涼風 「高野山ダウンヒル」 真田丸・サイクリング

○参加人数        11名(うち男子7名、女子4名)
○開催日          2016年 8月 21日(日)
○集合時間・場所    10:30  南海ケーブル 高野山駅
○解散時間・場所    17:20  南海高野線 橋本駅
○ルート 高野山駅 ~ 壇上伽藍 ~ 蓮華定院 ~ 金剛峯寺 ~ 奥の院 ~ 371号線 ~ 102号線(玉川峡) ~ 九度山 ~ 真田古墳 ~ 真田庵 ~ 慈尊院 ~ 丹生官省符神社 ~ 橋本駅・解散
○距離              約49km
○重点項目      涼しい高野山から九度山までダウヒルして、真田家の歴史を訪ねる
images1-20160821                                            
橋本駅の気温が31度だったのが、高野山駅へのケーブルに乗ったら25度の気温に下がっていて、そんな涼しい高野山駅から今回のサイクリングはスタートします。   出発時の集合写真を撮ろうとしているときに、Oh!「Bianchi」!「Pinarello」!best cycle!と言って、イタリア人のサイクリストだと言う陽気なビジターが、「一緒に記念写真を写して???」と言い寄ってきて、開創1200年の高野山には海外からのお客様も多く来ていました。
images2-20160821
高野山駅から少し走って、やはり高野山はここがスタートでしょう! と、「大門」でワンショット。   21日は弘法大師(空海)の命日なので昔から「弘法さんの日」と言われ、弘法大師と縁があるお寺では何らかの行事がありますが、今日21日は高野山でも何かあるのか?前の道路も車の流れがなかなか途切れず、信号では車が長く繋がって信号待ちをしていたりと、いつもより人出が多い涼しい山上です。
images3-20160821 
先ずは「壇上伽藍」や「根本大堂」にお参りをしますが、以前は自転車で廻れたのが、今は自転車を押し歩いても駄目で、境内へは持ち込みができません。   車の駐車場の近くに自転車を停めて広い境内に歩いて入って行くと、整然とあちらこちらに建っている風格がある大きな法堂には流石に高野山だとうなづけ、高野くんと一緒に写真に納まります。   ここからは総本山の「金剛峯寺」にお参りした後、7つある高野山の入り口にお堂が唯一残っている「女人堂」への坂を上がってと行きます。
images4-20160821 
「女人堂」から少し戻ったところに、真田昌幸・幸村(信繁)父子が関が原の戦いで敗れた後に、徳川家康によって幽閉され蟄居(ちっきょ)したお寺である「蓮華定院」があります。   壁や門の梁や提灯、お寺の屋根にも真田家の紋章にしている「六文銭」が目立ちますが、その隣の鳥が羽を広げた様な家紋も、「結び雁金(むすびかりがね)」と呼ばれる真田家の家紋で、南海電車の真田丸カラーの車両にも描かれていますが、決して南海電鉄のマークではありませんので・・・。   海外からの観光客も多かった「蓮華定院」を後にして、弘法大師の御廟「奥の院」へ行きます。
images5-20160821
いつ来ても「奥の院」には多くの参拝の方が来ていて、御廟の手前にある、子供が持ち上がり、大男が持ち上げられなかったりする不思議な石、「みろく石」を試す長い順番待ちができているのを横目にして、弘法大師に今日のサイクリングの安全を祈願します。   参拝を終えたらお腹が空いてきたので、ランチを予約していた「とんかつ定」へと行きます。   このお店は371号線沿いの立地にあり、サイクリストがよく利用するおいしいと評判のお店です。   氷の入ったおいしい水を、コップに何杯もでは無くて、冷水ポットを氷ごと何本も空にして、お店からは氷まで無くなると直ぐに水を補充出来ないと少しブーイング。 聖地を汚す不心得者が・・・喝!
iimages6-20160821
お腹も満たし、ボトルにも冷水を満たして九度山へ向かってダウンヒルの再スタートです。   371号線は通行する車が少ないので走りやすいですが、路面が荒れている箇所がありスピードをセーブしながら慎重に下って行きます。   山上の気温に慣れてしまった体には、下って行くほど気温が上がっていくのが体でよく分ります。   玉川峡を通る時には丹生川で水遊びをしている子供達が涼しそうで羨ましく思い、漂ってくるBBQをしている匂いを出しているグループが飲んでいる冷えたビールもおいしそう!
images7-20160821
玉川峡から370号線に出たら、普通にそこから九度山へ370号線を行こうとしたのですが、今回のルートは丹生川の対岸にあるハイキング道の「竜王渓」の涼しい道を通って九度山へ行くのです。   「九度山駅」で一休みしますが駅舎は真田丸カラーに施されていて、観光気分が盛り上がります。   「真田のみち」と書かれたアーチをくぐって行けば直ぐに、弘法大師が月に九度この場所から和泉の「槇尾寺」へ参拝に行ったことから地名になった「対面石」と、大阪城への抜け穴と伝えられてきた「真田古墳」があります。
images8-20160821 
さらにもう少し進めば、真田幸村父子が九度山で暮らしていた「善名称院」(真田庵)があります。   寺の中の資料館には真田家のことが分る書物から日用品まで展示されていて、武士の刀には必要な真田紐を作る織り機も置かれていて、この真田紐を売って生活の糧にしていたそうです。   この先には「真田ミュージアム」がありますが、歴史を感じられない有料施設なのでパスして、次は世界遺産に登録された高野山への登り口でもある「慈尊院」へと行きます。
images9-20160821 
「慈尊院」は弘法大師の御母公が香川県の「善通寺」から弘法大師に会うために来たが、当時の高野山は女人禁制だったので直ぐには会えず、しばらく暮らした寺として知られていますが、乳癌にご利益があると言われるオッパイ絵馬があるのでも有名で、海外からも引き合いがあるそうです。   また女人高野・結縁寺とも呼ばれ、子授け・安産・良縁などを願って多くの女性が参拝に訪れ、寺の中には九度山から高野山まで21キロの道程に180の町石が続く、最初の町石があります。   「慈尊院」の境内にある階段を登れば、地元に縁のある丹生都比売と、高野御子の二神を祀った「丹生官省符神社」があり、ここも世界遺産に登録されています。
images10-20160821
「丹生官省符神社」の後は、道の駅「柿の郷くどやま」でアイス・デザートの休憩です。   少し休んだら元気を取り戻し「真田の抜け道」から、九度山焼で作られた2mもある陶像の「米金」を見て、紀ノ川の方へと下り行き、あと少し走れば「橋本駅」に到着です。   駅に到着すれば「まことちゃん」が、不思議な指の折り方をして迎えてくれますので、同じように指を折るのですがうまくできません。 しかしその方が正しそうですが・・・。   ここで今回のサイクリングは解散し、電車の時間を調べて輪行の身支度をしますが、皆さんかなり輪行にも慣れているベテランで、直ぐに車中の人となりました。

飛鳥寺と当麻寺(中将もち)ラン

○参加人数        12名(うち女子0名、男子12名)
○開催日         平成28年8月11日(木、祝)
○集合時間・場所    8:00  柏原市役所
○解散時間・場所    16:00 柏原市役所
○ルート          柏原市役所~王寺駅~県営福祉パーク~橿原神宮                 ~飛鳥寺~岡寺~橘寺~当麻寺~太子町~柏原市役所
○距離等                 70km
○重点項目       真夏のサイクリングの走り方を体験する。
images1-20160811                                          
本日は、MCCで飛鳥へのサイクリングです。 夾竹桃やさるすべりの花が満開でピーカンの夏の日、朝早く柏原市役所に集合です。 涼しいうちに距離を稼ぐ計画です。途中でいつもよりこまめに休憩をとり、補給を怠らないようにします。 疲れをためないように要所要所のコンビニで水分やミネラル、エネルギー補給ができるのがいいですね。 さすがプライベートランでも実績を重ねている幹事のS野さんの配慮ですね。 日本の始まりの橿原神宮や聖徳太子生誕の地や奈良の名物盛りだくさんのランチ、暑い中を走り、 清涼感のある大和茶や美味の中将もち、相撲発祥の地を訪ねた盛りだくさんのランでした。 ご参加の皆様も疲れを残さずに無事帰ることができました。皆様おつかれさまでした。 楽しい夏のサイクリングの一日!幹事のS野さん、ありがとうございました。 「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images2-20160811 
国道を避けてのんびり走れるサイクリングにふさわしい静かな峠道です。 お気に入りの道ですね。
images3-20160811
静寂な森に囲まれた日本の始まりを象徴する橿原神宮で記念撮影です。 深呼吸をし、エネルギーを蓄えます。
images4-20160811
三輪そうめん、夏野菜盛りだくさんです。テンプラもうまかったですねぇ。 奈良の名物柿の葉寿司やわらび餅等奈良の魅力たっぷりのランチでした。(^^)
images5-20160811
サイクリングでは予期せぬことがよく起こります。当初行こうとしていたお蕎麦屋さんがお盆休みでした。 MCCで行うサイクリングは、当然のことですが、ガイドツアーでは決してございません。 幹事はいますが、みんなで相談しながらサイクリングを楽しんでいきます。 こうしてみんなで探しながら入ったお食事処もいいお料理で思い出になりました。
images6-20160811
激坂を上り、岡寺で記念撮影です。サイクリングでは「押しも一手」で無理をせず、押していなすのも 体力を温存するエネルギー節約の一つの方法です。
images7-20160811
聖徳太子生誕の地の橘寺で記念撮影です。 飛鳥は、いろいろな歴史に関わる名所がいたるところにありますね。
images8-20160811
当麻寺は、7世紀に中将姫が極楽浄土を願う思いにより織り現されたと言われる当麻曼荼羅は、 本堂の本尊として伝わっています。 中将姫が当麻曼荼羅を織り上げた後29歳で現のまま成仏されたそうです。 みなさんで中将姫に思いを馳せながら「中将もち」をいただきます。
images9-20160811
冷たい濃い目のお茶が急須に一杯入っています。 暑さで疲れた頭と体が心地よい清涼感に包まれます。 おもちでエネルギー補給、お茶でリフレッシュで夏のサイクリングにありがたいスイーツでした。(^^)
images10-20160811
葛城市相撲館は日本国内でも珍しい相撲の資料館です。 葛城市出身の力士であり、日本で最初に天覧相撲をとったとされる「當麻蹴速」を伝承するために 同館が建設されました。 相撲に関する資料がたくさんあります。予約申し込みで相撲の指導も受けることができるそうです。 相撲の起源として日本書記に記されているそうです。 日本の国技の相撲、ぜひ皆様もお尋ねくださいね。

MCC暑気払い宴会

○参加人数        10名(うち女子1名、男子9名)
○開催日         平成28年8月9日(火)
○集合時間・場所    19:00  「お食事とお酒 せき」
○解散時間・場所    21:00
○ルート          なし
○距離等                 0km
○重点項目       クラブ員同士の親睦をはかる。
images1-20160809                                   
本日は、サイクリングではなく、飲み会です。(酔~) 平日というのに集まったのは紅一点のY内さんとMCC飲酒同好会の男性9名です。 私たちMCCのクラブ員は「飲むときは飲む!」「走るときは走る!」サイクリング中の飲酒運転は、 当然のことながらご法度です。 おいしい料理、うまい酒、楽しい会話で盛り上がります。久しぶりにH原さんも来てくれました。 K村さんを舎弟にたじひの界隈のゆったりサイクリングの企画で盛り上がります。 関東から来られたT村さんもミナミの活気に圧倒されています。(^^) K田さん、T田さん、H坂さん、N川さんもMCCランやプライベートランの話で盛り上がります。 こうして宴の夜は更けていきました。幹事のS野さん、飲み会の企画ありがとうございました。 「みんなで飲むと楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images2-20160809 
こだわりの日本酒、焼酎等もたくさんご用意していただいてます。 お酒も料理もうまかったですねぇ。 あまりに料理がうまかったので写真を撮るのを忘れていました。(^^) マッタケ入りの〆の「にゅー麺」もお出汁が効いていて最高でした。 梅酒のロックも濃厚で味わい深いですね。
images3-20160809
この場をお借りして、お店の御紹介をさせていただきます。(^^) 「お食事とお酒 せき」 大阪市中央区南船場3-1-16 日宝ラッキービル1F TEL 06-6282-0300 またみんなで行きましょうね!
images4-20160809

「琵琶湖に咲く夏の花」 プチ・ビワイチ・サイクリング

○参加人数        8名(うち男子7名、女子1名)
○開催日          2016年 8月 7日(日)
○集合時間・場所    10:30 JR東海道線 石山駅
○解散時間・場所    16:10  石山駅
○ルート 石山駅 ~ 瀬田唐橋 ~ 湖岸道路 ~ 烏丸半島 ~ 琵琶湖大橋 ~ 浮御堂 ~ 三井寺 ~ 琵琶湖疎水取り入れ口 ~ なぎさ通り ~ 石山駅・解散
○距離              約55km
○重点項目      烏丸半島の蓮と、なぎさ公園のヒマワリを見て、南湖を一周する
images1-20160807                                           
あ~れー! 今回のサイクリングはダブルで異常事態が発生か~?   テレビでも季節の話題として放映された様に、企画の目的である烏丸半島の蓮が今年は原因不明で消えてしまった!とはアリャリャ・・・ で、もう一つはそのせいか、お盆前の日取りのせいか、募集した人数の7割の人がキャンセル!とはアリャリャ・・・。   そんな事があっても、連日の記録的な酷暑が続く中でも、暑くてもじっとなんかしていられない元気なメンバーが石山駅に集まり、準備運動を済ませたらさあサイクリングのスタートです。
images2-20160807
最初に通る「瀬田の唐橋」は、歴史上でも「唐橋を制するものは天下を制する」と言われ、幾度となく戦乱の舞台となった日本三名橋の一つです。   ここをスタート地点としてビワイチを挑戦するサイクリストも多い有名な橋でワンショット。   ここからは快適な湖岸道路を走りますが、信号が無いので止まる事なく走り続けられるので、注意しておかないと水分を補給するタイミングを忘れてしまいそうです。
images3-20160807 
何人ものサイクリストとすれ違い、やって来たのは昨年まで日本で一・二を競う蓮の群生地があった「烏丸半島」ですが、アリャリャ! どうしてなのか今年は蓮が消えてしまい見当たりませ~ん!   昨年までは蓮が咲いている中をクルーズ船が走り、上空から蓮の群生を眺める熱気球が飛んで多くの人で賑わっていたのですが今年は人影も無く、風力発電の風車も寂しそうに見えます。   唯一残っていた蓮の花をバックにしてとりあえずの写真を撮って、琵琶湖大橋へと進みます。
images4-20160807 
琵琶湖大橋を過ぎて、ビワイチのサイクルスポットとして3月にオープンしたジャイアント・ショップがある「ラフォーレ琵琶湖」へ寄ってみる事にしました。   暑い中を走って来たので、ショップでサービスされているウォターサーバーの冷えた水の美味いこと、何杯もお代わりをして、今回は店内の商品を見るだけにして冷房の効いたショップを後にしました。   次は夏の花といえばヒマワリということで、有名な「なぎさ公園」のヒマワリ畑へ行きましたが、あまりの暑さのせいか多くの花が萎れていて、我々もそろそろ萎れてしまいそうとランチの店へと向かいます。
images5-20160807
ランチの席を予約した「ピエリ守山」に入った途端、寒い程冷えていると感じたのは、暑過ぎる外気のところから入って来たからでしょうが、直ぐにちょうどよく感じるようになり外は酷暑だと実感。   2階の「セカンドハウス」に入れば、正面の壁が全てガラス張りで琵琶湖が美しく輝いて見えいて、ここでも一番人気があるのは氷の入った水のポットで、何杯でも喉を通りMYボトルにも入れました。   ゆっくりとしたランチタイムで休んだ後はいよいよ琵琶湖大橋を渡ります。
images6-20160807
今回のルートで唯一のピークが琵琶湖大橋なので、全長約1400mの橋も余裕で上れます。   北側の新橋を通ったのですが、ここは東向きに60km/h以上で走ればタイヤが路面を転がる音で「琵琶湖周航の歌」のメロディーに聞こえるメロディーロード発祥の道で、次々と通る車の音に耳を傾けても、我々は西向きに走っているので一瞬で通過してしまい聞き取れませんでした。   蛇足ですが、自転車のタイヤでは音が出ませんので、無謀な挑戦はしない様に・・・。   水面から約26mの最上部から見渡す景色は最高で、日本一雄大な琵琶湖がよく分ります。   琵琶湖大橋を下って、次は堅田の「浮御堂」へと走って行きましょう。
images7-20160807
琵琶湖大橋から湖岸を南に少し走ったところに、近江八景の一つとして「堅田の落雁」と言われる有名な「満月寺・浮御堂」が湖の中から突き出た柱の上に建っています。   お寺の横の空き地から見ると御堂へと渡る橋が見えますが、正面は橋の反対側にあるそうです。   ここから先は国道161号線の旧街道を走って「三井寺」へと走って行きますが、暑さとの戦いです。
images8-20160807 
「柳が埼」を過ぎ「皇子山総合運動公園」近くのルート上に寄り道するところがあります。   時間的にも休みたくなる所に「コメダ珈琲店」があるので休憩を予定していたのですが、ここでフワフワかき氷はいかがですかと皆さんに聞くと待ってましたの声が・・・。   丁度食後のデザートタイムだったのでウェーティングとなっていましたが、ソフトクリームのトッピングが付いたかき氷を食べたいので待つことも苦にならず、笑顔であっという間に完食して大満足。   お腹も気持ちもリフレッシュできたので「三井寺」へと進みましょう。
images9-20160807 
皇子山公園から直ぐのところにある、平家物語で知られる「三井寺」にやって来ました。   この寺には日本三銘鐘の「三井晩鐘」と呼ばれる吊り鐘が有名で、近江八景の一つにも数えられていて、吊り鐘の形は寺の中に置いてある、「弁慶の曳づり鐘」を模したものだそうです。   お寺の重要文化財の見るからに歴史を感じられる山門前で、ここでは座り込んでハイ・チーズ!   ここから京都疎水の取水口を見て、浜大津の岸壁に行きます。
images10-20160807
やって来た浜大津の港には大型の観光船が停泊していて、どこかの海の岸壁の様です。   少し斜めになって来た日の光に湖面が輝いて美しいのでワンショット、遠くには琵琶湖大橋が・・・。   ここからは湖岸の自転車道を快適に走って行けば、もう少しで解散場所の石山駅に到着です。   駅に着いて皆さんから今回の感想を聞けば、走っている時には暑さを感じないが、停車している時の暑さには参った・全体的には楽しかった、との声が聞かれ、本日のサイクリングを解散しました。

西高野街道を南へ南へニコニコサイクリング

○参加人数        10名(うち女子4名、男子6名)
○開催日          2016年8月5日(金)
○集合時間・場所    9:30  自転車博物館上広場                                                                     ○解散時間・場所    15:00 自転車博物館上
○ルート           自転車博物館~西高野街道~狭山池~河内長野~くろまろの郷(昼食)~天野街道~西高野街道~自転車博物館
○距離               およそ40km(『初級の上』に訂正)
○重点項目        西高野街道を「南河内くろまろの郷」まで走り、帰りは天野街道に回りました。
images1-20160805
9時半集合時にはもう蒸し暑くなっていました。でも元気よく準備体操の開始です。いつもは一人の方に模範体操をして頂きますが今回は1人1動作を担当し、『股関節開脚』など新しい形も体験できました。スタートしてすぐ西高野街道に入り白鷺公園を過ぎて10分ほど走ったところで蓮池があり、しばし見とれていました。ほのかな紫色に何とも心が癒されます。
images2-20160805                                    
その後狭山池前から西除川沿いを走り、R310に出たところのコンビニで小休止。入るや否や全員すぐアイスクリームのコーナーへ直行。スイカバーやガリガリくんやカルピスシャーベットやら・・・。このあと昼食までの行程6~7kmを頑張ります。11時半ごろ奥河内くろまろの郷に到着してすぐ昼食。焼き立てパンや弁当とコロッケなどを買ってお腹いっぱいに。
images3-20160805                  
そうそう食後はやっぱりソフトでしょう!←地元産のトマトのソフト。『くろまろの郷』は結構混んでおり人気があるようです。焼き立てパンの小麦は河内小麦だそうです。食事と休憩で元気が出たところで折り返し出発。ただ天野街道までは上りが続き「ヒエ~」と言う悲鳴も何回か聞こえました。
images4-20160805
天野街道に出てからは木陰もありウオーキングの人もほとんどいなかったので楽チンでした(砂地がちょっと危なかったですね)。岩室のコーナンで小休止して一次解散をしました。その後は下りの西高野街道をスイスイ走り、途中ご自宅の近い方と別れながら自転車博物館まで無事帰ってきました(15:00着、約40km)。今回の私の反省:『初級』で募集しましたが距離・上り・暑さを考慮すると『初級の上』でしたね。(記:M船)

みんなで行こう!ニコニコサイクリング(多田銀山)

 ○参加人数        15名(うち女子4名、男子11名)
○開催日         平成28年7月31日(日)
○集合時間・場所    9:00  JR川西池田駅
○解散時間・場所    14:30 JR川西池田駅
○ルート          JR川西池田駅~猪名川沿い~多田神社~猪名川渓谷ライン                 ~多田銀山(悠々の館)~山の駅~JR川西池田駅
〇距離等                 30km
〇重点項目        みんなで声を伝達し、集団走行をする。
images1-20160731                                       
本日は、幹事のT田さんが何回も下見を行っていただいた多田銀山へのサイクリングです。 幹事の一人のH岡さんは、急遽仕事で残念ながらやむなく欠席です。今度はぜひご参加を! 源氏と武士団の発祥地をサイクリングします。出発前のブリーフィング、準備体操の後猪名川沿いをみんなで流します。 総勢15名となりますと列が長く、後方から前方が見えにくくなります。こういった場合は、声の伝達が集団走行では大切です。 東大寺大仏鋳造や大阪城築城の財源となった多田銀山を訪ねます。豊臣秀吉の埋蔵金伝説もあるそうです。寒いくらいの天然クーラー の坑道、夏の思い出のひまわり畑、みんなでいただく楽しいランチ、楽しい夏のサイクリングの一日でした。「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images2-20160731 
猪名川沿いをゆつくり流します。対岸は、木陰の凉しい道です。
images3-20160731
川沿いの道をみんなで快調に飛ばします。 清流と吹き抜ける風が心地よい道です。
images4-20160731
ひまわり畑を見つけて、みなさんで記念撮影です。 夏の思い出のひまわりをみんなでワイワイ愛でながら写真撮影でおおはしゃぎます。
images5-20160731
女性サイクリストのH江さん、T野さん、T田さん、S部さんです。 幹事の特権でセンターに収まります。満足~(^^)
images6-20160731
多田銀山の精錬所後で記念撮影です。レンガに「×印」のある岸和田煉瓦がつかわれている そうです。
images7-20160731
銀山の入り口です。なにか銀がつまっているような不思議な雰囲気に包まれます。(^^) 皆さん期待でワクワクします。
images8-20160731
坑道のなかは、気温19度で、天然のクーラーです。寒いくらいです。 岩石が銀色に輝いているような気になります。 銀の採掘を行いますと崩壊の危険がある看板の表示があります。 当然銀の採掘やお持ち帰りはしないでくださいね(^^)
images9-20160731
サイクリストがマスターの「山の駅」でハンバーグランチ、チキンのランチやオムハヤシライス等を楽しみ ます。 たくさんのトロフィーやメダル、写真が飾られています。 本日も朝から一庫ダムまで走りに行かれたみたいで、かなりの走り屋さんです。
images10-20160731
無事全員到着です。みんなでコンビニで無事到着を祝います。 みんなでお店の脇でいただくアイスキャンデーは格別ですね。(^^) この後自走や輪行やドライブで帰途につきました。 またみなさんで一緒に行きましょうね!

みんなで行こう!MTBサイクリング(高倉林道)本番

○参加人数        7名(うち女子2名、男子5名)
○開催日         平成28年7月30日(土)
○集合時間・場所    9:00  JR日根野駅
○解散時間・場所    13:15 JR日根野駅
○ルート          JR日根野駅~高倉林道~紀泉わいわい村~堀河ダム~高倉林道~JR日根野駅
〇距離等                31km
〇重点項目       林道をMTBで集団走行する。
images1-20160730                                          
本日は、幹事のH木さんが何回も下見を行っていただいた高倉林道へのサイクリングです。 さるすべりの花が満開の夏の日、青い空,白い雲、にぎやかなセミの声を聴きながらみんなでワイワイ ガヤガヤMTBで走ります。高倉林道の土の匂い、夏草の香りを感じ、木陰の凉しいダブルトラックを 走ります。テクニックも必要な走りごたえのある林道です。 コンビニで調達したランチを、今はやりの○○〇〇を探すゲームを話題にして、楽しみます。 紅2点のK村さん、Y内さんも元気です。Tさんもログを取り、K口さんは、ウエブカメラを撮影してくれて います。K村さんも積極的にMCC活動してくれています。 終了時間は、13時15分でガリガリ君をいただいて、お互いの完走をねぎらいます。 早い時間の終了だったので、お家に帰ってからお昼寝もでき、楽しい夏のサイクリングの一日でした。 「みんなで走ると楽しいよ!」ぜひ皆様もご一緒にいかがでしょうか!
images2-20160730 
しばし木陰で休憩です。通り抜ける風が心地よいです。
images3-20160730
夏空のもとみんなで快調に飛ばします。 MTBのタイヤの走行音が心地よいサウンドです。
images4-20160730
水分補給をこまめにします。電解質の摂取もぬかりなく行います。 H木さんからのアメの差し入れも美味でした。
images5-20160730
MTBサイクリングでは予期せぬことがよく起こります。工事中の脇を許可を得て、通らせていただき ました。
images6-20160730
みなさん、元気です。ロードバイクだけでなく、MTBも積極的に楽しんでいます。 ロードバイク、MTBでいろいろなサイクリングを楽しんでいってもらいたいものです。
images7-20160730
遠くに大阪湾や関空島を眺めます。きれいな海、青い空、遠く北の国に飛ぶ飛行機、気持ちも 晴れやかになります。
images8-20160730
高倉林道の碑の前で記念撮影です。林道のダブルトラックでは、深い轍に入らないようにラインどりを します。このスリル感とバランス感覚がなんともいえないですね。
images9-20160730
紀泉わいわい村でランチを楽しみました。 キャンプもできる静かなところです。 いつかお泊りでみんなでワイワイガヤガヤ楽しみたいものです。
images10-20160730
ダム湖とは反対側は、めまいがするほど高所の堀河ダムで記念撮影をです。 高倉林道を折り返します。林道を走り抜け、無事日根野駅に到着です。 充実した密度の濃いMTBランでした。早い時間の解散だったので、体力的にも時間的にも余裕の ある一日でした。真夏では、こういう形態のサイクリングも疲れを残さずにいいものですね。 またみんなで行きましょうね。(^^)

「蕎原 愛のパン工房から牛滝温泉」

○参加人数        11名(うち女子2名、男子9名)
○開催日          2016年7月24日(日)
○集合時間・場所     9:00 自転車博物館
○解散時間・場所     17:08  自転車博物館
○ルート      自転車博物館~国分峠~槇尾中学校~奈良原池前~内畑~愛のパン工房 ~牛滝温泉~春木川出口~国分峠~ 自転車博物館
○距離           73km (実走4時間04分 平均時速17.9km)
○重点項目     ヒルクライムの練習と、集団サイクリングを楽しく安全に

images1-20160724
 9:00 梅雨明けのうす曇り、自転車博物館前に集合、準備体操をして出発です。                                   10:47 走行距離16Km地点
国分峠を過ぎ、愛のパン工房の中間地点、槇尾中学校南のコンビニでひと休み。
images2-20160724
 11:14 チョットよりみち、奈良池前交差点付近                                                旧170号線のアップダウンを走行し、奈良池前交差点先の、織物工場の蓮池。                                    丁度蓮の花の見ごろでした。
images3-20160724
 「このショットは下見に行った時のもの」                                                                                夏休みに入ったばかりの興奮気味の、懐かしい少年の気持ちが感じられました。                                                      蕎原(そぶら)山荘のゆったりした時間が流れます・・・
images4-20160724
 12:09  愛のパン工房                                                                                     昼食タイム 特選カレー、愛のパン、ソフトドリンク
images5-20160724
 12:34  愛のパン工房                                                                                     昼食後のうちとけた談話タイム
images6-20160724
 14:22 牛滝温泉いよやかの郷                                                                                 バニラとチョコレートのミックスソフトクリーム
images7-20160724
 14:29  牛滝温泉いよやかの郷                                                                                温泉で汗を流し、喫茶室でひと時、休息タイム                                                                        ソフトクリーム、美味しかった。
images8-20160724
 14:48 牛滝温泉いよやかの郷 玄関前ロータリー                                                                      牛滝温泉いよやかの郷から自転車博物館めざし、元気に出発。
images9-20160724
 15:06 春木川町あたり                                                                                     226号線、春木川出口へのダウンロードでパンク。                                                                      ベテランがたくさん参加していますので、15分で修理完了しました。
images10-20160724
 17:08 帰着                                                                                           パンク1件、事故もなく無事自転車博物館に帰着しました。                                                                 皆さんお疲れさまでした。                                                                                    初企画ご指導ご協力ありがとうございました。                                                                         緊張しました。