サイコンアプリ体験・堺七道雛かざりポタ

○参加人数        07名(うち女子5名、男子2名)
○開催日          2017年03月28日(火)
○集合時間・場所    09:00 大和川河川公園
○解散時間・場所    11:30 大和川河川公園
○ルート          大和川河川公園・サイコンアプリ概要説明(座学)→堺七まちひな飾りめぐり・芦刃物→つぼ市製茶→松澤呉服店→岸本自転車→水野鍛錬所
○距離           4km 0:14 獲得標高15m 巡航速度15km/h
○お天気など       晴れ 5~14度 湿度60% 風・西
○重点項目        サイコンアプリを使ってみる。体験、概要を把握し、今後のサイクリングに役立てる。
 
Ride with GPS勉強会スピンオフ・新企画「サイクリストにはお馴染みの“サイコンアプリ”ってどんなもの?体験してみよう!会」です(長い)。CさんのRide with GPS勉強会はPC上でサイクリングの計画・ルートを描く手順を非常にきめ細やか、かつ高度な内容でレクチャー下さり大盛況でした。しかし、高度過ぎて難解な部分も多かったので、厚かましくもその導入部分をH岡がさせて頂くお願いをしたところ快くOK下さったのでした。 こちらはまずはサイコンアプリの概要を掴んでもらう為の入門編です。 なんと、申込みは即日満員御礼!更に開催日まで一度もメンバーさんが入れ替わることなく、意外や意外、皆さんの期待度が高いようで、「どないしよ…^^;」と若干プレッシャーを感じるH岡。
 
H岡のサイコン愛に始まり、サイコンの基本解説、アプリの簡単な解説をしつつお話を伺ってると、 「サイコン自転車に付けたいけど、どれにしようかまだ決めかねてて買えてない…」(ふむふむ) 「前使ってたけど止めたわ。スマホのアプリで録れるならやってみたい」(ほほう) 「サイコンアプリ、入れて使ってみたけどイマイチ操作が分からん。記録止め方どうすんの?」(なるほど) 「アプリ使ってるけどスマホ自体あんまり得意じゃなくて…」(私もです) 「走行記録は録りたいけど、サイコン自転車に付けてるとよそ見で事故らないかが怖いわ」(分かります) 「そもそも“アプリ”って、何??サイコン付けてるけどよう分からん。これで何する物なん?」(ええっ?!) 等々、思いも寄らない質問も飛び出し皆さんそれぞれ興味津々なのがビシビシ伝わってきます。 座学&雑談であっと言う間に約一時間経過し、じっとして少し冷えてきたのでそろそろ実地体験へ。
 
今回の参加者はこちらの皆様。 左から、後列・T野さん、K谷さん、M宅さん、前列・A吉さん、S部さん、M井さん、カメラマン兼幹事H岡の計7名様。サイクリングイベントではまたまた珍しく女性多数でびっくり。
 
アプリ体験の舞台に選んだのは「堺七まちひな飾りめぐり」。春の訪れにおひなさまを愛でる、近場でこんな素敵な催しがされているならぜひ伺いたい!と、幹事のセレクトで散走へ。
 
会場へ向かう途中、ちょうどチン電の通過に遭遇。急いで並んでもらいすかさず一枚。H岡企画は注文の多いカメラマンが出没するので参加者さんは大変です(笑)
 
会場で一番北の“芦刃物”さんから見学に。紀州街道の店外から窓越しに雛飾りを眺めていると、中から職人のお一人が出てこられ作業場見学をさせていただけることに。 中はうなぎの寝床のような作業場に所狭しと大型機械が並んでいます。
 
1階の作業場の機械装置で各行程の要点説明や、2階にただの鉄から素晴らしい切れ味の包丁になるまでのサンプル展示もあり丁寧に解説してくださいました。堺の包丁はいつかは持ってみたい憧れの品ですね。こちらの商品は本職でなくても購入できネット販売もしてるそうですが、店頭購入者には超嬉しいお得な割引もあるとか…。
 
今度は会場南端の“つぼ市製茶”さんへ。残念ながら定休日で、こちらのおひなさまには会えず・・・。マップに導かれ紀州街道の東1本裏道を行くと、“松澤呉服店”さんで素晴らしいひな壇の展示が。せっかくなのでその前でパチリ!お雛祭りはやはり女子のもの?気付けば前列に女性が陣取っていてパワフルさを感じますねえ。 気のいい店主さんがシャッターと「水野さん行った?古いおひなさんが見られるよ」との情報も下さいました。
催しの主宰“水野鍛錬所”さんは1階と、さらに2階にも数組のいろんなひな飾りを所狭しと展示。中には、なんと大正時代(!)作の非常に年季の入ったものもあり殆ど文化財級でした。こちらは現物を生でご覧いただきたいのでここでの公開は致しません。(写真は別の昭和初期作のもの) “水野鍛錬所”さんお隣の“岸本自転車”さんもひな飾りが。こちらは某情報筋によると、堺で一番古い自転車屋さんで某DURAパーツの初期型が店先に置いてるとか置いてないとか…?
 
圧巻、精巧できらびやかなお雛様をうっとり眺め眼福の一日でした。 最後はアプリの記録停止・保存手順をお伝えし解散に。この日アプリ初使用のM井さんもスマホできちんと記録が録れており、基本操作はばっちりマスターなさっていました。ショートトリップでもサイコンの楽しさを感じて下さったご様子、お伝えした甲斐がありました。 自分の走りが数値化されて確認できると、やはり張り合いが出るというもの。サイクリングの楽しみを何倍にも拡げてくれるサイコンアプリ、まだの方はぜひお試しあれ♪ (記:H岡)

コメントは受け付けていません。