滝畑ダム・横谷分岐ヒルクライム・チャレンジ

○参加人数        7名(うち女子2名、男子5名)
○開催日         平成29年7月17日(祝)
○集合時間・場所     9:00  自転車博物館
○解散時間・場所     16:30   自転車博物館
○重点項目           ヒルクライムとおいしいランチバイキング
○走行距離                  67km 獲得標高835m
○コース          自転車博物館~西高野街道~河内長野~くろまろの郷~天野山金剛寺~滝畑ダム~滝畑湖畔観光~滝畑ふるさと文化財の森センター~寺ヶ池~西高野街道~自転車博物館
                                       
20募集の企画でしたが、連休の最終日で、参加人数7名の開催となりました。      リーダーは自分の歳をわきまえず、3日連続のサイクリングと前日の強硬ライドが響き、当日はヘロヘロの状態でした。反省しています。 さて、準備体操、走行ルートの変更等説明して出発しました。 写真は西高野街道新家町あたりの蓮池です。 ことしも綺麗に咲きました。
 
皆さんの期待していたくろまろの郷 (ビュッフェレストラン奥河内) でおいしい地物野菜のランチ。 大きなテーブルを予約していただけました。 多彩な料理とスイーツでおなか一杯になりました。
 
府道218号線 (日野から滝尻までの) 道路通行止めのため、日野から滝畑ダムと横谷分岐周りのルートは止め、天野山金剛時から裏道を通り、サイクルセンターからダムに行きました。 サイクルセンター手前で、リーダーは既にヘロヘロ、参加の皆さんは元気に登りました。 ご参加のみなさんおつかれでした。また、20人規模の企画実行しましょう。 皆さん懲りずに参加してください。 賑やか広場の書き込み有難うございました。       楽しかったが励みです。(*^-^*)

サイクリング新ルート開拓岩湧山897.7mMTBで登頂サイクリング

○参加人数        3名(うち女子1名、男子2名)
○開催日         平成29年7月19日(水)
○集合時間・場所    9:00  滝畑ダムサイト展望台駐車場
○解散時間・場所    13:30 滝畑ダムサイト展望台駐車場
○重点項目          岩湧山への新ルート開拓
○走行距離                  33km
○コース          滝畑ダムサイト駐車場~横谷分岐~岩湧寺~岩湧山~ 滝畑ダムサイト駐車場
                                     
本日のサイクリングは、岩湧山へのMTBでの登頂サイクリングを行うにあたり、新ルートを模索しようと の試みで行いました。 年輪を重ねた杉木立から覗く青空は爽やかで、マイナスイオンたっぷりの森林からは心地よい香りが 私たちを包みます。聞こえるのはウグイスの鳴き声だけで静寂そのものです。私たちもほんの束の間の 森の住民の仲間入りです。(^^)木陰で涼しく、心地よいサイクリングウエアが身を包みます。 途中通り雨に遭いますが、杉木立の笠に守られ、まるで天然のミストシャワーを浴びているようです。 押しや担ぎもアリのMTB登頂サイクリングに汗をかいたのちやがて岩湧山の頂上にたどり着きました。 頂上では心地よい風が下から吹き上げ、美しい景色を眺めてのランチで至福のひと時でした。 いつ来ても楽しい岩湧山!MTBならではの解放感!冷たい湧き水のご馳走! 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!(^^)
 

OVEさんの“チャレンジ!「マイ散走」企画講座”に参加しよ!

○参加人数        06名(うち女子3名、男子3名)
○開催日         平成29年7月15日(土)
○集合時間・場所    15:00  OVE中之島
○解散時間・場所    17:30  OVE中之島
○重点項目          OVEさんでノウハウを頂き今後のサイクリング企画に役立てる。OVE中之島を体験する。
○走行距離                 0km 講座受講のみ
○天気等         薄曇り時々晴れ 気温26~34度 湿度65%
                                        
2017年7月大勢に惜しまれつつ閉店が決まってしまったOVE中之島さんで、サイクリングプランの立て方講座が。4月同企画開催時には参加出来ず悔しい思いをしていたH岡が「せっかくやから一緒に行こうよ!」とMCCメンバーさんに声掛けしてみんなでお邪魔してきました。 OVEさんの外観、この扉を開けると心地よい空間が待ってくれているのです。
 
本日は貸切。 お店の中からの眺めもまたよいもの。
スクリーン左に立っているのが本日の講師、O田店長さん。右にはつい先日しまなみ海道を一緒に旅した愛車も。 O田店長さんは40年以上サイクリングを愛してこられた大ベテラン。更にゲスト講師さんも数名いらっしゃるそうで期待は否が応にも高まります。
講座が始まるや否や、すぐに真似したいノウハウ満載!ペンが唸る~~!こちらはノウハウが詰まりに詰まったレジュメや配布下さったサイクリング情報たち。ありがたや・・・!虎の巻、大事にします。 ゲスト講師さんからも様々な情報が飛び出します。シマノスクエアさんの最新情報も。参加してて良かった・・・!
右から3番目が講師のO田店長さん。大充実の講座お疲れ様でした。 会場でばったり会ったMCCメンバーさんも一緒にパチリ☆参加者さんの中には今回が初来店の方も居て「こんないいとこあったなんて・・・もっとはよ来てたらよかった」との声も。。(勿体無い><) この日は奇しくもリーダー認定を受けた方ばかりでした。今日頂いたノウハウを活かし、さらにサイクリングを楽しむ場を作れる人が増えますように♪皆さんご参加ありがとうございました^0^(記:H岡)
★おまけ★ 講座のあとOVEさんが懇親会の場を設けて下さりMCCからは2名が参加(+1名写ってないけどゲスト講師のあのお方も)。 沢山の方と色んなお話しができ新たな出会いがあったり、新店オープン情報や元オリンピック選手から直々に速く強くなるノウハウ話、業界の重鎮による裏話などもあったとかなかったとか・・・?全てはこの場に居た人のみぞ知る・・・。 とっても素敵な時間をすごさせて頂きました。OVE中之島さんよ永遠に・・・!☆

「高槻の見山の郷&高山右近と出会うラン」サイクリング

○参加人数        7名(うち男子6名、女子1名)
○開催日          2017年 07月 02日(日)
○集合時間・場所    09:00 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○解散時間・場所    15:30 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○重点項目          見山の郷迄走り、焼肉を食べて、高山右近を知り、カキ氷ですっきり ○走行距離                  約45km
○コース                      枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)集合 →見山の郷→スエヒロ亭 (焼肉屋)→  高槻観光(カトリック高槻教会・しろあと歴史館・城跡公園)→枚方凍氷 →河川敷の円形椅子(トイレの前)解散
                                        
梅雨の時期ですが、もう夏のように暑い朝です。 影の涼しい場所で参加者の紹介(1名は体調不良で不参になり、6名の参加)、準備体操を してから記念写真です。 カメラをだしたら、若いサイクリストから「とりますよ」と言ってくれまして、私も一緒に写りました。 さあ、出発です。
 
上り坂を走り、何度か休憩しながら「見山の郷」に到着。 売店で梅干しとニンジンのジェラードを頂きました、美味しかったです。 時間があまったら、もう少し上迄走ることもできましたが 皆でガヤガヤしていると時間が早く経ち、もう出発する時刻になりました。 昼食を予約している「スエヒロ亭」に向かい坂を下りて行きます。 途中で、後ろを見ると1人だけで、残りの5人がいません? 慌てて下った坂を上って探しに、少し走ったら出会えました。 右に曲がった時に列が切れていたのでした、反省です。
 
昼食は「スエヒロ亭」でゆっくり頂きました。 予約していたので席も8人掛けにしてもらい、皆で楽しい団欒のひと時です。 次のサイクリングの話とか、いろいろ盛り上がりました。 マスターの話では、ここはいつも私の勤める会社で使っているので 「特別にサービスでいつもより多く肉を入れました」と言っていましたが、さて?
 
食後は高槻観光です。 まずは、城跡公園で高山右近の像の前で記念撮影「ぱちり」 集合写真では高山右近が半分しか写っていません、残念です (>_<)
 
城跡公園にある高槻市指定有形文化財「旧笹井家住宅」では 「七夕の短冊に願い事を書いて下さい」と係りの人に言われ 全員が好き勝手に自分の願いを書いていました。 「坂が早く走れるように!」「苦手な坂が好きになるように!」と 書いていた人もいたりして、、、?
 
カトリック高槻教会では、みなさんは心が洗われたように 紳士淑女になっていました。 何か、心が浄化されたみたいです~ょ 本当に、 ここは、パワースポットかも知れませんょ。
 
しろあと歴史館では、係りの人が丁寧に説明をしてくれました お願いしたのは高山右近について20分程度の説明です 戦国時代、動乱の舞台となった高槻の地には、芥川山城、高槻城が築かれ、、高槻城には 天下人・織田信長とかかわりの深いキリシタン大名の和田伊賀守惟政(1532~1571)や 高山右近(1552~1615)らが入って華々しい活躍をした、、、 流調に説明して頂きました
 
さて、暑さもピークになり、自然とカキ氷の時間となりました 枚方凍氷さんのカキ氷は美味しかったです この時間はたくさん人が行列を作りカキ氷を待っています。 朝早くにこの店に来て、ご主人にそんなにも並ばずに早く食べる方法を 伝授頂きました。 「持ち帰り」にして少し離れたテントで食べる方法です(*^^)v カキ氷を食べ終わると解散です 輪行で帰る人と自走で帰る人に分かれサイクルイベントは終了です、ご参加ありがとうございました。

「大橋と海を渡って舞洲へ」 行くサイクリング

○参加人数        13名(うち男子10名、女子3名)
○開催日          2017年 07月 09日(日)
○集合時間・場所    09:00 大仙公園
○解散時間・場所    15:00 大仙公園
○重点項目          大きな橋をいくつも渡り、大阪市営渡船にも乗って、舞洲へ行く
○走行距離                 約53km
○コース          大仙公園 ~ 新木津川大橋 ~ なみはや大橋 ~ 天保山渡船 ~此花大橋 ~ 舞洲 ~ 安治川トンネル ~ 大阪ドーム ~ 千本松ループ大橋 ~ 大仙公園・解散
                                    
開催前日まで不安定な天候で、気象庁・気象協会・ウェザーニュースも異なる天気予報でしたが、夕方は雷雨も予測されているで早目に解散する事で今回のサイクリングは大仙公園をスタートしました。   大和川自転車道では何組かのサイクリストに会い、「新木津川大橋」は渡船の時間に間に合い船で渡る事ができたので、べた踏み坂の異名がある「なみはや大橋」を上る脚力が残せ、各自で自由に走りやすいペースで上ってもらい、大橋の頂点に立つと達成感を味わえて、いつ来ても最高の眺めです。
 
歴史を感じる「住友レンガ倉庫」のクラシックカー・ミュージアムの前を通り、販売展示してある車を見たら若かった頃を思い出して当時の車が欲しくなってしまうので、早々にここから直ぐの天保山へ向かい、海遊館の海側で最初の小休止をして、デンマークから寄贈されたマーメイド像の前でワンショット。   最近は東南アジアからの観光客が減っているので、今日は遊覧船に乗る観光客も少な目でした。
 
地上高112mで世界一と誇っていた大観覧車の前を通って行きますが、観覧車に乗る人の列もないくらい少なく、USJに渡る渡船の出航まで少し待ち時間があるので日本一低い山を登頂しました。   歓声が聞こえるUSJの横を通ったら、次の「此花大橋」を渡るループを上っていけば舞洲まではもう直ぐで、橋の上からはこちらがUSJなのかと間違われる、清掃局の派手な造りの建物が見えてきます。
 
舞洲内のコンビニで買った物を舞洲ロッジの池の畔に腰かけて楽しい会話をしながら公園ランチをして、その後ユリ園に行ったのですが5日に閉園したので花は球根を育てる為か刈り取られていました。   舞洲を後にして安治川の涼しい川底トンネルを渡り「京セラドーム」まで来たら小休止して、この先の最後の大橋「千本松ループ橋」を渡ったらアイスタイムになるので、大橋も気分的に楽に上れます。   ここまで来ればもう大仙公園まであと少しなので、皆様が雨に降られないで家に帰れそうで一安心。   大仙公園に到着して、楽しかった、早く帰れて良かった、また次が楽しみ、との良かったコールが聞けて、今回のサイクリングは解散となりました。

「三輪そうめんと矢田寺のアジサイ」サイクリング

○参加人数        11名(うち男子10名、女子1名)
○開催日          2017年 06月 18日(日)
○集合時間・場所    09:00 柏原市役所
○解散時間・場所    16:15 柏原市役所
○重点項目          三輪そうめんを食べて矢田寺のアジサイを見に行く
○走行距離                  約74km
○コース 柏原市役所 ~ 石川自転車道 ~ 穴虫峠 ~ 香芝 ~ 三輪大社 ~ 天理 ~ 大和郡山 ~ 矢田寺 ~ 斑鳩 ~ 三郷 ~  柏原市役所・解散
                                      
梅雨に入ってから雨の降らない日が続き、この日も曇空ですが降雨にはならない外の遊びに丁度良い天候となり、季節の「三輪そうめん」を食べ、矢田寺の「アジサイ」を見るサイクリングのスタートです。 今回のメンバーでこの日が初参加のNさんも、自転車仲間として直ぐに皆さんと馴染めています。   三輪そうめん池利の直営店「千寿亭」は11時開店直後に直ぐ満席になるので、開店までには到着できるように余裕がある時間で走って行きますが、真美ケ丘に行く途中Kさんにシフトワイヤー切れの神様が降臨し、修理する店を探すか自力で帰るかの試練が与えられ、リタイヤするとの宣言が・・・。    メカトラブルは日頃の整備で避けられると痛感し、途中で休憩する予定の場所を通過して頑張って走ったので時間通りに「千寿亭」に到着でき、我々が席に着いて間もなくウェーティングとなりました。
 
この時季には特に人気がある「三輪そうめん」を芸術的に美味しそうに盛られたのを食べて大満足。   この後店から少し走ると大きな黒い鳥居が見える三輪の「大神大社」に寄ると、この日も多くの参拝者来ていて、ここから古道歩きの人に人気がある「山の辺の道」へと入って行くのですが、一部の道は自転車では通れない所があるので、我々は「山の辺にある道」を走って天理教の本部へと向かいます。   のどかな田んぼが広がる道は平坦で車と出会うことも殆どなく、自転車で走ると心地良い道を進むと天理へ行く途中に「大和神社」を通るので、「戦艦大和」に関係があるこの神社の中を見学します。
 
神社の参道の長さは約270mでほぼ「戦艦大和」と同じ長さで、幅は約40mと参道の5倍程なので、いかに巨大な戦艦だったのかが実感でき、境内の資料室には精巧な模型で全容も見られます。   マニアックなTさんとKさんは「戦艦大和」の詳細が書かれた、神社特製の手ぬぐいをお買い上げ。   ここから少し走ると天理教の本部がある所に到着して、まず圧倒されるのが広大な敷地に建つ独特の形をした建物で、教会本部の前に建つ鳥居の様な大きな門をくぐって中に入って行くと神域になり、広い敷地に神殿が建っている前の広場から「天理駅」まで続くアーケードの商店街が天理本通り。
 
信仰に関する物なら何でも買える店が並ぶ商店街の手前で我々は迂回して先に進みますが、教団関係の建物はまだ建ち並んでいて、敷地全体ではどのくらいの広さになるのか計り知れないです。   天理から大和郡山を経由して西へ真っすぐに伸びる道を走って行くと、矢田寺近くには車の列が!   矢田寺の駐車場に入れない車の列を横に見ながら我々は裏道の方へ入って行きますが、ここから先は短いですがキツイ上りが続く道なのですが、全員ギブ無しで矢田寺まで走って到着出来ました。   アジサイ園は各自で自由に見て廻るのですが、一番の見頃だけに車の列と同じ様に回遊路には観光客の渋滞が続いて、思うように歩いけない程の人の数で、一人500円で計算すると今日だけで・・・。
 
色とりどりで多種多様なアジサイを見た後は来た時にはキツかった坂を下り、里山の道を進んで法隆寺の裏山を抜けて行く道を走れば三郷駅まで直ぐに着き、駅前にあるコンビニで小休止します。   三郷からは国道25号線を少し走り、ジェイテクトの工場の所から山越えの道で「国豊橋」に出たら、大和川の堤防を走れば後300m程で解散する柏原市役所ですが、こんな所でアクシデントが!   交通量が多い国道を避けた堤防の道で、路肩の段差でバランスを崩してDさんが落車して、速度が出てなかったので大事には至らなかったが手足に擦り傷を負ってしまう最後で痛い思いをする事に。   心配していたKさんも何とか自走で帰宅したとの逞しい連絡があり、アクシデントの神様からサイクリングはゴールするまで気を抜かない事と、自転車の日頃の整備が重要な事を教えてもらって、今回は今後楽しいサイクリングをする上での良い勉強になりました。