紀見峠まで「トトロの道サイクリング」

 ○参加人数        10名(うち女子2名、男子8名)
○開催日            平成30年4月28日(土)
○集合時間・場所     9:00  河内長野駅前ロータリー
○解散時間・場所       11:20  河内長野駅前ロータリー
○重点項目             紀見峠への超初級ヒルクライムを楽しむ
○走行距離                    約20km
○コース            河内長野駅~トトロ街道~紀見峠~トトロ街道~河内長野駅
   
GWの初日、天気は快晴! 超初心者向けのヒルクライムにぴったりの自転車日和です。 しかし、集まったメンバーはどう見ても違うような‥⁈多少不安になりながらも9時に出発しました。
 
河内長野駅から千早口までは、皆さん快走ですが不安的中です。              若干速めだったので、最後尾での見守りのはずが微妙に遅れてしまいます、サブリーダーなのに‥。                                                  ここからは少しペースをおとしてもらって天見~紀見峠登口まで。紀見峠頂上まではそれぞれのペースでヒルクライム開始です。
10時10分頂上到着。                                        時間的にも早いので和歌山側に降りてのぼりなおしてくる案とかでるくらい皆さん余裕たっぷりです。(個人的にはもう結構)                                                                    予定通りトトロ街道を下り、三日市のローソンでコーヒータイムして河内長野駅で11時20分解散しました。                                              トトロ街道は景色も楽しめてこれからの季節は涼しいのでおすすめです。            皆さんのお気に入りのコースのひとつにどうでしょうか!               K村

木津ー信楽ラン

 ○参加人数        15名(うち女子0名、男子15名)
○開催日         平成30年4月22日(日)
○集合時間・場所    9:00  JR木津駅西口
○解散時間・場所    15:30  背割堤(さくらであい館)
○重点項目       2チームで連携を取りながら安全走行実施する
〇走行距離               99.2km
〇コース     JR木津駅西口 →和束町(休憩2回)→信楽→ 陶器の森(昼食:ブラウンライス& ウォーター)→陶器屋さん→大戸川→瀬田川(休憩1回)→宇治川→宇治(抹茶アイス)→宇治川→背割堤(であいさくら館)
   
当日は晴天に恵まれ、サイクリング日和になりました、
木津駅には8時半には全員が集まり、やる気十分な気迫を感じながら
イベントは開始しました
自己紹介ーイベント説明ー体操ー愛車点検と予定通りに進みました
参加者総数15名(リーダ5名含む)をウサギさんチームとカメさんチームに分けて安全に 楽しく走ります。
写真は「ウサギさんチーム」7名→やっぱり、早いです
 
続きまして「カメさんチーム」8名です
遠慮して、ゆっくり走られる方もいますが、安全に楽しく走ります。
峠で先に到着していたウサギさんチームが
後続のカメさんチームの撮影をして頂きました
皆さん、余裕の走りです
昼食タイム
11:20に「ブラウンンライス&ウォータ」に到着
予約していた昼食を食べます。
ウサギさんチーム+カメさんチームでがやがや
食べてます。
信楽の狸とご一緒に!
みなさん、狸に負けない大きなお腹は困りますよ、
走って、ダイエットをよろしく!

後は、宇治川沿いを下るルート「カメさんチーム」が先行で走ります
さて、後半はカメさんチームが走り切るでしょうか?

宇治に到着
緑茶ソフトクリームでリラックスです
本場宇治茶の試飲も頂きました。

看板のソフトクリームは食べないで下さーい
持ち帰りも禁止でーす

ここからは、「カメさんチーム」に代わり「ウサギさんチーム」が先行で走ります

最終地点の背割堤の「さくらであい館」に到着
向かい風の洗礼を受け、カメさんチークは遅れてやっと到着
でも、皆さんお元気そう!
自走でも帰る元気は残っているみたいです。
みなさーん!
ご一緒出来て最高に楽しかったです
15名が一つになり、感動の時間でした
また、ご一緒しましょう(*^^)v

和歌山街道から伊勢本街道巡り(下見)

 ○参加人数        3名(うち女子1名、男子2名)
○開催日         平成29年4月23日(月)
○集合時間・場所    8:30  自転車博物館(車で榛原駅まで移動、
榛原駅スタート10:30)
○解散時間・場所    18:30 榛原駅着(榛原駅から博物館まで車で移動)
○重点項目          長距離をロードレーサー限定で快走ランを楽しむ。
〇走行距離               136km、獲得標高2,000m、消費カロリー3,000キロカロリー、
最高速度50km
〇コース          近鉄榛原駅~R166~高見峠~奥香肌峡~道の駅飯高~道の駅茶倉~R368~伊勢奥津駅~R369~近鉄榛原駅
                                      
本日のMCCランは強度6/7。ロードレーサー限定。ロードレーサーの相応しいスピードで脚の揃った メンバーで快走しようとの企画です。
地図上で走行距離を算出し、リーダーの和田が作成した企画書には100kmと記載しました。
しかし実走は旧道の九十九折りの険しい山道が続き、実走は136kmとなってしまいました。
幸いアスリートの資質を持ったメンバーにも恵まれ、リーダーを信じてついてきてくださり、無事136kmを走り切ることができました。
企画書との距離の乖離につきましては深くお詫び申し上げます。
今回は下見企画でしたが、MCC本番企画では、ロードレーサー限定、メンバー限定で強度7/7で 行う方がいいと判断しました。
 
旧街道の風情を残す町並みをウォームアップをし、高見峠に向かいます。
はるか上空を飛ぶ航空機が高見峠の山頂を目指して、定規で線を引いたように直線で飛ぶのが
見えます。
航空機のパイロットも私たちと同じく美しい高見山の山頂を眺めながら飛んでいるのかと思うと感慨無量です。
写真は、高見峠での写真です。ちなみに熊出没注意の看板がありますのでご注意くださいね。
動物園のクマさんでなく、森のクマさんなのでお歌のようにお友達になるのはやめましょう。
本居宣長が63歳の時紀州徳川家より藩主へ国学を講ずるため召し抱えられました。
長年研究した国学を伝えるために松阪から高見峠を越えて紀州へ向かいました。
「白雲に峰はかくれて高見山見えぬもみちの色ぞゆかしき」
本居宣長が高見峠を越える際に詠んだ希望と喜びに満ちた歌です。
「旧街道の風情」 「険しい伊賀の国の山道」 「クルマの少ないダウンヒル、追い風で53-12
のギヤをぶん回す心地よさ」 「ロードレーサーに相応しいスピードでの本能や感性に訴える走り」
「白いおしりが可愛いたくましくも美しい野生の鹿の沿道での出迎え」
心地良い疲れとみんなで走り切った達成感に包まれた一日でした。
「みんなで走ると楽しいよ!」皆様もご一緒にいかがでしょうか!

桃の花見企画 「緑化センター~桃源郷へ」

 ○参加人数        6名(うち男子6名、女子0名)
○開催日          2018年4月7日(土)
○集合時間・場所    9:30 JR和歌山駅 東口
○解散時間・場所    15:30 JR和歌山駅 東口
○ルート
JR和歌山駅 ~ 緑化センター ~ 上淡路街道 ~ 粉河寺 ~ 桃源郷 ~ 旧大和街道 ~ 松下公園 ~ JR和歌山駅・解散
○距離             約58km
○重点項目     ピンクの桃の花を見て紀州路を走る
      
今日は春から冬に戻ったように気温が下がって強風の寒い日となり、集合場所に集まったメンバーも季節が変わったのでもう仕舞った冬用ウエアーをまた出して、お互いに寒いネ!が挨拶で集合です。
コースやメンバーの紹介と準備運動を済ませて、まず最初に向かうのは根来寺の近くにある「根来歴史資料館」や日本で一番古い議事堂を見学にスタートしますが、追い風になっているので快適です。
  
紀ノ川を渡って旧上淡路街道を走ってまだ新しい道の駅「ねごろ歴史資料館」に到着し、その中にある立体的に見える根来寺の大塔や根来衆で栄えていた頃の展示を見学して歴史を学びます。
ここを見学したらそのすぐ近くにある重要文化財に指定されている県議会議事堂へ行きましょう。
「旧和歌山県議会議事堂」は元和歌山城近くの一番町に建てられていたのを市内に一度移築し、再び根来寺内へ移築し、現在の地へと4回移築された日本一古い議事堂で、今回の移築で免振基礎工法とかで約20億円もの建築費が使われ、建て直す方が安くつくとの事務局長の説明でした。
間口18m奥行23m高さ6mの広い会議場の中に柱が建ってないトラス構造という和洋建築です。
次に行く「緑化センター」までは「根来寺」の前を通り過ぎた辺りから今回のコースで唯一の上り坂がありますが、園内の美しい春の花が色とりどりに咲いているのを眺めたいので頑張って上って行きます。
家族連れで来ている人が多く、広い園内を散策できる時間があれば子供の遊具や温室の規模も大きいので一日楽しめる所ですが、今回はサイクリングなので上の方から眺めるだけで中へは入りません。
次に行った西国三番札所の「粉河寺」は昔から多くの参拝客が来ることで、お寺の周りの茶店や土産物店、飲食店がそのおかげで繁盛していたので、お寺周辺の町並みは宿場町を連想させます。
ランチタイムになり「毎度おおきに食堂」で好きな物をチョイスしたランチで楽しい時間の始まりです。
ランチの後は昔フランスパン作りの指導に一年間の約束で日本に来たフランスのパン職人が、日本を好きになり和歌山の女性と結婚して同市内に住み付き、その後フランスの風土に似ていると粉河に引っ越して来た「セラヴィ」に行くと、本格的な様々なフランスパンが並んでいるのでどれを見ても買いたくなるのですが持ち帰れないので、皆気に入った物だけを持てるだけそれぞれにお買い上げです。
毎年第一日曜日の桃祭りはバスツアー客も来て賑わう「桃源郷」ですが、例年より桜の開花が早かったのと同じく、今年はもう摘花作業が始まっており樹より桃畑に散らばる花びらがの方が多かったです。  ここから桃農家が作る桃のジェラートが有名な「藤桃庵」に行きましたが、車での来客は居ましたがこの日のサイクリストは我々だけで、今日は寒いのでもう少し暖かくなってからとそのままパスしました。
「藤桃庵」の近くにはもう一つの人気店でいつ来ても女性客が多い「メゾン・フルリール」がありますが、ここもサイクルサポート店なのでデザートを求めて少し店の雰囲気に合わないオッサン連れで行き、店内は満席なので外でデザートを楽しんで、ここから岩出橋に向かい旧大和街道で松下公園へ行きます。
一代で築いた世界的な大企業の社主である松下幸之助の生誕地に来て、湯川秀樹がその功績を讃えて贈った記念碑の前でパナソニックのカメラで写真を撮りましたが、この後ろの方にお墓があります。
ここまで来ればスタートしたJR和歌山駅まではあと少しなので、予定時間より早めに着けそうです。
JR和歌山駅に到着して、走り易くて楽しかった和歌山のサイクリングはこれにて終了・解散となり、電車や車や自走とそれぞれに分かれて帰路につきました。

「鍋谷峠越え高野口」満腹サイクリング

○参加人数       10(うち女子0名、男子10名)
○開催日        平成30年3月31(土)
○集合時間・場所     9:00  河内長野駅
○解散時間・場所   17:00    河内長野駅
○重点項目      鍋谷峠越え高野口台湾料理「裕福」へ、集団安全走行、ヒルクライム・ダウンヒルトレーニングです。
○走行距離              約74km    獲得標高1,600m 平均速度18Km
○コース     河内長野駅~旧170号~天野山~大野町~480号~鍋谷峠~道の駅くしがきの里~大和街道~高野口町~九度山町~橋本~371号~トトロ街道~三日市駅~河内長野駅
  
午前9時河内長野駅前(ロータリー)に10人全員集合、全員の自己紹介、ルート案内、準備体操後出発。天野山金剛寺、大野町の葉菜の森(小休止)の後いよいよ鍋谷峠越えです。全員自分のペースで登っていただきました。
写真1、鍋谷峠
くしがきの里から125号を下り、大和街道を通り高野口町「裕福」に12時30分頃到着しました。 ランチセットはリーズナブルで満足のいく量。食べ残した唐揚げはパックをもらってお土産にしました。
写真2、高野口町 「裕福」
昼食後九度山町へ、真田庵に行き、旧萱野家(大石順教尼資料館)は時間の都合で次の機会にしました。

写真3、九度山町 真田庵

九度山町から再び高野口町に戻り、クチコミサイトで知ったパンダクレープへ、若い女性・アベックに人気のお店に場違いなおっさん軍団、注文のクレープは頂くのに1時間ほどかかりました。
写真4 高野口町 パンダクレープ
九度山町から紀ノ川沿いを橋本へ快走です。371号のだらだらを登り、紀見峠へのヒルクライムです。全員自分のペースを守り無事峠に到着しました。ここからの帰路はトトロ街道を三日市まで、ついで高野街道で河内長野駅に到着しました。
リーダーの反省点 鍋谷トンネルの入り口の右折、出口の横断時、注意不足でした。
参加の皆さんお疲れでした。 会員の皆様今後も申し込み参加お願いいたします。
・・・みんなで走ると楽しいよ・・・                                                               写真5 紀見峠

企画・立案・下見の勉強会

○参加人数        男子5名
○開催日         平成30年3月28日(水)
○集合時間・場所    午前10時・自転車博物館図書室
○解散時間・場所    午後3時半・自転車博物館東側広場
○重点項目          企画書の書き方・立案のヒント・下見走行の注意事項
○走行距離                  16KM
○コース          自転車博物館図書室(10-12) 大山公園(12-13:昼食)  京町通り 紀州街道(船待神社) 大和橋 遠里小野(農神社跡) 熊野街道 けやき通り 堺市立中央図書館前
ルート概要: https://yahoo.jp/1hMi6h
○天気等         晴れ 気温23.3度  風なし  路面:良い
     

当クラブのモットー 『楽しいサイクリング』の企画・立案の勉強会を行いました。
上の写真は当日会場横の公園の様子です。桜が満開ですね

資料が満載ですね
この後、午後の下見ルート打ち合わせです

そして昼食

午後の部:

日本人として、法律を守り
社会人として、規則を守り
人間関係において、嘘をつかず決まりごとや約束を守り
世のため、人のため、日々努力する
        
善の心と正しい行い

熊野街道・本日コースの南端 山ノ口端付近

下の写真は熊野街道・本日コースの北端にある石碑
遠里小野・農神社跡石碑の向かい

「九十九王子」「きゅうじゅうきゅうおうじ」「つくもおうじ」「くじゅうくおうじ」

城南宮……京都からの出発点
八軒家船着場……京都から大阪へ淀川を下ってきた船着場
1. 窪津王子 2. 坂口王子 3. 郡戸王子 4. 上野王子 5. 阿倍王子 6. 津守王子
(以上、大阪市)

次の写真は
7.境王子(さかいおうじ)

今日の勉強ランの軌跡(勉強は今年の流行語に入るかな…佐川さん?) by KN

参加者の感想(抜粋):

実際先頭を走ってみると気を付けることが沢山あり勉強になった。

座学にとどまらず、実地の中で、発生した不具合内容の解説、解決方法、情報入手方法等役に立った。

昼食時、サイクリングの途中で、花見が組み入れられてあり、この時期に即した計画で、とても楽しくセミナーを受講できた。

①  日頃から、企画・立案、引率して頂いているリーダーの方々の努力をあらためて感じた。②   参加者全員が安全に帰宅でき、楽しかったと思える内容までに配慮した企画・立案が重要。 ③  通行人、一般車両に迷惑をかけない配慮等を学んだ。

MCCの企画は目的がはっきりしていること、その目的の主要なものは「楽しむこと」。企画・立案の段階でも、それが十分に伝わる内容でありかつそれを的確に示す紹介でなければならないこと。 また、サイクリングに際しては、リーダーは常に集団行動であることを意識すべきこと、したがってまず安全を心がけ、無理をしないこと、さらにリーダー以外の者もそれぞれに役割があること、、、など学んだ。

参加者皆様、お疲れ様でした。 暑かったですね。
皆様無事に帰宅されたようでよかったです。

キーワードは 『楽しい』 サイクリングです。

参加できなかった皆様も 楽しいサイクリング企画 あたためて下さい!

MTB企画 『矢田丘陵で遊ぼう!!』

 ○参加人数        9名(うち女子1名、男子8名)
○開催日         平成30年3月25日(日)
○集合時間・場所    8:30  柏原市役所教育センター前
○解散時間・場所    16:00 同上
○重点項目          起伏のあるオフロードを状況変化を確認しながら走る
〇走行距離                50km
〇コース           柏原市役所→法隆寺ゴルフ場→松尾寺→子どもの森 (往復)
〇天気等         快晴
       
定刻に柏原市役所に集合、自己紹介と体操を行ったあと恒例のぐるぐるトレインで写真を撮ったあと矢田丘陵入口の法隆寺ゴルフ場に向け出発~。
柏原藩大名K氏が自分の領地なので目をつぶっても走れるとばかりに軽快に先導し、ゴルフ場横のハイキングコース入口に到着。
ここはハイカーとMTBライダーが共存するコースですが、もちろんハイカー優先ですれ違いのあいさつや追い抜きの際の声掛けは必須となります。
看板どおりイノシシにも要注意です。
劇坂を上りきり松尾寺の境内を通って極上トレイルを楽しみます。
このトレイルは適度な起伏が連続してて一瞬のコーストレースと適切なギア選択が求められるテクニカルなコースでシマノのシンクロ機能付Di2が欲しくなります。そうこうするうちに山頂の展望台で記念集合写真。
ここでメンバーの脚に合わせ山頂待機組と子供のもりへのダウンヒル組とに別れて楽しみます。

爽快ダウンヒルで折り返し点の子供のもりへ到着~。
一休みしたあと爽快ダウンヒルの裏返しで激坂を上って出発点を目指します。
紅一点Yさんがヘロヘロの男性陣を尻目に軽快に登りきります。あえてイノシシの遊び場を通るコースを選択してMTBをドロドロにして喜ぶおっさんたちです。
無事、下山し帰路にある有名な造り酒屋で奈良漬けを試食しています。
ひとり2切れと決めていましたが3切れめに手を伸ばすおっさんたちです。
もちろん、試食後は全員買って帰りました。(笑)
本日最年長H氏のおすすめ蕎麦屋さんで遅めのランチとなりました。
この蕎麦屋さんは仕事が丁寧で蕎麦の収穫から始めるらしく長~く待たされました。
その間もおっさんたちのおしゃべりは止まりませんでした。(笑)ここの蕎麦はお代わり自由なので一人2~4枚食べてお腹いっぱいになりました。
 
お腹いっぱいになったあと川沿い平坦コースを快走してスタート地点の柏原市役所に到着
土手に座って記念写真を撮りました。
最高の天気に恵まれ、山遊びを堪能しました。夏が来る前にまたMTB遊びをしたいと思います。

京都観梅企画 「青谷梅林~木津川自転車道へ」

 ○参加人数        8名(うち男子7名、女子1名)
○開催日          2018年3月17日(土)
○集合時間・場所    9:30 八幡市 さくら出会い館前
○解散時間・場所    14:30 八幡市 さくら出会い館前
○ルート
御幸橋 ~ 木津川自転車道北東側 ~ 青谷梅林 ~ 山城街道 ~ 木津川泉大橋 ~ 木津川自転車道南西側 ~ 御幸橋・解散
○距離             約55km
○重点項目     今年最後の梅の花を見て、木津川自転車道を走る
 
開催一週間くらい前の天気予報は降雨日になると諦めていたのですが、開催日は晴れ間も見られる風も強くない天気に好転して、楽しいサイクリングが出来ると元気に「さくら出会い館」に集合です。
あと半月も経てばこの前の「背割り堤」で花見をする人で凄い賑わいになるので、3/31~4/11までは展望台は有料となり、河川駐車場も昨年までは有料になるだけでしたが今年は閉鎖するそうです。
この日は多くのサイクリストが来ていて、ここから桂川や宇治川自転車道へと走り出していくので我々も「青谷梅林」を目指して木津川自転車道を青谷へとスタートします。
木津川自転車道で近鉄京都線の踏切を越えた辺りから自転車道を逸れて、城陽市の南方にある「青谷梅林」へ行く道に入って行くと、道端には多くの梅の木が見られ綺麗な花を咲かせています。
観梅客で賑わっている梅祭りは明日が最終日ですが、まだツボミの花芽もあるのでもう少しは梅の花を楽しめそうだと思いながら、我々は花より団子と会場を出てランチを予約している店へと向かいます。
暫らく山城街道を走って桜並木が綺麗な事で有名な井手町の「玉川堤」を越えたら、あともう少しでランチの席を予約している「ジョイフル井手店」に到着です。
ここで予約していたランチはスープ・バーと、ドリンク・バーがセットになっているので、好きなだけカロリーや水分を補給しながら楽しく情報交換をしながらランチを楽しめ、サイクリストにはありがたいセットです。
十分に休憩をしたのでここから「山背古道」を少し走って、折り返し点の泉大橋へと再スタートです。
木津川泉大橋の少し手前の辺りは古来から製茶の問屋が点在する地域で、木津川の水運を活用していた事が山城茶業組合創業120年記念碑に記されていて、ここに大手の製茶工場もあります。
泉大橋を渡ればここからは木津川の南側になる自転車道を走ってスタート地点まで戻りますが、途中山城大橋の所で小休止したら、快適で安全な自転車道を次の休憩地点の流れ橋まで進みます。
流れ橋まで来たら昨年の台風で流された橋はまだ修復されておらず、新しい橋に架け替える前の説明では流されても直ぐに復旧できる設計になっているとの事でしたが、地元の人は不便でしょうね。
ここから御幸橋まではあと少しだけなので少し休んだら解散する「さくら出会い館」へと戻ります。
今回は何のトラブルもなく予定時間より早めに戻って来られ皆さんに今回の感想を聞くと、上りが無く殆んどが平坦路だったので楽しく走れたとの声が多く、満足できた様なのでこれで解散としました。

日本初!〇〇博物館と老舗オムライス 大阪市内ポタ♪

 ○参加人数        06名(うち女子2名、男子4名)
○開催日         平成30年2月26日(月)
○集合時間・場所    09:30  大和川河川公園
○解散時間・場所    15:20  同上
○重点項目          〇〇博物館を体験。オムライス発祥の名店で名物オムライスを味わう!
○走行距離               26km 平均巡行16.4km/h 累積上昇195m 実走1:35※RG調べ
○コース          大和川河川公園→紀州街道→住吉公園→新今宮→〇〇博物館→ランチ・北極星(一次解散)→〇〇博物館→新今宮→住吉公園→紀州街道→大和川河川公園
ルート概要:https://yahoo.jp/mkbb2u
○天気等         晴れ後一次薄曇り 気温3.3~8.9度 湿度52% 風・南南西 平均風速1.5m
   
10:19 第一休憩場所の住吉公園で全員集合!
メンバーさんは前日開催の総会に参加なさった方ばかり、優秀~!
「〇〇とは?」の正解者、イベントイメージにヒントを載せるも難しかったのか?意外にもお一人だけ。(単に見てないだけだったりして…?^^;)
ちょっと長めのブリーフィングが終わったら、さあ出発=3=3
11:01 今日も浪速のジェントルメンにご挨拶してから〇〇博物館へ。
i
11:20 〇〇は実は、壁にかかってある通りドローン!
〇〇博物館はミナミ随一のオシャレエリア南堀江・オレンジストリート内。一般道ながらホコ天の雰囲気で、我々も遠慮しながら通行。そこら中にオシャレ男子&女子がわんさと居て若干の気後れを感じる…(笑)到着した博物館も、白を基調としクリーンで非常にオシャレな空間。
こ~んな小さなモデルから産業用の幅1メートルを超える巨大なものまで幅広く展示☆この小さいのは練習用ドローン、こちらで購入も出来てしまうんです!
予想以上に面白く、当初チラ見で済ませるはずが美人館長さんの「体験操縦も出来ますよ♪」のお誘いにも負け再度立ち寄る約束をしまずはランチへ。
ここでお一人解散ノシ
11:40 北極星心斎橋本店
座席確保の為、超人気店(予約不可)のランチは開店とほぼ同時に到着!お陰ですぐ着席♪平日なのに大・繁・盛なのはビックリ(◎_◎;
お庭のある日本家屋で頂く洋食もなかなか乙なもの☆
12:30 オムライス登場☆
少し待たされいよいよお料理が。厚みがあるのにふんわり柔らかな卵に包まれ中にはチキンライス(チキンorきのこ選択可能)、かかったソースもまろやかな酸味とやさしい甘みの奥深いお味で予想を上回る絶品!洋食好きにはたまりません♪
平日限定ランチだけ!付け合わせのハンバーグも美味しくペロッと食べてしまいます(^¬^)+200円でドリンクも頂けお得感もバッチリ。
13:35 再度ドローン博物館へカムバ~ック!
館内奥にネットが張ってあり、体験操縦はそこでさせてもらえます。ここまで出来て無料だなんて気前良すぎ☆
「ドローンを実際に操れるなんて…」とドキドキわくわく…
13:38 人生初のドローンフライ!
美人館長さんのレクチャーを受け、トップバッターはOさん。掌からポイっと空へ放り投げると、不思議!その瞬間から空中でホバリング!!全員「う、浮いてる~~!!」と何故か感動~~!(☆▼☆)
二番手H岡は勝手が分からず勢いよく前進させ過ぎコンクリートの壁に…クラッシュ!!(>_<)
「弁償や…」と内心青ざめるも、館長さん「プロペラガードが外れただけで簡単に直せますよ~^-^」のやさしいお言葉に、心底ほっ…(´▽`) ホッ
 
13:39 まさに鳥の目
“ドローンを見る人たち”と、“ドローンを見る人たちをドローンから見た視点”はこう。<br />
更にコントローラーに操作を振り分ければ、ボタン一つで宙返り・反転宙返りもラクラク成功っ!ア、アカン、楽しすぎる…っ!
誘い水に乗り、結局遠慮していたNさん、Mさんも全員が操縦体験っ。
皆さんほんまに初めて?館長さんから「上手ですね~」のお褒めのお言葉はやっぱりうれしい^-^
13:49 ドローンが見てる
「も~~欲しくなってまうやん~~」と口では拒否しつつニコニコ顔・ノリノリで操縦のFさん。体験後は更にお顔がほころんでて、メンバー中一番今すぐにでも購入しそうな空気満開…(笑)
それもそのはず、意外にも手の届く価格からあり、この価格帯からしっかりカメラも着いてて、鳥の目線で「見る」だけでなくちゃんと「撮る」まで出来てしまうんです。しかも静止画・動画両方…ほ、欲しい~~!
14:12 DM館長さんと♪
ブリーフィングで「会えるかな~」と話してた美人館長さんも一緒に映ってもらいパチリ☆企画者H岡はしっかりお隣確保(^^)vビジュアルもお声もめちゃくちゃ可愛い…!写真より実物の方が美人さんでした。眼福(^人^)ご自身もレース用のドローンをお持ちで練習中なんだとか
皆さん方も楽しんでくれすぐにでも買いそうな方が数名…(笑)3月末迄お得なキャンペーンもあるそう、見逃す手はない^m^
今度は一日みっちり堪能しに来ます!
 
14:50 あべのハルカス
往路・復路ともに通ったハルカス、この日もお天気でよく見える!
秘密のポタ向きロードには「こんな道があったのか驚いています」「この先使ってみたいです」と嬉しい感想も頂け企画&ご案内した甲斐がありました^▼^
大阪市内はポタリングで立ち寄りたい場所がまだまだいっぱい!次の企画もお楽しみに、皆さんお疲れ様~♪(記:H岡)

春の海コース「和歌山県 加太の桜鯛まつり

 ○参加人数        08名(うち女子3名、男子5名)
○開催日         平成30年3月10日(土)
○集合時間・場所    9:30 南海本線みさき公園駅 海側
○解散時間・場所    15:00 南海本線みさき公園駅 海側
○  重点項目          大川峠を越えて加太港まで春の海岸風景を楽しみながら走る
○走行距離                40km
○コース          みさき公園駅→豊国崎手前→大川峠→関→加太 (往復)
○天気等         晴れ
     
みさき公園駅まで、堺から自走の方、輪行の方、和歌山地元から参加のかたなど皆さんと柔らかい陽に照らされてキラキラと輝く春の海を眺めながらの快適なサイクリングです。公園駅を出発し深日港を周り、多奈川谷川で早咲きの桜が出迎えてくれました。本日の一番の難所”大川峠”は海抜107mここを超えると、美しい海岸線を走ります。
本日の目的地、加太港へ到着。 春の港です。 心休まりますねえ。
加太港「鯛祭り」に到着です。 音楽祭もやっていて盛り上がっています。 優しい春の陽の中で生で聞く「糸」(中島みゆき)こころますます優しくなります。
さてさて、本日のメインイベント”鯛を食べる”です。 お隣の方は「鯛ラーメン」に舌鼓。 鯛丼、牡蠣フライ、アナゴ天ぷらなど等海産物がいっぱいでした。
ちょっと頑張り甲斐がある登り坂海抜109mをクリアすると”ご褒美の春の陽が波に輝き”とっても綺麗な風景。 春来たなーッ! 岬の頂上にある「加太国民休暇村」から加太港を望みます。空気が澄むと四国まで見えるそうです。 秋には再度来たいですねえ。
ちょっと下って、深山砲台跡の公園から瀬戸内を皆さんとおしゃべりししながら眺めます。これがソロランと違って楽しい時間ですね。 友がしヶ島、その後ろに淡路島。 帰路は大川峠下のトンネルから深日港、みさき公園駅と戻りました。 往復とも、美しい海岸線を走るコースは、あと数十キロは楽しみたいと思うほどでした。