加太-初詣・グルメサイクリング

○参加人数      8名(うち女子1名、男子7名)
○開催日       令和2年1月25日(土)
○集合時間・場所   9:00  岸和田駅東口
○解散時間・場所   16:00  岸和田まちづくりの館
○重点項目        加太での初詣とグルメを目的としたサイクリング
○走行距離                 約87km
○コース       岸和田~紀州街道~長松自然海岸~65号線~加太
 
本日のMCCランは、岸和田から加太までの少し長丁場のサイクリングですが、加太の淡島神社への初詣としゃれたレストランでの食事を楽しむことを目的にしています。曇り空でしたがときどき青空も見えるまずまずの天候で、集合地点の岸和田駅東口で準備体操をして元気に出発。
 
予定通り11時半過ぎに淡島神社近くの最近できたレストランに到着。このレストランは、漁師である父親が採った新鮮な魚介類をメインに、それをお嬢さんが若者感覚でアレンジした料理の店として知られているようです。本日のメインディッシュをとても美味しく戴きました。
このお店はテレビでも紹介されたようで、十数人ほどが入れるそれほど大きくはない古民家を利用したレストランで、天井も高く、採光にも配慮されたこざっぱりした空間です。
淡島神社に参拝。すでに初詣の時期は終わっていて、それほど参拝客は多くはなかったですが、私たちは、今年一年の皆さんのサイクリングの安全と健康を祈願しました。
次に向かったのは、同じく淡島神社近くにある、あげパンのお店。食後の甘さを求めて、熱々の揚げパンをぱくつく。
岬町淡輪にあるヨットハーバーでトイレ休憩をかねて一休止。その後、往路とほぼ同じ道路を通り、無事に岸和田(まちづくりの館)に到着しました。途中でパンクが一件発生しましたが、ほぼ予定通りの時間までにランを終えることができました。少し距離も長かったですが、皆さん元気で、和気藹々とした楽しいランを体験できました。

見知らぬ町をいつもの自転車で!(和歌山市Aコース)

○参加人数       5名(うち女子2名、男子3名)
○開催日        令和2年1月21日(火)
○集合時間・場所    9:30 JR和歌山駅東口駅前ロータリー
○解散時間・場所    15:00JR和歌山駅東口駅前ロータリー
○重点項目           初級の卒業の形として輪行を経験し、見知らぬ町をいつもの自転車でポタリングする。併せて企画の敷居を下げて、先達となることにより幹事を養成する。みんなが先生、みんなが生徒でサイクリングの情報共有を行う。
〇走行距離                   39km
〇コース        JR和歌山駅~和歌山城~京橋幸太郎さん~養翠園~雑賀崎~片男波~和歌の浦~東照宮~JR和歌山駅
 
本日のMCCランは、初級の卒業の形として、輪行を経験して、見知らぬ町をいつもの自転車でポタリングしようという企画です。
輪行ポタリングを経験して、中級に向けて、更にサイクリングを楽しんでいってくれたらと思います。
もちろんこういった形のサイクリングをずっと楽しんでいきたいというクラブ員のみなさまは、引き続きご一緒に楽しんでいきましょうね。
       
まずは和歌山城周辺を回ります。
緑が多くて、冬の凛とした空気を肌で感じながら静かにのんびりと自転車を流します。
こういう心地よさが、ポタリングの楽しみの一つですね。
和歌山城は御三家の紀州徳川家の居城であり、築城の名手藤堂高虎によるものです。
虎が伏しているようにも見えるお城は、別名虎伏城ともいわれています。
次は和歌山市京橋にある幸太郎さんで和歌山ラーメンの「幸太郎ラーメン」を楽しみます。
大将は、元割烹料理人の経験を活かし、腕は確かです。出汁の味も焼き豚も麺の茹で加減も絶妙です。
釣りがご趣味で、よく釣りに行かれています。釣り具にも凝っておられます。(^^)
本日は天然のヨコワと天然のハマチのお寿司が大将の一押しということでお寿司もいただきます。
魚の皮もあぶっていただき、肉厚の身で想像を絶するお寿司に仕上がっています。
美味しいラーメンとお寿司でエネルギー補給をして、雑賀崎の灯台を目指します。
灯台からの景色は、北は、友ヶ島水道や西は淡路島、南は海南、初島を望み広大な景色です。
輪行で遠くに来て、いつもの自転車を走らせて、海の景色を眺めていると寒いにもかかわらず爽やかな気分になりますね。
万葉集の和歌に思いを馳せながら片男波の海辺を流します。
絶景の和歌の浦を経由して、不老橋を渡り、健康を願います。
長い階段をみんなで登って、紀州東照宮に詣でます。
寒い一日でしたが、温かい和歌山ラーメンとポカポカと暖かい日差しにも恵まれ、風光明媚な和歌の浦の名所を訪ねた輪行ポタリングの一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか(^^)
 

Monthlyポタリング(岸和田~義犬塚~)

 ○参加人数        8名(うち女子3名、男子5名)
○開催日         令和元年12月27日(金)
○集合時間・場所    9:00 堺自転車博物館東側の広場
○解散時間・場所    15:30堺自転車博物館東側の広場
○重点項目          毎月同じコースで開催し、クラブ員の皆様の体調の維持と定期的に
自転車のメンテを行う機会を設けて、集う喜びを分かち合う。
併せて企画の敷居を下げて、先達となることにより幹事を養成する。
みんなが先生、みんなが生徒でサイクリングの情報共有を行う。
〇走行距離               51km
〇コース          堺自転車博物館~紀州街道~岸和田市内(義犬塚)~岸和田城~
浜寺公園~堺自転車博物館
 
本日のポタリングは、日本書記に記されている有真香邑(ありまかのむら)と日本書記の逸話を訪ねてのポタリングです。
捕鳥部萬(ととりべのよろず)は日本書記に記されている古代の英雄です。
6世紀ごろ物部守屋氏に仕えていました。
物部守屋氏の死後官(政府)に反する「悪心」「逆心」との汚名を着せられ、捕鳥部萬の妻の
実家があるこの地に追われました。
捕鳥部萬と愛犬シロ一匹で、政府に対して孤軍奮闘戦い、自ら果てました。
そして愛犬シロは彼の傍で臥せったまま飢えて死んでいきました。
やがて官(政府)の誤解も解けて、お墓は今もなお村人たちに手厚く葬られ、愛犬シロも主人の傍らで眠り続けています。
 
みんなで写っている碑の題字は三条実美氏によるものです。
彼もまた幕末の動乱期に尊王攘夷派と公武合体派との争いの渦中にあり、大政奉還に至るまでの道のりや思いを捕鳥部萬と愛犬シロに重ねたのだろうと想像できます。
様々な争いのない平和な世の中になればいいと思いました。
碑を後にして、和泉葛城山を背景に、電線一つない田舎道を岸和田城に向けてのんびりと
ポタリングします。
岸和田城や海辺を巡り、浜寺公園駅のCafeでまったりして、解散です。
向かい風が強くて、いつもよりギヤが一つ軽く、低いポジションを取りながら走ったポタリングの一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか(^^)