名張から曽爾高原、宇陀サイクリング

 ○参加人数        10名(うち女子1名、男子9名)
○開催日         平成30年10月14日(日)
○集合時間・場所    9時 近鉄大阪線 名張駅
○解散時間・場所    15時30分 橿原神宮前駅
○重点項目          青蓮寺川沿ルートの集団走行、栂坂峠ヒルクライム・ダウンロード走行
○走行距離                68km  獲得標高1400m
○コース          名張駅~青蓮寺湖~~香落渓~曽爾~栂坂峠~弁財天トンネル~宇陀水分神社~宇陀松山~女寄トンネル~飛鳥石舞台~岡寺駅~橿原神宮前駅
                                    
午前9時近鉄大阪線名張駅東口に集合、ルート説明、体操、自転車の点検後いよいよ出発です。
写真1 名張駅東出口
 
青蓮寺ダムへの傾斜をゆっくりウオームアップ走行です。
写真2 青蓮寺湖
南西諸島・台湾へ向かうアサギマダラ(蝶)が吸蜜のため、香落渓のフジバカマ園に飛来するということです。イベントをしていました。
写真3 香落渓
曽爾高原を背景に集合写真です。
写真4 曽爾郵便局前
本日のルート最大難関、1.4kmの激坂ヒルクライムです。
写真5 栂坂峠の激坂を走破
宇陀松山、伊勢本街道沿いの旧家屋を改装したカフェ・レストラン「石景庵」、店長がライブ演奏をセッティングしてくださいました。

写真6 カフェ・レストラン「石景庵」

女寄トンネルを抜けた後の長い下り坂を走行し、飛鳥石舞台から岡寺駅、ゴールの橿原神宮前駅へ。                                        今回も事故なく楽しいサイクリングが出来ました。
参加された皆様ありがとうございました。
・・・みんなで走れば楽しいよ・・・写真7 飛鳥石舞台前の丘

爽秋のTOJ京都ステージを走るラン

 ○参加人数        11名(うち女子4名、男子7名)
○開催日         平成30年10月07日(日)
○集合時間・場所    9:00  枚方円形椅子
○解散時間・場所    15:20  枚方円形椅子
○重点項目           爽秋のツワーオブジャパン京都ステージを満喫する
○走行距離                  68.5km(TOJ京都ステージ:17.6kmを含みます)
○コース          枚方(円形椅子)→藤坂駅→TOJ 京都ステージ→途中:けいはんなモール→昼食(塩元帥)→木津川→流れ橋→さくらであい館→枚方(円形椅子)
    
枚方の円形椅子に全員集合です。新規入会された方が一名おられたので自己紹介から楽しくMCCランが始まりました。
本日のMCCランは、台風の影響で開催が心配されましたが曇り空で絶好のサイクリング日和です。
おまけに女性が4名も参加頂き明るい、楽しいランになります。
コース説明、準備体操、愛車点検を終えて、さあ~出発です!
当初昼食を予定していた「味際手打ち蕎麦」が閉店されましたので塩ラーメン店「塩元帥」に変更、ここは予約が出来ない人気店で、早い時間に入りたい思惑もあり全員が揃うと直ぐにライダーミィテイングを開始をして9時ちょうどの出発です。
気にしていたダンプの多い道も日曜日なので全く走っておらず、良かった(^_^)/~
途中でコンビニで一回目の休憩、次にTOJ京都ステージの中間点「けいはんなモール」でトイレ休憩、ここは美味しいパン屋さんもあり、会話が止まりません。
予想以上の好天になり、まだまだ夏気分、日焼けにご注意です。
TOJ京都ステージの「山岳賞」の手前の坂を登っています。
車も時々しか走っておらず快調なサイクリングです。
TOJ京都ステージの「山岳賞」に着きました、皆さんお疲れさまです。
余裕の方、ちょっと熱くなった方、満足な方、レベル幅の広いメンバーです。
後に待つのは下りのみです。そして爽快な風が待っています。
休憩し過ぎで30分遅れ、昼食は「塩元帥」到着は12時過ぎになってしまい、長く順番を待たされましたが、会話は弾み楽しい時間です。
写真に美味しい塩ラーメンが写ってい無いのが残念ですが、キムチは食べ放題の嬉しいお店です。
さて、凄い偶然です。ここは木津川の河川敷きですが、
参加者の一人の方がこの「玉水橋」の建造の主担当をされたそうです。
「私が橋を架けました」と詳細な説明と懐かしい話、で盛り上がりました(笑)

「玉水橋」は京都府京田辺市と綴喜郡井手町間の木津川に架かる橋で、1995年度に着工して2003年12月6日に開通した。以前の橋は老朽化が進み、幅が5.5mと狭く歩行者にとって危険であったが、幅員はこれまでの約4倍の23mとより広く安全な橋となった。両側には3mの歩道が設けられ、車道も中央分離帯付きの4車線となった。事業は府によって進められ、架け替え事業の総事業費は約83億円。橋げたの塗装は水色が踏襲されている。

流れ橋で休憩です、途中で2名が分かれて帰路に着きました。
向かい風が強いですが巡航速度25km/hをキープしてのランを予定でしたが、足を痙攣された方もいるのでゆっくり走ります。
さくらであい館に到着、展望塔で景観を堪能され階段で降りられます、まだまだ元気です。
桜の季節はこの展望塔は有料ですが、今日は無料です。
この展望塔は木津川、宇治川、桂川が出会う三川合流地点に造られ、展望塔からは、淀川河川公園背割堤地区の1.4km続く見事な桜のトンネルを上空から楽しむことができる。また、週末を中心に地域の特産品が揃うさくらshopやイベントなども開催しています。
この日もJTB主催のKYOTOロングライドが開催されていて、このさくらであい館はエイドステーションになっていました、私たちは知らずに招かれるままに美味しい緑茶頂きました、もう少しで美味しそうなお菓子まで頂くところでした(笑)
さくらであい館で記念写真、解散場所の枚方円形椅子まで河川敷をゆっくり走ります。

枚方円形椅子に到着、皆さまお疲れさまでした。
自走で帰る方、輪行で帰る方、気をつけてお帰り下さい、遠くから枚方まで来て頂きありがとうございました。又、来年もよく似た時期に開催します、よろしくお願いします。

秋の高原ラン企画 「コリドールロード~伊賀路へ」

 ○参加人数        11名(うち男子10名、女子1名)
○開催日          2018年10月6日(土)
○集合時間・場所     9:30 近鉄名張駅西口
○解散時間・場所    16:00 近鉄名張駅東口
○ルート
名張駅 ~ 初瀬街道 ~ 名張街道・古山 ~ コリドールロード・鍵屋の辻 ~ 伊賀上野城 ~ 東条 ~  四十九 ~ 依那古 ~美旗 ~ 桔梗が丘 ~ 名張駅東口・解散
○距離             約58km
○重点項目     コリドールロードで秋の伊賀高原から伊賀の田園地帯を走る
 
週末になると降雨日になるパターンが続いているので今回も開催出来ないと思っていたが、前日の天気予報では朝の7時頃には雨がやみ、午後には晴れ間もある天気予報だったので開催したが・・・?
スタートしてコリドールロードを走る頃には本降りの雨となり、伊賀高原の「農業公園ログハウス」でしばらく休憩をして、雨が止んだら再スタートし日本三大仇討ちの一つの「伊賀越の仇討ち・鍵屋の辻」の茶店に到着した頃には青空に。(後の二大仇討ちは曾我兄弟の仇討ちと赤穂浪士の討ち入りです)
 
鍵屋の辻で荒木又右衛門と渡辺数馬が仇である河合又五郎を待ち伏せをしていた「数馬茶屋」を後にして、明治33年(1900)に建設された三重県指定有形文化財の平井堅や 椎名桔平の母校でもある三重県立上野高校の「明治校舎」を、趣のある校門から眺めてから伊賀上野城へと進みます。
「伊賀上野城」公園の天守閣へ行く上り坂を進みますが、先程まで降っていた雨で路面が濡れているので慎重にバランスよくペダルを回さないとタイヤがスリップするのでぺダリングの良い実習になりました。
天守閣を見たら次はここから天守閣を見下ろせるルートで忍者博物館がある所まで下りて行きます。
上野城公園の忍者博物館は知られていますが、他にも松尾芭蕉生誕300年を記念して建造された「俳聖殿」があり、芭蕉の旅姿を模して二層の丸い屋根は旅笠、俳聖殿の木額が顔、一層の八角形屋根は蓑や衣装、堂は脚部、回廊の柱は杖と足を表現し、建物の中には伊賀焼で作られた芭蕉の等身大の座像があります。
上野城公園を出たらそろそろランチの時間となったので、野球場や陸上競技場がある「伊賀市立運動公園」のすぐ近くでランチを予約していた「和食さと上野白鳳店」で楽しいランチタイムの始まりです。
ランチの後は大阪近郊と違ってたまにしか車が通らない、田園地帯を真っ直ぐに続く秋の伊賀路を悠然と進みますが、晴れの日だったら絶好のサイクリングロードなのですが。
伊賀市では晴れ間もあったサイクリングを楽しめましたが、名張市に入ってくるとまた雨雲が出てきて少しの間雨宿りをして情報交換をしますが、こんなひと時もお互いが親密になれるいい時間です。
名張駅に予定時間に到着し、江戸川乱歩先生像の前で今回のサイクリングは解散となりました。