みんなで行こうプチサイクリング(泉大津浜街道)

○参加人数        9名(うち女子3名、男子6名)
○開催日         平成29年10月30日(月)
○集合時間・場所    9:00  堺自転車博物館
○解散時間・場所    15:00 堺自転車博物館
○重点項目           生活道路を安全に 集団走行してランチを楽しむ。
〇走行距離                 46km 延べ6時間(うち実走時間3時間)
〇コース          堺自転車博物館~泉大津先端緑地~浜街道~楯並橋~忠岡港~緑地公園~ロシア人の外人墓地~がんこ寿司さん~堺自転車博物館
                                   
本日のMCCランは海を眺めて、江戸時代の名残の浜街道のポタリング(自転車散歩)とランチと おしゃべり楽しむランです。 浜街道は、熊野街道、紀州街道と並行して南へ向かう街道です。お寺も多く、寺内町の名残を 残します。 またいたるところに毛織物や繊維の工場があります。 台風一過久しぶりに走れましたので、みなさん御機嫌に自転車をゆっくりと走らせます。 海の見える公園ではるか明石海峡大橋や神戸、六甲の山並みやまた関空から飛び立ち、 旋回する飛行機を眺めます。海を眺めると気持ちのいいものですね。 また飛んできた飛行機の便名をAさんからご案内くださり、空の向こうの遠い異国へ思い を馳せます。
 
江戸時代のおうちが現存しています。低い軒先や虫籠窓や魔よけの鍾馗さまが特徴です。 鍾馗さまは、中国の道教系の神様で、疱瘡除けや魔除け、学業成就に効果があるといわれてい ます。 唐の玄宗皇帝(嫁ハンは有名な楊貴妃)が高熱にうなされていた時夢の中で鍾馗さまが現れて 鬼を退治する夢を見ました。 玄宗皇帝が鍾馗さまの正体を尋ねると「自分は官吏になるために科挙という試験を受けたが、落第し、宮中で自殺した。 けれども時の高祖皇帝が私を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた。」とおっしゃっ たそうです。そういういわれで鬼より強い鍾馗さまを家の魔除けに据えたそうです。
道中Bさんより源平合戦の楯並橋や忠岡の町の由来やロシア人の外人墓地のご紹介を いただきました。 皆さんいろいろな見聞が深まり、がんこ寿司さんで楽しいランチとおしゃべりを楽しんだ秋のポタリング (自転車散歩)の一日でした。 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

北びわこ満喫♪SL乗りに行こ!輪行なし☆彦根ポタVer.

○参加人数        06名(うち女子3名、男子3名)
○開催日         平成29年10月8日(日)
○集合時間・場所    07:00  JR大阪駅中央改札口
○解散時間・場所    20:43  JR大阪駅 1・2番線ホーム
○重点項目          生のSLに乗車!彦根をレンタサイクルでスポーツバイクポタリング♪ ○走行距離                 21.5km 平均巡行16.7km/h 実走1:19 累積上昇106m※RG調べ
○コース          7:15大阪駅=電車移動⇒8:45彦根/レンタサイクル貸出・車庫入れ⇒【SL乗車】米原~木ノ本⇒彦根駅/ランチ 彦根ポタ・城下町→田んぼ道散策→十王村の水→中山道→【近江鉄道サイクルトレイン】高宮⇒ひこね芹川→彦根…城下町散策 19:23彦根駅⇒20:43大阪駅 Https://yahoo.jp/lhw08E ※電車移動含む
○天気等         晴れ 気温18~26℃ 湿度82% 風・北 平均風速1.7m
10:02SL.KITA-BIWAKOGOU the Steam Locomotive show up! 本日の目玉・蒸気機関車が駆動音と豊かな煙を上げつつ入線。。姿が見えるが否やホームに居た全員が撮りまくる!! 「ポタリングに時間を取りたいから、長浜で途中下車・即彦根へ折り返し!」のはずが…
11:13The steam hissed@KINOMOTO Sta. 皆さんのリクエスト(と幹事の欲望)に応え結局SL終着駅・木ノ本まで乗車、アッという間の1時間。 おかげでSLと記念撮影もバッチリ♪
12:22Yummy lunch@YACHIYO in Hikone Sta.:-) 「八千代」さんでひこね丼、近江牛カレーに舌鼓。。*^-^*
14:05HIKONE-JOU esplanade@SERI-KAWA Riv. ちょっと遅めのポタリング開始~。 知る人ぞ知るお城の裏道(自転車通行可)。木漏れ陽が注ぐけやきのトンネルと清流の眺めが素晴らしい。
14:30Most beautifull BIWAKO lake bew spot. 彦根では前3×後7段のクロスバイクが破格で借りられポタリングに最適。 多景島や遠くは湖西まで望む、湖東で最も琵琶湖が美しく眺められる場所で一息。地元民しか知らない、秘密のスポット♪
15:02Soy &rice paddy field 8階建てがちんまり見えるほど広大な圃場!\(^0^)/豊かな稲穂が光に照らされ一面キラキラと黄金色に輝く☆ミ道すがら稲刈り中のトラクターにも遭遇。
 
15:33JUUOUMURA-NO-MIZU spring 住宅街の中にひっそりと、ふくふく こんこんと清らかな水が絶え間なく湧く。 我々が汲んだ直後にズラリ行列が!一升瓶×数本分を載せたキャリー持参で来る方も。。「この水でコーヒーを淹れると絶品」とは地元民の談。
16:15TAKAMIYA Sta.(OUMI-TETSUDOU railway) “秋の関西1DAYパス”で日本一高い(地元民談)近江鉄道も乗り放題♪ 高宮駅でひこね芹川行きの電車待ちにパチリ。自転車持込み料は“無料”!^皿^)¥
16:41TAKAMIYA Sta.->HIKONESERIKAWA Sta. 輪行しなくていいなんてT▼Tサイクルトレインはやっぱり楽チ~ン☆ 激レア?自転車用スペースマークがかわいい。
 
17:08Delicious bread&cake shop,traditional japanese style confecrionery shop@HIKONE-JOU castle town 自転車返却後は城下町散策も忘れない♪ パン&洋菓子の名店「Pomme d’Amour」さん、井伊家ご用達・老舗「いと重」さんでも全員しっかり彦根土産をゲット! 素晴らしい夕暮れも見られ彦根を堪能出来たかな?今度は「一日彦根ポタ」もいいかも^m^皆さんお疲れさま♪(記:H岡)

奈良吉野蜻蛉の滝サイクリング+原木しいたけ

○参加人数      6名(うち女子2名、男子4名)
○開催日       平成29年10月12日(木)
○集合時間・場所  10:30  近鉄大和上市駅
○解散時間・場所  15:20  同上
○重点項目       蜻蛉の滝でマイナスイオンを吸い、柿の葉寿司を食べ、原木生しいたけを買う。
○走行距離             約45km
○コース         大和上市駅~宮滝遺跡~蜻蛉の滝~おかもと農園~大和上市駅
  
雨雲が刻々と迫ってきている状況でしたが、そこは善行者の集まりで帰還までふられませんでした。大和上市駅集合後観光案内所で吉野地図を頂き、柿の葉寿司の平宗さんへ向かいます。それぞれ、さば・シャケ・焼き鮎などゲットし吉野川沿いを走ります。途中吉本興業「ゆりやんレトリイバアさん」のご実家前を通り、ふたたび吉野川沿いを走り、蜻蛉の滝に到着。水量も多く下まで降りるとかなりの高さで、しばし見とれていました。
 
昼食後のランは下りばかりで寒いぐらいでした。そしてもう一つの目的地のおかもと農園さんに到着。お母様が待っておられ、早速「原木生しいたけ」を入手しました。そして自家農園の「クリ」もあるとのことで大粒のクリもGET。その後息子さんに栽培室を見学させて頂きました。みなさんリュックをパンパンにしておかもと農園さんをあとにしました。途中ゆっくりしましたので帰りの時間が気になり、15分前に駅に到着。みなさん輪行をテキパキとこなし電車に間に合いました。お疲れ様でした。(記:M船)

「ポルトヨーロッパから野上鉄道跡へ」 秋のサイクリング

○参加人数        12名(うち男子9名、女子3名)
○開催日          2017年 10月 09日(月・祝)
○集合時間・場所    09:00 和歌山市民スポーツ広場
○解散時間・場所    16:10 和歌山市民スポーツ広場
○ルート スポーツ広場~ 紀ノ川河口大橋  ~ 雑賀埼 ~ ポルトヨーロッパ ~ 海南駅・野上鉄道跡 ~ 貴志・貴志川自転車道 ~ 岩出・紀ノ川自転車道 ~ 岩出御殿 ~ スポーツ広場・解散
○距離             約63km
○重点項目     ポルトヨーロッパに行って貴志川自転車道から紀ノ川自転車道を走る
 
今日は少し気温が高い秋晴れの空が広がる体育の日で、一部ではトレック(1009)の日とも呼ばれている祝日に、集合場所の「和歌山市民スポーツ広場」では幼稚園の運動会が行われていて賑やかな歓声が聞こえる所へ、今日は暑いなーが挨拶言葉で参加者が揃ったのでサイクリングのスタートです。   紀ノ川自転車道を河口まで走り「紀ノ川河口大橋」を渡って日本のアマルフィーと例える人もいる「雑賀埼」へ行く今回唯一の上りがある道を上り終えると、そこからは海を見下ろしながら走る眺めが良い道に感動して、最初に目指すのは観光に行く人も多い黒潮市場がある「ポルトヨーロッパ」です。
駐輪ラックも完備されている「ポルトヨーロッパ」に着くと「第17回フラメンコの祭典」が開催される日なので、タイミング良く噴水広場では軽快な音楽が流れフラメンコ・ダンサーが華麗に踊るショーが始まったところで、多くの観光客がその周りを取り巻いていましたが、ダンサーの中には一人の少年がいたり、本場の国から来たダンサーより殆んどは日本のダンサーで、それも年季が入っていると感じる人が多いです。
フラメンコの踊りを見てから再集合の時間を決めて園内を各自の好きな所を自由に見て回った後は黒潮市場の方へ行きましたが、場内は多くの観光客が来ていてバーベキューの席も満席状態です。   我々は直ぐに食べられそうな新鮮な魚介類の加工品や、黒沢牧場製ソフトクリームを食べましたが、時間の経つのは早くもう昼前になってきたので、野上鉄道跡の道へ行くために海南駅へと進みます。
 
大正4年に11,4キロの運行を開始して平成6年に廃線となるまで野上鉄道が走っていた跡が、現在は海南駅から沖野々までの約7キロの区間が遊歩道として残っていて、当時の駅のプラットホームが残っている所もあって、鉄道が走っていた頃を想像しながら自転車で走るのには楽しい道です。   沖野々にあるコンビニでランチを調達して、直ぐ近くの沖野々スポーツ広場で楽しい公園ランチです。   この後は国道424号線から県道10号で貴志川井ノ口に出れば、貴志川自転車道の入り口です。
「たま駅長」に会える貴志駅の方を左に見て貴志川自転車道を紀ノ川と合流する所まで走り、あらかわのブランド桃で有名な「桃源郷」の近くの井阪橋を渡って、ここからは紀ノ川自転車道を走ります。   少し走った所にあるサイクルステーション「いわで御殿」で少し休んで、暑い体を潤す為「さぎのせ公園」のコンビニに寄ってアイスタイムで最後の休憩をとれば元気を取り戻せ、解散場所まであと少しです。   スタートした場所まで戻ってくると幼稚園の運動会は終わっていて、静かな河川公園には太陽がかなり西の方に傾いている頃となっているので、今日は一日楽しかったの感想を聞きここで解散しました。

「枚方のくろんど池ラン」サイクリング

○参加人数        9名(うち男子7名、女子2名)
○開催日          2017年 10月 01日(日)
○集合時間・場所    09:00 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○解散時間・場所    14:21 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
○重点項目          枚方市のサイクリストの人気コース「くろんど池」とTOJ京都ステージを走る
○走行距離                  約62km
○コース 枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前) →京阪牧野駅→関西外大→ くろんど池→TOJ京都ステージのコース(一部)→昼食(塩元帥)→木津川サイクルロード→ 流れ橋→背割堤→枚方市駅側の河川敷の円形椅子(トイレの前)
                                      
秋晴れの清々しい朝になりました。 出発30分前にはほとんどの方が集合されサイクリングの話で盛り上がっていました。 自己紹介、コース説明、注意事項、準備体操、愛車の点検を終えての記念写真です。 さあ、出発です。
 
淀川土手を少し走り、右に折れ牧野駅を通過、枚方の自転車道を走ります。 片町線の藤坂駅を通過すると車道を走ります、第三京阪道路を潜り関西外大の近くで 右に折れ、そこからは上り坂です。 健脚の二人の方はダッシュで坂を上ります。 数十分後に全員が「くろんど池」に到着しました、お疲れさま。
 
「くろんど池」で休憩、 ここは、緑の自然に包まれ心身共にリフレッシュ、生き返る気がします。 おまけに小鳥のさえずりも聞こえ、リラックスできますょ。
 
次は、ツワーオブジャパン京都ステージの一部を走ります コースの頂上に先に到着した人たちは、後続の方を待ちます。
 
コースの頂上に向かう人たちです、苦しい上り坂ですが 楽しい雰囲気です。
 
昼食は、「塩元帥」の天然塩ラーメンと唐揚げセットです 到着したのは12時前でしたが、順番を待つ人でいっぱい 少し待たされましたが、4人、5人に分かれ美味しく頂きました。
 
玉水(木津川サイクルロード)で二人の方が離脱です 疲れさまでした。
 
「流れ橋」で休憩、二人の方は「流れ橋」を歩かれました。 橋は太いワイヤーで繋がれ、以前のように流されることは無いようです。 以前は自転車で走ったのですが、きちっとした標識で自転車走行は禁止されています
 
「流れ橋」に新しく休憩場所が出来ていました、 皆で写真を撮ろうとしていたら、近くにいた人が 「撮りましょう」と言ってくれましたので全員でパチリ。
 
詳細計算の到着時間は14:15でしたが、6分遅れの14:21に到着でした 解散後に追加イベントで「枚方凍氷」で今年最後のカキ氷を食べました 冷たさで頭がキーン、キーンです。 想像より参加者が多かったです、初心者でも楽しめるコースでした。 今回のメンバーなら傍示峠を走るキツイコースでも楽しかったかなあ~ と思っています。次回は中級者対象の傍示峠を走るイベントも計画したいです ご参加の皆様お疲れさまでした、楽しかったです、ありがとうございました (*^^)v

女子限定・18きっぷで♪大和街道から関宿たびのラン

○参加人数        04名(うち女子3名、男子1名)
○開催日         平成29年9月9日(土)
○集合時間・場所    06:30  JR天王寺駅中央改札口
○解散時間・場所    21:58  JR天王寺駅東改札口
○重点項目          18きっぷでお得に輪行。女子目線でたびのランを楽しむ♪
○走行距離               51km 平均巡行12.7km/h 実走4:01 累積上昇471m※STRAVA調べ
○コース          7:09天王寺駅=輪行⇒9:36伊賀上野駅着 伊賀上野駅→伊賀城下町→大和街道(旧25号線)→加太峠→関宿/ランチ・散策・足湯♪→亀山 18:38亀山駅=輪行⇒天王寺駅21:02着 ルートラボ・https://yahoo.jp/EE1sY0
○天気等         晴れ 気温17~29℃ 湿度73% 風・東南東 平均風速2.0m
                                    
09:00Reach IGAUENO Sta.,ride start:-) 天王寺から2時間で伊賀上野駅へ。サイクリストSHINOBI出動~!
 
10:20IGAUENO-JOU castle the national treasure. 忍なのに、忍んでないよ~(笑)
 
10:53clibm root…“oops!!” 屋根の上にだって軽々乗っちゃうぜ! 「あ~れ~!」「うわ~~」ん?背後から誰かの悲鳴が…
11:27KOGETSU-DOU the japanise style confectionery. 城下町の巡回警備も怠らない^-^老舗和菓子舗「湖月堂」さんで峠越えに備えしっかり補給
12:56rice paddy field in IGA-city. 広々~
14:50Finish KABUTO-GOE pass. サイクリストHINOBIの本領発揮。加太峠も全員で越えたよ~!
 
15:30An army marches on its stomach!:-) 関宿に到着!「会津屋」さんで、かまど炊きのおこわと街道そばセット。Mr.Tとくノ一Mは定番のノーマルおこわ、くノ一AとHは季節限定・栗入り♪み~んな大盛オーダー^-^
16:29Foot bath. ほっこり、幸せ足湯っ♪
17:19SEKI-SHUKU town, もちろん関宿も巡回。くノ一MからAさんへ奇襲攻撃キマった☆
 
18:44extremely rare   bento-box,boiled rice with hot tea.Yummy! 幻の駅弁「志ぐれ茶漬け弁当」で旅の締めくくり。ほかほかご飯にアツアツの亀山茶と高級あさりしぐれ煮のハーモニーが…♪ こうしてサイクリストSHINOBIの一日は幕を閉じるのであった(記:H)

「加太砲台跡」 里海サイクリング

○参加人数        11名(うち男子10名、女子1名)
○開催日          2017年 10月 01日(日)
○集合時間・場所    09:00 JR和泉砂川駅
○解散時間・場所    15:15 JR和泉砂川駅
○ルート 和泉砂川駅 ~ 山中渓 ~ 雄ノ山峠 ~ 紀ノ川自転車道 ~ 河西緩衝緑地公園 ~ 淡島神社 ~ 加太の砲台跡 ~ 岬公園 ~ せんなん里海公園 ~ 和泉砂川駅・解散
○距離             約69km
○重点項目     紀ノ川自転車道から加太で「砲台跡」を見て、泉南里海公園を走る
今日から10月となり朝夕は涼しくて、家を出る時は半袖ジャージでは肌寒く感じたのですか、集合場所に着いた頃には気持ちの良い秋晴れで、和歌山を目指して楽しいサイクリングのスタートです。   「和泉砂川駅」から阪和線沿いに進んで、「日本最後の仇討ち記念碑」の所を過ぎた辺りから徐々に上り基調の道が長く続きますが、緩やかな勾配で雄ノ山峠を越えて紀ノ川自転車道に出ました。   紀ノ川の河口近くまで走って「河西緩衝緑地」を通り抜ければランチをとる加太まではあと少しです。   加太の有名店「満幸商店」に着いたのが11時頃ですが、既に店内は満席状態で我々は漁協の中にある出店の方へ行って楽しいランチタイムで、シラスが山盛りのシラス丼を食べてお腹も大満足。
少し食べ過ぎ気味なので、直ぐ近くの人形の髪の毛が伸びる事や雛流しで有名な「淡島神社」にお参りをして、この後は「休暇村紀州加太」近くにある明治時代に造られた軍事的な海の要塞「加太砲台跡」に行きますが、そこへ行く道はキツイ勾配なので覚悟して上らないとたどり着けないです。   休暇村の少し下の方で道路脇に駐車場がある所まで上れば第一砲台へ行く遊歩道が見えてくるので、ここから歩いて砲台跡に行きますが、ひっそりとしていて一人では行きたくない雰囲気を感じます。
砲台跡を見て山の上の方に行くと紀淡海峡を見渡せる所にある休憩所からは、直ぐ近くに友が島が見え、霞の先には淡路島、海峡を走る船や景色を眺めていれば時間が経つのを忘れてしまいます。   ここから一気に下ってこの先のみさき公園の海岸へ行くのですが、大川峠を越えるか大川トンネルを通り抜けるか皆さんの希望を確認すると、やはり峠越えの希望は誰からも無くトンネルを抜けて行く事に。   小さなアップダウンを繰り返す道を進んで深日港で小休止しましたが、淡路島行旅客船のテスト運行が昨日で終わった港ですが、チケット売り場の建物は今後もサイクリング時の休憩所に利用できます。
深日港から少し走れば「みさき公園」裏の海岸沿いの道に出て、ここから先は「泉南里海公園」まで水平線が見える海沿いに続く、車の通行量が少なくて自転車で走るのが快適な道になります。   「みさき公園」から聞こえる賑やかなも来客の声や場内アナウンスを聞きながら進めば淡輪漁港に出て、その先のヨットが整然と並んでいる大阪府立「淡輪ヨットハーバー」に到着して小休止します。   館内には1967年に日本人で初めて太平洋と大西洋を単独で横断した鹿島郁夫さんのヨット「コラーサ2世号」が保存してあり、見るからに小さなヨットでこのような偉業を成し遂げたと感心します。
ヨットハーバーの隣には府立「海洋センター」があって、里海公園へと海岸沿いのレジャー施設が続き、海水浴場にはまだ水遊びをしている人が見え、「潮騒ビバレー」ではビーチバレーではなくフットサルの練習試合をしている男子学生がいましたが、もう賑やかだった夏の雰囲気はなく落ち着いた海でした。   この後は淡輪駅近くのコンビニで最後の休憩をとり、解散場所まで車の少ない裏道を走って解散になりました。

「下市口から黒滝、五条、橋本」サイクリング

○参加人数       8名(うち女子1名、男子7名)
○開催日        平成29年9月24日(日)
○集合時間・場所     9:00  近鉄吉野線 下市口駅
○解散時間・場所   15:16  南海本線 橋本駅
○重点項目        輪行企画、下市温泉からヒルクライム、地藏トンネルからダウンヒル
○走行距離                58.6km  獲得標高 1364m
○コース           下市口駅~下市温泉~地蔵トンネル~黒滝村役場~道の駅・吉野路黒滝~十日市~平原~西吉野町百谷(昼食)~一の木ダム~五条~まちや館~恋野~橋本駅
                                  
近鉄吉野線、下市口駅に9時に集合、ルート説明、トンネル・林間の走行注意、準備体操をし自転車点検後出発しました。 コースは地藏トンネルへの登り、アップダウンが続く林道を昼食予定の西吉野百谷「創近」へ、一の木ダムから下り五条新町、橋本駅へ向かうタフなコースです。 開催日は暑かった夏も去り、秋日和の快適なサイクリング日和になりました。         トンネル・林間路に気をつけ走行スピード、休憩、補給食、水補給に注意して走りました。                                                                                            写真1、地藏トンネルの手前です。
 
下市温泉を過ぎ少し肌寒い山間路を走行します。地藏トンネルを抜ければ黒滝村役場への爽快なダウンヒルです。道の駅手前の黒滝・森物語村でトイレ休憩、見上げると吊橋が道路・河川を越えて掛かっています。折角の機会ですので空中散歩しました。恐る恐る橋の上から見下ろす景色はなかのものです。                                                                                                                                                                          写真2、黒滝・森物語村の吊橋です。
「道の駅・吉野路黒滝」で休憩・補給食を摂り、ここからも薄暗い林間道のアップダウンです。前後ライトをつけ路面に気をつけて走ります。                                                   写真3、昼食をとった「創近」です。
「創近」へ電話をしていましたが、予約席を用意していただけました。この店は柿の葉ずし専門店で当然柿の葉ずし定食を頂きました。昼食後一の木ダムへ寄り、五条への下りです。                                              写真4、一の木ダムにて
鮮やかな紅色の彼岸花に縁取られ稲田、黄金色の風景の中を五条へ向かいます。   五条新町は江戸時代初めに整備された二見城の城下町です。五条新町では「まちや館」を見学しました。                                       「まちや館」は戦後の吉田内閣で、司法大臣、法務大臣を歴任した木村篤太郎の生家です。                                                                                                                                                  写真5、五条新宮間を結ぶ計画だった「幻の五新鉄道」の橋梁です。                                                                                                 ルート下見は途中までの1回と全ルート1回でしたので、何度か道を間違え参加された皆さんにご迷惑おかけしました。                                  次回の企画には、今回参加されなかった方も参加された方も奮ってご参加ください。     みんなで走ると楽しいよ。

みんなで行こうプチサイクリング(小栗街道を往く!)

○参加人数        8名(うち女子3名、男子5名)
○開催日         平成29年9月29日(金)
○集合時間・場所    9:00  堺自転車博物館
○解散時間・場所    14:00 堺自転車博物館
○重点項目           生活道路を安全に 集団走行してランチを楽しむ。
○走行距離                  28km 延べ5時間(うち実走時間2時間40分)
○コース          堺自転車博物館~葛葉稲荷神社~鏡池~小栗判官笠かけ松と照手姫腰掛け石~後鳥羽上皇平松御所跡~和泉国府跡~西福寺~手打ちそば繁さま~堺自転車博物館
                                   
本日のMCCランは小栗街道(熊野街道)のポタリング(自転車散歩)とランチを楽しむ初級者対象のランです。 小栗街道は、907年宇多上皇に始まり、後鳥羽上皇、平清盛と重盛親子、藤原定家など多くの 貴族、武士、庶民が、蘇生のために熊野詣をした信仰の道です。 また中世の説教や歌舞伎等で有名なお話で、勢力争いから毒を盛られた小栗判官が照手姫の 手厚い介抱で熊野詣をして蘇生した伝説もあり、熊野街道は、小栗街道とも呼ばれています。 道中小栗判官が笠を掛けた松と照手姫が腰を下ろした石で記念撮影です。
 
また清少納言の枕草子にて「もりは信太の森」と名を知られた葛葉稲荷神社と鏡池も訪ねました。 ここは歌舞伎や浄瑠璃で有名な陰陽師安倍晴明の父保奈と母である信太の白狐(葛の葉)の 出会いと別れの場でもありました。 葛の葉は、夜泣きをする幼い安倍晴明に狐の面影をみられて、別れを悟りました。 「恋しくば尋ね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」という世にも有名な一首を残し、葛の葉は 信太の森に帰っていきました。 安倍晴明と保奈は、その後信太の森を尋ね、鏡池にて葛の葉に最後のお別れをしました。 後に安倍晴明は陰陽師として天文学を駆使して、活躍し、政治に役立てました。
 
葛の葉稲荷神社には良縁を求める人、片思いの人、恋人同士沿われない人たちがお祈りする夫 婦クスもあります。 また葛の葉が姿を写した井姿見の井戸もあります。葛の葉が無事に信太の森に帰りついたことから 交通安全や海外旅行の無事を願う人たちが姿を写すと無事に帰ってこれるという言い伝えがあり ます。 ご参加のメンバーの皆様も熱心に祈っておられます。(^^)
あとは、「クワバラクワバラ」の語源の雷伝説の西福寺を尋ねた後手打ちそば繁さまで旨いお蕎麦を いただきました。 こうして思い出深い、歴史と伝説とパワースポットに触れた楽しい一日が終わりました。 「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!