「大宇陀、室生寺、室生ダム湖」サイクリング

○参加人数       9名(うち女子0名、男子9名)
○開催日        平成29年11月26日(日)
○集合時間・場所     9:00  近鉄大阪線 榛原駅南口
○解散時間・場所   15:10   近鉄大阪線 榛原駅南口
○ 重点項目         大宇陀松山城下町ぶらリ、菟田野から室生寺への登り・下り
○ 走行距離               60km弱
○コース           榛原駅~八咫烏神社~宇陀松山保存地区~道の駅宇陀路大宇陀~宇陀水分神社~弁財天トンネル~室生寺~室生路(昼食)~大野寺~室生ダム~室生ダム湖~榛原駅(輪行)
                                     
近鉄大阪線 榛原駅に9時に集合、ルート説明(トンネル・林間の走行注意)、準備体操をし自転車点検後出発しました。 コースは大宇陀松山城下町、弁財天トンネルへの登り、室生寺への下りが続く林道を昼食予定の大野寺から室生ダム、室生ダム湖を巡り榛原駅へ向かうタフなコースです。                                                   写真1、八咫烏神社です。(ヤタガラス神社)
神武天皇が大和へ東遷する折、熊野の山中で停滞する一行を道案内し、大和国畝傍の橿原宮に即位された「八咫烏」の化身のである建角身命を御祭神とする神社です。
 
宇陀松山は飛鳥時代から、「阿騎野」とよばれ、宮廷の狩場だった大宇陀に、戦国時代秋山氏が城を築き、麓の城下町が宇陀松山地区の始まりとされます。重要伝統的建造群保存地区です。 まちづくりセンター「千軒舎」(旧内藤け住宅)で説明を受け、教えていただいた銘菓「きみごろも」を頂き、道の駅「宇陀路大宇陀」で休憩、足湯を楽しみました。
写真2、松山西門(黒門)です。
 
宇太水分神社から弁財天トンネルに向かう国道369号の登りで休憩してしている所で、先程、ハーイと挨拶を交わし追い抜いたフランスのご夫婦が到着されました。ご夫婦はこれまでに21カ国通過され4年半に及ぶ世界旅行の最中だそうです。ご旅行の写真、地図を見せていただき、暫し国際交流です。我々はフランス語は出来ませんからカタコトの英会話です。                                                   写真3、ご夫婦にブログアップの許可を取っていなかったので掲載無しです。リーダー失格!
 
予定していた石楠花の丘への峠をやめ弁才天トンネルを抜けました。ここからは下りの林道です。途中、龍穴神社に寄り紅葉の室生寺に到着。昼食は大野寺の傍で沖縄の「ソーキそば」を頂きました。(注文の途中でご飯が切れたため、でも、おいしかった) コーヒーはサービスだった。食後大野寺対岸の弥勒菩薩磨崖仏を見、その頃からポツポツ雨になりました。室生ダムからダム湖を雨に追われながらの疾走です。やれやれ無事榛原駅に到着しました。
写真4、室生寺門前の太鼓橋にて                                                     御参加の皆様、また一緒にサイクリングしましょう。
・・・みんなで走ると楽しいよ・・・

コメントは受け付けていません。