Monthlyポタリング(岸和田 ~お寺めぐり~)

 ○参加人数        7名(うち女子3名、男子4名)
○開催日         令和元年6月24日(月)
○集合時間・場所    9:00 堺自転車博物館東側の広場
○解散時間・場所    15:00堺自転車博物館東側の広場
○重点項目          毎月同じコースで開催し、クラブ員の皆様の体調の維持と定期的な
自転車のメンテを行う機会を設ける。
併せて企画の敷居を下げて、先達となることにより幹事を養成する。
〇走行距離               44km
〇コース          堺自転車博物館~紀州街道~岸和田市内(本徳寺、梅溪寺
蛸地蔵天性寺~紀州街道~堺自転車博物館
    
本日のポタリングは、平地巡航速度15~20km/hで誰もが負担感なく、走れる強度です。
お気軽に参加できます。
浜寺公園の松並木を左に見て、浜寺運河沿いの小径をゆっくり自転車を走らせます。
やがて岸和田市内に入り、本徳寺を訪れます。
明智光秀の実子が建立したと伝えられるお寺です。
日本でただ一つ明智光秀の肖像画や位牌を所蔵しています。
社会科歴史の教科書でもお馴染みの肖像画です。
 
次に訪ねたのは、梅溪寺です。三つ葉葵の瓦が目に入ります。徳川家ゆかりのお寺です。
寛永17年岡部宣勝が高槻から岸和田城主に移封された際徳川家康の姪に当たる生母の位牌を栃木のお寺から配置し、その墓碑を建立しました。
紀州公の参勤交代の折には梅溪寺門前を通過する際は一礼して通過したという話が伝えられています。
お寺めぐりの最終は、蛸地蔵天性寺です。
小牧長久手の戦いに出兵し、手薄になった岸和田城に紀州雑賀衆や根来衆が攻め入った時に大蛸に乗った法師と無数の蛸が城の危機を救ったという蛸地蔵縁起絵巻のお話しがあります。
数日後お城の堀から矢傷や弾傷を負った地蔵菩薩が発見されました。
法師は地蔵菩薩の化身であったことが分かりました。
地蔵菩薩は、民衆が参拝できるように天性寺に移されました。
その伝承にちなんで願をかける人たちは、蛸絵馬を奉納し、蛸を絶って、願掛けをしました。
昨日たこ焼きを食べたのは誰でしょうかね?
お弁当をいただいてから、淡路島が近くに見えるボードウォークで記念撮影です。
今回お饅頭屋さんも3か所回りました。
おまんじゅうとコンビニで購入したコーヒーをいただきながら木陰の公園でまったりと過ごします。
初夏の風がすがすがしいですね。
ささやかながらなぜかほのぼのとした幸せな気分になれます。
色々歴史も学べたお寺めぐりのポタリングの一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

コメントは受け付けていません。