みんなで行こう!有田みかん食い倒れサイクリング(下見)

○参加人数        4名(うち女子0名、男子4名)
○開催日          2014年11月23日(日)
○集合時間・場所    10:00 JRきのくに線海南駅東口
○解散時間・場所    15:00 JRきのくに線海南駅東口
○ルート        海南駅~野上電鉄軌道跡~黒沢牧場~金屋~海南高原~海南駅
○距離             45km
○重点項目      景色のいいみかん畑の中の上り下りのコースを楽しむ。            
images1_20141123                                    
本日は、秋の晴天のもと今が旬の有田ミカンをおもいっきり堪能しようと「食いしんぼう四人衆」がJRきのくに線海南駅に集合です。
食いしんぼう四人衆は、I井さん、N下さん、、H部さん、W田です。
H部さんの目標は、有田ミカン20個食べることです。
さてさて目標達成できるかどうか後のお楽しみです。(^^)
まずは、恒例の体のウオームアップと落車に備え、柔軟体操です。
体が芯から温まり、日頃固くなっている筋肉や筋をほぐします。
全員若手とは勝手に思っているものの、あちこちでふらついたり、うめき声が聞こえます。(^^)
images2_20141123
野上電鉄軌道跡を軽いギヤでのんびりウオームアップです。
アスファルト路面が長年の使用で荒れていて、I井さんのリヤホイールのスポークが飛びました。
今はめているの某社のホイールより、やはりS社のホイールを買わなければなりませんね。
「I井さんお買い上げ~(^^)」
みかん畑の中をH部さんを先頭に模範的な登坂走行で快適に走ります。
上りや下りは、模範的なエキスパートについて走行すると上達が早いです。
やがて海南市内や和歌山市内をはるかに俯瞰する黒沢牧場入り口に到着です。
images3_20141123
いたるところにみかん畑が広がります。
ぽかぽかと暖かい日差しに包まれて、ほっこりします。
images4_20141123
オレンジと緑の湘南カラーも青空の中で一層引き立ちます。
 
images5_20141123
一袋100円で売っています。
いたるところで有田ミカンを買ってはチョコチョコ味見をします。
むくのに多少テクニックが要りますが、皮の薄い、小粒のみかんの味が濃厚で食べやすいですね。
「食いしんぼう四人衆」の有田ミカンの味比べです。
爽やかな酸味と甘み、かんきつ類の香りとともに思わず幸せな気分になります。
水分とエネルギー源は、みかんだけで十分でボトルの水は、ほとんど飲んでいません。
images6_20141123
有田ミカンの本場では、八朔等いろいろなかんきつ類が目に留まります。
images7_20141123
道の駅明恵ふるさと館でおうどんをいただきました。
体が温まります。
売っているパンもおいしそうでした。
images8_20141123
みかん畑のオーナーが、みかんの手入れをなさっていました。
挨拶のお声をかけると、絶品の有田ミカンを木から切っていただいて、私たちに振舞っていただきました。
大きいみかんで、ジュース用にするとのことでした。
酸味甘みバランスが取れていて、本場の有田ミカンを堪能しました。
みなさんから思わず笑顔がこぼれます。
オーナーの笑顔も爽やかで暖かい気分にさせてくれます。
みなさんもう食べきれないほど本場有田ミカンをいただきました。
まさに有田みかん食い倒れサイクリングです。
H部さんは、12個で優勝です。(^^)
images9_20141123
帰りはご褒美の海南高原からの素晴らしい景色と気持ちの良いダウンヒルが待っています。
「みんなで走ると楽しいよ!」
ぜひみなさんもご一緒にいかがでしょうか!

コメントは受け付けていません。