「ラーメンとバラの花」 北摂ぐるっとサイクリング

○参加人数        10名(うち男子7名、女子3名)
○開催日          2017年 05月 14日(日)
○集合時間・場所    09:00 淀川河川公園(海老江)
○解散時間・場所    16:20 淀川河川公園(海老江)
○重点項目          インスタントラーメン発明記念館と荒牧公園のバラの花を見に行く
○走行距離                  約52km
○コース 河川公園 ~ 豊中 ~ インスタントラーメン発明記念館 ~ 巡礼街道 ~ 中山観音 ~ 小浜宿 ~ 荒牧公園 ~ 瑞ケ池・緑ケ丘公園 ~ 伊丹酒蔵通り ~ 伊丹空港着陸路 ~ 河川公園・解散
前日は降雨で気温も低い一日でしたが、今日は天気に恵まれて朝から少し暑い様な日差しの中、淀川河川公園から先ず「インスタントラーメン発明記念館」へと今回のサイクリングはスタートします。   伊丹空港の東側で車の走行が少ない道を走って記念館に到着すると、この日は団体客が少ないのかいつもより館内の混雑は無く、当日受付で参加できるマイカップヌードル作りに並ぶ列も短いです。   各自で自由に館内を半時間ほど見て回って再び集合場所に集まると、女性グループはクイズに挑戦して獲得したお土産をもらっていて、いつどこでやっていたのか、何でも見逃さないしっかり者でした。   T村さんもここでしか買えないラーメンを奥様の土産かと思えば、自分で食べたいとお持ち帰り・・・。
 
夫々にラーメンミュージアムを楽しんだ後は、池田のお酒として有名な「呉春」と「緑一」の酒蔵を見てから、そろそろお腹もすいてきたと言う声でランチをとる「あいあいパークのヤキタテイ」へと向かいます。   カツサンドからデザートパンまで全て100円で食べられると、ついつい買い過ぎてしまうのでご注意を!   十分にお腹も満たされたので、ここから巡礼街道を走って「中山寺」の前から「小浜宿」へと進みます。   「小浜宿」に到着してガイドの方から説明してもらったら、次は近くにあるディープな所へと行きます。
 
暗い時に一人では訪れたくない「首地蔵」が直ぐ近くにあって、1mは余裕で超える高さの首だけが祀られたお地蔵さんですが首から上の病にご利益があるとかで、受験生までもがお参りをするそうです。   写真をよーく見てください、何かが映り込んでいるのが見えますか・・・ 、ってな事はありません。   ここから「上の池公園」を過ぎ、「荒牧公園」の近くの道路に植えられたバラが綺麗に咲いていたので、バラ公園のHPで五分咲きの開花と案内されていたのが、それ以上を期待してバラ公園に入ります。
 
園内に入ると多くの人がバラの花を楽しみに来ていて、開花も八分咲きくらいの見頃なのでバラの管理をしている人に聞くとこの2~3日で咲いたそうで、綺麗なバラの花と香りを堪能でき大満足です。   しばらく公園内を各自で見て廻り再集合した後は「瑞ケ池公園」から「緑ヶ丘公園」を抜けて、伊丹緑道から「伊丹郷町館」に到着し、ここで伊丹の酒造りの資料を見て古民家で少し休憩をします。   伊丹の市街地を過ぎて猪名川の自転車道を走り、次に行くのは空港に着陸する飛行機が目の前に降りてくる場所で、デートスポットとしても有名な「千里川の土手」へ飛行機を見に寄り道をします。
 
飛行機好きの人が集まっていて賑やかで、何機もの着陸を飽きずに見ている人が多いのですが、我々はまだ先が長いので直ぐ猪名川自転車道に戻って走り出しましたが、ここでパンクの実習をする事に。   「神崎橋」を渡って「なにわ自転車道」から2号線に出たら歩道を走り「淀川河川公園」に戻るのですが、道中にはコンビニが何件もあるので甘い誘惑に誘われアイスタイムにで一息つくことにしました。   少し甘い物を食べて元気を取り戻し、足取りも軽く「淀川河川公園」に戻ってきたので今回の感想を皆に聞くと「バラもランチも良かったし、いろいろな所を見て楽しかった」と満足気な感想で、A吉さんはロードが欲しいと自転車の楽しさに感染してしまう事になり、今回はこれで解散となりました。

初心者優先「輪行が100倍楽しくなる実地乗降講習」

○参加人数        6名(うち女子4名、男子2名)
○開催日         平成29年5月11日(木)
○集合時間・場所    9:00   自転車博物館上
○解散時間・場所    15:00  同上
○重点項目           初心者も輪行をマスターして今後の輪行企画に参加しやすくする。
○走行距離                 実走約10km
○コース            自転車博物館~堺駅~(輪行)~岸和田駅~サイクルピア岸和田~春木駅~(輪行)~浜寺公園駅~紀州街道~自転車博物館
  
まず出発前に自転車博物館上広場で輪行袋の出し入れ練習をしました。ブレーキリリースやRDの移動、エンド金具の装着、チェーンの固定など基本テクニックの習得です。またホイールはTシャツですっぽり包み、袋にポンと入れるだけ。この事前練習を時間を掛けてじっくりやりました。
 
昼食は岸和田競輪場敷地横の「キッチンドウ」さんです。ここでたっぷり休憩を取って2回目の乗降に出発。帰りは浜寺公園駅で下車して組立てた後、紀州街道で自転車博物館に帰着しました。地獄の特訓でしたがみなさんは「ぜひ輪行応用編の企画に参加したい!」とのうれしいお言葉がありました。(記:M船)

MCCリーダー研修会in淡路島

○参加人数        16名(うち女子4名、男子12名)
○開催日         平成29年5月6日(土) ~7日(日)
○集合時間・場所    5月6日10:00 岩屋港
○解散時間・場所    5月7日15:30  岩屋港
○ルート
5月7日岩屋港(サイクリング)~洲本(昼食)~淡路島牧場(休憩)~塩谷(国立淡路青少年の家にて宿泊)
5月8日塩谷~護国寺~慶野松原~尾崎(レストラン ベルレーヌにて昼食)~岩屋港
○距離等                     5月6日61.24km、7日66.70km
                                   
1泊2日で淡路島一周をするMCCリーダー育成研修会を開催致しました。 目的は、サイクリングを楽しむ青少年を育てる事を目標として活動する方々を育成するための体験勉強会ですから、参加者皆さんやる気満々でしたので、各人多くの成果を得ることができたと思います。 GWの最終(土)・(日)と云う事で、交通の混雑・食事処の混雑も予想されましたが、GW最後の週と云うことも有ってか、道も食事処も比較的空いていました。 天候も初日は雨との予報でしたが、大した降雨量でもなく無く順調にサイクリング実習を行うことができました。 リーダー経験を積むために、1チーム5人ずつの班分けを行い、2日間の午前・午後でリーダーを交代しそれぞれがリーダーを経験しました。 宿泊でお世話になった、国立青少年交流の家では、集いの会での司会、リーダー挨拶、国旗掲揚と、普段経験し難い体験もできました。夜には、安全サイクリング講習を受講していただきました。
 
 

岩湧山897.7mMTBで登頂サイクリング

○参加人数       11名(うち女子2名、男子9名)
○開催日         平成29年5月4日(土)
○集合時間・場所    9:00  滝畑ダムサイト展望台駐車場
○解散時間・場所    14:00 滝畑ダムサイト展望台駐車場
○重点項目           残雪を期待しつつ、春の林道の登頂サイクリングを楽しむ。
○走行距離                  21.84km
○コース          滝畑ダムサイト展望台駐車場~岩湧山~ダム湖周遊~滝畑ダムサイト展望台駐車場
                                      
本日のMCCランは、岩湧山標高897.7mを目指して、登頂サイクリングです。 新緑が眩しく、山林の空気が旨い、MTBにうってつけの林道ツーリングです。 杉木立の中を岩や大きな石を避けながらMTBを駆ります。ラインをどうとるかがスムーズに走れる コツです。さすがにダブルサスペンションは、のぼりも下りも安定して狙ったラインをトレースできます。 ダートの危険個所も舗装されて、これからMTBを楽しもうという皆様も走りやすくなりました。 みなさんの岩湧山登頂サイクリングに対する思い入れは、十人十色です。競争ではなく、各自足つき をしないで上るとか今回足つき5回までとかあの箇所を乗っていなすとか各自の目標を立てています。 岩湧山登頂記念スタンプカードのシールを幹事不行き届きでご用意できなかったのがもうしわけなか ったです。幹事のW田は今回で10回で階級はクイーン達成です。5回の階級のジャックから3年 かかりました。こうして流れた年月を振り返り、続けることは大切なことなのだと感じました。
 
MTB世界選手権経験者のH部リーダーの絶妙なコース取りでみなさんが転倒もケガもなく無事故で 帰り着くことができました。みなさん季節ごとに岩湧山を訪れたいとのことでした。 下山後ツツジがきれいに咲いている湖畔でコーヒーとランチをいただき、まったりとした至福のひとときを 過ごします。気候もよく、お昼寝をしたい気持ちになります。 リーダーの提案で絶好のサイクリング日和!蔵王峠へみんなで行こう!とのことでしたが、 みなさん山から下りて、食べるものを食べて、食後のコーヒーをいただいた後なのでさすがに多数決を とると圧倒的多数で解散の運びとなりました。(ちなみに賛成者は、1名!(笑)) さすがに残雪はなく(そんなんあるかいなぁ~)天気も良く絶好絶景のサイクリング日和でした。 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

リーダー研修会プレサイクリング

○参加人数        11名(うち女子2名、男子9名)
○開催日         平成29年5月3日(水)
○集合時間・場所    9:00  自転車博物館東側の広場
○解散時間・場所    16:00 同所
○重点項目          淡路島リーダー研修会に先立ち、足慣らしを兼ねて集団安全走行の                意見交換と情報共有をすること。
○走行距離                  80km
○コース          自転車博物館~旧国道26号線(幹線道路の集団走行)~岸和田~泉佐野(旧街道の狭小道路集団走行)~樽井(往復)
                                    
赤や白やピンクのツツジがきれいに咲き誇り、五感に感じる風も暖かさと爽やかさを感じるサイクリング に最適の季節となりました。 本日の企画は、ただ走るだけの企画でランチもスイーツのウリはなにもないシンプルな企画です。 これだけではご参加の皆様に申し訳ないので、集団安全走行について、皆様から忌憚のない活発な ご意見を出していただき、お互いの安全のため情報共有に努めたことは、淡路島リーダー研修会に 向けて、非常に意義深いものとなりました。 久しぶりに海を眺めると気持ちがはればれとし、しばし海風に身をまかせて走る心地よさは、なにごと にも代えがたいサイクリングの魅力ですね。 またご参加の皆様から幹事の応援や次回企画を挙げるにあたり勉強のため先頭を積極的に買って でていただいたことは、クラブとして大きな進歩でした。
 
皆様もただ走るだけでもかまわない、単調な信号の多い道でもみんなと走るのが楽しいと おっしゃっていただいたことで、サイクリングに対する幹事の認識を新たにしました。 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

『天然?たい焼き』試食散走

○参加人数        10名(うち女子5名、男子5名)
○開催日         平成29年4月27日(木)
○集合時間・場所    9:30    自転車博物館上
○解散時間・場所    14:30  同上
○重点項目          天然物?のたい焼きを食す。
○走行距離                約30km
○コース          自転車博物館上~安立商店街~あびこ観音~法雲寺~天然たい焼き「まめや」さん~北野田~土塔~府大~自転車博物館上
 
腹ペコの12時に天然たい焼き屋「まめやさん」に到着。早速熱々を頬張りました・・・幸せ~。(あずき、くりあん、さくらあん、、豆乳クリーム、きゃべつ・・・)
 
途中の法雲寺(黄檗宗)にはツツジがいっぱい。赤、白、ピンクにあふれていました。ランチを取った府大の学食も若い人であふれていましたね。(記:M船)

紀見峠越え「九度山・高野口町満腹サイクリング」

○参加人数        11名(うち女子3名、男子8名)
○開催日          2017年04月23日(日)
○集合時間・場所     9:00 河内長野駅 ロータリー
○解散時間・場所     18:00  自転車博物館
○ルート               河内長野~トトロ街道~天見~橋本~高野口町~九度山~子安地蔵時~御幸辻~河内長野~西高野街道~自転車博物館
○距離                 77km  獲得標高 1349m
○重点項目            紀見峠ヒルクライムと集団サイクリングを楽しく安全に
  
午前9時 南海高野線、河内長野駅集合 最高のサイクリング日和 走行前のブリーフィング、準備体操、集合写真を撮り出発。最初の目的地は、11時開店の台湾料理の裕福です。
 
午前10時16分 紀見峠到着、紀見トンネル地点からそれぞれのペースでのヒルクライム「サブリーダーの笠原さんはしんがり、ごくろうさま」 結果、往路優勝は、T村さんでした。 11時過ぎ昼食、裕福のランチに料金の安さと味と量に皆さん満足のようです。 12時30分、大石順教尼記念館に到着。 『堀江6人斬り事件』錯乱した義父の日本刀で両腕を失い、その後、出家得度し、障害者の社会福祉に貢献された、「館長曰く日本のヘレンケラー」大石順教尼の勉強を40分程しました。
午後2時 帰路途中、九度山の町を望む紀ノ川の堤です。 経由地の子安地蔵寺に向かいます。
午後3時35分 復路の紀見峠 復路優勝はH岡さんでした。T村さんは先週に続いて女性に負けたと、しきりに残念がっていました。でも男性の一着。
午後4時ごろ 千早口の手前トトロの道、ボタン桜がきれいでした。 楽しかったね。