与謝野晶子の歌碑等を巡るポタリング

 ○参加人数        5名(うち女子2名、男子3名)
○開催日         令和元年年12月10日(火)
○集合時間・場所    9:30  自転車博物館 東側
○解散時間・場所    15:00  自転車博物館 東側
○重点項目          晶子の生の言葉を聞きに行く
〇走行距離               約30km
〇コース       自転車博物館~けやき通り~堺女子短大~浅香山緑道~水野鍛錬所~(ひだまり庵でお昼)~開口神社~生家跡~堺駅西口広場~浜寺公園~大鳥大社~自転車博物館
  
堺で生活を始めて40余年、歌人与謝野晶子さんについては、歌集「みだれ髪」や詩「君死にたまふこと勿れ」などの作品で有名な歌人の一人だった。ふと発見した晶子さんの文学碑・ゆかりの地めぐりマップ、堺市内だけでこんなにたくさんあるんだ。これはひとつ自転車で巡ってみようと。まっ先に目についたのが、大仙公園に2基あること。それも目の前に, 「堺の津南蛮船の行き交へば春秋いかに入りまじりけむ」堺中央図書館前。もう1基は、日本庭園への途中、左側に天を指さすような形をした大きなものです。その言葉に、ふるさと堺への愛情がにじみます。
 
浅香山緑道で、「大和川 砂にわたせる板橋を 遠くおもえと 月見草咲く」 碑の前に作られた故郷の川には魚影が黒く見えます。隣にある浅香山配水場のタンクのほうに気持ちがいって、通り過ぎてしまいそうに。
大和川沿いから紀州街道に入ると、右手に水野鍛錬所が見えてくる。その玄関口左側に、美しい文字で「住の江や 和泉の街の七まちの 鍛冶の音きく 菜の花の路」。 鍛冶職人さんたちの仕事に対する気概が刃物型をした碑の表面にも脈々と・・・・。                                  右側の碑は次の映像の左側の碑の表面を拡大したものです。
晶子さんが生まれ育った町・甲斐町。生家跡に建てられた碑の前で 「海こひし潮の遠鳴りかぞへつつ少女となりし父母の家」。南海・阪堺線が通る大道の向こう側に晶子さんの生家・駿河屋の玄関口があったと居並ぶ石碑に記されています。歌碑は表側の歌が中心ですが、裏側や側面に刻まれた歌、絵、写真や文言に建立された人たちの思いも伝わってまいります。
開口神社の境内には、「少女(おとめ)たち開口の神の樟(くす)の木の若枝(わかえ)さすごとのびて行けかし」 左側の大きな石碑は、晶子さんの母校、泉陽高発祥の地の碑です。ほかに三国ヶ丘高校や堺市役所も、開口神社すごい役割を、さかいで担っていたとうかがえます。
南海本線・堺駅西口広場に立つブロンズの晶子さん。今までの中で最高に美しいとの声が。これだけの歌碑を巡り家族への愛、さかいに生まれ、育ってきた地域への愛が、私たちが日常的に使っている言葉と同期して、歌からにじみ出て心に染みてきました。晶子さんのファンにならずにはいられません。堺市に26基の歌碑などがあること、その訳が何かわかったような気がいたします。堺市内で残された歌碑は、花のころに巡ってみたいと思います。お楽しみに。

みんなで行こう!MTBサイクリング(生石高原)

 ○参加人数          1名(うち女子0名、男子1名)
○開催日           令和元年12月9日(月)
○集合時間・場所      9:30JR海南駅東側ロータリー
○解散時間場所     14:30JR海南駅東側ロータリー
 ○走行距離        48キロ
○コース           JR海南駅~くすのき公園~登山口~札立峠
生石高原~札立峠~登山口~JR海南駅
 
本日のMCCランは、強度5/5、生石高原へ行ってまいりました。
強度5/5と言っても坂道の強度が5/5です。しかもオールターマック(舗装)です。
MCC的には、上級のカテゴリーですが、これでサイクリングを極めたわけでは決してございません。
ある程度コースを気にせずに自由にサイクリングを組立できるスタートラインに立ったにすぎません
のでくれぐれも誤解のなきようにお願い致します。
最近のロード部門も技術が進歩し、フロントギヤ34丁リヤ34丁のMTBなみの軽いギヤもラインアップ
されきて、MTBと同様に峠越えのサイクリングに行かれる皆様も増えてきました。
またEバイクで行けば、峠越えのサイクリングに行かれる皆様も更に増加し、老若男女脚力の差を
気にせずに快適に走れるようになり、サイクリングの楽しみ方が更に増えていくことでしょう。
 
野上電気鉄道の軌道敷跡をMTBでのんびりとウォームアップします。
もちろん歩行者の皆様が最優先です。一時停止も足つき励行します。
道中、野上電気鉄道の電車の絵が郷愁を感じさせてくれます。
はるか昔の遠い懐かしい昭和の世界に誘ってくれます。
ロードレーサーで登ると「修行」になるので、軽いギヤを使えるMTBで「快適」に登ります。
若かりし頃とはよく言ったもので、登山口から札立峠まで24分台で登れましたが、現在は
倍以上の50分もかかりました。もうヘロヘロですね。
やはり歳には勝てません。
山は冬支度、透き通った青空とサイクルジャージを吹き抜ける凛とした冷たい風が、登坂で熱く
火照った体を心地よく冷やしてくれます。
呼吸を整えながら、海南の街並み、淡路島、大阪湾をはるか遠くに俯瞰します。
「登って来てよかった!」
峠越えのサイクリングの醍醐味を感じさせてくれます。
幾山河果てなく、奥深い紀州の山々の景色に心を洗われて、澄んだ心で眺めます。
夜になれば、月の明かりに照らされて、流れ星が軌跡を描き、獣が遠吠えしていることでしょう。
崖の上で、山ではなによりもご馳走の清水の入ったボトルを高く掲げてポーズをとります。
壮大な心地よい気分です。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか(^^)

ちょっと早い年越し蕎麦 「相福庵」サイクリング

 ○参加人数        7名(うち女子1名、男子6名)
○開催日         令和元年年12月7日(土)
○集合時間・場所    9:00  自転車博物館
○解散時間・場所   15:30  自転車博物館前
○重点項目         ちょっと早い年越蕎麦で無病息災を
〇走行距離               約68km
〇コース       自転車博物館~61号~阪和道脇道~国分峠~旧170号内畑~相福庵~水間観音~旧170号河合町~愛菜ランド~蜻蛉池公園~山直中町~阪和道脇道~61号~自転車博物館
 
本日のMCCランは、師走とはいえまだ少し早い年越蕎麦を戴き、健康で楽しいサイクリングを続けられるように無病息災を願うランです。本日は真冬並みの気温で、曇り空だったこともあり、皆さん本格的な冬支度の服装で寒そうですが、準備体操をして元気に出発。
 
国分峠に至る前の和泉市国分町の和泉国分寺を訪れ、一休止。当寺は「光明皇后誕生地」とも伝えているようで、和泉中央駅からのウオーキングコースにも挙げられている。光明池などの光明という名称は、この「光明皇后」に由来するとも言われている。
途中で和泉市の農林産物直売所「葉菜の森」で販売されているみかんを試食した後、今回の目的である「相福庵」に。美味しい蕎麦だけではなく、野菜の天ぷらや煮物なども堪能できる蕎麦定食を注文。ゆっくりとした広間で皆さんホッコリ、満腹、満足。
岸和田市相川町にあるここ「相福庵」は、相川の山間にあるお蕎麦屋さんですが、この近隣は「ホタルの里」としても有名なようです。
次に向かったのは、水間観音。いつ来ても荘厳な本堂と三重塔に圧倒されます。サイクリストにとっては、このお寺は、和泉葛城山へのヒルクライムの拠点にもなっているようです。その後、私たちは、途中で、愛菜ランドで15分ほどの休憩の後、予定通り、蜻蛉池公園の横を通り、山直中町から阪和道脇道、さらに61号を経て、無事自転車博物館に帰ってきました。いつもながら、和気藹々と、楽しいサイクリングを体験できました。

ロードバイク企画 南河内グリーンロードを走ろう

 ○参加人数        5名(うち女子0名、男子5名)
○開催日         令和1年12月1日(日)
○集合時間・場所    9:00  柏原リビエルホール前
○解散時間・場所    15:00 河内長野本町七つ辻
○重点項目         南河内グリーンロードを登りはゆっくりと自転車で走行する。
〇走行距離                45km(概算)
〇コース           柏原リビエルホール前~国豊橋~駒ヶ谷北~道の駅近つ飛鳥の里 太子~平石トンネル~持尾展望台~竜池山 弘川寺~キッチンハート~白木南~千早赤阪村 水分~中津原 西恩寺~鳩原トンネル~千早口駅前~里道~トトロ街道~上田町北~河内長野市立ふるさと歴史学習館~道の駅奥河内くろまろの里~河内長野本町七つ辻
                                   
霜がはるほどの寒い朝となりましたが、快晴で、昼間は気温も上がりポカポカ陽気となりました。時間になり、本日のコース経路や注意事項の説明をし、準備体操後、出発しました。ゆるゆると登り始めると直ぐに、駒ヶ谷北の3差路交差点に到着。ここから、いよいよ南河内グリーンロード前半戦のスタートです。4kmほどを走り、汗ばみ始めたかなと思う頃に、道の駅に到着。(写真1)
 
休憩を取り、服装を身軽にして持尾展望台を目指します。このコース唯一の絶景と天気に感謝。この展望台で、ほぼ前半の登りは終了。皆さんまだまだ元気?(写真2)
3kmほど走ると、弘川寺に到着。山里の風情のあるお寺を散策。去りゆく秋を惜しみつつ、もみじの下で、写真撮影しました。(写真3)
5分程で昼食のキツチンハートに到着。多くの人は初来店で、女子ウケ、インスタ映えするカラフルな料理にビックリ。食べてみるとケッコウ美味しいので、2度ビックリしました。(写真4)
後半に備えて、1時間昼食にかけた後、出発しました。下りながら、白木南へ。そこから、ゆるゆる登り、水分。R309を右折して、いよいよ南河内グリーンロード後半戦のスタート。後半戦の中間地点 中津原の西恩寺で、コーヒーブレイク。(写真5)
その後、2つトンネルを超えて、あとはほとんど下りで、千早口駅前から 里道 トトロ街道 旧R371 上田町北を左折。ここで予定時間よりかなり早いので、オプションで考えていた ふるさと歴史学習館に立ち寄りました。ここでは、専属のガイドさんが付いてくださり、40分かけて丁寧に解説してくださいました。(写真6)                                                少し走り道の駅へ。休憩を取り、北上して七つ辻へ。皆さん日の落ちないうちに帰りつきたいとのことで、そこで解散サイクリング終了としました。

柏原から浄瑠璃寺サイクリング

○参加人数       7名(うち女子1名、男子6名)
○開催日        令和元年11月30日(土)
○集合時間・場所   9:00  柏原市役所・リビエホール
○解散時間・場所   16:15  柏原市役所・リビエホール
○重点項目         秋の浄瑠璃寺訪問
○走行距離               約80km
○コース          柏原市役所・リビエホール~大佛鉄道記念公園~奈良少年刑務所跡~植村牧場~浄瑠璃寺~源九郎餅~柏原市役所・リビエホール
 
京都府木津市の当尾(とうの)の里にある浄瑠璃寺を訪れ、阿弥陀如来を安置する本堂や三重塔を見学し、紅葉の古寺を味わおうとするランです。出発準備を済ませ、リビエホール前での撮影。風は少々肌寒かったですが、快晴に恵まれました。
明治31年(1898)に開業し、加茂駅と奈良駅までを結んだ関西鉄道株式会社の路線(大佛鉄道)-ただし10年後の1907年には現在のJR関西本線のルートに切り替わったために廃止-の大佛駅のモニュメントを見ながら一休止。
奈良市般若寺町にある元奈良少年刑務所。正面はロマネスク様式の門、その背後には本館がある。2016年に閉鎖され、その跡には建物の外観を利用したホテルの建築が予定されているとか。当日は、珍しく開放されていたが、入場許可書が必要なようで入場できず、記念撮影だけ。
植村牧場を経て、いよいよ本ランのメインの浄瑠璃寺に。浄瑠璃寺への3㎞ほどは坂道が続きましたが、皆さん余裕でクリア。浄瑠璃寺は平安時代に建立された真言律宗の寺院で、境内の中心にある池の西には、九体寺(くたいじ)の別称にもなっている九体の阿弥陀如来像が安置され、池の東には薬師如来を祀る三重塔がある。
当日は、秋の秘宝・秘仏展の最終日で、見学の人たちも多かった。われわれは帰りの時間を考え、秘仏の拝観を断念。堀辰雄が訪れた「春」の馬酔木の花はなかったが、紅葉が見頃であった。
浄瑠璃寺の門前近くで、遅めの昼食。リーズナブルで、味も良い料理に大満足。
JRと近鉄の郡山駅の中間にある本家・源九郎餅で、できたての源九郎餅を頂きほっと一息。まだ温かく、甘さも控えめなこしあん入りのお餅の美味しかったこと。お餅に元気をもらい、JR王寺駅近くでトイレ休憩の後、柏原市役所・リビエホールに無事に到着。距離は少々長かったですが、奈良の秋を満喫できた楽しいランでした。