日生サイクリング+牡蠣まつり(片鉄ロマン街道と玉子かけごはん)

○参加者数    10名(女性1名、男性9名)                                                                                                   ○開催日      2014年2月23日(日)                                                                               集合時間・場所  6:30 自転車博物館 車載                                                               解散時間・場所  19:00 鵜飼谷温泉  最終・21:00 自転車博物館                                                  ○距離        57km(初級)    実走時間  3時間15分    平均速度 17.5km/h                                          ○ルート    日生~和気・鵜飼谷温泉~片鉄ロマン街道サイクリング ~柵原ふれあい鉱山公園~鵜飼谷温泉
images1_20140223

2/2赤穂のカキを逃してしまった私は、2/23お隣の日生のカキに再挑戦。
4台の車に分乗して現地には9時頃到着したものの、小さな港町はすでに人と車の大渋滞。
自転車を積んでいる強みで、遠くにある運動公園の駐車場に止め、会場までサイクリング。
早春の瀬戸内の海はキラキラと光り、その海岸沿いを地中海気分で走る、
自転車って良いなァーと、すっかりテンションも上がりっぱなしで日生・五味の市広場のイベント会場に。

images2_20140223

イベント会場は、本当に立錐の余地もない状態、どこのテントも売り場も長蛇の列、列で、もう迷いそうです。しかたなく近くの海鮮炭火の牡蠣専門店に移動。

images3_20140223

第一部;トレーに盛られた牡蠣の量がすごい、サザエもホタテもある。コンロの上で牡蠣がはぜると悲鳴、殻が開くとまたデッカーイと歓声が上がり、
いくつものカキがスルリ、スルリと胃の中に、至福の瞬間が続く。日生カキまつりの後は、MCCイベント情報にはなかった隠し玉がさく裂だ。

images4_20130223

第二部は、片鉄ロマン街道を北の端までサイクリング。廃線跡の自転車専用道を走るわれらに、吉井川の景色が追い風となってついてくる。坂道を走っているという感覚を忘れさせてくれるほどの、素敵な道です。

images5_20140223

途中「苦木」駅で清掃ボランティア(嘘;お遊びです)のおまけがついて、最終「吉ヶ原」駅までおもいおもいのペースで全長24kmの上り中心の自転車道を完走。

images6_20140223

Tさんの案内で、吉ヶ原駅近くにある「玉子かけごはん」の店に。閉まっている。期待が大きかっただけに諦めきれずに、ドアーを押すと開いた。女将が出てきて「もう、ないのよ」「10人分だけでもできないかなァー」に「ごはんを分け分けすると出来るかも」で、とにかくお腹が空いているので中に入らせてもらった。一風変わっていたけれど、清潔で綺麗なお店。
「玉子かけごはん」玉子+ごはん+6味の醤油をかけ分けて、少しずつ食べるのが作法と書いてある。
一杯のごはんに3個の卵をといてかける、そこに1味ずつ醤油をたらしていただいた。
お腹が空いていたけれど、本当においしい、シンプルが一番。今日一番のご馳走だ?

images7_20140223

帰りは、来た道を下っていく。2月下旬の気候、3時を過ぎると肌にあたる風も冷たくなってきた。
終着の和気鵜飼谷温泉、冷えたからだと、張りの入った筋肉を温かい湯で癒し、これに宴会が有ったら本当に最高だなと思いながら、充実した一日の余韻に浸りました。

images8_20140223

この自転車道、廃線跡ということで車道とは完全に分離されており、道幅も結構広く整備も行き届き路面からのショックもなく本当に安全で気持ちの良い道です。もちろん、交差点など重要ポイントには必ず標識が完備されていました。

images9_20140223

次回は是非、宴会付きのサイクリング企画をここでやりましょうよ。希望者は、掲示板「サイクル賑やか広場に」メッセージをお願いします。①片鉄ロマン街道他、そのほか ②しまなみ海道 ③とびしま海道他 ④その他の地域(       )でも宴会ができるツアーをやりたいですね。共同企画者を募りま~す。

images10_20140223

コメントは受け付けていません。