「片鉄ロマン街道と旬の牡蠣を買う」 冬のサイクリング

○参加人数        11名(うち男子8名、女子3名)
○開催日          2017年 02月 26日(日)
○集合時間・場所    08:30 山陽道三木サービスエリア
○解散時間・場所    15:40 片鉄ロマン街道サイクリングターミナル
○ルート 大阪 → 三木SA → 伊里漁協・真魚の市 → 備前サイクリングターミナル ~ 片鉄ロマン街道 ~ 和気 ~ 柵原・吉ヶ原駅 ~ らん ~ 片鉄ロマン街道 ~ 備前サイクリングターミナル・解散 →大阪
○距離             約65km
○重点項目     伊里漁協の真魚の市で旬の牡蠣を買い、片鉄ロマン街道を走る
    
今回は好天の日に今が旬の牡蠣を買い、「片鉄ロマン街道」を走る岡山への遠征サイクリングです。   3ヶ所から出発する車に分乗して「山陽道の三木SA」に集合したら、最初に行くのは備前の伊里漁協で毎日曜日に行われる「真魚の市」ですが、この朝市は新鮮な魚貝類を漁師が直接販売するので、大阪では買えない産直価格で買えると多くの人で賑わっていて、我々も直ぐにその仲間入りに。   海産物だけではなく山や畑で採れた新鮮な農産物も売られていましたが、直ぐに目に留まったのはトラックの荷台に山積みされた牡蠣を、ポリ袋に詰め放題1000円で買う人が並んでいました。   市場内には大阪で見たことも無い珍しい物も沢山あって、それらを試食しながら何ヵ所もの出店を見て廻って大満足できるおいしそうなお土産が買えたので、家に帰ってそれを食べるのが楽しみです。
朝市の漁協から出発する約束の時間となったので、そこから車で10分くらい走ると「片鉄ロマン街道サイクリングターミナル」に到着しましたが、以外にも日曜日なのに駐車している車は少なかったです。   この備前市の公的施設は「ロマン街道」沿いに建っていて、ここにはレンタサイクルもある拠点です。   車から自転車を降ろして組み立て終わったら、M崎さんが40年前の自転車雑誌にまだ若いH部さんの入社して間もない頃の写真が載っていると持ってきたので皆で見ると、整形後の様なイケメンで頭の上も黒々として今とは大違い、本人曰く昔は良くモテタそうですが、自分から言うので眉唾物でしょう。  さらにもっと驚くのは40年前の雑誌を残していたK田さんの自転車に対する愛情の方です。   さあそれでは入念に準備運動をしてサイクリングをスタートしましょう。
「片鉄ロマン街道」は全長約34キロで、スタートの起点は「サイクリングターミナル」から海側へ1キロ弱程行った所に<起点>と書かれたこの案内板が立っていますが、注意して見ていないと見逃します。   今回はサイクリングターミナルから、希望により30km程で走る高速グループと、25kmくらいで走るグループに分かれて、終着点の「柵原鉱山資料館」がある「旧吉ヶ原駅」を目指して走り出しました。
昔の片上鉄道の列車で走っているような雰囲気を感じるトンネルをいくつか通り抜けて、山陽本線の「和気駅」を過ぎれば綺麗なアールを描いた鉄橋を渡って、快適な道をもっと先へ進んで行きます。
「ロマン街道」沿いの蝋梅や紅白の梅の花が咲いている道を走って行くので、梅の香りや綺麗な花に癒されて足の疲れなどは少しも感じないですし、桜の木も多いので桜が咲く時季も綺麗でしょう。   やって来たのは一番プラットホームが長くて保存状態が良い「旧天見駅」で、思い思いに写真撮影タイムとなりましたが、片上鉄道の昔の駅舎はこの他にも何ヵ所か残っていますが、ここが良いです。
ロマン街道の中間地点くらいとなる駅に、駅舎の代わりに列車の形をした看板が置かれているので少し休憩してから写真を撮りましたが、横を見れば我々が乗ってきた10台以上の自転車をプラットホームに立てかけて綺麗に並べているので、その様は風景に溶け込んでいて圧巻です。   ここであと半分もあると思う人と、あともう半分しかないのかと思う人と様々ですが、先へと進みます。   いずれにしてもここから終着点の「旧吉ヶ原駅」へはあと少し走れば到着します。
終着点の駅に着くと遠目に警察官がしゃがみこんでK田さんの自転車を見て職務質問している様に見え、何かの事件が発生したのか!   写真をよく見ると、警察官 「希少価値がある30年以上前の自転車だけど、自転車博物館に保存してるのを無断で乗ってるんちゃうか?」、K田さん 「お代官様、滅相もない これは昔から大事に乗っているアッシの自転車でごぜえやす」 と言っている様に見えますが、安心してください大間違いです。   警察官は駅前の派出所に勤務するサイクリストの警察官で、KUOTAに乗っていて非番の日にはここから少し遠出も楽しむほどの自転車好きで、皆が乗っている自転車に興味津々なのです。
優しくて自転車好きの警察官から 「シャッターを押しましょうか」 と言ってもらい、駅舎をバックにして全員の写真を撮ることが出来て、楽しい思い出も残せたのでありがとうございました。   警察官からこれからどこへ行くのと聞かれ、卵かけご飯の店「らん」に行くと言ったら、「今日は日曜日なので入れるかなー」と言われたので、やはり人気のある有名な店なのだと分りました。
予約していた卵かけご飯の店「らん」に予定時間よりも早く着いて、お待ちかねの卵かけご飯ランチを食べましたが、想像以上の美味しさだったのか、丼茶碗のご飯を殆どの人がお代わりをするとは!。   いつも食べている時間がいろんな話が飛び交って一番楽しい時間ですが、楽しいとつい忘れ物をするので、この日もN川さんがボトルを置き忘れて、後で店の女将さんに駅まで届けてもらい助かりました。   「旧吉ヶ原駅」から走って来た道を折り返しますが、「茶臼山城」が見える辺りまで来ると川の土手沿いのルートには消防団の人があちらこちらにいて、野焼きが始まったようで煙で前は見難いし、遠くの土手は火が燃えているのが見えるし、草木が猛烈に燃える音を聞きながら迂回路を走り通過します。
今回は上り坂嫌いの人が圧倒的多数なので「茶臼山城」には行かず、このまま「ロマン街道」を走って「サイクリングターミナル」に戻る事にして、景色を楽しめるくらいのスピードで走って帰りました。   行くときに覚えておいた写真スポットで思い出を残しながら、全員無事に出発地点へ戻り、楽しかった・4月の桜が咲く頃にもう一度来たいとか、皆様から楽しかった感想が出て今回は解散となりました。

コメントは受け付けていません。