和歌山街道から伊勢本街道巡り(下見)

 ○参加人数        3名(うち女子1名、男子2名)
○開催日         平成29年4月23日(月)
○集合時間・場所    8:30  自転車博物館(車で榛原駅まで移動、
榛原駅スタート10:30)
○解散時間・場所    18:30 榛原駅着(榛原駅から博物館まで車で移動)
○重点項目          長距離をロードレーサー限定で快走ランを楽しむ。
〇走行距離               136km、獲得標高2,000m、消費カロリー3,000キロカロリー、
最高速度50km
〇コース          近鉄榛原駅~R166~高見峠~奥香肌峡~道の駅飯高~道の駅茶倉~R368~伊勢奥津駅~R369~近鉄榛原駅
                                      
本日のMCCランは強度6/7。ロードレーサー限定。ロードレーサーの相応しいスピードで脚の揃った メンバーで快走しようとの企画です。
地図上で走行距離を算出し、リーダーの和田が作成した企画書には100kmと記載しました。
しかし実走は旧道の九十九折りの険しい山道が続き、実走は136kmとなってしまいました。
幸いアスリートの資質を持ったメンバーにも恵まれ、リーダーを信じてついてきてくださり、無事136kmを走り切ることができました。
企画書との距離の乖離につきましては深くお詫び申し上げます。
今回は下見企画でしたが、MCC本番企画では、ロードレーサー限定、メンバー限定で強度7/7で 行う方がいいと判断しました。
 
旧街道の風情を残す町並みをウォームアップをし、高見峠に向かいます。
はるか上空を飛ぶ航空機が高見峠の山頂を目指して、定規で線を引いたように直線で飛ぶのが
見えます。
航空機のパイロットも私たちと同じく美しい高見山の山頂を眺めながら飛んでいるのかと思うと感慨無量です。
写真は、高見峠での写真です。ちなみに熊出没注意の看板がありますのでご注意くださいね。
動物園のクマさんでなく、森のクマさんなのでお歌のようにお友達になるのはやめましょう。
本居宣長が63歳の時紀州徳川家より藩主へ国学を講ずるため召し抱えられました。
長年研究した国学を伝えるために松阪から高見峠を越えて紀州へ向かいました。
「白雲に峰はかくれて高見山見えぬもみちの色ぞゆかしき」
本居宣長が高見峠を越える際に詠んだ希望と喜びに満ちた歌です。
「旧街道の風情」 「険しい伊賀の国の山道」 「クルマの少ないダウンヒル、追い風で53-12
のギヤをぶん回す心地よさ」 「ロードレーサーに相応しいスピードでの本能や感性に訴える走り」
「白いおしりが可愛いたくましくも美しい野生の鹿の沿道での出迎え」
心地良い疲れとみんなで走り切った達成感に包まれた一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

コメントは受け付けていません。