代初めの座像と言われています。
延命地蔵として今でも広く信仰されています。
旅人として花を祠に手向けて、お祈りしてみたい気分になります。
images4_20151226
龍田の関所跡に鎮座する「関の地蔵さん」で記念撮影と小休止です。
天武天皇在位の時代(673~686)の大和を中心に東国へは不破の関(岐阜)、中国へは吉備の関(岡山)、山陰へは石見の関(島根)、難波へは龍田の関(奈良)が設けられました。
これが日本四関と言われています。
龍田の関跡を残す貴重な資料です。
いにしえ人もミナミやキタに飲みに行くときは、この関所を越えていったものでした。(ほんまかいな?)
龍田越えを詠んだ聖徳太子の万葉歌を披露いたします。(旧一万円札で活躍しただけではございません。歌も詠みます。)
「家ならば妹が手まかむ草枕 旅にこやせるこの旅人あはれ」
意味は、分かりません。(><)
images5_20151226
川沿いの交通量の少ない道を平地時速25km/hをMAXに皆さんを一定ペースでリーディングしているうちに奈良市高畑町にある「高畑まんま亭」さんに到着です。
たくさんのサイクリストたちが、休憩やランチに立ち寄る有名スポットです。
ボリュームたっぷりでスパイスが効いたカレーライスと柔らかいビーフやチキン、まんまママさんお手製の絶品のハンバーグや玉子が選べます。
甘党の方には、食後のぜんざいもあります。
次はハンバーグカレーとぜんざいをいただこうと目論んでいます。(^^)
まんまマスターさんやまんまママさんやスタッフの皆さんがいつも暖かく迎えてくれます。
ラジオのDJもされていて、掛け合いが大変面白いとのことです。(ユーチューブでもみられるみたいです)
(高畑まんま亭さん、TEL0742-24-3641 ホームページもありますのでご参考に!)
images6_20151226
ボリュームたっぷりカレーライスとまんまマスターさんとまんまママさんの写真もご披露しておきます。
きれいに撮れていますね。
店内には有名選手のサイクルジャージが飾られています。

ここでコラムをお借りしてLSDトレーニングの説明です。(サイクリングにも大切かと思います。)

1.概要 
LSD(LONG SLOW DISATANCE)は、ドイツのお医者さんのエルンストファンアーケンさんが唱えたトレーニングです。サイクリングで一番よく使う筋肉の遅筋(有酸素運動の担当)を最大限動かし続けるトレーニングです。

2.目的 
サイクリングに有効な有酸素摂取量と最大酸素摂取量を増やすことにあります。

3.方法 
心拍可動域の60~75%の強度で最低1時間以上続けます。
理想は6~8時間で長ければ長いほど効果が高いそうです。
お時間がたっぷりおありの方はぜひ(^^)
心拍は120を絶対越えてはならず、110前後でお話ができる強度がよいとされています。
ケイデンスは、90回転くらいで力まないペダリングがよしとされています。
要は、無酸素領域担当の筋肉である速筋が、活動する手前の負荷で動かすことが大切です。

images7_20151226
4.効果
(1)筋肉中の酸素を運ぶ毛細血管を増やすことで酸素の摂取量が増える。
(2)エネルギーを発生させる筋肉中のミトコンドリア内のリパーゼを増やし、筋肉中の脂肪酸をエネルギーに変える代謝機能が向上します。
(3)乳酸処理の酵素の増加とヘモグロビンがCO2を排出させる働きを強め、疲労の回復を促進します。
images8_20151226
5.注意点
(1)LSDだけでは、強くなれません。H部さんのようによくトレーニングを積んだ人には効果が薄いといわれています。 LSDとヘロヘロになるようないろんなトレーニングを組み合わせて、バランスよくトレーニングすることが大切です。私は遠慮しておきます。(笑)
(2)LSDがSSD(SHORT SLOW DISATANCE)にならないようにしなければなりません。こうしてサイクリストの体は、冬に一人で向かい風に吹かれて、変化の多いコースを長時間のることによりLSDの効果がでて、柔らかい弾性のある筋肉に変わっていくことでしょう!
知識だけでなく、ぜひサイクリングにも一度でも有効利用してくださいませ。
images9_20151226
まんま亭さんで記念写真を撮っていただいたのち、みんなで復路を走ります。
往路は、平地25km/hでしたが、向かい風と集団の状況を見て、23km/hで巡航します。
2km/h違うと体感的にもかなり違うのを体験しました。
サイクルコンピューターは有効ですね。
ただしメーターは、基本、走行中みないようにされてくださいね。
慣れたサイクリストでもチラ見ですぐに前方を注視してくださいませ。
じっとメーターを見ていて、ポールや段差に落ちて、落車やケガのないようにくれぐれもお願いします。
それからN川さんが、本日のコースを、ルートラボに登録していただきました。
お一人やグループで行かれるときにぜひご活用くださいね。
LSDとカレーライスで楽しんだ冬の一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images10_20151226