日本の原風景「美山・かやぶきの里」 秋のサイクリング

○参加人数        10名(うち女子3名、男子7名)
○開催日          2016年 10月 23日(日)
○集合時間・場所    10:00 道の駅 和
○解散時間・場所    16:15 道の駅 和
○ルート 道の駅和 ~ 由良街道 ~ 九鬼ケ坂 ~  かやぶきの里 ~ 美山ふれあい広場 ~ 美山ロードレース・コース ~ 美山郷土資料館 ~ 由良街道 ~ 大野ダム ~ 道の駅和・解散
○距離                  約71km
○重点項目           秋のかやぶきの里で名物の鹿料理を味わう
images1-20161023  
今回は全員が車で来る事になり集合場所は「道の駅和」にしたので、早めに着いた人は近くの農家の方が持ち込んだ新鮮で、また大阪よりかなり安い野菜等が買えたので朝から大満足です。   しかし天候は、サイクリングを秋晴れの空で・・・、とスタートしたかったのですが、あいにくの曇り空で、雨雲レーダーに雲が無くても雨が降る事があると噂の美山を後で思い知らされる事に・・・。   この日の気温は20度まで行かない予報で朝は17度と少し低め、ウインドブレーカーの登場する時季ですが、村つながりのTさんとKさんの足元は、動きやすいいつものスタイルで少し涼し気です。   ここから由良川沿いに走り、国道27号線を越えて、府道12号線の由良街道を進んで行きます。
images2-20161023 
美山へは「日吉」地区からスタートする人が多いのですが、「和知」からだと山越えや長いトンネルを通らなくてよいので、車の通行量も少ない由良街道を走って行く方が快適に行けます。   帰路に寄る「大野ダム」が見えてきて、もう少し走って「静原」から府道162号線を進めば、今回の唯一のピークになる「九鬼ケ坂」に入り、峠の手前にある休憩所まで頑張って上ります。   休憩所には1988年の国体のロードレースのコースになった以降、毎年地元の全面的な協力で「美山ロードレース」が行われていますが、その記念碑の前でワンショット。   次は峠を越えて少し走った所にある「美山町ふれあい広場」に着いて、ここにはおいしい物がいろいろとあるのですが、帰路に寄るので少し休んだだけで早々に「かやぶきの里」へと向かいます。
images3-20161023 
時間もちょうどお昼頃となりお腹も空いてきたころに「かやぶきの里」に到着しました。   多くの観光客が来ており我々も直ぐに見て廻りたいのですが、ランチの後にゆっくりと見れるのでここからもう一走りした所にある「美山町自然文化村・河鹿荘」へ予約時間に合わせて行きます。   「河鹿荘」に入るのには由良川を渡りますが、この川の水の澄んだ清らかさには感動します。 予約していたランチはここの名物でお薦めの鹿料理、お見せ出来ないのが残念ですが、美山鹿肉のつみれ鍋・美山鹿ロースト・鹿丼・汁物・香の物・デザートのセットランチです。   鹿肉は猪肉と違い、クセも無くやわらかくて食べやすいのでご飯もお替りを貰い直ぐに完食して、お腹も満たされたところで「かやぶきの里」の集落を見学に行きます。
images4-20161023 
集落を見て廻る中でも「民俗資料館」の前が次々に交代で記念写真を撮るほどの大人気。   美山に何度も来て地元に詳しいY田さんが、各家にある消火設備の放水銃をかやぶき民家の形の箱に格納した箱の開け方や、毎年5月と12月に行われる防火訓練の一斉放水等を説明。   何故か落ち着くこの村を離れがたい気持ちですが、ここから折り返してきた道を走りだします。   次に行ったのは「ふれあい広場」で、ここでは珍しい低温殺菌の「美山牛乳」やミルク感が濃厚のソフトクリームを味わい、名産品を売っているテントが立ち並んでいる所でしばらく休憩です。   ここには次々とサイクリストがやって来るので、十分休憩したので帰路の美山ロードレースの周回コースで里山をのんびり走れる道へと進むのですが、噂の雨が本当に降り始めました。
images5-20161023
再び12号線に出て「大野ダム」の少し手前にある日本最古のかやぶき住宅として国の重要文化財に指定されている「石田家住宅」に寄ってみると誰かが何かを持っていたような出来事が・・・。   ここは誰も住んでいないのでいつ来ても囲いの中には入れないのですが、この日は偶然にも遠方に住む家主の方が来られていたので、親切に住居を見学させていただき説明をしてもらえたのです。   さすがにこの地域の庄屋だった建物なので今まで見たかやぶきの家とは作りが違い、屋根を葺く材料も萱以外にも2種類の材料を使った3層の構造になっています。   詳しくは家主のホームページを見てください。  http://heartland.geocities.jp/kayabuki1650/   坂道を上って行った甲斐があったと大満足し、そこから直ぐの所にある「大野ダム」に行きます。
images6-20161023
「大野ダム」に着いて休憩所に入ったのですが、そこに何気なく置かれたイスとテーブルは大きな木をくり抜いて作られた立派な物で、これを見ると山里に来たなーと実感することができました。   ここで少し休んで全員のダムカードをGETしたのでゴールの「道の駅和」へと向かいますが、行きとは大違いで雨で路面が濡れていて水跳ねを避けるのでゆっくりとしか進めません。   道の駅に戻ってきて皆様の様子をうかがうと、途中で噂の雨に降られても満足できた様子が見られたので今回も楽しいサイクリングができたようです。   自転車を各自の車に積み込んで、休憩所でお茶とお菓子を楽しんだ後、今回のサイクリングは解散となりました。

丹波篠山 黒豆ごはん他地産料理バイキングと江戸時代の街サイクリングと温泉

○参加人数        10名(うち女子4名、男子6名)
○開催日         平成28年10月22日(土)
○集合時間・場所    22日10:00 篠山城三の丸駐車場
○解散時間・場所    22日14:30  篠山城三の丸駐車場
○ルート          篠山城~篠山産業高校~黒豆の館(昼食)~川内多多奴比神~篠山河原町妻入商家群~篠山城跡~(車で移動)今田薬師寺温泉
○走行距離等                24km
images1-20161022                                   
毎年、篠山地産品を使った料理を楽しみに行うサイクリングは、今年で4年目となりました。 秋の里山の日本の原風景を楽しみ、江戸時代の街並みを観、最後に温泉で汗を流しほっこりとしたサイクリングでした。 大きな篠山城に集合。久しぶりに合った人たちは特に話に花が咲きます。 体操、ブリーフィングの後、本日のメインイベント「黒豆の館 ビュッフェランチ」に出発です。
images2-20161022
篠山の街並みを抜け、郊外の豆畑を通り抜けて、高校のイベント会場で休憩。 兵庫県立篠山産業高等学校での「平成28年 産校フェスティバル 「For One Purpous~僕らが魅せる創造~」  (昔で云うところの文化祭ですね。) に飛び入り参観。 校内中庭の催し物を一回り観覧。産業高校ですから、クッキーからパン、枝豆、焼き芋など産直です。 皆さん、高校生が栽培した黒豆を購入。その粒の大きさにビックリ・感動・高校生の勢いを感じました。 また、演目のミュージカル「レ・ミゼラブル」も観賞したかったですね。
images3-20161022
篠山産業高校からのんびりと4㎞程山間に向かってペダルを踏んでいきますと、いよいよ本日のメインイベント・ランチ会場の「黒豆の館」へ到着です。 アサイチに予約をしましたので、11時10分1番で10人無事入館です。
images4-20161022
ランチプレート片手に、ビュッッフェのテーブルへ。 レストラン内は入場人数をコントロールしていてくれるので、それほどの混雑は無く、楽しく選び、楽しく食事ができます。 丹波篠山産の甘く炊いた黒豆、黒豆ごはん、黒豆ゼリー、黒豆茶と黒豆パレードの他、丹波篠山の地元で穫れた農産物の食材を使った手作りの田舎料理バイキングです。 料理の種類も、ごはん類、蕎麦、カレー、チキンカツ、から揚げ、天ぷら、サラダ、キノコスパゲッティ、卵がけご飯などなど、実に豊富なメニューです。 デザート・コーヒーまでも付いたこのランチで、1,296円(税込)は皆さん、大満足の様子でした。
images5-20161022
昼食後は、日本の原風景を楽しみなながら山間の農道を北へハンドルを切ります。軽い登りですが、食後には良い感じの体への負荷が掛かります。 田圃と山里の森が爽快なサイクリングにしてくれるだけでなく、道ですれ違う地元の人々も気軽に挨拶を交わしてくれ、心ほっこりしました。 国道へ出る前で折り返し、今度はスムーズな道を篠山市内迄ゆるい下りを楽しみます。 途中「川内多多奴比神社(かわちたたねい神社)に参拝。 樹齢千年ともいわれる銀杏「垂乳根の公孫樹」(たらちねのぎんなん)に皆さんの関心が集まりました。『寿齢千年とともいわれ、上方の太い幹や枝に乳房のような気根が垂れさがり、古来、垂乳根・乳の木ともいわれ、育児や長寿を祈る御神木と仰がれています」と、解説版にありました。 なるほど。 参加者皆さんのランチ時の釣銭は、神社のお賽銭にさせていただきました。
images6-20161022
篠山市街に戻り「篠山河原町妻入商家群」の街並みを眺めながら、ゆっくり自転車を走らせます。篠山城築城の際に作られた古い街並みで、妻入りの商家が軒を連ねており、能楽資料館、丹波古陶館、骨とう品店、丹波陶芸品店、土産店、レストラン、古民家ホテルが軒を連ねていて街歩きには楽しい通リです。
images7-20161022
篠山城跡の堀端を西へ進むと、自転車がドイツで生まれたころに建築 「文化年間(1804年~1818年)」された、旧篠山藩士の長屋門に到着です。 武家屋敷の保存地区になっています。 たわわに実った色付いた柿と、茅葺屋根の江戸時代の家を眺めていますと、200年前の日本人の暮らしや、街並みに想いを馳せられました。日本人の心の故郷の光景でした。
images8-20161022
並びの家では、茅葺屋根の葺き替え作業を偶然見ることができました。更に、自転車を西の街並みへへ進めます。
images9-20161022
西町にある「西町ブリキ玩具製作所」が昭和の時代にタイムスリップして連れて行ってくれます。ここには、ブリキの鉄人28号を造る機械や、金型が保存されてています。 驚きは、昔の自転車のフロントフォーク、クランク、チェーンケース、ランプ等が展示されていました。一部は販売対象のようで、値札が付いていました。
images10-20161022
篠山市内をぐるっと一周し、篠山城へ戻り一度解散。ここから電車で帰る方、車で帰る方とお別れし自転車を車に積み込んで、天然温泉「こんだ薬師温泉」に向かい、露店風呂で汗を流し帰途につきました。 秋の篠山を堪能した一日でした。

阪神しまなみ海道

○参加人数        9名(うち女子3名、男子6名)
○開催日          2016年10月10日(月・祝)
○集合時間・場所    10:00 阪急今津線 仁川駅
○解散時間・場所    15:00 JRさくら夙川駅 阪急夙川駅
○ルート          仁川駅~武庫川サイクリングロード~鳴尾浜~甲子園浜~西宮浜~南芦屋浜~中央緑道~夙川
○距離                30km
images1-20161010                                    
10月10日は 50年前の東京オリンピックの開会式に 選ばれた日です。 なぜなら、ほとんど「晴れ」の日だから。
という訳で、景色を楽しむ今日のサイクリングにピッタリのお天気になりました。
阪神競馬場へ急ぐ人たちを横目に 準備体操をして さぁ、サイクリングに出発です。
仁川は 普段は水量のすくない川で 犬の散歩をしている人が 向こう岸からこちらにやってきます。そこここで 競馬場の警備員が 交通整理をしてくれます。 (ありがとぉ!)
武庫川にでたら 海に向かって 車輪を進めます。
サイクリングロードには たくさんの自転車乗り、ママチャリの人。
河川敷には ランナーが 川上へ川下へ。  サッカー少年たちが 練習中。  報徳学園の生徒もトレーニングです。
健康的な気分が盛り上がります。
images2-20161010
国道2号線からは 休日車両通行止の堤防の上を走ります。
海が見えたらそこは 鳴尾浜です。
阪神タイガース専用の練習球場へ。   今日は 藤浪投手が練習をしていたようです。
いよいよ 「阪神しまなみ海道」の始まりです。
鳴尾浜、甲子園浜、西宮浜、南芦屋浜の 4つの埋立地を橋で 渡って行きます。
阪神高速湾岸線と 同じ橋脚を使った 一般道なので 横を走るのは 高速道路です。 お天気のおかげで 貧弱なルートを補って余りある景色に見とれます。
和歌山の山並みから、金剛山、葛城山、北摂の山、六甲山、淡路島。
南港のATCも ハルカスも 見えます。  舞州の 建築家フンデルトヴァッサーのゴミ処理場の 金色の帽子が すぐそこにあります。
一つ目の橋を渡って、甲子園浜へ。
ウインドサーフィンの帆が ゆれています。
今日は風が強いので 水面を鳥のようにすべって行く サーファーがいます。  早いなぁ~~。
images3-20161010
2つ目の橋を のんびり渡り、 西宮浜では 西宮ヨットハーバーへ。
『太平洋ひとりぼっち』の堀江謙一が使った マーメイド号が飾ってあります。  堀江青年はここ西宮の浜から ひっそり出帆したのです。
ここで お弁当をいただきました。   女子3人は こっそりスイーツタイムも。
最後の橋を渡ると そこはセレブ芦屋。
クルーザーが係留できる桟橋を持つ家並みを横目に 海沿いを走ります。
釣りをする人や バーベキューする人たち、浜辺で遊ぶ子どもたち。
ゆったりとした時間の中を こちらも ゆっくりとサイクリング。
芦屋川の河口から 空中散歩のような自歩道を 走りぬけて 夙川へ。
ケーキ屋とパン屋の町なのに ただただ 景色を楽しんだ30kmでした。
images4-20161010
おまけの 足湯。
貧弱なリーダーを補ってくださったメンバーの皆様と これまた貧弱なルートを明るく照らしたお天道さまに 感謝感謝の一日でした。
参加してくださった皆様 ありがとうございました。

大和川亀の瀬地すべり資料室見学と竹内街道ツーリング

○参加人数        11名(うち女子1名、男子10名)
○開催日          2016年10月6日(木)
○集合時間・場所    9:00  自転車博物館上広場                                                                     ○解散時間・場所    15:30 自転車博物館上
○ルート           自転車博物館~大和川~柏原~亀の瀬~石川~古市~竹内街道~自転車博物館                                                                        ○距離               およそ45km
○重点項目        大和川亀の瀬地すべり資料室で地底探検を体験しました。
images1-20161006
数日前から雨や台風の予報がありヤキモキしていましたが当日は台風一過で青空が広がりました。今回は訪問先の地すべり資料室見学に興味のある方が多く、「近くにいますが行ったことがない」と言う方もおられました。出発後大和川の右岸をひた走り、石川との合流地点のリビエールホール前にて集合写真。この後近くのコンビニで昼食のお弁当を買って地すべり資料室に向かいました。
images2-20161006                                    
資料室では河川事務所の方が待っておられ到着後すぐ地すべりの歴史のビデオを見せて頂き、その後パネル展示場でさらに詳しい説明を受けました。もともと技術者の方なので説明が端的で分かり易く、地すべりの原理は粘土層の上の土砂が雨水でゆるみすべっていく現象とのこと。その対策工事の困難さが目に見えるようでした。
images4-20161006
images3-20161006                  
地すべりをそのままにしておくと大和川が堰き止められ奈良盆地が水没するとともに決壊すれば大阪平野も大水害に見舞われるとのこと。さてその後いよいよ地底探検です。全員懐中電灯を持って集水トンネルへ。中は16℃前後と涼しい上に頭上からザーザーと水滴が降ってきます(写真左)。もう1本のトンネルでは旧大阪鉄道の崩れたレンガが山積みの現場そのものを見れました。みなさん声が出ませんでした(写真右)。
images5-20161006                  
地すべり対策工事のスケールの大きさ、巨額な費用、時間の長さなど別世界を体感し1時間半がアッと言う間に過ぎ、その後ご厚意で室内で昼食を摂らさて頂きました。食事中に分かったのですがMCCではこの資料室の前を何度も通っているとのこと。大工事はすべて地中なのでわからなかったんですね。
images6-20161006 
ランチも済ませ一路27号線で駒ヶ谷駅を目指します。駅前から竹内街道に入り古市駅前を通って最後の休憩地(峰塚公園)で集合写真。今回のランは目的地のインパクトが大きく、サイクリングそのものは少し単調なようでした。およそ45kmを走り全員無事15:30に自転車博物館に到着しました。お疲れ様でした。(記:M船)

「北摂里山街道で三田へ行く」 初秋サイクリング

○参加人数        10名(うち女子1名、男子9名)
○開催日          2016年 10月 02日(日)
○集合時間・場所    10:00 能勢電鉄 日生中央駅
○解散時間・場所    16:30 能勢電鉄 日生中央駅
○ルート 日生中央駅 ~ 北摂里山街道 ~ 新三田 ~ エス小山本店 ~ めんたいパーク神戸 ~ 旧九鬼家住宅 ~ 川下川ダム ~ 猪名川町 ~ 日生中央駅・解散
○距離             約65km
○重点項目     初秋の北摂里山街道で三田まで行く。
images1-20161002  
ここ最近の天候は夕方から雨が降ったり、朝方に雨が降ったりする梅雨の様な日が続いていましたが、この日は曇ったり・晴れたりで、久し振りに天候に恵まれたサイクリング日和になりました。   三田方面は初めて行く人も多かったので、この段階ではまだこの方面は上り坂が多いのでハードなサイクリングになろうとは誰も考えていなかったのですが、それを知ってかK原さんは上りで楽なギアが使えるからとMTBで参加、上りには強いと思うがMTBで最後まで走れるのか少し心配です。   北摂里山街道を少し走れば道の駅「いながわ」に着きますが、ここからは約4キロほど続く上りで最初の足試しの区間として苦しめられますが、焼き肉ランチが食べられると気合で上って行きます。   ここを過ぎると里山の集落に出て、更に山間のアップ・ダウンする道を西へと進んで行きます。
images2-20161002
小振りな円錐形の山、「有馬富士」が見えたらもうランチの店まではあと少しです。   今回は三田まで起伏のあるハードな道路が続くので、体力の補充にランチタイムは早めの時間で、予約しておいた「焼き肉いちばん」三田店に入ります。  フリードリンク+デザート付きコースなので、早速ソフトドリンク・サーバーと席の間を何度も往復です。   焼肉ランチの後デザートと楽しいおしゃべりと、フリードリンクもある居心地が良すぎる環境で長居しそうになりますが、ボトルに氷水も補充し十分に休憩をしたのでここを後にします。   次に行くのは、三田と言えば「エス・小山」でしょう! とウッディタウンの丘陵の住宅街へと入って行き、大勢の人が並んでいる所が小山本店です。  日曜日の人出は見た事がなかったですが、順番を待ってられませんとここは少し見ただけでスルーしました。
images3-20161002 
ウッディタウンの丘陵を下りて行き、中国自動車道三田インターの近くからつづく小高い丘の上に建っている、「めんたいパーク神戸」に行くのにまた坂道を上がって行きます。   「めんたいパーク」の建物内では明太子の加工作業が見学できるようになっていますが、今日は日曜日なので加工場で作業する人数は少なく、観光客用のデモンストレーション程度の稼働です。   しかし直売所の中に入れば加工場とは比較にならない多くの従業員の方が、来場者の対応に忙しそうで、我々も生明太子の試食や明太加工品をあちこちのブースで試食して回ります。
images4-20161002 
ここでM崎さんのポケットから出てきたのは、明太子チップスのサンプル品引き換えチケットではありませんか、家にポスティングされたそうで、すぐさま皆で分け分けしてしていただきニッコリ笑顔に。   ここでしか味わえない「明太ソフトクリーム」は、甘くてまた辛い不思議なおいしさにも大満足して、お腹も満たされたところで「めんたいパーク」を後にして丘を下りて行きます。   次に行くのは、三田藩の家老職を代々つとめた九鬼家の当主「九鬼隆範」が、明治8年前後に建てた全国でも数少ない擬洋風建築の建物で、兵庫県の重要有形文化財に指定されている「旧九鬼家住宅資料館」です。
images5-20161002
擬洋風建築とは、明治維新後の純洋風の建築物に似せて建てた建築物で、1階は伝統的な商家のたたずまいですが、2階はベランダや窓が洋風の作りで、内部も洋間と畳の間が作られていて、九鬼隆範氏手作りの製図用具や、設計図用の絵の具等の小物が展示されています。   ここが折り返し地点で、帰路は武庫川沿いの平たんな道を進み、「川下川ダム」まで上がって山間の道を進めば新名神高速工事をしている道路に出て、猪名川町まで来たら心配していた事が!   MTBのK原さんから、ああ足が・・・の声が! しばらく休んで何とかスタート地の「日生中央駅」に戻ってきましたが、このコースはロードバイクやランドナーで走るのが適していると案内しておく必要があったと反省。  「楽しかった」と皆様の輝く笑顔が見られ今回のサイクリングを解散しました。