コリアンタウンにキムチ買いに行こ!ポタ

○参加人数        04名(うち女子2名、男子2名)
○開催日          2017年02月03日(金)
○集合時間・場所    09:00 大和川河川公園
○解散時間・場所    13:00 大和川河川公園
○ルート          大和川河川公園~長居公園~駒川~コリアンタウン(帰りも同じ)
http://yahoo.jp/XM3s9p
○距離           25km (実走1:40 平均時速15km)※サイコンアプリ調べ
○お天気など      快晴・気温4.9-11.9度
○重点項目       キムチを求めて楽しく美味しくお買い物&ランチで街中の安全走行実践!
                                          
朝の最低気温4.9℃の寒い日にも関わらず、集まって下さったこの日のメンバー。 「コリアンタウン=鶴橋→焼肉☆」と期待した方が居て、どうやら焼肉が食べられると思っていた模様・・・今日のテーマはキムチです!! 左から順に泉大津のM宅さん、堺市のS部さん、光明池のD水さん。幹事は市内在住H岡で、キムチを求めて元気よく出発~!
 
トイレ休憩で立ち寄った長居公園。街の中のオアシスです。 敷地内にコンビニも出来てさらに便利になりました。平日なのに朝から人が沢山で「お休みの日みたいやなぁ」と、S部さん。
 
なるべくストレスのないよう信号少なめ(なんと幹線道路の半分以下)、車や歩行者も少な目の道を選んで走ります。一時停止多目なのはご愛嬌。。 街中でも探せば自転車向きの道ってあるものですね。これは来た道を振り返ったところ。
 
はてさて、コリアンタウンに到着! あちこちに見たこともない種類のキムチが溢れていてワクワクします。 M宅さんは前に訪れた事があったようで、とあるショップさんをご紹介下さいました。ここも美味しそうな物がいっぱいで、早速お買い物に精が出ます。 さて、散策とお買い物を楽しんだあとはいよいよランチタイムです。
 
ランチもキムチ&おかずバイキングを予定してましたが、諦めきれないのか、「さっき通り過ぎた焼く肉屋さんで食べてきていーい?」とS部さんとD水さんは焼肉屋さんへ、M宅さんとHは予定通りバイキングへと二手に分かれてランチを頂く事に。。 M宅さん&H岡ペアのこの日のメインおかずは豚カルビ炭火焼でした。甘じょっぱい味にご飯が進む!
 
日替りメインおかず一品とキムチ&おかずも全25種類から好きなものを好きな分だけ頂けます。 こちらは持ち帰り用の売り物キムチたち。これでも少ない方なのに、種類が豊富ぎて写真に収まりきらない・・・^^;
 
色々味わえるように、まずはちょっとずつ・・・冬限定のトッポッギも他のおかずも美味でした♪ ¥1,080込/40分「豊年」さんTEL06-6715-5035
 
ランチの後は、お土産にキムチ購入へ。 H岡は自分用&お使い合わせて特売キムチ約5kg予約していたので引き取りに。S部さんM宅さんもそれぞれ気になったキムチを選びバッグへ詰めます。 「よっこらしょ」と背負って帰路へ。
 
午後から用のあるD水さんとは一本道で阿部野橋へ出られる交差点で、S部さんとは大阪泉南線(通称・あびこ筋またはときはま線)でお別れし、残るM宅さんとH岡も13時過ぎ大和川河川公園付近で無事解散。 今日はキムチがメインでしたが、今度は焼肉を味わいにも繰り出したいと思っています。よかったら行きましょうネ。 皆さん寒い中お付き合いありがごうございました♪(記:H岡)

旧街道を通って古市古墳群散走

○参加人数        7名(うち女子2名、男子5名)
○開催日          2017年2月7日(火)
○集合時間・場所    9:30  自転車博物館上広場                                                                     ○解散時間・場所    15:30 同上
○ルート          自転車博物館~竹内街道~古市(昼食)~古市古墳群~(ティータイム)~長尾街道~自転車博物館                                                                        ○距離                約38km
○重点項目         百舌鳥古市古墳群世界遺産登録を祈念してサイクリングツアーをしました。
これは何でしょう?マッドガード(フェンダー)です。雨の日や水溜りの走行時、ドロを背中に跳ね上げて困ります。H岡さんの自作ですよ。器用ですね、ぜひMCCの皆さんに製作講習をお願いします。・・・とワイワイやりながら古市古墳群に出発です。往路は竹内街道、復路は長尾街道経由で、上り坂はありません!
スイスイと11時には峯塚公園に着き、1つ目の峯ケ塚古墳で集合写真。後ろにはもうランチの『フラワー』さんが見えています。早速店内に入ります。大きなガラス窓からは池が見えて明るく、ランチ用テーブルやパンコーナー・ケーキコーナーがありました。
これはいつものランチ風景。ふわとろオムライスやパスタを頂きました(ワインボトルはお水ですよ!)。ケーキコーナーを行ったり来たりしましたがグッと我慢!食事の後、古墳巡りのパンフレットを見ながら簡単なコース案内をしました。
「フラワー」さんの前で集合写真(外壁が板チョコの柄でラッピングされています)。・・・さあ古市古墳群巡りの始まり。ここでM船さんの超アナログナビをハンドルに取り付けます(洗たくバサミ2ケ必要ですが)。
まず白鳥陵古墳から回り、応神天皇陵古墳の拝所に到着。仁徳天皇陵古墳の次の規模とのことで厳かな雰囲気でした。その後仲姫命陵古墳の周りの極細道をすり抜け、仲哀天皇陵古墳を回って、おからドーナツの「Mamma」さんを目指します。
かわいいお店の中で、おからドーナツを2個ぐらいペロっと頂きました。種類は日替わりで8種類ほどあるとのこと。この時、外では雪がパラついてきましたが最後の津堂城山古墳に向かい、古墳の休憩所前で集合写真。
今回巡った古墳は11基(おそらく?)でした。あとは帰るだけとなり、長尾街道を西の堺に向かって黙々と走り、無事自転車博物館に到着しました(15:30 約38km)。寒い中お疲れ様でした。(記:M船)

輪行マエストロになろうde三日市サイクリング

○参加人数        11名(うち女子0名、男子11名)
○開催日          2017年01月29日(日)
○集合時間・場所     9:00 自転車博物館
○解散時間・場所     15:00  自転車博物館
○ルート               自転車博物館~西高野街道~河内長野駅~三日市~ト トロ街道~千早口~歩絵夢~くろまろの郷~下里運動公園~寺ケ池~西高野街道~自転車博物館
○距離         60km
○重点項目    輪行講習と、集団サイクリングを楽しく安全に
images1-20170129
前日の天気予報の天気予報では午後の降水確率は70%でした。 当日、集合した会員さんはMCCの会員の中でも特に心がけの良い人達でしょう。 従って、当然雨が上がりました。 さて、準備体操をしてトイレも済まし、出発です。 みんなで頑張るぞー!
images2-20170129 
三日市を過ぎ、美加の台を超えたところから廃線跡、通称トトロ街道が始まります。ねこバスは通っていません。トトロが木陰からこちらを窺っているようでした。。
images3-20170129
本日の企画お楽しみの歩絵夢へとうちゃこです。 千早口からの登り初めにあるレストラン。予定より30分早くの到着でした。 ログコテージのレストランでゆっくりとした時間を過ごします。 洒落たレストランランチで、デートには最高でしょう。 育ち盛りの人には少し物足りない量かな? みんなでおいしく頂きました。ご馳走様でした。
images4-20170129
いただきま~す。
images5-20170129
ご機嫌でニッコリと、いただきまーす。
images6-20170129
スープ ご飯 ワンプレートに盛り付けられた洒落た料理 食後のコーヒー
images7-20170129
これが、綺麗に盛り付けられた料理です。
images8-20170129
三日市からくろまろの郷、手前の烏帽子形八幡です。 くろまろの郷で輪行講習を終え、下里運動公園に向かう坂道、リーダー角田の前輪のパンク、パンク修理講習は予定外でした。 全員事故もなく、予定より早く、15時自転車博物館に帰着しました。

岩湧山897.7mMTBで登頂サイクリング

○参加人数        8名(うち女子1名、男子7名)
○開催日         平成29年1月28日(土)
○集合時間・場所    9:00  滝畑ダムサイト展望台駐車場
○解散時間・場所    14:30 滝畑ダムサイト展望台駐車場
○重点項目          雪道走行を体験する
○走行距離               20km(メーター故障のため概算)
○コース          滝畑ダムサイト展望台駐車場~岩湧山~滝畑ダムサイト展望台               駐車場
images1-20170128                                            
本日のMCCランは、岩湧山標高897.7mを目指して、登頂サイクリングです。 先週まで寒い日が続いていましたので、白銀の世界に期待を寄せます。 ワクワクしながら準備体操です。 自転車博物館のMTBツーリングを経験されて、MCCに加入されたY岸さん、T田さんも初参加 です。紅一点のM崎さんも加えて、常連メンバーのI井さん、H木さん、K村さん、リーダーのH部さん、 庶務担当のW田の総勢8名です。杉木立の中を岩や大きな石を避けながらMTBを駆ります。 ラインをどうとるかがスムーズに走れるコツです。 MTB世界選手権経験者のリーダーのH部さんの轍をたどり、全員ついていきます。 こうしてみなさんがどういうラインをとればよいのかを学習し、落車もなくスムーズにMTBを走らせること ができます。道中S社の若い衆がH部さんにご挨拶をして、先に山に入られていきました。「若い!」
images2-20170128 
やがて雪道に入ります。轍のところがアイスバーンになっているので前輪を入れてしまうと滑ってしまい コントロールできなくなります。雪の層が厚いので、ギヤを落として新雪のところをたどります。 凛とした清々しい空気、心まで暖かくなる太陽の光、けがれのない清らかな湧き水、雪に残る森の 住人の小さなかわいらしい足跡、どれもが自然の恵みのごちそうです。(^^) ホワイトスノーの感触、アイスバーンの緊張感とスリル、後輪が滑った時のハンドルのカウンターステア等 雪道のMTBを操る楽しさを十分楽しみます。 上りは無理をせず、各自の技量でこなします。押しも一手です。 上りの楽な走り方も自転車博物館のMTBツーリングでみなさん学習済みです。 本日は、のぼりの実践です。(^^)
images3-20170128
途中でこまめに休憩を挟みながら、おしゃべりもしながら、体力を回復させます。 こまめに休憩をとると同時に徐々に標高を稼いでいきます。
images4-20170128
道がなだらかになり、天が開けて、青空が見えてくるようになると頂上は近いです。 みなさん、もうすぐ頂上なので気分上々です。 轍や氷が浮いた水たまりや木の枝を避けながら、走ります。 M崎さんは、水たまりに前輪をドボンとほりこんで「ワーワーキャーキャー」まるで少女のようです。(^^) こうしてみんなでワイワイガヤガヤ楽しみながら走ると、やがて頂上にたどり着きます。(^^)
images5-20170128
岩湧山山頂です。お日様が当たっていたので雪はほとんどありません。 登山者の皆様も思い思いにランチを楽しんでいます。 コンロでラーメンをいただいたり、ワンちゃんと一緒に登ってくる方々もいらっしゃいました。 私たちは、MTBで登山道に入らせていただいています。 マナーを守り、MTBを停止し、登山者の皆様にご挨拶をして、登山者の皆様が通られるのを待機 して待ちます。(^^)
images7-20170128
岩湧山897.7mの看板で記念撮影です。国土地理院の三角点もあります。 8名全員の記念写真です。みなさん、いい思い出になりました。(^^) 登り切った達成感を仲間全員でで分かち合う喜びは得難いものがあります。
images8-20170128
下りは、豪快に雪煙をあげて、走ります。下り勾配なので多少は雪の厚さで、ハンドルがとられることは ありません。 ここでH部さんの写真講座です。女性のポートレートだけでなく、雪の写真も得意です。 手前の雪を強調するために地面すれすれに撮影するといいそうです。 確かに雪が強調されています。勉強になりました!(^^) きれいな雪ですね。 今は食べたくないですが、思わずかき氷のみぞれを想像します。
images9-20170128
紅一点のM崎さんです。ワーワーキャーキャー言いながら、豪快に走ります。 雪道が楽しそうですね。 非常に高価な軽量のMTBを駆っています。積極的にMCCランにご参加くださっています。(^^)
images6-20170128
今井さんのランチです。パンやお野菜、お肉とバランスがとれています。 H木さんとシェアしていただいていました。 いろんな企画を積極的に出していただいて、皆さんをサイクリングに連れて行ってくださっています。 こうしてクラブの皆さんから個性豊かな企画があちらこちらで出て来て、企画の花が咲くことを願って います。
images10-20170128 
リーダーのH部さんが、SレーシングN様ご提供のコンロやご自身のコッヘルをご用意くださいました。 みなさんで暖かいコーンスープやおぜんざいを作ります。 みんなで作ったり、準備したり、ワイワイ言いながら楽しいもんですね。 食後のコーヒーやH木さん差し入れのドーナツ、M崎さん差し入れのチョコも美味しかったですね。 ありがとうございました。 全員参加で後片付けをして、冬の陽だまりの楽しいMTB登頂サイクリングの一日でした。 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

六甲アイランドと灘の酒蔵めぐり(下見)

○参加人数        3名(うち女子0名、男子3名)
○開催日         平成29年1月25日(水)
○集合時間・場所    10:00  JR山陽本線住吉駅
○解散時間・場所    15:20  JR山陽本線住吉駅
○重点項目          灘の酒蔵めぐりと六甲アイランドをゆっくりと自転車散歩する。
○走行距離               25km(メーター故障のため概算)
○コース          JR住吉駅~灘高校~谷崎潤一郎邸~菊正宗酒造記念館~白鶴酒造資料館御影大橋~六甲大橋~小磯美術館~てっちゃん工房~六甲マリンパーク~六甲大橋~JR住吉駅
images1-20170125                                            
本日のMCCランは、午前十時の集合直後人気店の魚河岸のすしえびすの絶品の海鮮丼を 目指して、下見コースから脱線して一目散に走ります。下見ならではの自由なサイクリングです。 リーズナブルな価格でボリュームもたっぷりあります。午前10時過ぎなのに食欲は旺盛です。(^^) 十分な腹ごしらえができて、下見に行く活力がみなぎります。(^^) 本日のサイクリングはこれで終了!(笑)
images2-20170125 
住吉川の瀟洒な住宅街を眺めながらしばらく走ると灘中学校や灘高校に到着です。 門の外まではみなさん行けますので、ここで記念撮影です。 門の中に入るのは、諸事情勘案なかなか難しいですね。(><)
images4-20170125
文豪谷崎潤一郎邸です。 谷崎潤一郎先生は、天界の恋を遂げた松子さまとこのお屋敷に住まれたそうです。 船場の旧家の松子さまの妹二人も寄寓しました。 名作「細雪」は人も家もほぼ事実のままここを舞台に誕生したそうです。
images5-20170125
灘の生一本といえば上物のお酒の代名詞です。 灘のお酒は、灘五郷と呼ばれる西宮郷、今津郷、魚崎郷、御影郷、西郷の五つの地区で生産 されています。 今回は御影郷にある菊正宗酒造記念館を訪ねました。 「菊正宗」の年季の入った立派な看板が見事です。 この建物も震災の影響を受けて、かなりの被害を被りました。 復興の底力を感じました。
images6-20170125
たくさんの昔の酒造道具が展示されています。 DVDを見ながら酒蔵の歴史や日本酒の製造工程を勉強します。 売店では、お酒にまつわるいろいろなグッズも売られています。お土産に日本酒を早速購入です。 もちろんサイクリングではお家に帰るまで飲酒はご法度です。
images7-20170125
お酒と美人画が展示されています。 立派な絵に思わず見惚れてしまいます。「お美しいですなぁ(^^)」 お酒にまつわるいろいろな看板、ポスター、器も展示されています。
images8-20170125
次に白鶴酒造記念館に向かいます。 あたり一面に日本酒のほのかな香りが漂います。 ここは灘!お酒の郷です。
images9-20170125
御影大橋を渡ったのち、六甲大橋を渡ります。 広い歩道橋があり、走りやすい道です。 歩行者や自転車が混じりますので、徐行が必要です。 本日は風もなく煙突の煙も真上に上ります。 背景の六甲山も眺めがよくて、きれいです。
images3-20170125
六甲アイランドの未舗装の走りやすい散歩道をのんびりポタリングです。 マリンパークで一息つきます。幸いなことに風もなく、刺されるような冷たさは感じません。 貨物船、ガントリークレーン、まるで海の上にいるかのような感覚のまじかに見る水面、 快適なシーサイドプロムナードでのポタリングです。 ゆっくり自転車を転がします。ご機嫌さんです。
images10-20170125 
お家に帰ってからお土産にカネテツデリカフーズさんのてっちゃん工房で仕入れたかまぼこを 肴に辛口大吟醸の「菊正宗」で一献! 華やかな香りと奥行きのある味わいで至福のひと時でした。 本番もまたみんなで行きましょうね(^^) 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!