「MTBトレッキングツアー!」(行者還トンネル下見)

○参加人数        6名
○開催日         2014年9月7日(日)
○集合時間・場所    9:00 南海高野線河内長野駅
○解散時間・場所    18:30 南海高野線河内長野駅
○ルート      河内長野駅~(車載)~みたらい渓谷~行者還トンネル~みたらい渓谷~(車載)~河内長野駅
○距離                26 km  (レベル 上級)
○重点項目        国土地理院発行の5万分の1の地図を読む 
                                           
 images1_20140907
前日まで降り続いた雨が朝方少し残りましたが、河内長野駅に集合です。
本日は、1000メートル級の紀伊山地の本格的なMTBトレッキングツアーです。
降水確率30%といえども山の天気は急変しますので雨や防寒のためにレインジャケットは必須です。
下市で昼食に名店の柿の葉寿司を仕入れます。道の駅で名物のピリ辛のコンニャクや草餅をみんなでワイワイ言いながらいただきます。サイクリングの楽しみのひとつです。
 images2_20140907
紀伊山地の豊富な水量を利用した関西電力の川迫ダムにて休憩です。
ダム湖の水底まで見えるほど透明な清らかな水です。記念のダムカードは、ここには用意されていなかったみたいで残念ながら、入手できませんでした。
 images3_20140907
清らかな渓流を眺め、雲がかかった山々を眺め、苔むした木陰の道を行きます。
道中「熊出没注意」の看板を見ます。思わず緊張感が走るとともに私たちは、
訪問者であって、大自然の単なる一員であることを感じさせます。
 images4_20140907
熊がでないかどうか、周りに注意を払いながら神童子谷との分岐点で記念撮影です。
6人のうち誰が熊にとって旨そうなのかワイワイガヤガヤ話題に事欠きません。(^^)
渓流を渡る谷風も秋の気配です。
 images5_20140907
     
体育会系女子のお二人!T川さんとY内さんです。
積極的にMCCの行事にご参加くださり、いつもにぎやかに場を盛り上げてくださいます。
MCCも彼女たちの存在抜きに語ることはできません。これからも楽しいサイクリングを続けて行ってほしいものです。
 images6_20140907
左手に山上ケ岳1719m、大普賢岳1779m、行者還岳1546を、右手に弥山を眺めながら、MTBを走らせます。
MTBならではの軽いギヤで、余裕をもって上れます。下りも太いタイヤと軽いブレーキタッチで安心です。
奥深い山々に神々が宿り、幻の日本狼が今なお山中を走り回っているような不思議な感覚にとらわれます。
澄んだ秋の風が心地よいです。数か所滝があり、水分補給やリフレッシュもできます。
 images7_20140907
みんなでワイワイガヤガヤ言いながら走っていると、知らぬ間に行者還トンネルに到着です。
みんなで走るMTBツーリングならではの楽しみです。
トンネルに到着すると全員で到達した喜び、一体感や達成感に包まれます。
記念撮影の後はるか向こうに出口の明かりが見える行者還トンネルを抜けます。
暗い中では方向感覚が狂いますので、壁に張り付かないように出口を見据えてハンドルを
向けます。
 images8_20140907
雄大な景色を観ながら、仕入れてきた柿の葉寿司で昼食です。
やはりみんなで同じご飯を頂くとおいしいですね。
車のデポ地点まで下りて来てから、お楽しみのみたらい渓谷の散策です。
荒々しいまでの勢いのあるたくさんの滝!水音、水量と巨岩に圧倒されます。
梨農園の直売の自慢の梨をいただき、帰途につきました。「みんなで走ると楽しいよ!」
 images9_20140907

コメントは受け付けていません。