一度は挑戦 「鍋谷越えで紀ノ川へ」 春のサイクリング

○参加人数        11名(うち男子10名、女子1名)
○開催日          2017年 04月 16日(日)
○集合時間・場所    09:00 JR和泉府中駅東口
○解散時間・場所    16:10 JR和歌山駅
○重点項目          鍋谷峠を越えて春の紀ノ川を走る
○走行距離                約72km
○コース 和泉府中駅 ~ 鍋谷峠 ~ 串柿の里 ~ 青洲の里 ~ 旧名手宿本陣 ~ 紀ノ川自転車道 ~ 桃源郷 ~ 藤桃庵 ~ 貴志駅 ~ 大池遊園 ~ 伊太祁曽神社 ~ JR和歌山駅・解散
 
今回のルートは鍋谷峠を越えて行くので、出来るだけ足を疲れさせないように麓まで行けるようにと、「和泉府中駅」まで輪行で!と考えていたのですが、M尾さんは40キロほど自走で来たが・・・?   それに日中の気温が23℃を超える陽気になるとの天気予報が当たって、半袖ジャージがちょうど良いくらいで天気良すぎ~!  大汗をかいて鍋谷峠越えに挑戦するサイクリングがスタートします。   府道226号から旧国道170号線に出て、「葉菜の森」で休んだらいよいよ酷道?480号線を走り、「鍋谷橋」まで来たらここからは各自のペースで上りますが、峠まで何分で上れるかを4人が挑戦するので最初からハイペースで上って行きますが、誰が峠まで一番早く上れるのか結果が楽しみです。
 
六甲で鍛えているM崎さんは30分を切るような勢いで一番に着き、それからT村さんとK田さんにI井とM宅さんが続いて到着ですが、普通なら力強いM尾さんは自走してきたことを後悔する結果に・・・。   自身一人で上るより皆と上った方がヤル気の励みになるのでタイムも縮まり、頑張って峠に着いたら心地良い満足感を味わえるので、それが気持ち良いためか他にも多くのサイクリストが来ていました。   他のサイクリストは大阪側に下りて行きましたが、我々は和歌山側に下り「串柿の里」へと進みます。   和歌山側は景色が良い道なので快適に走れて、紀ノ川の手前で「青洲の里」へ入って行きます。
 
青洲の里では人気のあるランチ・バイキングを楽しめるのでいつも人が多いですが、早めの時間だったので直ぐに室内の席と外の気持ちが良いテラス席に分かれて入れ、楽しいランチタイムの始まりです。   食べ過ぎたら後が苦しいので腹八分と分っているランチ・バイキングですが、おいしそうな色々な料理が並んでいるとあれもこれもとトレーに入れてしまい、フリードリンクも何杯か飲めばやはり食べ過ぎー!   ゆっくりとランチを楽しんだ後華岡青洲の住居兼診療所だった建物が保存されている「春林軒」を少し見たら、次に行くのは青洲の奥さんの実家である「名手本陣」の妹背家の屋敷跡に向かいます。
 
紀州藩士が参勤交代で江戸に向かう途中、休憩や宿泊に使用した「名手本陣」は大和街道沿いにあり無料で開放され、丁度お雛様を片付けた後だったとかで管理をしている人からあちこちを案内してもらい、蔵の中や葵の御紋が入っている屋根瓦なども見せてもらい、一緒に写真に納まりました。   この後紀ノ川を渡って川の南側の自転車道を快適に走って「桃源郷」に行くと、今頃は桃の花は摘花されていると諦めていたのですが、桃の開花も遅れていたのか綺麗な花を見ることが出来て大満足。
 
「桃源郷」に来ればここへ行っとかないと! とやって来たのは桃農家がやっているジェラートの「藤桃庵」で、今日もサイクリストや車で次から次に来客があり、人気があるのも食べてみれば頷けます。   4/1(土)に開催された「ピンクリボンサイクリング」に何度も参加しているH木さんはここの無料券をイベントの時にもらったとかで、それを今回使用する事が出来て良かったですし、皆もおいしさに笑顔ですが不思議なもので満腹状態でも甘いものは別腹と言われるようにデザートならまだまだいただけます。   お腹も膨れ直ぐに走るのが嫌になりそうてすが、「貴志駅」の2代目タマ駅長に会いに行きましょう。
 
貴志川自転車道を走って「貴志駅」に到着するとタマ駅長は観光客の雑多も気にせず爆睡中です。   駅前で電鉄社の制服に着替えて写真を撮りましたが、ガイド嬢と間違うほど違和感なく似合ってしまうM崎さんや、制帽が不思議と似合うT田さんやM尾さんも楽しそうで、イチゴ電車も見たかったのですが到着時間迄待てないので、次の「大池遊園」に行くと多くの人出ですが桜はもう散り始めでした。   次に木の神様で有名な「伊太祁曽神社」に寄って木の穴をくぐって厄除けをして、ここからは和田川沿いを進み「交通公園」から県道138号に出れば、あと少しでゴールの「JR和歌山駅」に到着です。   和歌山駅に着いて、皆さんから楽しかったとの感想が聞かれ今回のサイクリングを解散しました。

サイコンアプリ体験・長居公園お花見ポタ

○参加人数        06名(うち女子4名、男子2名)
○開催日          2017年04月15日(土)
○集合時間・場所    09:00 長居交差点(長居公園南西角)
○解散時間・場所    10:30 同上
○ルート          長居交差点→長居公園で桜を愛でながら座学
○距離           4km 0:14 獲得標高15m 巡航速度15km/h
○お天気など       晴れ 15~23度 湿度60% 風・西
○重点項目        サイコンアプリを使ってみる。体験、概要を把握し、今後のサイクリングに役立てる。お花見!
 
Ride with GPS勉強会スピンオフ・新企画「サイクリストにはお馴染みの“サイコンアプリ”ってどんなもの?体験してみよう!会」(長い)の第二回です。前回ご好評頂いたことで気を良くして(調子に乗って?)早速の2度目の開催です。 今回も、申込みはほぼ即日満員御礼!またもメンバーさんが入れ替わることなく当日を迎えました。ありがたや。(一名急遽お怪我で欠席・・お大事に)第一回とほぼ同じメンバーなのはご愛嬌・・・^^前回も参加して下さったA吉さんは、聞くと体験会の翌日早速サイコン購入&アプリ使用を実践!素晴らしい~!うれしいもんですね。ご心配なさらなくても3回まではOKですヨ(笑) 今回はついでにお花見も出来る♪と長居公園でテーブルをお借りして座学&ランです。
今日の参加者は、即日サイコン購入&アプリ実践!の行動派・A吉さん、スマホデビュー1週間・T田さん、大画面スマホで参戦・T野さん、アプリに興味津々・M井さん、9~10インチタブレット持参・M田さん(五十音順)&幹事H岡の計6名。今回も女性が過半数超えでした。 サイコンの基本解説、アプリの簡単な解説をしつつも、スマホでの操作に関する疑問・質問が多くほぼスマホ教室に・・・^^;(アプリどこいった・・笑)。皆さん熱心に慣れないスマホと向き合って下さったおかげか、8割の方が無事アプリのインストール完了、あとは実際に使ってみるだけに。おめでとうございま~す!
 
また、意外にもリピーターさんが多かった為、少しだけ突っ込んだアプリの使用例もお伝えさせて頂きました。例1.記録したラン情報(ログ)の活用方法。例2.知らない土地や迷った先から無事自宅へ帰り着く方法。例3.自転車向きの道を見つける方法。etc.etc.... ちなみに、操作説明に時間取り過ぎてお花見ランはほぼ皆無^^;でした(スイマセン)。皆さんの疑問&ご興味に少しでも応えられたことを期待しつつ、懲りずに3回目の開催も目論んでいるので、ご興味のある方はぜひどうぞ。 皆さまお疲れ様でした!(記:H岡)

泉州路の春の花を楽しむポタリング

○参加人数        10名(うち女子2名、男子8名)
○開催日         平成29年4月10日(月)
○集合時間・場所    10:00  JR阪和線久米田駅
○解散時間・場所    13:50  南海本線本線泉大津駅
○重点項目           泉州路の春の花を愛でるポタリング
○走行距離                 約 25km
○コース           JR久米田駅~久米田池(観桜)~包近公園(観桃)~井坂酒造~愛彩ランド~蜻蛉池公園~春木川側道~下松駅~紀州街道~泉大津駅(解散)
悩ましい天気予報だったが、世話役相談の結果、状況をみながら実施することに。 コースは、きつい坂もあまり無くのんびりと春を愛でながら走れる良いコースです。  一番目の目的地「久米田寺」でパチリ!  (写っている自転車はメンバーのではございませんので…念のため。
 
包近公園の桜と近隣の桃園の花の競演は見事! (余にもキレイな桃園に見とれて記念写真を撮り忘れ…)
文政元年創醸。お酒の神様として知られる奈良の”三輪神社”から特別に名前の使用を許された「三輪福」が有名な酒造。工場の煉瓦造りの煙突も一見の値打ちですよ…
今回のコースで一番キツイ坂を上ると、道の駅「愛彩ランド」 昼食やスイートを各々調達し「蜻蛉公園」へ向かう。 公園の高みにある道からの眺めは百花繚乱…本当に美しい。 昼食後、悩ましい空模様の事もあり、和歌山から参加のN下さんとお別れし 春木川沿いに解散地へ、9名全員が最終解散地の泉大津駅に予定よりも早く到着。何とか天気も持ちそうなので夫々自走で帰路につきました。 「記:中川」

新年度は『座禅体験』サイクリングでスタート!

○参加人数        11名(うち女子3名、男子8名)
○開催日         平成29年4月5日(水)
○集合時間・場所    9:00  自転車博物館上
○解散時間・場所    14:00 河内長野駅前
○重点項目          煩悩を払拭する?
○走行距離                約30km
○コース          自転車博物館~河内長野駅~三日市町駅~勝光寺~万作(昼食)~河内長野駅(解散)
  
真剣に座禅(瞑想中)
 
終わってからご住職と記念写真・・・皆さんなんと穏やかな顔々 (記:M船)

「丸高稲荷神社の桜と卵庵・はしたま」 お花見サイクリング

○参加人数        10名(うち男子7名、女子3名)
○開催日          2017年 04月 02日(日)
○集合時間・場所    09:00 河内長野駅前ロータリー
○解散時間・場所    15:40 河内長野駅前ロータリー
○重点項目          丸高稲荷神社の花見と卵かけご飯の店「卵庵・はしたま」に行く
○走行距離                約55km
○コース 河内長野駅 ~ 310号線 ~ 金剛トンネル ~ 五條市 ~ 橋本市 ~ 丸高稲荷神社 ~ 卵庵 ~ 林間田園都市 ~ 紀見峠 ~ トトロの道 ~ 三日市 ~ 河内長野駅・解散
                                   
日中は春らしい気温になってきましたがまだ朝晩は肌寒く、今年の桜の開花も例年より1週間ほど遅れていますが、今回の花見に行くサイクリングに自走や輪行で参加者が集合場所にやってきました。   今日は風もなくサイクリングには最高の穏やかな天気に恵まれ、花見は期待できなくても走るだけでも気持ちが良さそうで、安全確認や準備運動を終えたら楽しくて・辛い?サイクリングのスタートです。
 
スタートして直ぐに国道310号線に出て「金剛トンネル」までは上り基調の道が長く続くので各自のペースで走ってもらい、途中に何ヵ所かキツイ上りがあるので「行者湧水」の所で遅れている人を待ってまた各自のペースで上って行きます。  この道はトレーニングに走るのによい道なので多くのサイクリストに出会い、我々も頑張って奈良県の標識と「金剛トンネル」が見えた時に、凄い達成感を味わいます。   ここから上ってきた分の長い下りが続くので体が冷えない様に服装を調整して、奈良の町を見下ろせる景色が良い道ですがカーブが多いので慎重に下りて行き、牧野小学校前で橋本方面へ進みます。
 
「シフレカントリークラブ」の外周を通り、車の通行が少くて自転車で走りやすい「落合磨崖仏」の前を通る道を進むのが最短ルートですが、「あやの台」に入るのに短いがキツイ上りの試練をまた受けます。   「オー・ストリート橋本」の前から京奈和道沿いを進むと山道になりますが、この山上に目的の「丸高稲荷神社」があり、下からでも山上をよーく見ると赤い鳥居が見えるので山上へと行くのですが・・・。   山上への道は立漕ぎをしても上れない激坂で、坂バカ女子のM崎さんも諦めて皆と一緒に歩いて上りますが、なんという事でしょう!H岡さんはただ一人自転車で上まで上り切ったのには皆驚きです。   山上には紅白幕の舞台や提灯が飾られ花見の準備が整っているのですが、主役の桜はまだつぼみの状態で満開になるのはもう少し先になりそうで、満開に咲いた時の美しい風景が想像できます。
 
山を下りてもう一つの目的の卵かけご飯の店「卵庵・はしたま」には少し走れば到着しましたが、お昼には早いのにもう予想通りのウェーティング状態になっていて、我々の前の14組の順番を待つことに。   食べてみればこの店に人が来る理由が分かり、450円の「卵かけご飯セット」の大盛りを注文して食べ放題の卵をかけて食べると言うか飲むと言うのか、卵の海にご飯が漂っている中へ刻み海苔を浮かべて、最も食べれらた人は卵5個で、周りのお客さんの中には卵だけ飲んでいる人もおられて満腹です。   スイーツは別腹と同じ敷地内の系列のスイーツの店で、沢山の卵を使用した安くて濃厚なプリンやシュークリームを買ったらコーヒーのサービスをしてもらって、今日は何かと得をした気分で大満足です。
 
お腹も満たされたので大阪へ戻る紀見峠に向かいますが、峠に行くのは車の通行量が多い国道バイパスを避けて裏道になる紀見住宅街路を通りますが、満腹状態の体にはキツイ上り坂に感じます。 この峠までが最後の上りだと思えば気持ち的には楽なので各自のペースで上ってもらい、全員「紀見峠」に到着して味わえる達成感に自然と笑顔が見られ、自転車のおしゃべりで楽しい時間です。   峠から下って国道371号線に出ると車の通行量が多いので、ここからは少しだけ安全の為歩道を走行して、自転車で気持ちよく走れる「トトロの道」に入って三日市まで進めばもう残りあと少しです。
 
河内長野まで戻ってくるとやはり締めにはあそこへと「天野酒店」に寄って「酒粕サイダー」を皆で飲んでいたら自転車好きの店主から、向かいのリノベーション工事中の建物を庭を見ながら飲食できるスペースへ9月に完成するのと、9/23にここで自転車の大きなイベントがあるとの情報が得られました。 河内長野駅に着いて今日の皆様の感想を聞いたら、心配していたキツかったの声は誰からも無く、楽しかったとの感想が皆から聞かれたので、また次のサイクリングを楽しみにして解散となりました。

サイコンアプリ体験・堺七道雛かざりポタ

○参加人数        07名(うち女子5名、男子2名)
○開催日          2017年03月28日(火)
○集合時間・場所    09:00 大和川河川公園
○解散時間・場所    11:30 大和川河川公園
○ルート          大和川河川公園・サイコンアプリ概要説明(座学)→堺七まちひな飾りめぐり・芦刃物→つぼ市製茶→松澤呉服店→岸本自転車→水野鍛錬所
○距離           4km 0:14 獲得標高15m 巡航速度15km/h
○お天気など       晴れ 5~14度 湿度60% 風・西
○重点項目        サイコンアプリを使ってみる。体験、概要を把握し、今後のサイクリングに役立てる。
 
Ride with GPS勉強会スピンオフ・新企画「サイクリストにはお馴染みの“サイコンアプリ”ってどんなもの?体験してみよう!会」です(長い)。CさんのRide with GPS勉強会はPC上でサイクリングの計画・ルートを描く手順を非常にきめ細やか、かつ高度な内容でレクチャー下さり大盛況でした。しかし、高度過ぎて難解な部分も多かったので、厚かましくもその導入部分をH岡がさせて頂くお願いをしたところ快くOK下さったのでした。 こちらはまずはサイコンアプリの概要を掴んでもらう為の入門編です。 なんと、申込みは即日満員御礼!更に開催日まで一度もメンバーさんが入れ替わることなく、意外や意外、皆さんの期待度が高いようで、「どないしよ…^^;」と若干プレッシャーを感じるH岡。
 
H岡のサイコン愛に始まり、サイコンの基本解説、アプリの簡単な解説をしつつお話を伺ってると、 「サイコン自転車に付けたいけど、どれにしようかまだ決めかねてて買えてない…」(ふむふむ) 「前使ってたけど止めたわ。スマホのアプリで録れるならやってみたい」(ほほう) 「サイコンアプリ、入れて使ってみたけどイマイチ操作が分からん。記録止め方どうすんの?」(なるほど) 「アプリ使ってるけどスマホ自体あんまり得意じゃなくて…」(私もです) 「走行記録は録りたいけど、サイコン自転車に付けてるとよそ見で事故らないかが怖いわ」(分かります) 「そもそも“アプリ”って、何??サイコン付けてるけどよう分からん。これで何する物なん?」(ええっ?!) 等々、思いも寄らない質問も飛び出し皆さんそれぞれ興味津々なのがビシビシ伝わってきます。 座学&雑談であっと言う間に約一時間経過し、じっとして少し冷えてきたのでそろそろ実地体験へ。
 
今回の参加者はこちらの皆様。 左から、後列・T野さん、K谷さん、M宅さん、前列・A吉さん、S部さん、M井さん、カメラマン兼幹事H岡の計7名様。サイクリングイベントではまたまた珍しく女性多数でびっくり。
 
アプリ体験の舞台に選んだのは「堺七まちひな飾りめぐり」。春の訪れにおひなさまを愛でる、近場でこんな素敵な催しがされているならぜひ伺いたい!と、幹事のセレクトで散走へ。
 
会場へ向かう途中、ちょうどチン電の通過に遭遇。急いで並んでもらいすかさず一枚。H岡企画は注文の多いカメラマンが出没するので参加者さんは大変です(笑)
 
会場で一番北の“芦刃物”さんから見学に。紀州街道の店外から窓越しに雛飾りを眺めていると、中から職人のお一人が出てこられ作業場見学をさせていただけることに。 中はうなぎの寝床のような作業場に所狭しと大型機械が並んでいます。
 
1階の作業場の機械装置で各行程の要点説明や、2階にただの鉄から素晴らしい切れ味の包丁になるまでのサンプル展示もあり丁寧に解説してくださいました。堺の包丁はいつかは持ってみたい憧れの品ですね。こちらの商品は本職でなくても購入できネット販売もしてるそうですが、店頭購入者には超嬉しいお得な割引もあるとか…。
 
今度は会場南端の“つぼ市製茶”さんへ。残念ながら定休日で、こちらのおひなさまには会えず・・・。マップに導かれ紀州街道の東1本裏道を行くと、“松澤呉服店”さんで素晴らしいひな壇の展示が。せっかくなのでその前でパチリ!お雛祭りはやはり女子のもの?気付けば前列に女性が陣取っていてパワフルさを感じますねえ。 気のいい店主さんがシャッターと「水野さん行った?古いおひなさんが見られるよ」との情報も下さいました。
催しの主宰“水野鍛錬所”さんは1階と、さらに2階にも数組のいろんなひな飾りを所狭しと展示。中には、なんと大正時代(!)作の非常に年季の入ったものもあり殆ど文化財級でした。こちらは現物を生でご覧いただきたいのでここでの公開は致しません。(写真は別の昭和初期作のもの) “水野鍛錬所”さんお隣の“岸本自転車”さんもひな飾りが。こちらは某情報筋によると、堺で一番古い自転車屋さんで某DURAパーツの初期型が店先に置いてるとか置いてないとか…?
 
圧巻、精巧できらびやかなお雛様をうっとり眺め眼福の一日でした。 最後はアプリの記録停止・保存手順をお伝えし解散に。この日アプリ初使用のM井さんもスマホできちんと記録が録れており、基本操作はばっちりマスターなさっていました。ショートトリップでもサイコンの楽しさを感じて下さったご様子、お伝えした甲斐がありました。 自分の走りが数値化されて確認できると、やはり張り合いが出るというもの。サイクリングの楽しみを何倍にも拡げてくれるサイコンアプリ、まだの方はぜひお試しあれ♪ (記:H岡)

ツアー・オブ・ジャパン京都ステージ&味祭手打ちそばラン

○参加人数        13名(うち女子2名、男子11名)
○開催日         平成29年3月19日(日)
○集合時間・場所    10:30  背割堤
○解散時間・場所    15:15  背割堤
○重点項目          河川敷の安全走行とTOJ京都ステージのコース+手打ち蕎麦                を堪能する。
○走行距離                  58.6km
○コース          一部枚方市駅→背割堤 → 流れ橋→味祭手打ちそば→ TOJ京都ステージー→流れ橋→背割堤・解散→一部は枚方市駅・解散
                                       
MCCサイクリングは晴天に恵まれ、暖かい一日になりました。 9時過ぎに、集合時間を9時と勘違いされた方からの確認電話も頂きましたが、 集合は10時半とお知らせしました。 (私以外のほとんどの人が遠方の為、集合時間を遅くしています) 9時45分には枚方市駅近くの河川敷円テーブルには4人が集合して、 他の人が待つ「背割堤」に向かいました。 淀川の河川敷は道幅も広くゆったりと走れます、背割堤集合は10時半と時間はたっぷりあるので ゆっくり、のんびリ走ります。 背割堤に到着しました、ライダーミーテイング(自己紹介、コース説明、注意事項説明、準備運動) を楽しく、和気あいあいで終わり、スタートです。
 
TOJ京都ステージのコースを走る前に腹ごしらえ 「味祭」さんの手打ちそばを各自おいしく頂きました。
昼食を終えて店から出ると、テレビ連載中のアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」 の作者が自転車競技連盟の方とご一緒に来れていて、このTOJ京都ステージを アニメの内容に取り入れる為に取材で来られていたとのこと、 今回の参加者メンバーの中にその方を知っている人がいて (これも驚き) 一緒に記念写真をとりました
TOJ京都ステージのコースはアップ・ダウンが幾度もあり 各自のペースで安全に楽しく走ります。
上りはフリーで各自のペースでどんどん走ります
もちろん、先に着くと後の人を待たなくてはいけません 天候が良いので、花粉対策も十分に必要です
楽しく、あっと言う間に「TOJ京都ステージ」のコースは終わり も一度走りたいそうな方もいましたが、帰路につきます。 帰りは、道の駅、流れ橋、と休憩を入れながら、行より少し早く走りました。 (途中で、2名の方が現地解散をされました) 向かい風が強く、爽やかでしたがペダルが重かったです 背割堤には計画時間より16分遅れの3時31分に到着。 ここで解散、5名は枚方市駅まで走り、今回のイベントは終了しました。 参加された方々、ありがとうございました、お疲れさまでした。