柏原から浄瑠璃寺サイクリング

○参加人数       7名(うち女子1名、男子6名)
○開催日        令和元年11月30日(土)
○集合時間・場所   9:00  柏原市役所・リビエホール
○解散時間・場所   16:15  柏原市役所・リビエホール
○重点項目         秋の浄瑠璃寺訪問
○走行距離               約80km
○コース          柏原市役所・リビエホール~大佛鉄道記念公園~奈良少年刑務所跡~植村牧場~浄瑠璃寺~源九郎餅~柏原市役所・リビエホール
 
京都府木津市の当尾(とうの)の里にある浄瑠璃寺を訪れ、阿弥陀如来を安置する本堂や三重塔を見学し、紅葉の古寺を味わおうとするランです。出発準備を済ませ、リビエホール前での撮影。風は少々肌寒かったですが、快晴に恵まれました。
明治31年(1898)に開業し、加茂駅と奈良駅までを結んだ関西鉄道株式会社の路線(大佛鉄道)-ただし10年後の1907年には現在のJR関西本線のルートに切り替わったために廃止-の大佛駅のモニュメントを見ながら一休止。
奈良市般若寺町にある元奈良少年刑務所。正面はロマネスク様式の門、その背後には本館がある。2016年に閉鎖され、その跡には建物の外観を利用したホテルの建築が予定されているとか。当日は、珍しく開放されていたが、入場許可書が必要なようで入場できず、記念撮影だけ。
植村牧場を経て、いよいよ本ランのメインの浄瑠璃寺に。浄瑠璃寺への3㎞ほどは坂道が続きましたが、皆さん余裕でクリア。浄瑠璃寺は平安時代に建立された真言律宗の寺院で、境内の中心にある池の西には、九体寺(くたいじ)の別称にもなっている九体の阿弥陀如来像が安置され、池の東には薬師如来を祀る三重塔がある。
当日は、秋の秘宝・秘仏展の最終日で、見学の人たちも多かった。われわれは帰りの時間を考え、秘仏の拝観を断念。堀辰雄が訪れた「春」の馬酔木の花はなかったが、紅葉が見頃であった。
浄瑠璃寺の門前近くで、遅めの昼食。リーズナブルで、味も良い料理に大満足。
JRと近鉄の郡山駅の中間にある本家・源九郎餅で、できたての源九郎餅を頂きほっと一息。まだ温かく、甘さも控えめなこしあん入りのお餅の美味しかったこと。お餅に元気をもらい、JR王寺駅近くでトイレ休憩の後、柏原市役所・リビエホールに無事に到着。距離は少々長かったですが、奈良の秋を満喫できた楽しいランでした。

コメントは受け付けていません。