泉北遊歩道で公園めぐり

○開催日         2014年6月29日(日)                                             

○参加者数        9名(女性1名、男性8名)                                            

○集合場所・時間      堺市南区;大蓮公園内 泉北すえむら資料館前  午前10時                                  ○解散場所・時間      堺市南区;新檜尾公園  午後2時                                                     ○ルート            報告書 1番目の画像に示す                                                 ○距離            約28km                                                                        ○本日の目標        泉北の遊歩道・公園をホーム・コースの一部分に!

images1_20140629
天気予報に無かった雨が夜半から降り続き、翌朝の手配を考えながら眠りに入った。                                                泉北遊歩道をテーマにした企画は今回が3度目、1回目は「遊歩道を一筆書きで走破しよう」、2回目が「総会後のポタリング」だった。昨夜の思いは、取りこし苦労に終わり、爽やかなポタリング日和に。                                                                                                                                                                                                           参加者の皆さん、早くから到着しておられました。10時の集合は「朝にゆとりができて、いいね」と好評。                                  
今回はコース図の中に、参加者の名簿を添付し、【第1画像 左上(1)】 また自己紹介時に、地図を使い、ここまで(集合場所)へのコースも紹介していただきました。                           

泉北遊歩道は自転車の初心者にとって、色々なテーマを持ちながら練習するにはもってこいのコースです。                                        

images2_20140629images3_20140629
時間に余裕があると、なんやかんやと話題が弾みます。皆さんの顔が)向いている先は、・・・・・?                                                       堺市立すえむら資料館の見学を予定に入れていたのですが、またの機会にして、資料館前で記念撮影。
images4_20140629
緑滴る泉ヶ丘緑道は、昨夜来の雨が、亜熱帯の森の様相を醸し出し、少しひんやりとさせ、気持ちのいい走りが始まる。下には流された落ち葉の溜まったところもあり、避けるかそのまま注意して走り抜ける。                                                      要所、要所に道標が整備されています。上部は遊歩道の名称、下部が現在地の名称、中央部は、矢印で来た道の方向とこれから行く道の方向が示されています。                                                     これと地図を確認しながら行くと、迷路のような遊歩道も、眼からウロコですよ!                                                                                             泉ヶ丘緑道は、大蓮公園で袋が閉じる「9の字」を描いています。泉ヶ丘駅の南東側に広がる丘陵地帯は、晴美台センターまでは軽い上り、そして泉ヶ丘駅に向かって下りが続く、そんな反時計回りをイメージして走っていきま~す。、
images5_20140629images6_20140629

お昼の買い出しは、泉ヶ丘プール(三原台)入り口にあるショッピングモール、そしてあの「泉北堂」のパンの人気も絶大で、一行は緑道を離れ泉ヶ丘駅裏側を抜け、広いバス道から最短の距離でかけつけました。     
昼前でしたが、幸運なことに先人が少なく、焼き立てのパンがより取り見取り、すぐレジで会計に。                                                           トレイにパンを載せると、ついついどれも美味しそうで数が増えてくるんですヨね、皆さん。                   もちろん甘いパンは、エンストをおこさせないためにも、絶好の補給食になりますね!
images8_20140629images7_20140629
買い出しをしているうちに、良い時間になってきました。お腹も空いてきました。                    泉北遊歩道では、空腹は最大の敵です、幸いにも泉北堂から荒山公園への道は下りのみ。               

いつもの梅林を抜け、運動公園横にひろがるヤシの木陰に、S野さんがいい場所を見つけてくれました。

images9_20140629images10_20140629
うん?なに?という感じでO本さんが反応しています。自転車初心者にとって、泉北緑道は少ししんどいコースだと思います。このコースをもっと楽に走りた~いに、色々な案が飛び交いました。                    

後ろのギアーの組み合わせに大きめのものをとか、其れも滑らかな歯数変化にとか、クランクの長さを今より短くしたらとか、前のギアーをもう1枚増やしたらとか、ホイールを軽いのに交換するとすごいでとか、もう一つ忘れてはいけない大切なのが筋力だとか。

自転車に乗り続けると、ほんと悩みは尽きませんねェー。

images11_20140629images13_20140629
栂緑道は南北に栂地区を貫く一本道。                                      

見通しがよく、アップダウンがない代わりに、自転車の速度が出ないよう、3ヶ所に細かいゲートがありました。今MCCの会員さんが、さながら競輪のスタートに着いた時ののように、力が入って緊張をしています。                            
私は、後ろのワイヤーに引っかかったり、ディレイラーにガチャンやったらいややなァー。                              上手い具合にスーッと抜けたらいいのになァー、といつも思いながら通過するゲートです。

images12_20140629images14_20140629
栂緑道から旧道を横切り、光明池緑道に入る。光明池地区を9の字を描いて本日のゴールにあたる新檜尾公園で元の緑道と交わります。元々の地形と雑木林をそのまま残して公園にしたといわれるだけあり、泉北でも新しい街だが、緑陰がひときわ濃く広がり、夏の頃の涼しさがうかがわれます。                                
赤坂台方面の緑道に入ると、アジサイの花が我々を迎えてくれた。「癒しの道 AKASAKA アジサイ街道」植え付け始めて13年、アジサイに寄せる思いが伝わってきます。                                               自転車を降りて旬の花々を堪能。今年は皆様方と共に愛でることができませんが、400mも続くアジサイ街道、この絶景を求めて来年度も企画を考えていますので是非・・・・。
images16_20140629images15_20140629
泉北の緑道の最後は、新檜尾公園。ここの広場のあたりは、落葉樹のメタセコイアの林がメインになっており、四季を通じて非常に明るい雰囲気になっています。駅方面から自転車で下っていくと、だんだんと空が開け、明るさが増していき、落葉樹の林に包まれていく感じが、常緑樹の中を走ってきたものには、すごく新鮮に思われます。お気に入りのスポットです。是非、集合場所に!
images18_20140629images17_20140629
低温の日が続いたからか、アジサイやクチナシの花が思っていたより美しく、またクチナシのほのかな薫りが緑道までとどき、気持ちのいい一日の最後を締めくくってくれました。                 ≪yama13≫

コメントは受け付けていません。