みんなで行こう!快走サイクリング(白崎海岸)

○参加人数        5名(うち女子1名、男子4名)
○開催日         平成28年5月16日(月)
○集合時間・場所    10:00  JR紀勢本線箕島駅
○解散時間・場所    15:30   箕島高校グランド前
○ルート          箕島駅~湯浅町~白崎海岸(白崎海洋公園)~湯浅~箕島高校                 グランド前
○距離                    55km
○重点項目       雨中の快走サイクリングを体験する。
images1-20160516                                 
本日は、風光明媚な海岸線を縫って、海を横目に見て快走しようという上級者向けの企画です。 天気予報によりますと午前20%午後80%で午後から寒冷前線が通過し、強風・雨・落雷の恐れが あるという予報でした。いつものMCCランなら中止にして、当日前夜や当日を有意義にすごして いただくのですが、なにせパートナーリーダーが「その筋」では有名な雨まったく関係なしの分野のご出身 なので、集合地点に集まってから決めるという体育会系的決定方法になりました。(><) 幸いメンバーも上級者ばかりで、集団走行も慣れています。風が強いですが、晴れから曇りがちの 天気なのでスタートの運びとなりました。(^^) スタート前にウインドブレーカーに防水スプレーを振りかけて、準備を整え、体操を念入りにします。 有田川を横に見て、みかん畑の中を少し走ると急に視界が開けて海が迎えてくれます。 「ワー」という歓声とともに、皆さんで記念撮影です。皆さん思わず笑顔がでます。
 images2-20160516
海岸線を海を眺めながら快走します。写真を撮ろうとするとあっという間に視界から消えてしまいます。 漁船が休む港の景色、潮のかおりをはこぶ海風、流れるアスファルトとタイヤの走行音、五感に響く 快走ランの醍醐味を味わいます。先頭は、申し上げるまでもございません。(^^)心地よいペースで 全員を吸い込んで軽快に引っ張っていきます。一流のきれいなフォームです。私は、皆さんの4人分の エアポケットに収まり、加山雄三さん、サザンオールスターズさん、チューブさんのお歌を口ずさみながら ルンルンサイクリングです。 海を眺めながら走るのは、いつ来ても気分が晴れて、爽快になりますね。 ときたま風がふと、小さくて可憐なミカンの花のなんとも言えない甘い香りを運んで来ます。 ここは紀州有田、みかんの本場です。
images3-20160516
ドーパミン満開の心地よい疲労感を覚え、しばしの間の休憩です。 すると向こうの方から「ひょこひょこ」と動物が近づいてきます。 かわいい「タヌキ」のお出ましです。 脚と体の微妙な色の違いと体毛が何とも言えなく可愛いもんです。
images4-20160516
熱い体を雨が心地よく冷やしてくれます。 いくつかのアップダウンやワインディングロードをこなすと、やがて白崎海洋公園に到着です。 「はるか遠くの異国に思いを馳せる太平洋にのびる群青の海」「日本のエーゲ海とも称される白亜の 海岸美」 人間が地球に誕生するさらに昔2億5000万年前に地球の変動が生み出した石灰岩で できています。 平成百景、日本の渚百選、日本の夕日百選に選ばれたところです。 マリンレジャーの拠点であり、ログハウス、キャンプ場、レストランがあります。 また近くには戸津井鍾乳洞もあります。
images5-20160516
寒冷前線が通過し、風雨が強くなってきました。 強風で、皆さん吹き飛ばされそうになります。 カメラのレンズも水滴で煙っています。 この先、落雷、突風、強風にならないことを祈るばかりです。 ウエアは、温かい季節ならレインジャケットか撥水処理をしたウインドブレーカーを上に着用します。 体幹が、冷えるとダメージを受けますので、冷えないように着用します。 下は、温かい季節なので快走ランなら濡れっぱなしでもいいでしょう。気になるようならレインパンツを! ヘルメットには、H木さんのようにシャワーキャップをかぶせるといいでしょう。 靴がグチュグチュになるのが嫌な方は、レインシューズカバーを履くといいですね。
images6-20160516
冷えた体を温めてくれるのは、やはりランチです。 皆さんめいめいシラス丼やテンプラうどん、名物わかめうどんをいただきます。 やはり温かいお汁ものが冷えた体にはごちそうです。 わかめも地元で採れたものでグリーンのきれいな色とやや硬めの食感がなんとも美味です。 また食後にみなさんでいただく、あずきたっぷりのおぜんざいは、心なごみます。 エネルギー補給十分で、復路に臨みます。 O本さんも元気回復です。
images7-20160516
ここで雨中走行のワンポイントアドバイスです。 雨の降り始めは、特に路面が滑りやすいので要注意です。タイヤの空気圧も少し落とします。 白線の上は、よく滑るので乗らないようにします。 路肩のほうも吹き寄せられたパンクの要因となるものがタイヤにひっつきやすくなります。 ブレーキシューやリムサイドも雨に濡れているので走行中、時たまブレーキレバーを引いて「当て効き」 をして、水分を飛ばし、ブレーキタッチを確認しておきます。 ブレーキポイントを晴天時より手前にとります。車間距離も晴天時よりあけるようにします。 下りは、スピードに要注意です。リヤブレーキは当て効きにし、フロントブレーキで調整します。 コースアウトしないように曲がる方向を見て、自転車より体を倒しこみ、リーンインでこなします。
images8-20160516
走行後は、フレームに水が溜まっているので水を抜き、フレームを軽い圧力の水で流すか、濡れた 雑巾で優しく拭き取ります。強くこすって砂や金属によりフレームを傷めないようにします。 チェーンやギヤはディグリーザー等で洗い、注油して、余分な油は拭き取ります。 部品の摺動部にも注油しておきます。 ブレーキシューに金属片の異物がめり込んでいると、リムを攻撃しますので、千枚通し等で異物を 取り除きます。タイヤも点検し、異物を取り除き、接着剤でふさぎます。 濡れたシューズも汚れを取り、新聞紙をシューズの中に入れて、水分をとります。 これはかなり効きます。明日も走る場合は、必ずしましょうね!
images9-20160516
道中、H岡さんが目ざとく、野イチゴの群生を見つけます。 男性ばかりのサイクリングでは、気づかない、女性特有の視点ですね。 おかげさまで甘い野イチゴのスイーツのご馳走です。真っ赤な色がなんともきれいです。 ビワも木にたわわに実っています。みなさんでビワもいただきます。至福のスイーツのひと時でした。(^^) 下る途中で、サルが茂みから遁走するのが見えました。 私たちは、タヌキあり、サルありの山の中にいるのですね。サイクリングならではの体験です。 快走ランのエンドに紀伊國屋文左衛門も江戸にミカンを運ぶために船出した湯浅広港を高い橋の上 からみんなで眺めました。 「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images10-20160516
images11-20160516

春の旬 「生シラス丼」 が食べられるかなー? サイクリング

○参加人数  11名(うち男子10名、女子1名)
○開催日    2016年 5月 15日(日)
○集合時間・場所     9:00 大仙公園中央図書館前
○解散時間・場所    15:30 大仙公園中央図書館前
○ルート        大仙公園~紀州街道~「きんちゃく家」~蛸地蔵・天性寺~岸和田城               ~水間観音~旧170号線~久米田池~泉北赤坂台~大仙公園
○距離             約60km
○重点項目     旬の「生シラス丼」を食べに行く。
images1-20160515                                         
春の旬となっているシラス漁で賑わう岸和田の漁港へ、「生シラス丼」を食べに行こうと「大仙公園」に集まった今回のメンバーです。 ちょうどスタート時に居合わせたH部さんに撮ってもらって、サイクリングのスタートです。 大仙公園から比較的に車が少なく走りやすい「紀州街道」を南へと進み、途中で交通量の多い区間を「浜寺公園」の中へと迂回します。 公園内は家族連れやグループで多くの人がのんびりと過ごしておられ、それぞれに楽しそうでしたが、我々はその様な中を岸和田港を目指して走り抜けます。
images2-20160515
紀州街道を南へ進んで岸和田に入ったら、岸和田レンガ工場跡の説明書きがある所から海側に入っていきます。 海岸に出て岸和田港の前には、シンボリックな大イカリが我々を迎えてくれました。 ここから海岸線沿いに岸和田のデートスポットの一つ、「ベイサイドモール」のプロムナードを走り、今回の目的地となる地蔵浜へと向かいます。
 images3-20160515
地蔵浜には「鰮巾着網漁業協同組合」がありますが、ここで問題です。 巾着網の前の文字はどう読むのでしょうか? 分かりますか? 正解はイワシで、現在の鰯と書く前は、鰮と書いていたそうです。 一つ賢くなったらお腹が空いたので、この漁協の真前にある「きんちゃく家」に入りました。 このお店は昨年の3月に漁協で働く人のために建てられた朝5時開店の食堂ですが、獲れたての新鮮な漁獲類が味わえると何度もTVで紹介されたので、今では一般のお客さんで昼前にはウェーティングが当たり前となったお店です。
 images4-20160515
我々は11時前でないと入れないとマスターから聞いていたので、10時40分頃に入ったので、何とか3テーブルの席に着けました。 皆さん食事のオーダーは勿論、大阪では食べられるところがあまりない「生シラス丼」です。 ここの生シラスは店の前の漁協から仕入れるので鮮度が違い、生臭みもなく、初めての人でもおいしく食べられるから人気のお店なのです。 食べ終えて外を見ると空席を待つ多くの人がおられたのと、さあ次はスイーツが・・・! という事で早々に退席しました。 次に行くのは、「蛸地蔵駅」の名前にもなっている起源のお寺へ行きましょう。
images5-20160515
やって来たのは「天性寺」。 ここは阿弥陀如来と蛸地蔵尊をご本尊として祀られており、入って正面に見える地蔵堂は、地蔵堂としては日本最大との事です。 お寺は元亀元年(1570年)の創建で、天保年間の火災で詳しい記録は殆んど消失していますが、「聖地蔵尊縁起絵巻」には蛸地蔵物語として、大津波から岸和田城を守ったり、紀州勢が攻めてきたとき無数の蛸と大蛸に乗ったお地蔵さんの化身が現れ、岸和田城下を守り一滴の血を流すことなく戦を収めたと伝えられています。 そこから蛸地蔵と呼ばれるようになり、駅名にもなっているお寺です。 次は寺の前の紀州街道を走り岸和田城へと進みましょう 。
images6-20160515
この辺りの紀州街道沿いには歴史を感じる街並みが残っていて、城下町の風情があります。 歴史がある古くからのお店もあり、岸和田城内へ入って行くところにある、創業が天保10年で170余年の歴史がある「小山梅香堂」でスイーツタイムです。 ここは街をぶらり歩きする各局のテレビ番組で紹介されているお店で、他の物を戴いた後で知ったのですが、TVで「生チョコ大福」がおいしいと紹介され売れているそうです。(先に言ってよ・・・) 甘いものをいただき幸せ気分になったので、「岸和田城」へと行きましょう。
images7-20160515
城の正面からではなく裏側に回れば、天守が美しく見えるところがあるのでそこでワンショット。 小さくまとまっているなお城ですが、攻め入るのは難しい様な頑強な造りに見えます。 ここから美しい「岸和田城」を描いている画家の方が何人か来ておられました。 お城の堀端の、2400坪と広大な敷地に建つ「がんこ・五風荘」の前を通りますが、ここは岸和田城の二の郭にあった「新御茶屋」および「薬草園」の跡地を回遊式庭園にして、「山亭」・「八窓席」・「残月席」の3つの茶室を設けて建物を造った、岸和田市の指定有形文化財です。 ここから次に行く「水間寺」へと旧街道を走って行きましょう。
 images8-20160515
水間鉄道と平行に続いている旧街道を、少しだけ上り調子で進んで行けば「水間寺」に到着です。 「水間寺」は別名で「水間観音」と言われますが、天平年間(729年~749年)に病床の聖武天皇の夢に現れた観音菩薩を求め、行基が2つの川が合流する「水間」にやってくると、観音の化身である16人の童子に遭遇し、誘われるまま滝に向かうと竜神が現れ、一寸八分(約6cm)の「聖観音像」を授けられ、聖武天皇の命を救ったと伝えられる観音様を祀ってあるお寺です。 厄除けのご利益があると有名なお寺なので、我々も交通安全を祈願して手を合わせましたが、誰ですか五郎丸ポーズの人は・・・。 次はサイクリストをよく見かける、旧170号線を走り、内畑経由で久米田池に行きます。
 images9-20160515
次にやって来たのは大阪府下で最大の面積を誇る、行基が13年かけて作った久米田池で、周囲2.6キロと広いです。  参考ですが、2位は狭山池で、貯水量が1位なのは光明池です。 久米田池を後にして、この先を元気に走るため水分補給にコンビニに立ち寄ります。 次は和泉市の「いぶき野」から泉北「赤坂台」を通って、石津川に出れば川沿いを走って「大仙公園」までは、もうひと走りです。 車の走行が少ない道を走って「大仙公園」に到着し、「良かった・楽しかった・また走りたい」 との感想で、本日のサイクリングを解散しました。

ブラプチポタ 第1回 万代池~長居公園

○参加人数        8名(うち女子4名,男子4名)
○開催日          2016年 5月 7日(土)
○集合時間・場所    9:00 自転車博物館(東側入り口)
○解散時間・場所    12:00 大和川河川公園
○ルート           自転車博物館~堺東駅前~遠里小野橋~千躰交差点~(総合医療センター前の)ライフ~万代池~姫松交差点~西田辺交差点~長居公園~吾彦大橋~浅香山公園~大和川河川公園
○距離                20km (実走2時間くらい,平均時速20kmくらい)
○重点項目        交通ルール、マナーを守り、安全に走る。ゆっくり走る。ポタリングにスイーツタイムを取り入れる。

 

  images1-20160507  
 

本日のMCCランは「ブラプチポタ」の記念すべき第1回です。
「ブラ」=ゆっくり,「プチ」=2時間程度のポタリングです。 集合場所は自転車博物館サイクルセンターの東側入り口(図書館前)です。
点呼をして、簡単に自己紹介、本日のルートについて確認します。
まずは自転車博物館を出発後、おりおの橋経由、万代池に向かいます。
天気はくもりですね^^

 

 images2-20160507
 

“都会のオアシス”と呼ばれる万代池公園に到着しました。
池を背景に記念撮影です。
“まんだいいけ”の名前は、聖徳太子が曼荼羅(まんだら)経で 池に棲む魔物!?を鎮めたことに由来しているそうです…。
10分程度の休憩をして、万代池を1周、まん中の橋を渡って、 姫松交差点のフォルマ帝塚山本店に向かいます。

 

 images3-20160507
 

チーズケーキで有名なフォルマ(FORMA)帝塚山本店に到着しました。
企画段階では長居公園でスイーツタイムでしたが、カフェに変更です。
おすすめケーキセット(チーズケーキ2個+コーヒー)で 休日の朝、かなりリッチなスイーツタイムです♪

 

 images4-20160507
 

長居公園に到着しました。 ランニングする人に注意しながら1周です。
花壇の前で記念撮影です。
次は、あびこ大橋経由浅香山公園に向かいます。

 

 images5-20160507
 

解散場所の大和川河川公園に到着しました。 スイーツタイムが長かった?ためでしょうか…、 到着時刻が12:00になってしまいました。スミマセン^^ はじめてのリーダー体験でちょっと不安でしたが、 ベテランの方々にサポートいただき、無事故で帰着しました。
“ゆっくり過ぎて、もの足りないっ!”って言われるかと思いきや、 “ゆっくりまったりじゃないっ!”との感想をいただきました。
これにこりずに、第2回以降も、参加をよろしくお願いします。
毎回コースに、スイーツまたはパン+コーヒータイムがあります。

 

ルートラボ・サイクルナビ勉強会

○日程:2016年4月9日(土)
○会場:大阪駅前第3ビル A社会議室
○時間:14~17時
○人数:10名 ルートラボ・サイクルナビでサイクルライフを更にレベルアップする目的で計画しました。内容としては、PCでルートラボにより新規ルート計画:スタートからゴール迄ルートを描き、そのデーターの利用方法を学びました。第1回目と考え、参加者レベルとしては「ルートラボに興味のあるかたならどなたでも」ということで応募いたしました。会場の広さもあり10名の定員はすぐ一杯になり、皆さん興味あることが判りました。参加出来なかった方からは次回は何時?の話しも多く聞かれます。参加される方のルートラボやナビについてのレベルも幅広く、どのように進めるか悩みましたが、ルートラボの使い方(ルートの描き方、修正方法)、gpx データーの利用方法(こんなことも出来るということで、例えば描いた新しいルートの道路状況[車の混み具合やトンネルの状況等)を紹介しました。またスマホ、タブレットについてもサブリーダーの趙さん、中川さんから紹介していただきました。尚今回の会場の手配につきましては趙さんにお世話になりましたのでこの場を借りてお礼申し上げます。
初めての企画で、参加された方のPC技術レベルも幅広く進め方に悩みましたが、こんなことも出来るんだということは理解いただいたのではと思っています。少しでも皆さんのレベルアップの一助になれば幸いです。モバイル(スマホやタブレット)のルートナビ関連の進歩は凄いですね。(RuntasticやGeographicaなど)も含めて次回の勉強会が出来たらと思っています。
images1-20160409

 

images2-20160409
勉強会で使用したスライドの紹介です。
images3-20160409
images4-20160409
images5-20160409
iimages6-20160409
images7-20160409
images8-20160409
images9-20160409
images10-20160409
images11-20160409

みんなで行こうプチサイクリング「チンチン電車と阪和線」

 ○参加人数        8名(うち女子4名、男子4名)
 ○開催日         平成28年4月25日(月)
 ○集合時間・場所    10:00  長居公園
 ○解散時間・場所    16:15   長居公園
 ○ルート          長居公園~桃が池公園~JR天王寺駅前~新世界~松虫交差点
                ~万代池公園~住吉大社~長居公園
 〇距離                15km  
 〇重点項目     知らなかった大阪を発見しよう。
              
               
              
               
               
               
                
                
               
images1-20160425                                 
大阪市内を走るチンチン電車(阪堺電軌)、熊野街道、地元の憩いの公園、住吉大社などを巡る
サイクリングです。
「プロポーズ大作戦 フィーリングカップル4VS4」サイクリングのはずでしたが、出発直後に男性の
H多さんのタイヤに人差し指一本くらいのゴム剥がれを発見。泣く泣く、しかし、男らしくリタイヤされ
ました。よって女性多数のサイクリング開始~。
皆様もサイクリング前の愛車の点検は、おさおさ怠り無く!
長居公園を出て、JR阪和線を横目に見ながら北上。今は「桃が池」と呼ばれるこの池は昔は
「股ヶ池」と言われたそうです。池の中に明神様を祀る島があります。
昭和にタイムスリップしたような「美章園」の高架下を通ります。
駅周辺は再開発の途中のようで数年後には古い町並みがなくなってしまうかもしれません。
images2-20160425
お昼前に新世界に着きました。
あちこちの店から声が掛かりますが、「串カツといえばここ」の「だるま」さんへ。
「串カツ」は牛肉を串に刺してフライしたものですが、つくね、おもち、チーズちくわなどいろいろな具も
あります。ソースをたっぷり漬けて、「さぁ、召し上がれ!」
images3-20160425
阿倍野ハルカスの真下で、人や車で混み合う道を走行する際の注意点を確認します。
ケガや事故があっては、楽しいサイクリングが台無しですから。
踏切では一旦停止です。
熊野街道を西にそれて「天下茶屋の聖天さま」に寄り道。
images4-20160425
熊野街道に戻って「安倍晴明神社」「阿倍王子神社」を巡ります。なんだか同じような名前で混同
しそうな二つの神社ですね。阿倍王子の「王子」は熊野三山(熊野本宮、新宮、那智山)の末社と
いう意味です。土地の氏神様とは別に熊野詣での人のために遥拝(遠くから拝むこと)と休憩のための
施設として設けられた社です。その土地土地の名前を付けて「○○王子」と呼ばれていましたから
「阿倍王子」です。安倍晴明神社は陰陽師安倍晴明の生誕地に晴明没後に創建されました。
晴明公のお母さんは父保名が助けた白狐が「葛の葉」という女性に化けたものであるという伝説が
あります。興味のある方は歌舞伎「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」や夢枕獏
「陰陽師」を読んでみてください。ちなみに母の白狐(葛の葉)が真実の姿を知られたのち晴明と
別れて帰った「信太の森」は、MCCサイクリングで訪れたことのある「鏡池」ですよ。
iimages5-20160425
北畠、手塚山を路面電車とともに通り抜けます。自動車はどうするのか?
チンチン電車がいなけれりゃ線路上を走ってもOKだそうです。
万代池公園でしばし池の名の由来を聞き、熊野街道をさらに南下。
住吉街道との交差点に味噌屋「池田屋本舗」さんがあります。
ちょうど住吉大社の裏手 東側ですね。
images6-20160425
ぐるりと回って住吉大社。初詣の時にはワンサの人の社も4月の平日は静謐でよいものです。
国宝指定の「住吉造」の本殿は壁が白、柱や屋根を支える木が朱塗り、屋根は桧皮葺の茶色で
何とも男性的な力強い印象でした。
images7-20160425
本日は走行距離15km。食べたもの 串カツ9本、ドーナツ、アイスクリーム。
消費カロリーと摂取カロリーの差はどこに・・・。
いえいえ、こんなポタリングもいいものですよ。次回はぜひあなたもご一緒に。
images8-20160425
柚味噌をお土産に買いました。
images9-20160425
「天下茶屋の聖天さま」です。吉田兼好も住んでいたと言われています。
images10-20160425
阿倍王子神社で、近くの揚げたてドーナツを買って、みんなでまったりとしたひと時を過ごしました。

淀川ロード練習

 ○参加人数        7名(うち女子1名、男子6名)
 ○開催日         平成28年4月30日(土)
 ○集合時間・場所    9:00  淀川大橋南詰駐車場
 ○解散時間・場所    16:00  淀川大橋南詰駐車場
 ○重点項目          時速30km巡航でロード練習の要領を習得する
 ○走行距離                80km  
 ○コース          淀川大橋~雪鯨橋(瑞光寺)~八幡~枚方(かき氷、くらわんかもち)~
               淀川大橋              
               
               
                
                
               
images1-20160430                                  
本日のMCCランは、淀川ロード練習ということで、平均時速30km巡航走行可能なメンバーのみ
参加資格のある企画です。
全日本選手権優勝者のH部講師、博物館の健康サイクリングで幹事を務められている精力的な
I上さん、MCCトレーニングランの企画を出して皆さんを引っ張ってくださるI井さん、MCC青年部長
のK村さん、先頭を引くMCC青年部副部長のT田さん、鈴鹿ロード経験者の健脚女性レーサー
のM崎さん、へたれ幹事のW田の合計7名のパーティーです。車載したロードレーサーを組み立て
ます。車輪を重ねて積み込みましたので、メーターのホイールセンサーが、曲がっていないかチェック
します。併せてフレームのセンサーもチェックです。次にホイールを回転させて、メーターが起動するか
確認です。車輪もフレームに確実にセットされているか、タイヤの空気圧やブレーキのクイックレバー等
リムとの間隔のチェックをします。
images2-20160430
あと、ボトルの携行忘れに要注意です。水は走行中に補給することが多いので、忘れると致命傷に
なります。特に夏場は要注意です。
準備体操を念入りにして体を暖め、初めはウォームアップを兼ねて、お話しできるスピードで走ります。
初めから全開で行きますと後からじわじわと疲れが襲ってきます。
ウエアは、レーサーパンツ、レッグウォーマー、レーサージャージ、アームウォーマー、走り始めはウインド
ブレーカーかウインドベストが最適でしょう。またヘルメットは、いざというときに頭を保護してくれるので
MCCランでは絶対着用です。顎ひもの長さも垂れるくらい長いのも危険です。
休憩を兼ねて雪鯨橋のある東淀川区の瑞光寺に立ち寄ります。地元では「くじら橋」と呼んでいます。
鯨の骨を使用して架けられている日本唯一の橋で浪速の名橋50選、日本100名橋の番外に選ばれ
images3-20160430
ています。1756年に4代目のたんじゅうちにん住職が、南紀太地浦に行脚しました。村人たちは、
捕鯨で生計を立てていました。不漁のため食べるのに困った村人たちは住職に豊漁祈願をお願い
したところ「殺生は仏の教えに背く」ので一度は断りました。村人たちの窮状を見かねて、住職は
豊漁祈願を行いました。結果豊漁となり、お礼の黄金30両とクジラの骨18本を村人たちは、
お寺に持ち込みました。そこで住職は、鯨の供養のため鯨の骨の橋を架けました。
当初18世紀半ばはすべて鯨の骨でできていましたが、1780年代は橋板が石造りとなりました。
現在の橋は、第六代目で、北西太平洋(北海道沖)の調査捕鯨で獲れたイワシクジラの下あご骨と
扇骨(肩甲骨)と南極海のクロミンククジラの脊髄でできています。
images4-20160430
心地良いスピードとホイールの風切音を楽しみ乍ら、集団走行します。
頭のなかは、心地よさで私は、ドーパミン満開で、H部さんは、アドレナリン全開です。(^^)
皆さんも気持ちよさそうに快走して、ファーストランを楽しんでいます。
やがて石清水八幡宮に到着です。やわたのはちまんさんと呼ばれ、木津川、宇治川、桂川が合流
する交通の要所に位置します。南北朝の様々な戦い、羽柴秀吉と明智光秀の天王山の合戦等
政治上の重要な拠点でした。939年平将門・藤原純友の乱の折り、朝廷よりご請願があり、八幡
大神様の御神威をもって速やかに平定されて以来国家鎮護の社として皇室の御崇敬は、益々
厚いものとなり、天皇・上皇の御幸240回、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟となりました。
都の守護神、国家安泰、厄除け開運、必勝祈願、弓矢の神として朝廷はもとより、広く国民に厚い
 

images5-20160430
崇敬を受けています。また清和天皇の嫡流である源氏一門は、八幡大神様を氏神として、各地に
八幡大神様を勧進しました。源義家は、石清水八幡宮で元服しました。
御祭神は、本殿中央に応神天皇、西にひめおおかみ、東に神功皇后様をお祭りし三座の神々を
八幡大神と呼んでいます。
経済上、政治上、信仰上の要の地、日本と平和と繁栄に導く神として、多くの人々に崇敬されて
います。
この場をお借りしまして、御神徳を述べさせていただきます。「世は変われども神は変わらず」
国宝となりました。
 

images6-20160430
八幡のスーパーで焼きたてパンと飲み物を調達して、近くの公園でランチを楽しみます。
ここのパンは、リーズナブルな価格で、おいしくて、いつもお客様がいっぱいです。
日陰でしばしの時間まったりと過ごします。
ここで集団走行のマナーとテクニックについてお話しいたします。
まず心がけなくてはいけないのは、安全面です。
集団走行するのに時と場所をわきまえなくてはいけません。危険な個所では、徐行です。
全員が一台となりますので、情報の伝達や手信号や声の伝達が大切です。
また急な動きも落車につながりますので要注意です。全員が前方や周囲に気を配ります。
走るペースを合わし、自分勝手な走りは許されません。手繰られると後ろの方は大変です。
 

images7-20160430
また上体を保ち、まっすぐ走るテクニックも要求されます。白線の上をまっすぐ走れる技量がまず必要と
なります。講師の走りは、後ろから見るときれいなくらいぶれません。
皆様も私もこのようなフォームになることを願っています。それから事故の多いのは、下り坂と交差点
です。下り坂は、コーナリングテクニックの良しあしが問われます。
自転車より先に体を曲がる方向に移動し、曲がっていく方向を見ます。
間違ってもアウト側を見ないようにね!そこに向かって、自転車は向かい、やがてコースアウトです。
ブレーキテクニックも重要です。頭は、地面になるべく垂直に保ちます。
交差点では、歩行者や車に要注意です。集団走行をしますと、皆が急にとまれませんので、
車に「待ってください!」とジェスチャーをして、意思を伝えなければなりません。
images8-20160430
あとは、トレインを組む場合の接着の方法と先頭交代等々まだまだお伝えしなくてはならないことが
たくさんありますが、この段階になるとかなりの技量が要求されますので次回以降にお伝えします。
それまでは、まっすぐ走れる練習や一定のペースで長く走れる練習等々研鑽を積んでくださいますよう
にお願いいたします。
ランチでまったりした後枚方の氷屋さんに到着です。
サイクリストがよく訪れるみたいで、お店のご主人さんが、サイクルラックを作ってお出迎えしてくれます。
images9-20160430
みなさん、お好みの氷を注文します。赤や緑、黄色、白色と色とりどりです。
まるで子供の頃に帰ったような気持ちにさせてくださいます。
ボリュームたっぷりで旨かったですねぇ(^^)

つぎにくらわんか餅のお店に行きます。
淀川を航行する旅の船が、枚方に差し掛かると「酒くらわんか!もちくらわんか!」と言いながら
くらわんか船が漕ぎ寄せます。彼らが旅人に売る「くらわんか餅」は14代将軍家茂(いえもち)をはじめ
多くの旅人に食べられていました。
今は、くらわんか船はなく、お店がたくさん並んでいます。

images10-20160430
一時間あまり走るとゴールの淀川大橋に到着です。
ゴールが近くなるとクールダウンをして、疲労回復に努めます。
ゴールするとメンバーにお互いの健闘をたたえて、「おつかれさま」の挨拶をします。
走り終えたロードレーサーの車輪を回転させて、ホイールの振れやタイヤの損傷をチェックします。
他に異常個所がなかったかチェックです。このルーティーンが次回のサイクリングのトラブル防止に
生きてきます。「ヘロヘロになり、もう二度と走りたくない!」というよりは、こうして皆様が心地よい
スピードでビシバシ走れた楽しいロード練習の一日が終了いたしました。
皆様、おつかれさまでした。T田さん、先頭つかれさまでした。H部講師ありがとうございました。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!

みんなで行こうプチサイクリング大阪どまんなか一周(下見)

 ○参加人数        5名(うち女子2名、男子3名)
 ○開催日         平成28年4月23日(土)
 ○集合時間・場所    10:00  大阪市役所
 ○解散時間・場所    15:30   大阪市役所
 ○重点項目          危険個所のチェックとリーディングの準備
 ○走行距離                15km  
 ○コース          大阪市役所~梅田中央郵便局前~堂島大橋~中央大通り
               京セラドーム大阪~湊町リバープレイス~日本橋~船場センタービル
               ~難波橋~大阪市役所
               
              
               
               
               
                
                
               
images1-20160423                                   
本日のMCCランは、募集、リーディングや実施報告を担っていただける幹事のクラブ員の皆様を対象にした下見のサイクリングです。
コースは、山と渓谷社「大阪・神戸周辺自転車散歩」に基づいて企画いたしました。
この本には、定番のサイクリングコースがわかりやすく、数多く掲載されています。
お勧めの本です。ぜひ皆様も参考にされて、サイクリングに出かけてくださいね。
定番のコースなので、メンバーにも説明しやすく、当日私が万一参加できなくなった時にも本番が
スムーズに行えるので安心ですね。
本日は、女性のH岡さん、M崎さん、男性のT田さん、H部さん、W田の合計5名のパーティーです。
バランスよくメンバーが揃いました。楽しい一日の予感です。
まずは明治37年に住友家の寄付により設立した中之島図書館にて記念撮影です。
images2-20160423
次に向かうは、フェスティバルタワー土佐堀川沿いにあるライフ・クリエーション・スペースOVEさんへ表敬
訪問です。本を通して、好奇心が導くままにゆったりとした時間が過ごせる場所です。
突然の訪問にも関わらず、自転車のスタンドを用意してくださり、歓迎してくださいました。
OVEさんを後にしてガイドの地図を参考に区間ごとに先頭を分担してリーディングします。
地図で要所要所確認しながら、安全第一で進みます。
もちろん危険個所もチェックです。一旦停止の励行や車や歩行者に注意を払います。
地図は、走りながら見るのは危険です。メンバーに声をかけて、立ち止まって交通の邪魔にならない
ように確認します。臨機応変に歩道徐行や車道の使い分けや手信号、ジェスチャー、声掛けを
心がけます。時には、歩道を歩行者になり、押すことも必要です。
images3-20160423
堂島川沿いの歩道を走ります。歩道の入り口には田蓑橋の向かいにあった広島藩蔵屋敷の壁際に
あったという銘木「蛸の松」が復元されています。当時は、奈良の山々まで見えて、絶景ポイントだった
そうです。本日は、MCCの美女お二人と記念撮影です。松の木の美しさも映えます。
大阪は、水の都であると同時に橋もたくさんあります。
淀屋橋は、強豪淀屋が米市に便利なようにかけた橋です。心斎橋は、長堀の豪商岡田心斎が架けた橋に由来します。
H部さんの解説によりますと橋の建築費のうち橋に近い方が拠出金が大きく、橋に遠くなるほど
拠出金が少なくなるそうです。
商人の名が多いのは、大阪が商人の町であることを表しています。
images4-20160423
川沿いの心地よい眺めと川面を通り抜ける寒さを感じない春風を感じながら自転車を走らせます。
木々の鮮やかな緑に生命の息吹を感じます。
一流ホテル街、有名企業のオフィスビルが立ち並び、さすがに大都会です。
しかし車の交通量は、土曜日ともなると極端に少なくなり、大阪の大都会でもゆっくりまったり走れる
自転車散歩(ポタリング)に最適なところとなります。
images5-20160423
大阪市内には、市民の憩いの場として、数々の公園があります。
その中の公園のひとつ!きれいな色の藤の花を咲かせている藤棚を皆で見に行きます。
思わず記念撮影です。自然と笑顔がこぼれます。
images6-20160423
T田さんの発案で中央卸売市場に寄り道です。
さすがに市場という名のとおり、活気のある場所です。
うかうかして、「ぼーツ」として自転車を走らせると危険です。(^^)
市場の活気と普段立ち入ることのない非日常の世界を満喫します。
このワクワク気分が何とも言えないですね。
市場の中にもおいしいお寿司屋さんや食べ物のお店がありますが、T田さんの案内でマグロ専門店へ
ランチをいただくべく直行です。
マグロ丼や刺身定食など海の幸が満載です。赤だしのお味噌汁やデザートのわらびもちも旨かった
ですなぁ(^^)「余は満腹じゃ~」
images7-20160423
日本でも有数の川口キリスト教会の中に入れてもらい、礼拝堂の赤いクロスの椅子に腰かけ、
パイプオルガンの音色に耳を傾けます。クラシカルな音楽でもなく、ポピュラーでもなく、ブルースでも
ない、かといってゴスペルっぽくない耳に心地よい音楽でした。
MCCの女性お二人は、懺悔をするべく懺悔室を探されていたようですが、なかったみたいです。(ほん
まかいな)木津川沿いに京セラドームを眺め、「歓喜の歌」の楽譜、メトロノームと歩道の鍵盤
がある大正橋を渡り、大地震川口津浪記石碑を拝見し、津波の勉強です。
さあいよいよ道頓堀に入ります。ミュージシャンがコンサートを行う湊町リバープレイスやボードウォークを
ゆっくりサイクリングです。道中水掛不動や夫婦善哉のお店、フランク永井さんが歌われた「大阪ぐら
し」の石碑を訪ねます。道頓堀の開削に私費を投じた安井道頓の石碑の前で記念撮影です。
images8-20160423
ちなみに宗右衛門町は、町年寄の山口屋宗右衛門の名前に由来するそうです。
堺筋を北上するとたくさんのレトロな「ビルヂング」を目にすることができます。
今回は、明治屋さんのビルヂングを見学しました。
○○さんは、ビルヂングより薬屋さんの方に興味がおありみたいです。「精力善用!」(笑)
途中のオープンカフェでケーキセットやホットケーキを楽しみます。
カフェで休憩してしばらく走ると日本家屋の大きな商家が目に入ります。接着剤メーカーのコニシさん
の本社だったそうです。
みなさんで当時のにぎやかさを想像しました。
images9-20160423
数々の政治家、文化人、そして医師を輩出した適塾を創設した緒方洪庵の銅像前にて記念撮影
です。
大阪証券取引所のビルを通り過ぎ、北浜で土佐堀川に突き当たります。
欄干にライオンが置かれているライオン橋の愛称で知られている難波橋を渡ります。
images10-20160423
難波橋を渡ってから中之島に入り、中央公会堂の脇を通り、本日のゴールの大阪市役所に無事
到着です。
皆さんご無事で事故もなく、大阪のどまんなかをのんびりまったり一周した内容の濃いプチサイクリング
でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!

MCC執行部交代BBQ大会

 ○参加人数        20名(うち女子4名、男子16名)
 ○開催日         平成28年4月29日(金)(祝)
 ○集合時間・場所    11:00  浜寺公園内BBQエリア
 ○解散時間・場所    14:30  浜寺公園内BBQエリア
 ○重点項目          みんなで同じ釜の飯を食べてBBQを楽しむ!
 ○走行距離                0km  
 ○コース          浜寺公園内
 ○費用          1,600円/人
               
               
               
                
                
               
images1-20160429                                
本日のMCC行事は、執行部交代の時期にて新旧執行部を交えて慰労BBQ大会の開催です。
お集まりいただいたのは、女性4名、男性16名の皆さんです。
温かい日が続いていたのですが、昨日の雨で急に寒さが戻りました。
ウインドブレーカーが必要な肌寒い一日です。
クラブ員の皆様は、午前11時集合ですが、幹事は、場所取りを兼ねて午前9時集合です。
ほかのBBQを開催するグループも場所取りに早くから集まってきます。
早く来たおかげで条件のいい場所に陣取ることができました。
浜寺公園は、ごみ捨て場や、洗い場や木陰の芝生もあり、場所代不要で、BBQに最適です。
 images2-20160429
会計の補助や集合場所からの道案内、BBQの準備や飲み物の準備等皆さんが幹事の
お手伝いをしてくれます。
女性のT田さんやS部さんも事前に野菜やお肉をBBQのコンロごとに分けておいてくださっています。
ますは、アルミホイールに包んだ玉ねぎやジャガイモを焼きます。
次は、牛や豚や鶏の焼肉です。
量はふんだんにあります。みなさん、無言で焼きあがり次第お口に運んでいます。
わたくしもいただくことに集中し、ついつい焼肉の写真を撮り忘れました。
images3-20160429
写真のお方は、いつもMCCの安全講習会をしていただいているI西さんです。
安全面からリーダー講習会でメカニックの観点からクラブ員に講習をしていただいています。
MCCでは、今期から顧問の役職についていただいています。
本日は、クラブ員の愛車のチェックをされて、的確なアドバイスをくださいました。
images4-20160429
こうしてBBQで何回も集まるとお互いお顔とお名前が一致してきて、お仲間が増えます。
人となりもわかる貴重な機会です。
また皆さんで「おいしいね」と言いながら戸外でいただく焼肉はさすがにうまいものですね。
images5-20160429
仕上げにMCC恒例の焼きそばを焼きます。
N川さんのおみやげのさつま揚げのお差し入れもいただきます。
焼きそばを焼いてくださっているのM宅新会長です。
みなさんでこうして寄り合いながら焼くのも楽しみの一つです。
images6-20160429
全員の御紹介は、今回見送りさせていただきますが、K田さん、集合場所の案内を買ってでてくれたK村さん、
イタリアでサイクリングをされたM井さん、カナダ国籍もおもちのK谷さんです。
images7-20160429
焼きそばの香ばしい香りで、食欲絶好調です。
おにぎりも皆様にひとつづつあります。
食後は、温かいコーヒーで、ほっこりします。
今回の行事は、Y本代表、H谷副代表からM宅代表、N川副代表、H岡副代表へバトンタッチ
です。H部さんと事務局のS井さんは、残念ながら仕事で欠席です。
次回ぜひご出席をお願いいたします。
images8-20160429
今回の企画の目玉の一つに不用品交換じゃんけん大会も催します。
皆さんで不要なものを持ち込み、必要なものをじゃんけんで入手します。
みなさん、ワイワイガヤガヤ言いながら、お目当ての物を物色します。
持ち込みは任意で、もちろん無償です。
希望者同志でじゃんけんを行います。
images9-20160429
あまった焼きそばや野菜も不用品交換じゃんけん大会の対象です。
特に女性に大人気です。(^^)
こうしてみなさんで同じ釜の飯をいただくことに意味があり、楽しいもんですね。
ご参加の皆様、幹事のN川さん、S部さん、T田さんご夫妻おつかれさまでした。
みなさん、これからもMCCでお仲間を作って、ぜひ楽しんで行ってくださいね。(^^)
MCCが、皆様の居場所の一つになれば幸いです。
「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
 images10-20160429